fc2ブログ

自衛隊の地道過ぎるイメージアップ大作戦

 11月1日は自衛隊記念日だったそうだ。これはさえき様のブログで初めて知った。

 さえき様のブログ

 へ~、そんな記念日があったんだ。

 以前に比べると、自衛隊のイメージは格段に良くなったのではないかと思う。
 くうみんがまだ学生の頃は、自衛隊というと、軍国主義の暗いイメージしかなかった。そして、若いくうみんは思っていた。
「戦争がはじまりそうになったら、逃げればいいじゃん」
 何より、戦争なんて始まらないと思っていた。

 父は憲法9条を死守せよという政党のシンパだった。その影響もあったと思う。くうみんも成人してしばらくはこの政党を応援していた。しかし、その後いろいろあって、袂を分かつようになった。

 そして、軍備のない国っていうのは、かなり例外的な存在であると聞かされた(コスタリカがそうらしい)。しかし、ほぼすべての国では軍隊を持っている。
 やはり国を守るためには軍隊は必要なのではないか?
 こういうと、日本では右翼と言われるが、日本の常識は世界の非常識、世界的には中立な意見。

 実際、竹島や北方領土は先の戦争のどさくさに紛れて盗られてしまった。正直、これらの島、地域が日本に戻る可能性は低いのではないか?一度盗られてずっと使われたら、どんなものでも、取り返すのは難しい。
 これ以上こんなことが起きないよう、抑止力として自衛隊は必要だ。

 最近は、バラエティやドラマで、かなり自衛隊の好感度が高くなっていると思う。カズレーサー様は、自衛隊ファンで、よくバラエティーに出ているし、もう終わってしまったけど、「テッパチ」という自衛隊のドラマもあった。夜遅いので、ビデオに撮ってみていたが、面白かった。出てくる俳優さんが、一部を除いてみんな筋肉モリモリ…たくましくてステキ♡

 しかし、以前から自衛隊様は、好感度アップのため地道な努力をしていたと思うのですよ。
 というのは、おじさんと一緒に、自衛隊の音楽祭のようなものに行ったとき、感じたのだよ。

 東京のどこだか忘れた。かなり都会だった。代々木?市ヶ谷?そんなことろだったと記憶している。そこに行ったのは偶然か、それとも音楽好きなおじさんが何かで調べて行ったのか。

 そこで、演奏を聴いて楽しんだのだが、案内係は、女性自衛官か、かっこいい男性であることに気づいた。
 短髪で精悍…全員がそんな感じだった。
 近くの若い女性が、
「あの人かっこいいわね」
「私はあの人がいい!」
 と、品定めしているのが聞こえた。

 へ~、自衛官てみんなハンサムなんだな~、と、感心しているところに迷彩色のトラックが来た。

 そこから降りたって、荷物を運んでいるのは、ずんぐりむっくりで、団子鼻のかっこ悪い男どもだった。

 すぐ隣にいるおじさんに言った。
「おじさん!案内係の自衛官はかっこいい人ばかりで、輸送係の自衛官は不細工なのばかりだよ!!」
 おじさんは、二つの対象を見比べると、
「本当だ、ぷ~っ」
 と、笑った。

 ここ数年、富士山に登っているのだが、そこで道路整備をしている自衛官もかっこいい人ばかりだ。

 登山道を歩いていると、たまに自衛隊の車両が通ることがある。
「すみませ~ん、道開けてくださ~い」
 呼びかける声に振り向くと、かっこいい自衛隊員が、笑顔で手を振っているではないか!!
「はい、どうぞ~」
 オバさんくうみんは、満面の笑みで手を振る。
「ありがとうございま~す」
 くうみんは、これが目の保養というものかと、しばらくニコニコして歩いていく。

 このように、どうやら、目立つことろにはいい男を配置して、地道にイメージアップを狙っていたのではないかと思うのだよ。

 その地道な努力が、今花開いてきたのかも知れない。

 





面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 独り言
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

子供の頃は近くの神社に来て脚のついた大きな機関銃などを据えて打たせてくれたり(もちろん弾無し)カーキ色のクルマに乗せてくれたりレイションを食べたり結構オープンでした、隊員募集のためだったかも。
最近道路でハンヴィーの車列とすれ違うことが多く女あるじは嬉々として写真を撮っていますよ。

自衛隊は合憲である!

と、まあ、タイトルに勇ましい事を書いてしまったけど、今の日本で自衛隊が違憲だと思っている人はあまりいないのではないでしょうか?

事実、英語では自衛隊は「セルフ・ディフェンス・アーミー(陸自)」、「セルフ・ヂフェンス・ネイヴィー(海自)」等と、陸軍、海軍、空軍としてみなしています。
問題なのは、自衛隊が戦闘地域へ派遣されても、武器の携行や使用が認められていないこと。 丸腰でそういう場所に行かされた陸自は、東スーダン派遣やイラク派遣の時に、海外からは「役立たず」と言われ、本人達も身を守るすべがないため、精神的にもかなり重いダメージを負ってしまったこと。

日本本土に、北からのミサイルに備えて、実用面でまだまだ不備があるが、イージスアショアを導入している事からしても、戦闘においては、自衛隊に武器の携行・使用を認める事で、実質、軍隊と同じ様に活動できるのではないでしょうか?

新しく軍隊を作ってしまうと、シビリアン・コントロールができるかが問題になったり、(226事件のように)、憲法も主権も無視して、軍が好き勝手にできるようになるのが心配。

最低でも、武力を使うのは、自国の防衛のためだけであって、他国を侵略してはならない。

緊急事態条項が制定されても、軍の一存で国民の土地や財産の接収、懲役を含む国民の行動の制限や強制は、あってはならないと思います。

与党は、自衛隊の問題を表に掲げて、憲法改正の議論をしたいようですが、その内容に「基本的人権」の排除や、主権者である国民の財産や自由を奪うような内容が隠されている事に、注意しておかなければならない、と、私個人は思ってます。

私自身は、自衛隊、カッコ良くで好きですよ。

自衛隊は災害救助部隊じゃない。

国防軍なのに・・・自衛隊。

欧米に言わせれば、自衛隊も軍隊も同じ国防軍なんですよね。

何処から見ても軍隊である自衛隊を九条の鎖から解き放さないといけませんね。

災害救助の時だけ賛美して、軍的行動には反対する。
オカシイですよね。

昔、ある自衛官の退官式の打ち上げに参加したことがあります。
その時、誰も自衛隊などと言っていませんでした。

【海軍】と言っていました。
対外的には仕方なく自衛官と言っていますが、自分たちは軍隊だと思っているんですよね。

現在は難しい状況ですが、早く憲法が改正される事を願うばかりです。

みなさん自分の家に賊が来たら家族を守るために戦いますよね。
当然です。
我が国が占領されようとするのに現在の日本は守る術を持っていないのですよ。
軍を持てば戦争が始まるなんて寝ぼけたこと言ってる人がいるなんて情けない。
自分の国を守るために戦わない国なんて世界中探してもありません。
中立国のスイスでさえちゃんと軍隊を持っています。

自衛隊にはこれまで以上に国防の為に力を持ってほしいものです。

こんばんは~♪

仰る通りかもしれないですね。
カズレーザーさんの自衛隊の番組は
楽しく見ていますが写る人は
イケメンが多いですね。
北朝鮮からミサイルが飛んでくるけど
自衛隊大丈夫と心配になります。
しっかり国を守ることを考えてほしいです。

応援☆彡

自衛隊は昔の警察予備隊


小学生の頃、社会の教科書で
戦争で負けた日本に、アメリカが警察予備隊を作らせて、それが今の自衛隊になったと習いましたよ。

教科書も間違いはありましたが
多分本当とも、思ってましたねv-291





No title

たしかに、イメージアップ作戦はされているような気がします。
台湾の忠烈祠のところにいらっしゃる兵士の方は、高身長の方ばかり選ばれていると、ガイドさんがおっしゃっていたことを思い出しました(^^;;
自衛隊と方には災害時にも活躍されていて、感謝しています。

No title

ひねくれくうみん様
おはよう御座います。

私も日本は特殊だと思います。
アメリカに負けて進駐軍に守られてきてこうなっている
のでしょうが自衛隊ではなく軍隊でなければおかしいと
思います。
また兵役もないのは更におかしいと思います。
若い男子には兵役をかすべきでしょう。
兵隊に行ってすこしはシャキッとしてもらいたいです。
また核も持つべきだと思っています。
国内に沢山ある米軍基地はきちんと日本軍基地に
すべきだとも思っています。

愛新覚羅

Re: No title

 kaz様

> 子供の頃は近くの神社に来て脚のついた大きな機関銃などを据えて打たせてくれたり(もちろん弾無し)カーキ色のクルマに乗せてくれたりレイションを食べたり結構オープンでした、隊員募集のためだったかも。
> 最近道路でハンヴィーの車列とすれ違うことが多く女あるじは嬉々として写真を撮っていますよ。

 子供へのサービスは、警察も自衛隊も同じ。親しみを感じてほしいんでしょう。

Re: 自衛隊は合憲である!

 おばば様

> と、まあ、タイトルに勇ましい事を書いてしまったけど、今の日本で自衛隊が違憲だと思っている人はあまりいないのではないでしょうか?
>
 昔はそういう人、いましたね。今は、某政党くらいかと。

> 事実、英語では自衛隊は「セルフ・ディフェンス・アーミー(陸自)」、「セルフ・ヂフェンス・ネイヴィー(海自)」等と、陸軍、海軍、空軍としてみなしています。

 そうなんだ。

> 問題なのは、自衛隊が戦闘地域へ派遣されても、武器の携行や使用が認められていないこと。 丸腰でそういう場所に行かされた陸自は、東スーダン派遣やイラク派遣の時に、海外からは「役立たず」と言われ、本人達も身を守るすべがないため、精神的にもかなり重いダメージを負ってしまったこと。
>
 外国からはののしられ、自分たちの身を守る術もないとは、ひどい話です。

> 日本本土に、北からのミサイルに備えて、実用面でまだまだ不備があるが、イージスアショアを導入している事からしても、戦闘においては、自衛隊に武器の携行・使用を認める事で、実質、軍隊と同じ様に活動できるのではないでしょうか?
>
 北朝鮮の度重なるミサイル発射、あいつら本気で戦争する気か?!

> 新しく軍隊を作ってしまうと、シビリアン・コントロールができるかが問題になったり、(226事件のように)、憲法も主権も無視して、軍が好き勝手にできるようになるのが心配。
>
> 最低でも、武力を使うのは、自国の防衛のためだけであって、他国を侵略してはならない。
>
> 緊急事態条項が制定されても、軍の一存で国民の土地や財産の接収、懲役を含む国民の行動の制限や強制は、あってはならないと思います。
>
 そんなことになったら、困るよ~。

> 与党は、自衛隊の問題を表に掲げて、憲法改正の議論をしたいようですが、その内容に「基本的人権」の排除や、主権者である国民の財産や自由を奪うような内容が隠されている事に、注意しておかなければならない、と、私個人は思ってます。
>
 そうですね、昔の治安維持法のような。

> 私自身は、自衛隊、カッコ良くで好きですよ。

 かっこいい人とかっこ悪い人がいます、オホホ。

Re: 自衛隊は災害救助部隊じゃない。

 オグリン様

> 国防軍なのに・・・自衛隊。
>
> 欧米に言わせれば、自衛隊も軍隊も同じ国防軍なんですよね。
>
 そのようです。

> 何処から見ても軍隊である自衛隊を九条の鎖から解き放さないといけませんね。
>
 たまに某政党が駅前で、「9条改悪はんた~い!」ってやっていますが、見事にジイサンバアサンばかりです。若い人はもう気付いている。

> 災害救助の時だけ賛美して、軍的行動には反対する。
> オカシイですよね。
>
 確かにおかしいです。しかし、そういったことでイメージアップもあるかと存じます。

> 昔、ある自衛官の退官式の打ち上げに参加したことがあります。
> その時、誰も自衛隊などと言っていませんでした。
>
> 【海軍】と言っていました。
> 対外的には仕方なく自衛官と言っていますが、自分たちは軍隊だと思っているんですよね。
>
 東西南北どこから見ても、軍隊じゃ!

> 現在は難しい状況ですが、早く憲法が改正される事を願うばかりです。

 そうですね。焦らずに行きましょう。

Re: タイトルなし

 toshi様

> みなさん自分の家に賊が来たら家族を守るために戦いますよね。
> 当然です。

 いや、この場合はどうかな?女の一人暮らしなもんで。

> 我が国が占領されようとするのに現在の日本は守る術を持っていないのですよ。

 うん、周りは北朝鮮とか、ロシアとか、中国とか、オソロな国ばかり。

> 軍を持てば戦争が始まるなんて寝ぼけたこと言ってる人がいるなんて情けない。

 ケントギルバードも言っていますね。
「風邪をひきたくないから、風邪ひいた時の薬は持たない」
と言っているようなものだと。

> 自分の国を守るために戦わない国なんて世界中探してもありません。
> 中立国のスイスでさえちゃんと軍隊を持っています。
>
 スイスの軍備はすごいらしい。食料もキープしているそうですよ。

> 自衛隊にはこれまで以上に国防の為に力を持ってほしいものです。

 予算の都合もあるけど、そうですね、力を持ってほしいです。

Re: こんばんは~♪

 mmerose様

> 仰る通りかもしれないですね。
> カズレーザーさんの自衛隊の番組は
> 楽しく見ていますが写る人は
> イケメンが多いですね。

 そうですよね!

> 北朝鮮からミサイルが飛んでくるけど
> 自衛隊大丈夫と心配になります。
> しっかり国を守ることを考えてほしいです。
>
 自衛隊の皆さんは、国を守るために頑張っていると思います。北朝鮮は何を考えているんだ!!

> 応援☆彡

 ありがと~。

Re: 自衛隊は昔の警察予備隊

 がちょー様

> 小学生の頃、社会の教科書で
> 戦争で負けた日本に、アメリカが警察予備隊を作らせて、それが今の自衛隊になったと習いましたよ。
>
 よく覚えていますね。私は忘れてしまった。

> 教科書も間違いはありましたが
> 多分本当とも、思ってましたねv-291

 えっ、本当じゃないの?後で調べてみよう。

Re: No title

 utokyo318様

> たしかに、イメージアップ作戦はされているような気がします。
> 台湾の忠烈祠のところにいらっしゃる兵士の方は、高身長の方ばかり選ばれていると、ガイドさんがおっしゃっていたことを思い出しました(^^;;

 やっぱり…どの国も目立つところにはイケメンを配置するのですね。utokyo様も富士山に登りなさいまし。イケメンの自衛隊員ばかりで、うれしくなりますよ!

> 自衛隊と方には災害時にも活躍されていて、感謝しています。

 ズブズブで大変な現場もあるようです。感謝。

Re: No title

 aisinkakura様

> ひねくれくうみん様
> おはよう御座います。
>
> 私も日本は特殊だと思います。
> アメリカに負けて進駐軍に守られてきてこうなっている
> のでしょうが自衛隊ではなく軍隊でなければおかしいと
> 思います。

 アメリカ側が、日本に軍備をさせないために、日本人をマインドコントロールした結果だそうですよ。

> また兵役もないのは更におかしいと思います。
> 若い男子には兵役をかすべきでしょう。
> 兵隊に行ってすこしはシャキッとしてもらいたいです。

 韓国はそうらしいけど、他の国では抽選のところも多いようですね。

> また核も持つべきだと思っています。

 原子力発電を核の代わりに、という意見があります。しかし、これは危険だと思います。最も安全と思われる場所に、核を持つ方が、安全だと思います。

> 国内に沢山ある米軍基地はきちんと日本軍基地に
> すべきだとも思っています。
>
 そうですね。アメリカ軍より、自衛隊の方が風紀がきっちりしているだろうし、その方が住民の皆さんも納得できると思います。

No title

あららら wwwww
そのやり方は いろいろと問題がありそうですが
効果はありますよね~~~~

もちろん男性側だけでなく 女性側でも同じだと思います
でも 今時容姿でとなると・・・・

でも 抜群の効果を発揮すると思います ^^
反対だったとしても 僕も喜んで道を開けると思います wwww

  駐在おやじ

No title

地域の「自衛隊協力会」の会員になっています。
年末には、翌年のカレンダーが送られてくるのですが、掲載されている写真は美男美女が多いです。
おそらく、それもイメージアップ作戦の一つではないでしょうか。
それはそれでいいと思うのですが、同時に、真摯に国防のために過酷な訓練に携わっている場面も取り上げたほうがいいと、常々思っています。

Re: No title

 駐在おやじ様

> あららら wwwww
> そのやり方は いろいろと問題がありそうですが
> 効果はありますよね~~~~
>
 そうでしょ?

> もちろん男性側だけでなく 女性側でも同じだと思います
> でも 今時容姿でとなると・・・・
>
 あからさまに言ってしまうと何とかハラスメントになるかもしれません。

> でも 抜群の効果を発揮すると思います ^^
> 反対だったとしても 僕も喜んで道を開けると思います wwww
>
 きれいな女性自衛官がにっこり笑って、
「すみませ~ん、道をあけてくださ~い」
 なんて言ってきたら、思わずにっこりですよね。

Re: No title

 声なき声様

> 地域の「自衛隊協力会」の会員になっています。

 そんなのがあるんですね。知らなかったです。

> 年末には、翌年のカレンダーが送られてくるのですが、掲載されている写真は美男美女が多いです。
> おそらく、それもイメージアップ作戦の一つではないでしょうか。
 
 あはは、たぶんそうでしょう。

> それはそれでいいと思うのですが、同時に、真摯に国防のために過酷な訓練に携わっている場面も取り上げたほうがいいと、常々思っています。

 それもそうですね。自衛隊を舞台にした「テッパチ」というドラマではそういった過酷な訓練シーンがありました。そのようなシーンも取り上げるべきだと思います。
 家のリビングにかけるカレンダーなので、刺激が強すぎると判断したのかも知れませんね。

No title

私の拙いブログと記事をご紹介いただきまして、ありがとうございます。

有事法制や反撃能力について無邪気でノーテンキなことを言っている方もおられるようですが、ビョーキとしか思えません。
「専守防衛」などという阿呆な言葉や考え方自体が欺瞞です。
もし「専守」で可能な「防衛」というものが、本当にこの世に存在するのなら、是非それを立証・説明してほしいものです。

Re: No title

 さえき奎様

> 私の拙いブログと記事をご紹介いただきまして、ありがとうございます。
>
 どういたしまして。

> 有事法制や反撃能力について無邪気でノーテンキなことを言っている方もおられるようですが、ビョーキとしか思えません。
> 「専守防衛」などという阿呆な言葉や考え方自体が欺瞞です。
> もし「専守」で可能な「防衛」というものが、本当にこの世に存在するのなら、是非それを立証・説明してほしいものです。

 おっしゃる通りです。戦争絶対反対!というのは簡単です。しかし、国を守るとはどういうことなのか、周りの曲者の面々にどう対処するのか、聞きたいものです。

No title

私は自衛隊員を本当に尊敬しています。
軍国主義と国防をごっちゃにしてはいけないですね。


独立国家で軍隊を持たないなんて考えられないこと!
みなスイスのことを上げますが、スイス国民すべてが兵隊です。
有事の際には、すべての国民が銃を持って戦うように訓練もしています。

自衛隊を禁止するというなら、徴兵制度を作らなくてはいけない。

自国は自国民で守る!当たり前のことなんですが・・・


今のようなことをしていたら30年くらい先に日本という国はなくなるとも思います。


Re: No title

 ミコリー様

> 私は自衛隊員を本当に尊敬しています。
> 軍国主義と国防をごっちゃにしてはいけないですね。
>
 そうそう、それですよ!
>
> 独立国家で軍隊を持たないなんて考えられないこと!
> みなスイスのことを上げますが、スイス国民すべてが兵隊です。
> 有事の際には、すべての国民が銃を持って戦うように訓練もしています。
>
 偉大なスイスの思想家、ヒルティーは軍人ですものね!

> 自衛隊を禁止するというなら、徴兵制度を作らなくてはいけない。
>
 みんな嫌だろう!

> 自国は自国民で守る!当たり前のことなんですが・・・

 いやだけど、しなきゃいけないことです。
>
>
> 今のようなことをしていたら30年くらい先に日本という国はなくなるとも思います。

 ずいぶん外国人に不動産を買われているようだし、そっち方面の心配もあります。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR