fc2ブログ

くうみん母が特養のショートステイから帰って来た

 9月8日から10月いっぱいまで、長い長いショートステイから住処であるサ高住に母が帰って来た。
 呼べばすぐに介護士が来る、看護師が摘便してくれる、食事もおいしい、天国のような暮らしから下界に降りてきた。

 担当のケアマネさんを能無し扱いしていたが、人には得手不得手があって、このケアマネさんは、特養などの入居先を見つけるのが得意な人らしい。
「ショートステイでも、ここは評判のいい所で、競争率が激しいんだって。よく入れたねって言われたの」
「Nさんのおかげで、入れたのよ。よくお礼を言ってね」

 自宅に戻ると、風呂は入浴介助、デイサービスではリハビリが待っている。
「お風呂は自分で入れるから大丈夫」
「リハビリも行きたくない」

 特養でも風呂は介助してもらったんだろうに、家では嫌だという。リハビリもしないとどんどん悪くなる一方…
 何しろ、自宅では毎月のように転んで骨折していた。
 5月 転んで肩の骨を骨折
 6月   〃 頭を打ってMRIを撮る羽目に。12月に再検査の予定。
 8月   〃 尾てい骨を強打。骨に異常はなかったが…
 9月   〃     〃  。骨にひび。

 これじゃ面倒見切れないと、ケアマネさんに相談して特養を探してもらったのだ。なので10月に骨折はなくて済んだ。

 リハビリしないとまたこの繰り返しと言うのが見えている。
 なだめすかして、入浴介助を受けさせ、リハビリにも行くように言った。
「A先生のところ(母が通っている整形外科)でリハビリすると、タクシーを頼まなくちゃいけないでしょ? ディサービスなら、送迎があるのよ」

 初めてのディサービスにはくうみんも付いて行った。朝は機嫌よく送迎の車に乗り込み、ディサービスに向かった。
 大丈夫そうなのを見計らって先に帰った。

 これで、何とか続けてくれれば… 

 家に戻ってしばらくすると、母から電話が来た。
「あのディサービスは嫌!今までは歩けたのに、体中が痛くてトイレにも行けなくなったの!」
 聞くと、痛くて動かないと言っているのに無理やり足を広げる運動をさせられた(多分外ももの筋トレ)。自転車こぎも、もうできないというのに、きまりの回数しないとダメ、と、怖い顔できつく言われた。あんなところに行ったら、歩けなくなってしまう。

「それじゃ、明日A先生のところに行こうか?」
「うん」
「予約はこっちで入れるから。明日は一緒に行こう」

 母は、痛み止めの注射をしてもらうつもりだったのだろうが、くうみんは先生に、「リハビリをどうすべきか?」を聞くつもりだった。

 当日、いつものようにチコリを散歩に連れて行き、ご飯をあげてから母のもとに行った。
「チコリはお留守番ね」
 出かける支度をしていると、散歩だと思ってうれしそうなそぶりを見せるが、お留守番、と言うと、「えっ」という顔をして、クレートに入ってしまう。
 オバさんはお仕事なんだよ、トホホ。

 母の住むサ高住に着くと、タクシーを呼んでA先生のクリニックへ。
「くうみん母さん」
 そう待たずに名前を呼ばれた。
 母が先生に訴える。
「先生、ディサービスのリハビリに行ったら、体中が痛いんです。痛み止めの注射をしてください。あと、痛み止めの薬も」
「そうですか、注射ね」
 くうみんは先生に聞いた。
「先生、ディサービスのリハビリをしたら、体中が痛いって言うんです。でも、何もしなければ骨折を繰り返すだけだし、リハビリは続けた方がいいですか?」
 先生は、注射の用意が整うのを待ちながら、答えた。
「リハビリは続けた方がいいね。痛くない程度にうんと緩くしてもらって続けるのがいいでしょう」
 くうみんは、注射を打つため、お尻を出している母に向かって言った。
「ほら、先生もリハビリは続けるようにって言ってるよ」

 くうみん母は、権威に弱い。くうみんやディサービスの人がいくら言っても聞かないが、医者の言うことなら聞く。
 こうして、渋々ながら、ディサービスに行くことを承知したのだった。

 特養にいてくれた時は良かったな~。何の心配もなかった。これからどうなることやら。

 

 




面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 親の介護
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

次々と大変ですね・・・

しばらく更新が無かったので、心配してました。

チコリの交通事故、加害者の酷い対応・・・、それだけでも大変なのに、お母上が特養を出て戻って来られたのですね。(汗)

自分の足の機能をちょっとでも衰えさせないためには、リハビリが必要ですね・・・。
お母上がリハビリを続けてくれるといいですね。

お母上の年齢からすると、車椅子生活になっていても不思議じゃないのですが、それではお母上が納得しないのでしょう・・・(汗)

私の方も、弟の退院後の施設のことや、息子が主治医に診断書を書いて貰って、休業に入ったり、それらの事でおじじが怒りまくったり、私のメンタルも限界にきて、頭の中がごちゃごちゃになってます・・・(涙)

また飲み会したいです。

No title

お疲れ様でした。大変でしたね。
私の母も同じく、自分より下(と本人が思う)には威張り散らして見下していました。
違うのは、医師の言うことすら聞かないという事かな。
もう今更考えや性格は変わらないよね。

No title

こんにちは。
ショートステーも大変でしたね

私の亡くなったおばあちゃんも昔、ショートステーをしてましたよ
亡くなる少し前は、アルツハイマーになってしまい、扱う私らも大変でしたよ。


こんばんは~♪

帰って来たら帰って来たで大変ですね。
私の行っているディサービスでも
その人に合わせて出来るものと出来ないものを
決めてくれます。
何にもしないでただ座っている人もいますよ。
簡単な物だけや負担のないものを選んで
スケジュール組んでくれるといいですね。
これはケアマネと施設長の腕の見せ所なんですがね・・・
お母様にご機嫌よくいってほしいですね。
寝たきりになったら負担が大変だからね。

応援☆彡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

大変ですよね~
私の母は足の痛みを訴えてますが、できる範囲で、家で私も体操させたり、週1でリハビリしてくれる人頼んでます。数ヶ月前からは週2でマッサージの人にもきてくれてます。痛みはあまりよくならないんですけどね。

No title

リハビリは重要ですが、苦痛を訴えているのにきつい言い方をするのは、良い対応とは言えないですね・・・・
ただ、ヘルパーの講習でも、受容と傾聴の大切さを学びましたが、現実は厳しいなとも思います。
このあとも、無理ない範囲でトレーニングしていただけると良いですね。

No title

ひねくれくうみん様
おはよう御座います。

同じような苦労をされていますね。
私の母親もリハビリを嫌がりますので止めて
しまいました。
同じようにリハビリをすると体が痛いだけと
文句を言っています。
くうみん様は色々と考えて作戦をたてているの
ですね。参考になります。

愛新覚羅

Re: 次々と大変ですね・・・

 おばば様

> しばらく更新が無かったので、心配してました。
>
 > チコリの交通事故、加害者の酷い対応・・・、それだけでも大変なのに、お母上が特養を出て戻って来られたのですね。(汗)
>
 チコリの件も片付けなくちゃいけないし、困ったちゃんが帰って来たのよ。

> 自分の足の機能をちょっとでも衰えさせないためには、リハビリが必要ですね・・・。
> お母上がリハビリを続けてくれるといいですね。
>
 リハビリしないと、本当に歩けなくなっちゃう。A先生に言われたから、すると思います。

> お母上の年齢からすると、車椅子生活になっていても不思議じゃないのですが、それではお母上が納得しないのでしょう・・・(汗)
>
 自分は、何でもできると主張しているけど、認知が来ている人はそう主張するもの。認知も来ている。

> 私の方も、弟の退院後の施設のことや、息子が主治医に診断書を書いて貰って、休業に入ったり、それらの事でおじじが怒りまくったり、私のメンタルも限界にきて、頭の中がごちゃごちゃになってます・・・(涙)
>
 お互い大変よのう。

> また飲み会したいです。

 おいしいもの食べて、飲んで憂さ晴らし。いいねえ。

Re: No title

 キララ様

> お疲れ様でした。大変でしたね。
> 私の母も同じく、自分より下(と本人が思う)には威張り散らして見下していました。

 お~、同じですな!

> 違うのは、医師の言うことすら聞かないという事かな。
 
 そうか、それは厄介。うちの母は、看護師だったから医者は偉いんだと骨の髄までしみついている。

> もう今更考えや性格は変わらないよね。

 もう無理。

Re: No title

 がちょー様

> こんにちは。
> ショートステーも大変でしたね
>
 戻ってきたのが大変なのだよ。ずっと特養にいてくれれば…

> 私の亡くなったおばあちゃんも昔、ショートステーをしてましたよ
> 亡くなる少し前は、アルツハイマーになってしまい、扱う私らも大変でしたよ。

 がちょ様の大好きなおばあちゃんも、亡くなる前は大変だったのですね。

Re: こんばんは~♪

 mmerose様

> 帰って来たら帰って来たで大変ですね。
> 私の行っているディサービスでも
> その人に合わせて出来るものと出来ないものを
> 決めてくれます。
> 何にもしないでただ座っている人もいますよ。

 そうなんですね。本人にやる気が出るまで待っているのかな?

> 簡単な物だけや負担のないものを選んで
> スケジュール組んでくれるといいですね。
> これはケアマネと施設長の腕の見せ所なんですがね・・・

 後で聞いたら、一番負担の少ないコースにしたそうなんです。リハビリしたくがないために母が作り話をしているのかもと思います。

> お母様にご機嫌よくいってほしいですね。
> 寝たきりになったら負担が大変だからね。
>
 もうとっくに寝たきりになってもおかしくない年齢ですが、まわりが大変ですものね。

> 応援☆彡

 ありがと~。

Re: こんばんは

鍵コメ様

 やはりディサービスに行くのを嫌がりますか?確かに幼稚園みたいなことをさせられるのは嫌ですが、リハビリも嫌だとは。
 うちの母は、医者の意見には従うので、今回はうまく行ったと思います。鍵コメ様も、どなたか母上が頭の上がらない人に言ってもらうとか?

Re: No title

 クーチ様

> 大変ですよね~
> 私の母は足の痛みを訴えてますが、できる範囲で、家で私も体操させたり、週1でリハビリしてくれる人頼んでます。数ヶ月前からは週2でマッサージの人にもきてくれてます。痛みはあまりよくならないんですけどね。

 母上はちゃんとリハビリ受けているんですね。周りはそれでも大変だけど、わがまま婆さんじゃなくて良かったですね。

Re: No title

utokyo318様

> リハビリは重要ですが、苦痛を訴えているのにきつい言い方をするのは、良い対応とは言えないですね・・・・

 きつい言い方と言うのは母が作り話をしたみたいです。も、平気でうそをつく。

> ただ、ヘルパーの講習でも、受容と傾聴の大切さを学びましたが、現実は厳しいなとも思います。
> このあとも、無理ない範囲でトレーニングしていただけると良いですね。

 A先生も同じことを言っていました。トレーニングは必要なことですから。

Re: No title

aishinkakura様

> ひねくれくうみん様
> おはよう御座います。
>
> 同じような苦労をされていますね。
> 私の母親もリハビリを嫌がりますので止めて
> しまいました。
> 同じようにリハビリをすると体が痛いだけと
> 文句を言っています。

 年寄りにとって、リハビリは嫌なものなんですね。でも、そのままにしていたら、全身骨折だらけになってしまう。

> くうみん様は色々と考えて作戦をたてているの
> ですね。参考になります。
>
 母上の頭の上がらない人に意見をしてもらう。これしかないです。親にとって、子供はいくつになっても自分より下のようです。

No title

お疲れ様です。

歳を取ると素直になる人もいますが、だんだん意固地というかわがままになる人の方が多いみたいですね。
御母堂様の場合は、くうみんさんや周りの人に甘えているような感じもしますが。
今回とてもよいところだと満足しておられたようですが、今後はそのような施設にずっと入居していたいとは思わないんでしょうか。

(昨夜コメントを書いたたつもりだったんですが、入っていないようです。すみません。)

Re: No title

 さえき奎様

> お疲れ様です。
>
> 歳を取ると素直になる人もいますが、だんだん意固地というかわがままになる人の方が多いみたいですね。

 年を取ると認知機能がだんだん悪くなります。今までは理性で取り繕ってきたのが、そうはいかなくなって、素が出るのでしょう。

> 御母堂様の場合は、くうみんさんや周りの人に甘えているような感じもしますが。

 私には「面倒をかけてごめん」など言っていますが、そう思うなら入浴介助が嫌だのリハビリが嫌だの言うなっての。

> 今回とてもよいところだと満足しておられたようですが、今後はそのような施設にずっと入居していたいとは思わないんでしょうか。
>
 思っているようですが、ちょっと問題もあったのです。

> (昨夜コメントを書いたたつもりだったんですが、入っていないようです。すみません。)

 そうでしたか。fc2の不具合があったのかも知れませんね。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR