fc2ブログ

弟の納骨終わりました そしてバカ母今後

 やっと弟の納骨が終わった。
 6月に亡くなったので、7月には納骨すべきなのだが、お墓がなかった。
 その上、母が毎月のように転んで骨折したり、頭を打ったりしたので、そっちに手がかかってなかなか納骨ができなかった。

 葬儀屋さんの助けも借りて、やっと、ここならと思える樹木葬の墓地を見つけた。

 納骨には母も行くと言っていたが、一人ではベッドから立ち上がることもできなかったので、私ひとりで納骨に行くことになった。

 納骨しました 
 今までくうみんの家に安置されていた骨壺。収まるところに納まります

 樹木葬と言っても、一体一体に木が一本ある訳ではなく、地面に穿たれた穴の中に布袋に入れた状態で埋葬される。

樹木葬です

こんな感じに埋葬します

 お参りは24時間いつでもできるらしい。
 夜に行くのはちょっと…と思ったが、季節に合わせたライトアップで、近所の人も見に来るほどきれいだそうだ。
 お墓のイメージも変わった。以前なら、夜のお墓なんて気味悪くて行けなかったのに。

 母は、在宅のリハビリも断ってしまった。これにはケアマネさんも、そして主治医の先生も、あきれていた。
「指示書を頼んでおきながら、断られたのは初めてだと先生がおっしゃっていました」

 ケアマネさんや先生に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
 私も、もう知らん。転んで骨が折れるままにして、そのたびに入院して、どんどん認知が進んで、介護施設にまっしぐら。

 介護施設に入ってくれた方が金はかかるが、私も安心だ。
 






面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

樹木葬なんてあるんですね。日本の伝統的なお墓より自然な感じでいいですね。

私たちの親世代の女性達って、逞しくて自我が強い人が多い気がします。激動の時代を生き抜いたからかも。

弟さんの納骨、お疲れ様でした。

弟さんの永眠する場所が見つかって、本当に良かったですね。
くうみんさん、本当にお疲れ様でした。

夜でも明るい墓地・・・、今までのイメージとは違って、とてもいいと思います。
弟さんも、天国でくうみんさんに感謝して、安心していると思いますよ。

お母上、想像はできたけど、在宅リハビリもダメでしたか・・・(汗)
くうみんさんやケアマネさん、整形外科の医師、大勢の人達の苦労が水の泡ですね・・・。(涙)

お母上の年齢と身体状況、認知症の具合なら、このまま老人ホームへの入居を持ちかけても、以外にすんなりOKしそうな気がしますよ・・・。

No title

お疲れ様でした。弟さんも安らかに眠れることでしょう。
お母様のこと、もうこうなったら、何かをきっかけ、に本人の意思を無視して介護施設に入れるしかないかも。私の母もそうやって入れました

No title

納骨はお墓ではなくて、樹木葬でしたか!
私家はお墓があり、納骨はお墓ですが、樹木葬は最近増えてますよね。
天気にも恵まれて、お疲れさまでしたね。



Re: No title

roastedsesame様

> 樹木葬なんてあるんですね。日本の伝統的なお墓より自然な感じでいいですね。

 そちらにはないんですね。跡継ぎのない人が多くなったので、一般のお墓より樹木葬、永代供養墓などの管理のいらないお墓が人気のようです。
>
> 私たちの親世代の女性達って、逞しくて自我が強い人が多い気がします。激動の時代を生き抜いたからかも。

 うちの母は我が強いが逞しくはない。

Re: 弟さんの納骨、お疲れ様でした。

 おばば様

> 弟さんの永眠する場所が見つかって、本当に良かったですね。
> くうみんさん、本当にお疲れ様でした。
>
 とりあえず一件落着。

> 夜でも明るい墓地・・・、今までのイメージとは違って、とてもいいと思います。
> 弟さんも、天国でくうみんさんに感謝して、安心していると思いますよ。
>
 私も夜に近所の人が散歩に来るというのにはびっくりしました。今ならクリスマスのライトアップだそうです。

> お母上、想像はできたけど、在宅リハビリもダメでしたか・・・(汗)
> くうみんさんやケアマネさん、整形外科の医師、大勢の人達の苦労が水の泡ですね・・・。(涙)
>
 もう、お恥ずかしい限りです。

> お母上の年齢と身体状況、認知症の具合なら、このまま老人ホームへの入居を持ちかけても、以外にすんなりOKしそうな気がしますよ・・・。

 どうかな~。

Re: No title

 キララ様

> お疲れ様でした。弟さんも安らかに眠れることでしょう。

 人間、死んでからの方が忙しいらしいですよ。

> お母様のこと、もうこうなったら、何かをきっかけ、に本人の意思を無視して介護施設に入れるしかないかも。私の母もそうやって入れました

 もうそれしかないかも知れません。

Re: No title

 がちょー様

> 納骨はお墓ではなくて、樹木葬でしたか!
> 私家はお墓があり、納骨はお墓ですが、樹木葬は最近増えてますよね。

 管理してくれる子孫がいればいいのですが、うちなんか私がいなくなったら、管理できませんもの。そういう家が多いってことですね。

> 天気にも恵まれて、お疲れさまでしたね。

 おてんきはよかったな~。弟のせめてもの気持ちかしら。

No title

ひねくれくうみん様
こんばんは。

弟さんのお墓が決まって埋葬ができて良かったですね。
チコリちゃんはくうみん様が預かってくれているし、弟さん
も安心できますね。
樹木葬というのは今流行りみたいですが具体的にはどう
するのか知りませんでした。
そうです。霊園スタイルの場合は怖くありません。
怖いのはお寺が併設している墓地です。
塔婆がカタカタしていかにも出そうです。

Tow-Pen

No title

樹木葬、聞いたことは何度もあるけど、一体一体に木が一本づつあるわけではないのですね。
木の根元近くに埋葬するのだと思ってました。

お母様にはお手上げですね。
でも、一人ではベッドから立ち上がることができないなら、自宅に一人でいるのは無理なのでは?介護施設に入れればよいのだけれど…

No title

お疲れ様でした。

実は、我が家も樹木葬霊園です。
ここは、静謐な林の中にある霊園で、それぞれの区画ごとに石楠花など数種の木が決まっていて一区画に一本ずつ植栽されています。
いろいろ考えて決めましたが、よい選択だったと思っています。
弟さんも、くうみんさんに感謝していると思います。

No title

弟様の納骨、無事に終わって良かったですね。
父は火葬の後すぐに近所のお寺の納骨堂に入れていただきましたが、今は、さまざまな形がありますね。

父も、リハビリを真面目にやらずでした。
説得しても聞く耳を持たないと、どうしようもないですね・・・・

Re: No title

two-pen様

> ひねくれくうみん様
> こんばんは。
>
> 弟さんのお墓が決まって埋葬ができて良かったですね。

 とりあえずホッとしました。

> チコリちゃんはくうみん様が預かってくれているし、弟さん
> も安心できますね。

 自分の仕事を全部私に押し付けて勝手に逝ってしまったのよ!

> 樹木葬というのは今流行りみたいですが具体的にはどう
> するのか知りませんでした。

 いろいろな形があるみたいです。

> そうです。霊園スタイルの場合は怖くありません。
> 怖いのはお寺が併設している墓地です。
> 塔婆がカタカタしていかにも出そうです。
>
 普通の墓地は怖いですね。夜は近くを通るのも嫌です。

Re: No title

 クーチ様

> 樹木葬、聞いたことは何度もあるけど、一体一体に木が一本づつあるわけではないのですね。
> 木の根元近くに埋葬するのだと思ってました。
>
 そういう形の樹木葬もあります。花壇のようになっている樹木葬もあります。

> お母様にはお手上げですね。

 あんなに我儘なのは、あまりいないみたいです。

> でも、一人ではベッドから立ち上がることができないなら、自宅に一人でいるのは無理なのでは?介護施設に入れればよいのだけれど…

 鋭い指摘です。起き上がるのも着替えも、もう一人ではできません。

Re: No title

さえき奎様

> お疲れ様でした。
>
> 実は、我が家も樹木葬霊園です。

 おお!そうでしたか!

> ここは、静謐な林の中にある霊園で、それぞれの区画ごとに石楠花など数種の木が決まっていて一区画に一本ずつ植栽されています。

 いいですね~。自然豊かな感じがします。

> いろいろ考えて決めましたが、よい選択だったと思っています。
> 弟さんも、くうみんさんに感謝していると思います。

 私もよかったと思っています。亡くなった人はどうでもいいかも知れませんが、見送る側としてはきれいなところに埋葬したいものです。

Re: No title

utokyo318様

> 弟様の納骨、無事に終わって良かったですね。
> 父は火葬の後すぐに近所のお寺の納骨堂に入れていただきましたが、今は、さまざまな形がありますね。
>
 納骨堂もいいですね。私の父も永代供養の納骨堂。

> 父も、リハビリを真面目にやらずでした。
> 説得しても聞く耳を持たないと、どうしようもないですね・・・・

 お父上も…母は、無理にやらせても、「リハビリで余計痛くなった!」など言います。どうにでもなれと思います。

No title

くうみんさま、弟さんの納骨お疲れ様でした。
樹木葬はこちらではあまり馴染みはありませんが、独り身の弟さんには多分永代供養でしょうから一番良い方法だったと思います。
女あるじの実家のお墓は先日墓じまいしましたし、我が家のお墓も子どもたちはみんな東京住まいなのでいずれ墓じまいになるのでしょう。

Re: No title

kaz様

> くうみんさま、弟さんの納骨お疲れ様でした。
> 樹木葬はこちらではあまり馴染みはありませんが、独り身の弟さんには多分永代供養でしょうから一番良い方法だったと思います。

 実はものすご~く不便なところにお墓があるのです。バスは廃止になってしまったし、タクシーもあまり来ない。墓じまいしなければなりません。だから、樹木葬にしました。

> 女あるじの実家のお墓は先日墓じまいしましたし、我が家のお墓も子どもたちはみんな東京住まいなのでいずれ墓じまいになるのでしょう。

 そうですねえ、いずれはみんな、そうなりますよね。

こんばんは~♪

納骨お疲れさまでした。
ひと安心しましたね。
私もこの間お墓を見て来て
樹木葬がいいなと思いました。

お母様には困りましたね。
面倒みきれないですね。
何か意固地になるものがあるのでしようか・・・

応援☆彡

Re: こんばんは~♪

 mmerose様

> 納骨お疲れさまでした。
> ひと安心しましたね。
> 私もこの間お墓を見て来て
> 樹木葬がいいなと思いました。
>
 私も、樹木葬は、夜来てもきれいなお墓と言うのは、納骨になって初めて知りましたが、なかなかいいですね。

> お母様には困りましたね。
> 面倒みきれないですね。
> 何か意固地になるものがあるのでしようか・・・
>
 マジ、普通の婆さんじゃないです。幼稚園みたいなことをさせられるから嫌だというのはわかりますが、転倒を防ぐためのリハビリも嫌だというのは、理解できません。

> 応援☆彡

 ありがと~。

No title

納骨、お疲れ様でした。でも、ホッとされたのではないでしょうか。
お墓のイメージって変わってきたのですね。人は誰でもいつかはお世話になり眠るところだから、怖いイメージって、もともと無くていいとアタシは思うなあ。

お母様の件は大変ですね・・・。

Re: No title

 きたあかり様

> 納骨、お疲れ様でした。でも、ホッとされたのではないでしょうか。
 
 そうですね、一つ仕事が終わったような。

> お墓のイメージって変わってきたのですね。人は誰でもいつかはお世話になり眠るところだから、怖いイメージって、もともと無くていいとアタシは思うなあ。
>
 怖いイメージがない方がいいですが、昔ながらのお墓はやはり怖いです。今回の樹木葬墓地はいい感じです。

> お母様の件は大変ですね・・・。

 もう、勘弁して欲しいです。

No title

こんばんは。

ひさーしぶりに訪問させていただきました。
くうみんさん、ワンちゃんを飼われたんだぁ、とびっくりしましたが、弟さんの愛犬だったのですね。
一家でおひとり、「孤軍奮闘」されているのですね。優しいというか、逞しいというか、偉いというか・・・。


「樹木葬」静かに人気がでてきているようですね。以前、見せてもらいました。
私自身は「散骨」でいいのですが。

そら

Re: No title

uranosora71様

> こんばんは。
>
> ひさーしぶりに訪問させていただきました。

 本当ですねえ。文筆業でご活躍していることでしょう。

> くうみんさん、ワンちゃんを飼われたんだぁ、とびっくりしましたが、弟さんの愛犬だったのですね。
> 一家でおひとり、「孤軍奮闘」されているのですね。優しいというか、逞しいというか、偉いというか・・・。
>
 近所の人は「一人暮らしで寂しいから、犬を飼うようになったのね」と思っているようですが、そう思わせておこう。
>
> 「樹木葬」静かに人気がでてきているようですね。以前、見せてもらいました。
> 私自身は「散骨」でいいのですが。
>
 いや~、そら様、散骨はあまりお勧めしません。みんなが散骨するようになったら、海や山が大変なことに…もっとも、私も実父が亡くなったときは考えましたが。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR