fc2ブログ

石垣島の3日目 お天気があまりよろしくない

 スマホから直接ブログにアップしていたが、さかさまになったり横向きになったりと自分で見ても頭が混乱するので、スマホとパソコンをコードでつないで写真を取り込んだ。ペイントでリサイズしてブログにアップしたら、うまく行った。
 しかし、面倒だな~。ペイントの仕方もウインドウズ10になってから初めてだったので、ちょっと戸惑ったし。

 さて、ぼやくのはこれくらいにして。

 3日目は石垣島の観光。8時35分出発と、結構のんびりできるスタートだ。ロビーで待っていると、ほどなくしてバスが来た。 

 しかし、空はどんよりしている。風も強い。グラスボート、大丈夫か?そしてオプショナルツアーの「星空案内ツアー」。夜の時間が空いているので申し込んだのだが、この調子じゃ、星は見えまい。

 「今日、離島めぐりの人たちは大変ですね!」
 と言っていた添乗員であったが、そのうち携帯に連絡が。
「皆さん!他の人のことを言っている場合じゃありませんでした!グラスボートが欠航です!」
 ざわつくバス内。う~む、仕方ない。 
 
 はじめの観光は唐人墓。
 1852年、イギリスのバウン号という船で、中国人による暴動が起きて、その犠牲になった中国人の皆さんを慰めるために建てられたお墓だが、その原因がひどいの~。

 中国人の皆さんは、普通に移民に行くと思っていたのですが、裸にされて焼き印を押されるなどされたので、奴隷として人身売買されることを悟ったのです!
「バカヤロー!冗談じゃないぞ~!!」
 と、船を乗っ取りましたが、石垣島付近で座礁してしまいました。その後、イギリスの軍隊が押し寄せて、収容所にいた中国人の皆さんを虐殺してしまったのです。
 石垣島の人は中国人の皆さんに、秘かに食料を届けたりしたそうです。
 しかし、力及ばず…

 まったく、アメリカ人とか、イギリス人とか、ロクなもんじゃないな!

唐人墓
 唐人墓は、1971年に建立されたそうです

 「とうじんぼ」と読むと思っていたけど、「とうじんばか」と読むそうで、ちょっと誤解を与えかねないと、添乗員の女性が言っていました。
 こっちでは、「墓地」も、「はかち」と読むらしい。唐人墓も、「とうじんぼ」と読めば何の問題もないと思うのだが、ダメかな?
 「とうじんはか」と、濁らなければいいんじゃないか?


 次は石垣やいま村。古き良き八重山の街並みを再現しているという。

屋敷1
 名家の屋敷

屋敷2

こっちを向いて
 リスザルの居住区もある

かわいいおさる

カー子ちゃん
 カラスもいた

 とある屋敷に仮面が展示されていた。その仮面の中に気になるものがあった。

 それはオホホ。
 オホホは、子供を買いに来た外国人とも、子供のいない金持ちだともいわれている。金をばらまいて人の関心を買おうとするが、誰も相手にしてくれず、むなしく去って行くそうだ。

オホホですって!
 これがオホホ

オホホの雄姿
 オホホの雄姿!

 くうみんブログで欠かせない言葉、それはオホホとトホホ。
 得意な時はオホホ。トホホな時はトホホ。

 頑張れ!オホホ!明日がある!

2つの仮面

ダァトゥーダー

サボテンの花
 サボテンの花が咲いていた

カンムリワシ 女子だそうです
 石垣島出身のボクサー具志堅用高のシンボル、カンムリワシ

この子は、飛べなくなってここに保護されている。女子だそうです。
 
民謡会
 おじいとおばあの民謡会。いいんだか悪いんだか。う~ん

 次は、美しい焼き物を見に行った。

 石垣焼き
 石垣焼きはお茶を注ぐと、黒い焼き物が、黄色く輝くので不思議。

 石垣焼きのペンダントは上皇后美智子様も愛用なさっているそうだ。アクセサリーとしては、そんなに高価なものではなく、美智子様は意外と庶民的なんだと感じた。

 次はシーサーの展示場?のようなところ。
 今は無料で見られるが、そのうち有料になるというが、有料だったら、行かないな~。

シーサー1
 何やら怪しいシーサー

シーサー3

シーサー2

 次は川平湾。グラスボートがなくなったので散策と昼食だけ。

グラスボート欠航
 グラスボート欠航

 個人で乗船すると1200円だって。団体だといくらなのかな?と思っていたら、次の日返金があった。なんと一人500円!団体だとこんなに安くするのか?!力関係かな。

パパイヤ
 パパイヤです

オオタニワタリ
 オオタニワタリというシダの一種。若い芽は食べられるらしい

 ちなみに観葉植物として、うちにもある。オオタニワタリ、君はここの出身であったか。

川平湾 
 天気が悪くてもきれいな川平湾

みんさー工芸館は、伝統工芸・八重山みんさー織の展示と販売をしている。同じものが市内の土産物屋でも売っているが、こっちの方が色あせがなくてきれい。

夏川りみ様ご着用の石垣島の織物
 石垣出身の歌手、夏川りみ様ご着用のドレス

結構人気があった
 奥様方に結構人気だった。

高いんだよね

 観光は終わった。バスでホテルまで帰ったのだが、「星空ツアー」は、やはり中止に。まあ、金が帰って来るからいいや。

 この後、早めにホテルに帰ったくうみんは、クーポン消化のために土産物屋を転々とするのだが、そこで待ち受けていたものは?
 



面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 沖縄
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

3日目は石垣島の観光☆



3日目は石垣島の観光、楽しまれてましたね^^

いかにも石垣島の観光です!!
建物も、お面も、日本の異国感じが出てましたよ
良い旅をね満喫されましたv-291

今日はミコリーさまと、動画収録しましたよ(笑)






珍しい仮面達ですね。

お天気が崩れてきて、グラスボートに乗れなかったのですね。
乗れれば、海の中を泳ぐお魚達を見ることができたのでしょう。
伊東にも、グラスボートでの海の観光がありました。 行かなかったでどね・・・。

オホホの仮面、いかにも唐人っぽい顔をしていて面白いです。
最後に出て来る仮面、確か石垣島特有の伝統的なお祭りで、悪魔だったか悪魔を払うのだったか?で被っているのをテレビで見た事があると思います。

リスざるがいて、パパイヤも生っているなんて、やっぱり石垣地方は南国ですね。

海もとっても綺麗ですね。 個人的にはちょっと複雑な思いがありますが・・・(汗)

星空ツアーも悪天候で中止に・・・、残念でしたね。

でも色んな写真を見せて貰って、ちょっと石垣島に旅行に行った気分になれました。
どうもありがとう。(^^)

No title

ひねくれくうみん様
こんばんは。

写真を制御できるようになったからでしょうか、気合が入ってたくさん
アップしましたね。
石垣焼きの変色はなんとも不思議ですね。
昔海外旅行のお土産でビールをそそぐと表面の水着を着た女性
の水着が消えるというグラスを思いだしました。(笑)

シーサーの展示場は岡本太郎のような作品ですね。
彼が製作したといっても信じるでしょう。
土産物屋の出来事はなんでしょうね。
ハブを買ったとか。

愛新覚羅

No title

>ペイントでリサイズしてブログにアップしたら、うまく行った。

お疲れ様でした。
ひっくり返ったり、ごろ寝している画像はちょっとドキッとしたりしますので、読者的には大変ありがたいことです(笑)。

>まったく、アメリカ人とか、イギリス人とか、ロクなもんじゃないな!

まあ、そうなんですよね・・・。
しかし、そういう経験から何も学ばず、今では中国人が同じようなことをしているのは何故なんでしょうか(笑)。

そうか、夏川りみさんの出身地でしたね。
何気にファンな私です(笑)。

こんばんは~♪

お面がユニークですね。
色々な歴史を感じますね。
いい所ですね。
行きたい気持ちが高まりました。

画像うまく取り込めてよかったですね。

ゼラニウムは我が家では外に置いています。
もし枯れそうだったらプチプチで包んで
外に置くのもいいですよ。

応援☆彡

No title

こんばんは。
一緒にまた石垣島を巡ったような気分にさせていただきました。^^
他の島と比べて、かなりメジャーで、観光地になってしまったような気がしていましたが、やっぱりいいですねぇ。^^
グラスボート、残念でしたね。沖縄の魚は、とにかくカラフルできれいですから。
引き潮になると、足元にできた大きな水たまり?に、熱帯魚のように小さくてカラフルな魚がたくさんいました。

そら

No title

石垣島は、本島とはまた違う文化がありそうですね。
シーサーも、とても個性的だと思いましたが、本島で、置き方が決まっていると聞いて、また確認しなければと思っていました(^^;;
星空も、天気が良ければきれいに見られたでしょうね♫

Re: 3日目は石垣島の観光☆

 がちょー様

> 3日目は石垣島の観光、楽しまれてましたね^^
>
 いずれの日も楽しんできました。

> いかにも石垣島の観光です!!
> 建物も、お面も、日本の異国感じが出てましたよ
> 良い旅をね満喫されましたv-291
>
 やっぱり、沖縄は異国ですよね。日本とは違うもの。

> 今日はミコリーさまと、動画収録しましたよ(笑)

 あら~、そうだったんですか!離れていてもできるんですね。

Re: 珍しい仮面達ですね。

 おばば様

> お天気が崩れてきて、グラスボートに乗れなかったのですね。
> 乗れれば、海の中を泳ぐお魚達を見ることができたのでしょう。
> 伊東にも、グラスボートでの海の観光がありました。 行かなかったでどね・・・。
>
 グラスボートは楽しみにしていたので残念です。伊東にもあるんですか?知らなかった。

> オホホの仮面、いかにも唐人っぽい顔をしていて面白いです。

 名前がオホホというのも親しみを感じてしまいました。

> 最後に出て来る仮面、確か石垣島特有の伝統的なお祭りで、悪魔だったか悪魔を払うのだったか?で被っているのをテレビで見た事があると思います。
>
 へえ、そうだったんですね。笑顔がかわいいです。

> リスざるがいて、パパイヤも生っているなんて、やっぱり石垣地方は南国ですね。
>
 リスザルは触っても逃げなかったです。でも、つかんじゃいけないそうです。

> 海もとっても綺麗ですね。 個人的にはちょっと複雑な思いがありますが・・・(汗)
>
 う~ん、そうですね。

> 星空ツアーも悪天候で中止に・・・、残念でしたね。
>
 夕方から、ちょうどいいのがあったと思ったのですが。

> でも色んな写真を見せて貰って、ちょっと石垣島に旅行に行った気分になれました。
> どうもありがとう。(^^)

 写真の向きも正常になりました。さかさま写真とか、見ると疲れますね。

Re: No title

 aishinkakura様

> ひねくれくうみん様
> こんばんは。
>
> 写真を制御できるようになったからでしょうか、気合が入ってたくさん
> アップしましたね。

 制御するのもいろいろ面倒でした。しかし、さかさま写真を見るのは疲れますからね。

> 石垣焼きの変色はなんとも不思議ですね。
> 昔海外旅行のお土産でビールをそそぐと表面の水着を着た女性
> の水着が消えるというグラスを思いだしました。(笑)
>
 あ~、そう言うの、ありますね。日本でも土産物屋に売っている杯で、酒を入れると裸の女性が出てくるのがありました。

> シーサーの展示場は岡本太郎のような作品ですね。
> 彼が製作したといっても信じるでしょう。

 そうかな~。岡本太郎様なら、もっと爆発するような気がします。

> 土産物屋の出来事はなんでしょうね。
> ハブを買ったとか。
>
 そんなことする訳ないじゃないですか!!品物は普通のものです。

Re: No title

 さえき奎様

> >ペイントでリサイズしてブログにアップしたら、うまく行った。
>
> お疲れ様でした。
> ひっくり返ったり、ごろ寝している画像はちょっとドキッとしたりしますので、読者的には大変ありがたいことです(笑)。
>
 自分でもさかさま写真を見ると疲れました。

> >まったく、アメリカ人とか、イギリス人とか、ロクなもんじゃないな!
>
> まあ、そうなんですよね・・・。
> しかし、そういう経験から何も学ばず、今では中国人が同じようなことをしているのは何故なんでしょうか(笑)。
>
 そうですね。お互い弱肉強食の国民性なんでしょうか。

> そうか、夏川りみさんの出身地でしたね。
> 何気にファンな私です(笑)。

 石垣島は小さな島だけど、具志堅用高様や、夏川りみ様のような有名人がおられます。夏川りみさまはきれいな歌声ですね。
 具志堅用高様は、愛嬌があって好きです。

Re: こんばんは~♪

 mmerose様

> お面がユニークですね。
> 色々な歴史を感じますね。
> いい所ですね。
> 行きたい気持ちが高まりました。
>
 寒さ堪える折にぜひ行ってみてください。

> 画像うまく取り込めてよかったですね。
>
 はい、どうにかできました。

> ゼラニウムは我が家では外に置いています。
> もし枯れそうだったらプチプチで包んで
> 外に置くのもいいですよ。
>
 プチプチね、暖かそう。

> 応援☆彡

 ありがと~。

Re: No title

 uranosora71様

> こんばんは。
> 一緒にまた石垣島を巡ったような気分にさせていただきました。^^
> 他の島と比べて、かなりメジャーで、観光地になってしまったような気がしていましたが、やっぱりいいですねぇ。^^

 そうですね、メジャーですが、ひなびたところは健在です。

> グラスボート、残念でしたね。沖縄の魚は、とにかくカラフルできれいですから。
> 引き潮になると、足元にできた大きな水たまり?に、熱帯魚のように小さくてカラフルな魚がたくさんいました。
>
 も~、残念ですよ~。ダイビングはできないので、ボートに乗って海をのぞいてみたかった!そら様も、沖縄に行ったことがあるんですね。グラスボートにも乗った?いいな~。

Re: No title

 utokyo318様

> 石垣島は、本島とはまた違う文化がありそうですね。
> シーサーも、とても個性的だと思いましたが、本島で、置き方が決まっていると聞いて、また確認しなければと思っていました(^^;;

 沖縄苞右党では、シーサーは形や置き方が決まっているそうですが、石垣島では自由だそうです。

> 星空も、天気が良ければきれいに見られたでしょうね♫

 降るような星を見たかったな~。

No title

残念でしたね。天候ばかりはしょうがないし。
私が阿蘇に行ったとき、ものすごいガスがかかって何も見えず、何しに行ったのかわからなかったです。

歴史、随分悲惨なことがあったのですね。
欧米の虐殺って凄いけど、それを責められることはあまりない。
なぜ中国などは「反省しろ謝罪しろ」と言わないのか理解できないです

No title

天候は残念でしたね
でも 石垣島には 面白いお面があるんですね
お金をばらまいてくれるなら 注目されそうなもんですけど wwwww

中国人を奴隷に・・・・・
まあ 色んなところで 奴隷捕まえてましたもんね・・・・・・

石垣島にそんな歴史があったとは知りませんでした

  駐在おやじ

No title

リスザルとかサボテンの黄色い花とか可愛いですね。

私が川平湾でボート乗ったときは、水中のお魚とかあまりいませんでした。たくさん熱帯魚が見えると思ってたのに残念な思い出があります。川平湾の景色も写真のほうが綺麗だと思いましたよ。フォトジェニックって言うやつかな?笑

Re: No title

キララ様

> 残念でしたね。天候ばかりはしょうがないし。
> 私が阿蘇に行ったとき、ものすごいガスがかかって何も見えず、何しに行ったのかわからなかったです。
>
 阿蘇か~。私も通りかかったことはあります。やはりすごいガスっていました。行ってみたい土地の一つなのですが。

> 歴史、随分悲惨なことがあったのですね。
> 欧米の虐殺って凄いけど、それを責められることはあまりない。
> なぜ中国などは「反省しろ謝罪しろ」と言わないのか理解できないです

 中国も同じようなことをしてきたということもあるし、言えないのではないですか?日本人を奴隷として連れて行くときは、手に穴をあけてロープを通したそうですよ。
 それに、反省や謝罪を求めるのはK国くらいじゃないですか。

Re: No title

駐在おやじ様

> 天候は残念でしたね
> でも 石垣島には 面白いお面があるんですね
> お金をばらまいてくれるなら 注目されそうなもんですけど wwwww
>
 私もそう思います。でも、実際は印刷したお札ですからね。

> 中国人を奴隷に・・・・・
> まあ 色んなところで 奴隷捕まえてましたもんね・・・・・・
>
> 石垣島にそんな歴史があったとは知りませんでした
>
 私も知らなかったけど、地理的に見れば、十分あり得ますね。
 日本人も何人か奴隷としてヨーロッパに連れて行かれたそうです。遣欧少年視察団だったか、日本人女性が裸で街に立たされている姿に、「見ていられなかった」と。
 豊臣秀吉はポルトガルに日本人が奴隷として連れていかれたというのを聞いて激怒。ポルトガル人神父を虐殺しましたが、これくらいしていなければマヤ帝国のように、国が乗っ取られたかもしれません。

Re: No title

 クーチ様

> リスザルとかサボテンの黄色い花とか可愛いですね。
>
 リスザルはかわいかったです。

> 私が川平湾でボート乗ったときは、水中のお魚とかあまりいませんでした。たくさん熱帯魚が見えると思ってたのに残念な思い出があります。川平湾の景色も写真のほうが綺麗だと思いましたよ。フォトジェニックって言うやつかな?笑

 そうでしたか。グラスボートに乗っても熱帯魚がうじゃうじゃいる訳でもないのですね。
 写真がきれいなのは、私の腕がいいからかな?オホホ。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR