fc2ブログ

再手術宣告と再手術を断った時のこと

 このブログは今は思い出話を交えて、一人暮らしのつれづれを書いているが、もとは乳がんブログだった。
 それで、乳がんの人が今でも結構訪れているようだ。病気で鬱々としている人に、希望の明かりを。

 今ではがんは、なんと消滅してしまったが、13年前はかなり深刻な状態であると、医者から指摘を受けていた。

 手術前  たぶん一期でしょう。治療もホルモン剤と放射線治療で十分。
 手術後  病期は2期b。リンパ節転移有りなので、抗がん剤、放射線、ホルモン剤治療になります。
 病理結果 思った以上に広がっており、脈管侵襲が極めて高度。全的の再手術の上、抗がん剤、放射線、ホルモン剤治療となる。

 病理結果は、医者も言い出しにくかったのか、最後にされた。おじさんと一緒に、誰もいなくなった待合室で、しり上がり寿の漫画を読んでバカ笑いをしていたら、呼び出しがかかって、思っていた以上の最悪の結果を聞くことになった。

 ま~、この間、いろいろ紆余曲折はあったのだが、「手術はしたくないな~」とつぶやいたら、このバカ医者め。


 医者は、訳の分からない怒号をまくしたてた。通訳すると、こんな感じ。

「手術しないと危険である。手術しなければ、責任が持てない!手術しなければ俺は主治医を降りる!!」

 しかし、くうみんは果敢にこの怒号の合間をかいくぐって質問をしたのだった。
 Q 手術すると、再発の可能性はどの程度下がりますか?
 A しなければ30%程度である。手術すれば再発率は10%程度に下がる。
 Q それでは10年生存率は、どのくらい向上するのですか?
 A 6%程度向上する。

 責任持てないって、あんたに責任持ってくれなんて思っていませんが。それに、再発率は結構下がるものの、手術しない場合30%って、手術しなくても70%の人は再発しないってことでしょ?
 10年生存率が6%程度向上って、ちち一つ取ってこれって、払った犠牲の割に成果がなさすぎ!!

 という訳で、結局手術をするのはやめた。後日、やめることを伝えるときは、あんなに強硬な態度だった主治医が、あっさりと、
「そうですね、やめましょう」
 と言ったのには驚いた。

 再手術宣告の時、大声をあげたので、他の診察室にもこの声は筒抜けだったはず。先輩医師から注意されたか、看護師にたしなめられたか、次の患者がおびえていたのか、そのすべて…と思ったのだが、ひょっとして。

 Q 手術すると、再発の可能性はどの程度下がりますか?
 A しなければ30%程度である。手術すれば再発率は10%程度に下がる。
 Q それでは10年生存率は、どのくらい向上するのですか?
 A 6%程度向上する。

 主治医は自分で言った、これらを心の中で反芻。
「再発率は10%程度になって、生存率は6%程度向上…アハハ~、たいしたことないじゃん」

 って気付いたのかも、と今では思っている。  
 
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

人間の体の不思議ですよね~
くうみんさまのようにガンが消えること、結構な数あると聞きます。

手術してもしなくても、そこまで確率が変わらないのならば、楽しく生きた方が寿命は伸びそうです。

医者の言うことを聞かなくて大正解でした!!\(^o^)/

こんにちは~♪

主治医に怒鳴られても
言うことを聞かなくて正解でしたね。
お元気に走っているんですものね。
くうみんさんが正解でしたね。

不思議な話は
全て私の体験です。

今日もお元気で~♪ ☆彡

全くそうだねえ・・・。

「生存率6%向上」のために・・・。
これが「生存率60%向上」と言うなら、その方がいいと誰でも思うと・・・。

おばばの知っている、くうみんさん以外の乳がんの人は、みんな大昔の治療法で、迷わず片方の乳房を切除していたような・・・(汗)
学生時代のバイト先の主任さんとか、おじじのお母様とか・・・。
全く、いつの時代じゃ??という話ばかり。

今では、切らない事を含め、色んな治療法もあるからね。
くうみんさんの選んだ道が結果オーライだったのが、本当に良かったよ(^^)

その人の免疫力や色々あるのかもしれないけれど、くうみんさんは本当に良かったです。

私も断りますよ

再手術宣告と再手術を断って正解でしたよ
もちろん私も断りますね。

再手術は身体に負担がかかりますよ
私も、もしもくうみんさまの立場でしたら断りますね

No title

「切れる」医者ってけっこういるみたいですよ。
頭が切れたり手術のテクが切れたりするならいいんですが、もしかしたらこいつの場合は「手術の練習をしてみたかった」だけとかそういうのじゃないんでしょうか。
自分の意志を貫いて本当によかったですね。

No title

手術の際のダメージもありますし、手術がベストな対処法とは言えないですよね。
お医者さんも、自分の考えを押し付けずに、患者の気持ちを優先してほしいです。
診察室で圧力をかけられたら、言いなりになる方も多いかもと思います(~_~;)

No title

ひねくれくーみん様
おはよう御座います。

くーみん様は気丈ですね。私は医師の言う通りに大人しくしていました。
但し、何か質問はありますか?と言われると色々と質問していました。
私は手術したのですが、それでも転移しましたので手術すれば安心と
思っていたのが裏切られました。
入院生活は家事から解放されて悪くないのですが、年老いた母親を他の
兄弟に任せたり、ショートステイさせたりするのが手間でした。

愛新覚羅

Re: No title

 ミコリー様

> 人間の体の不思議ですよね~
> くうみんさまのようにガンが消えること、結構な数あると聞きます。
>
 よく聞く話ですね。

> 手術してもしなくても、そこまで確率が変わらないのならば、楽しく生きた方が寿命は伸びそうです。
>
 私もそう思います。たとえ1%でも…という人もいますが、1%って、100人のうち一人ですよ。

> 医者の言うことを聞かなくて大正解でした!!\(^o^)/

 マジそう思います。

Re: こんにちは~♪

 Mmerose様

> 主治医に怒鳴られても
> 言うことを聞かなくて正解でしたね。
> お元気に走っているんですものね。
> くうみんさんが正解でしたね。
>
 医者というのは患者にとって、少なくとも「自分より数段格上の人」で、神様みたいに思っている人もいます。そういう人に怒鳴られたら、言うことを聞いてしまいそうになります。でも、それではダメなのです。

> 不思議な話は
> 全て私の体験です。
>
 そうなんですか?!よくぞご無事で…

> 今日もお元気で~♪ ☆彡

 ありがと~。

Re: 全くそうだねえ・・・。

 おばば様

> 「生存率6%向上」のために・・・。
> これが「生存率60%向上」と言うなら、その方がいいと誰でも思うと・・・。
>
 でしょ?

> おばばの知っている、くうみんさん以外の乳がんの人は、みんな大昔の治療法で、迷わず片方の乳房を切除していたような・・・(汗)
> 学生時代のバイト先の主任さんとか、おじじのお母様とか・・・。
> 全く、いつの時代じゃ??という話ばかり。
>
 13年前はすでに部分切除が主流でした。でも、15年前はどうだったか?そして今は、全摘(切除)して、再建するのが多くなったとか。それもどうかと思います。感覚はなくなるし、バッグを入れた再建なら、歳を取ってもそこだけ若いまま。自家再建なら、中に入れた脂肪が吸収されて、ふくらみがなくなる人もいるとか。

> 今では、切らない事を含め、色んな治療法もあるからね。
> くうみんさんの選んだ道が結果オーライだったのが、本当に良かったよ(^^)
>
 最後は直感なのです。これが結果オーライにつながります。

> その人の免疫力や色々あるのかもしれないけれど、くうみんさんは本当に良かったです。

 誰にでもそうしなさいという訳ではありませんが、医者の言うことを鵜呑みにするのは良くない、これだけは言えます。

Re: 私も断りますよ

 がチョー様

> 再手術宣告と再手術を断って正解でしたよ
> もちろん私も断りますね。
>
 男なら、チ〇コを取れと言われるようなもの。

> 再手術は身体に負担がかかりますよ
> 私も、もしもくうみんさまの立場でしたら断りますね

 そうそう、手術の体への負担って、かなりなものです。全体として寿命が縮まることも考えないと。

Re: No title

 さえき奎様

> 「切れる」医者ってけっこういるみたいですよ。

 患者はただでさえ不安なのに、勘弁して欲しいですよね。

> 頭が切れたり手術のテクが切れたりするならいいんですが、もしかしたらこいつの場合は「手術の練習をしてみたかった」だけとかそういうのじゃないんでしょうか。

 私もそう思いました。特に乳房の全摘手術はやりがいがあって楽しいらしいです。

> 自分の意志を貫いて本当によかったですね。

 はい。でも、抗がん剤治療をしてしまったのは失敗でした。

Re: No title

aishinkakura様

> ひねくれくーみん様
> おはよう御座います。
>
> くーみん様は気丈ですね。私は医師の言う通りに大人しくしていました。

 私の場合、見た目が変わってしまうので、女子としては何とか全摘は避けたかったのです。

> 但し、何か質問はありますか?と言われると色々と質問していました。
> 私は手術したのですが、それでも転移しましたので手術すれば安心と
> 思っていたのが裏切られました。

 お気持ちお察しします。しかし、手術しても転移することはありますね。

> 入院生活は家事から解放されて悪くないのですが、年老いた母親を他の
> 兄弟に任せたり、ショートステイさせたりするのが手間でした。
>
 家事から解放されるのは私も良かったです。母上の介護もなさっているなんて、頭が下がります。

Re: No title

utokyo318様

 順番があとになって申し訳ありません。

> 手術の際のダメージもありますし、手術がベストな対処法とは言えないですよね。

 手術のダメージはかなりなものです。傷口がふさがっても、他の組織と同じくらい丈夫になるには、2年くらいかかったと思います。

> お医者さんも、自分の考えを押し付けずに、患者の気持ちを優先してほしいです。
> 診察室で圧力をかけられたら、言いなりになる方も多いかもと思います(~_~;)

 自分の意見を押し付けるのは本当にやめて欲しいと思います。先生に命を預けます、という患者さんもいますが、私としては自分の体に対し、無責任なのではないかと。

払った犠牲の大きさ

男性の医師にはわからないから?
医師としては生存率が絶対優先だから?
私も温存手術の承諾のときに再手術の可能性を説明されて
病理の結果が出るまでとても怖かったです。
でも再手術と言われたら受けていたかも?
くうみんさまの勇気には感服します。

そしてくうみんさまのブログは「希望の明かり」
病気を克服した秘訣を知りたくて度々訪れてしまいます。
ブラント教授の本は買っていませんが簡単な内容はネットで
見ていました。
私は牛乳は子供の時以来ほぼ摂っていませんでしたが
ヨーグルトやチーズは大好きでした。
くうみんさまは病気になる前と後で乳製品の摂取が大きく違いますか?
また抗がんについてのお考えも知りたいです。

Re: 払った犠牲の大きさ

 もに様

> 男性の医師にはわからないから?
> 医師としては生存率が絶対優先だから?

 どちらもあると思いますが、患者は治療を断る権利があるというのを、忘れています。

> 私も温存手術の承諾のときに再手術の可能性を説明されて
> 病理の結果が出るまでとても怖かったです。
> でも再手術と言われたら受けていたかも?
> くうみんさまの勇気には感服します。
>
 私もいろいろ考えました。

> そしてくうみんさまのブログは「希望の明かり」

 ははは~、それほどでも~。

> 病気を克服した秘訣を知りたくて度々訪れてしまいます。
> ブラント教授の本は買っていませんが簡単な内容はネットで
> 見ていました。
> 私は牛乳は子供の時以来ほぼ摂っていませんでしたが
> ヨーグルトやチーズは大好きでした。
> くうみんさまは病気になる前と後で乳製品の摂取が大きく違いますか?

 牛乳は飲まなくなりましたね。代わりに豆乳を飲んでいます。ヨーグルトは手作りの豆乳ヨーグルトです。チーズや生クリームはし好品程度に摂っています。だからずいぶん乳製品摂取は少なくなりました。

> また抗がんについてのお考えも知りたいです。

 次のブログのテーマにしよう。

No title

どんな手術であっても手術したくないのは人として当然の心理なのに、それを怒鳴るなんて、それだけでもいい医師とはいえないですね。
ただ、乳房切除を頑なに拒否して民間療法に頼った結果、ガンが悪化してとうとう亡くなった事例を知っているので、人それぞれとしか言い様がないのかな。くうみんさんは本当によかったです。

Re: No title

 キララ様

> どんな手術であっても手術したくないのは人として当然の心理なのに、それを怒鳴るなんて、それだけでもいい医師とはいえないですね。

 怒鳴られれば、もっと恐怖心が増すというもの。
「泣き止め!泣き止め!」
 と言って、往復ビンタ100連発するようなものです。

> ただ、乳房切除を頑なに拒否して民間療法に頼った結果、ガンが悪化してとうとう亡くなった事例を知っているので、人それぞれとしか言い様がないのかな。くうみんさんは本当によかったです。

 怪しい民間療法も、あるなあ。私はそんなこんなで治ったけど、確かに亡くなる人もいるんだよね。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR