FC2ブログ

味噌おでんの思い出

 世の中にはいろいろな食べ物がある。そのうちのひとつがおでん。一度作ると、3日は食べる羽目に陥る。がちょ様曰く、「おでん地獄」に落ちるのである。

 味噌味のおでんがあると言う話があった。こんにゃくに味噌をつけて食べる味噌おでんとは別物らしい。
「どんなんだろ~。やっぱ、名古屋かな~」

 その謎を、最近また来てくれるようになったmamatamさんが、解いてくれた。本当に味噌味のおでんなのだ。中には、普通に練り物や、厚揚げを入れる。そしていつもなら鶏の手羽先や牛すじを入れるところを、mamatamさんは、豚モツを入れていた。

 mamatamさんが作った味噌おでん

 そして思い出した!
「あ~!これって、小学校の近くで売っていた味噌おでんじゃん!」

 小学校の近くに、子供相手に焼き鳥や、この味噌おでんを売っている店があった。焼き鳥はもちろん、味噌おでんも、串に刺してひと串10円で売っていた。この店は同級生のオノ君のお父さんがやっていた。

 たまに大人が買っていて、
「こんなに安いんじゃ商売にならないだろう。もっと値上げしてもいいんじゃないの?」
 など、余計なことを言っていた。オノ君のお父さんは、
「いや~、子供相手の店だからね、値上げはできませんよ」
 など、うれしいことを言ってくれた。

 焼き鳥は子供向けにか、甘くトロっとしたたれをくぐらせている。他の店のは、甘さが足りなくておいしくないと思った。
 味噌おでんは、ちくわぶのような大物は一つ、小物はいくつか一緒に串にさしてあった。くうみんは、大好きなちくわぶを選んで食べた。ちくわぶにモツ風味の味噌が絡んでいる。それだけでも十分おいしいのだが、ちくわぶの穴に、モツが一つ入っていた。偶然入ったらしい。子供心にすごく得をした気持ちになった。

 くうみんはこの店の味が大好きだったのだが、妹はもっと好きだったらしい。毎日のように行っていたのではないか?しかし、妹はお腹が弱くて、父から買い食いはやめるように、と言われてしまった。
 なので、くうみんも、この店にはあまり行かなくなった。

 買い食い厳禁。そう言われて馬鹿正直に約束を守るのはくうみんだが、妹はそうではなかったようだ。
「バレなきゃ、何もしないのと同じ」
 そりゃ、現場を見られなければ、わからんよ。人間には…

 その頃、黒い迷い犬を飼い始めた。妹が見つけて、「飼いたい、ねえ飼いたいよ」と、父にねだって飼い始めた。この犬が、恩義ある妹を裏切ることとなる。
 
 犬の嗅覚は鋭い。

 コロと名付けたこの犬が、妹の服、特にセーターの前のあたりのにおいをかぎ始めた。

 クンクン、クンクン…

 身を乗り出して、目を見開き、鼻を鳴らして狂ったように、においをかいでいる。
「お前、買い食いしただろう?!」
 父は妹に詰め寄った。
「してない!買い食いなんてしてない!」
「だったらなんでこんなにコロがにおいをかぐんだ!!」

 状況証拠に過ぎなかったが、これではシラを切り通せるものではない。 
「食べた…」
 妹は白状したのだった。

 小学校の近くだったので、中学に行くようになると、
自然と足が遠のいた。その店のことも、今の今まで忘れていた。「味噌おでん」も、いつの間にかあの店のものではなく、こんにゃくに味噌をつけたものを思い浮かべるようになった。
 そうか、ひょっとしてあの味噌おでんはオノ君の家で食べるおでんだったのかもしれない。オノ君はどこの出身だったんだろうか?

 今となっては、同級生のオノ君よりも、優しい笑顔のオノ君のお父さんが懐かしい。
 






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

昔のマンガ事情とエヴァ

 「エヴァは全然わからない」
 そう思ったくうみんであるが、エヴァをいいと思う人も数多くあるようだ。いろいろ突っ込みどころ満載ではあるが、まあ、良しとしよう。
 というのも、くうみんが子供の頃にも、同じ様なジェネレーションギャップがあったからなのだよ。

 今のようなレベルの高いアニメはなくて、もっぱら「少女フレンド」「マーガレット」などを愛読していた。そのうち、「少年サンデー」や、「少年マガジン」そして新勢力の「少年ジャンプ」なども読むようになった。

 あれは小学校の高学年くらいのことであったろうか?
 友達の家に行って、イラストを描いていた。
 そこに友達のお父さんが帰って来た。まだ、日も高い時間だったと思うが、今考えると仕事がシフト制で、早番だったせいだろう。

「こんにちは」
 憶えていないが、たぶん礼儀正しいくうみんは、ちゃんと挨拶をしたと思う。お父さんは私達が絵を描いているのを見ると、憤然とした。
「そんな下らないのを描いて、どうするんだ。あ~、またマンガを買ったのか!!」
 お父さんは畳の上の「マーガレット」を指さした。どうするんだって、どうにもしない。ただ、絵を描いて遊んでいるだけだもの。
「お父さんは黙っててよ」
 友達はフン、といった表情で言った。
「そんな物ばかり描いていると、バカになるぞ!!マンガばっかり読んで!あんなくだらないもの!」
 それでも友達とくうみんは、そのまま描き続けた。
「そんなものを描くのはやめろ~~~!」
 黙っている友達とくうみん。
「もう知らない!お前らがどうなっても知らないからな!!」

 適当なところでこの家を辞した。
 お父さんは、あんな風にマンガや、マンガ風の絵を、目の敵にしたが、あの当時は普通の大人の考えであって、あのお父さんが特に偏屈という訳ではなかった。
 そして、例外はどこにでもいるもので、たまにテレビのアニメが好きなお父さんもいた。
「マンガはいいねえ」
 その友達の家に遊びに行くと、お父さんも一緒になってテレビのアニメを見た。

 時は流れ、マンガ、アニメは大人も読むようになった。これはマンガに親しんだ、くうみん世代が大人になったからだと思う。大人向けのマンガ誌ができたのだ。ヤングジャンプや、ヤングマガジンですね。 
 初めのうち、やはり例によって批判が出た。
「大人のくせにマンガなんか読んで」

 しかし、そのうち、マンガを忌み嫌う世代にとって驚愕の事態が発生した。

 日本のマンガ、アニメが、文化として世界中で高い評価を受けるようになった。重要な産業になった。

 どうだ!!マンガ忌み嫌い世代よ!!もうあんたらの世は終わったよ~~~ん!
 
 そうだなあ。くうみんの親世代が、マンガやアニメを忌み嫌っていたので、もうこの世のものではない人が多いと思う。死者に鞭打つことはやめておこう。

 くうみんが若き日に夢中になったのは、「宇宙戦艦大和」だった。
 そう言えば、この主人公も、18歳という設定だった。そして初代艦長・沖田十三は、総白髪で眉毛まで真っ白だった。どう見ても80は行っているように見えたが、実は55歳という設定で、椅子から転落するほど驚いた。
 
 大和が、ボロボロになってしまったことがあった。確か、隕石のたくさん集まっている所を通らなくてはいけないシチュエーションだったと思う。大きな衝突はないが、隕石がこすれて、どうしても船体に傷がつく。ああ、穴があいた…

 大和は、隕石をよけようと、斜めになったり、横になったり(は、ないか)して、この危機的な状況を乗り切る。そして船体はボロボロに…なったはずなのだが…
「よし!!やったぞ!これで乗り越えた!!」
「わ~~~!!」
 みんなの喜ぶ顔。そして宇宙戦艦ヤマトのテーマソングが流れる。歌手・ささきいさお様が歌っている。

 チャララッ!チャララッ!チャララッ!
 ♪宇宙のかなた、イスカンダルへ運命背負い、今、旅出~つ~ぅ…♪

 そして不思議なことに、傷だらけになったはずの大和は、いつの間にメンテナンスをしたのか、無傷になって輝いている。

 まあ、だから、その当時の大人も、
「バカバカしい…」
 と思ったのだろうが、くうみんも、今思うと、
「あれ、変だったよな~」
 など思うのですよ。

 だから、エヴァファンも、何十年も経ってから、ふとこの作品について、
「そう言えば、変だったよな~」
 など、思い出すのもよろしかろう。

 






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

やっぱりおばさんには理解ができなかったエヴァンゲリオン

 テレビで放映した新劇場版エヴァンゲリオン、3話連続見倒しました。

 戦闘シーンや、ロボットがかっけ~のはわかりました。みんなで力を合わせての戦闘、「あ~ら、勝っちゃった」と、大変な思いをした後なのに、妙にお気楽だったりして。

 しかし、やはり、わからないことだらけ。シンジはピアノを弾けないはずなのに、すぐにカヲルのまねができるほど、瞬時にピアノ演奏を覚えたし、シンジにはいくら頑張っても取ることの出来なかった首輪が、カヲルには、すっとすぐに取り外せたことなど。

 それに、エヴァを管制するのはシンジの母の脳であり、綾波レイは、シンジの母ユイのクローンだと言うこと。これらをお膳立てしたのはすべて、シンジの父、碇ゲンドウであること。

 碇ゲンドウは妻を愛していなかったのかというと、そうではなく、だからクローンを作ったようだ。

 やっぱり一番解せないのは中学生が戦争に参加するという所だが、コメントくださったさえき奎様のご意見、
「ターゲットとする年齢層を主人公にしただけ」
 との明快なお答え、なるほどと唸った。 

 これは架空の世界ですもの。本当にこんなことがあったら、ユニセフあたりが、
「女の子だからと、この子は学校に行けません」
 というコマーシャルとともに、
「日本では、こんな幼い戦士がいます」
 と、コマーシャルを流すことだろう。

 キリスト教とは全く関係ないですね。
 福音(ふくいん)とか、使徒とか、言葉は使っているものの、ただの呼び方であって、そう深い意図はないように思う。だから「日本キリスト教連合会」のようなところから苦情が出なかったんだろう。
 神父さんも牧師さんも、
「全然違うじゃね~か、ま~、いっか」
 と、寛容にも許してくれたと解釈する。

 ちなみにくうみんはプロテスタントの高校だったので、「主の祈り」をそらんじられますの。高校の時の記憶って、忘れないものだなあ。
 おじさんの家はカトリックで、プロテスタントとはお祈りがビミョーに違う。ま、おじさんの場合は、家がカトリックと言うだけの、なんちゃってカトリックだけどね。

「使徒」が全面的に悪者かと思っていたが、最後のシーンで、碇ゲンドウが、
「君たちとの契約は終わった」
 と言って使徒を次々に消していく。

 これって、唯一悪い奴って、碇ゲンドウじゃね?と、オバさんは思ったのでありますよ。

 そして、例によって結末は次回に引っ張られます。お楽しみに~!てな所ですが、オバさんの場合は、次を見ることはないであろう。

 ふう、疲れた。







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : 新世紀エヴァンゲリオン
ジャンル : アニメ・コミック

ついに10年経ちました 経ってしまえば短いと言うけれど

 ブログ、いつ辞めるかな、こんなことでも書いておこうと思いつつ、ついに10年経ちました。
 このブログは、楽天で、2011年1月28日という中途半端な日にちに始めた。

  こんな感じ

 なぜブログを始めたかというと、発端は乳癌だった。乳癌になって、大学受験以来と思うくらい、ガンのことを調べ、勉強した。その結果、癌の治療法は、確定していないという結論に至った。だから、決して医者任せにしないで、自分で治療法を決めるべきだと思った。

 そういった自分の意見を発信したい、誰かに見て欲しいという思いを持っていたのだが、どうやっていいかわからなかった。
 出版社の知り合いなんていないし、自分で売り込むのは気が引けた。

 どうしたものか?
 
 そう思っているうちに、ガン友の一人がブログを始めた。
 衝撃的だった。自分で書いたものが、インターネットを通じて全国の人が見ることができるなんて。
 その友達のブログは、まだ2カ月ほどしかたっていなかったが、数十人の人が訪れていた。今思うと、決して多くはない訪問者数だが、リアルの世界しか知らない人間にとっては、わずか2カ月ほどで数十人の人が見てくれると言うのは大変な人数だと思った。

 費用もいらない。これだ!!

 どうやって開設すればいいのかわからなかったが、当時住んでいた町の図書館に、まったくの初心者向けの開設ガイドがあったので、それを見ながらやってみた。
 その本は、楽天ブログを例にしていたので、楽天以外選ぶ余地はなかった。

 初めは訪問者ゼロ。次に一日数人の訪問者があった。こちらからも他のブログを、積極的に訪問することになって、ブロ友もできた。初めてのブロ友は、同じ乳がんサバイバーで、やはりガン治療に懐疑的な意見を持っている人だった。今は付き合いもなくなったけど、どうしているかな。

 訪問者数は次第に多くなって、一日200、300アクセスは当たり前になった。
 うん、あの頃はアクセスが多かった。最近は楽天も水増し疑惑があるが、あの当時はなかったと思う。炎上騒ぎで、2千アクセスを超えた時もあった。あの時は人気があったなあ…今はもう…(シミジミ)
 
 何年間も、毎日のように更新していた。ブログ村の乳がんカテでも、3位、4位くらい。楽天の人気順位では、ヘルスの部1位に輝いたこともあったっけ…

 今ではそんなこともない、ジミなブログになったな~。ま、こんなもんか。

 そのうち、楽天がブログの機能を縮小し始め、つまらなくなったので、fc2に鞍替えした。乳がんカテから、専業主婦カテに替えた。思えばこの時がくうみんの一番幸せな時だった。

 専業主婦カテというのは、奥が深くてくうみんのような何も考えていないお気楽ブログもあったが、ご主人の浮気、暴力におびえる毎日を過ごす主婦も少なからずいた。
 
 実は愛人に当たる女性が、妻のふりをしてブログを書いていたというのもあった。
 いや、この方は悪くない。夫ある身のこの方が、フラフラと手を出してしまった妻子ある最低男。金を絞り取られ、「旦那にバラされていいのか?」と脅される毎日だったそうだ。この方のご主人に浮気がバレ、やっとこの男からも別れることができたと、最後に告白した。

 くうみんの幸せな日々はある日突然終わってしまった。
 今から5年前の、おじさんの死。

 ノー天気。明るい。

 ああそうだね。でも、悲しくない訳はない。

 10年前は、自分がこんなことになるなんて思わなかった。自分がこんなにも長い一人暮らしをするようになるなんて、思ってもみなかった。
 人並みに、先におじさんを見送って、と思っていたのが、取り切れなかった癌に、絶対私が先だと思った日々。先に逝くのは私だと思った日々。

 それなのに。

 10年て、やっぱり長いと思うのだよ。ブロ友の中には、亡くなってしまった人もいる。びんぼっちゃんにイクラちゃん、デリカ伯爵、気道戦士癌ダム様、あの世でもきっと活躍されていることだろう。

 その長い10年をお付き合いいただいた、楽天からのブロ友の皆様。

 おばば様、キララ様、大夫の監様、背番号のないエース様、めろん様、そして最近復活のmamatam様。そうそう、阿修羅男爵はどうしたか?

 これからもよろしくお願いします。

 

 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : プログはじめました☆
ジャンル : ブログ

おばさんには理解ができないエヴァンゲリオン

 去年の秋、go to及び、プレミアム商品券でで箱根に行った。その結果がかなりトホホだったのは、このブログにも書いた。

 箱根のトホホ記事

 こっちもトホホ

 しかし、新しい情報も目に付いた。箱根が新東京となって物語の舞台となる、「エヴァンゲリオン」という映画ができたのだそうだ。そのフィギュアも写真に撮った。

バンゲリオン

 ど~でぇ~。若いもんの文化を先取りだぜぃ!

 その時はなぜか誇らしかった。オバさんというものは、若い者の文化に憧れつつ、どうやって手にしたらいいかわからない、かわいい生き物なのさ。

 そのエヴァンゲリオンを、金曜ロードショーで、3週連続放映すると言う。タダなら見なければ!ということで、くうみんはそれを録画して、昼ご飯を食べながら見たのだった。

 しかし!何でこんなことになるのか、わからないことだらけだった。
 地球に忍び寄る危機に対し、日本国は戦闘ロボットを開発した。それに乗るパイロットは、何と中学生の男女だ!!

 何で中学生なのか?!こう言ったものに乗るのは、自衛隊の精鋭たちではないのか?!

 鉄人28号(古過ぎますか?)が、子供の正太郎君のリモコン操縦でなくては動かないのは、偶然にも一番初めにリモコンを操縦したのが正太郎君だったからだ。
「はじめに操縦した者にしか、鉄人は反応しないのだよ」
「どひゃ~~~!(と言ったかは定かではない)」

 由緒正しい所では、三蔵法師が師匠に、
「お前が天竺に行くように」
 言われたとき、
「なぜ若輩者の私が?!もっと優秀な兄弟子がいくらでもいらっしゃいます!」
 と、抗議したのだが、師匠は言うのだった。
「天竺は遠い…」

 天竺は遠い。行って帰って来るまで何十年かかるかわからない。だから若いお前にしかできないのだよ。

 ということで、ヤング三蔵法師は、バックパックをしょって天竺へと旅立ったのだ。

 このように、物事には必然性が不可欠なのだ。それなのに、この物語には必然性がまったくない。
「どうして僕なんだ?」
 主人公の男子中学生が言う。やっぱり作者も、あまりにも不自然だと思ったのだろう、彼の言葉を借りて尋ねたのだった。
 世話役の峰不二子を思わせるセクシーな女性が言う。
「誰にもわからないのよ…」

 こら!逃げるな!ちゃんと必然性を説明しろ!
 例えば、
「あなたは普通の人間じゃないの。戦闘用に特別に繁殖させた、戦闘人間なのよ。仲間のあの子達もね」
「ガ~~~~ン!」
 のような。

 そうそう、闘いの中で、やたらセクシーな女性が出て来るのはなぜ!中学生の男女が、すぐに裸になるのはなぜ!今の世の中に、ヘビースモーカーの女性が出て来るのは!
 あんなに吸ったら、一日どれくらいたばこ代がかかるのかな?3箱だと1500円くらい?一カ月4万5千円も煙になるぞ!!

 と、このように、納得のいかないことだらけなのだが、もう2回分録画してしまったので、最終回まで見ようかとも思う。

 時間を無駄に使うことになるかも知れないが、異文化に触れるのもまた良きかな。

 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


テーマ : 新世紀エヴァンゲリオン
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR