fc2ブログ

本当にあったオソロな話  お食事中には読まないでください 家政婦は見た!働き先は蛇屋だった

 やっぱりというか、なんというか、Hではなんだかわからないという人一名、「アイクリーム」を「アイスクリーム」と勘違いした人一名いました。

 hebiのアイクリームです!!

 hebi関連で、オソロな話を思い出しました。以下は、本当にあったオソロな話です。

 時代は昭和30年代にさかのぼります。
 その頃はまだ、結婚した女性がちょこっと働くパート仕事と言えば、家政婦くらいしかなかったようです。
 近所に住む、k代ちゃんのお母さんは、家計の足しにどこかいい働き口はないかしら?と探していました。今のように求人広告もないので、口コミで探したようです。
 どこも一長一短でなかなかいいところが見つからなかったのですが、ようやっと好条件の働き口を見つけました。

 私鉄電車に乗って5駅ほどのところ、そこから徒歩10分。時給もいい。面接も終わって、すぐにでも来てほしいということだったので、翌日から働くことになった。

 雇い主の夫婦は感じのいい人で、仕事もきつくない。でも、k代ちゃんのお母さんには気になることがあった。こんなに高給優遇なのに、人がすぐに変わるのはなぜ?そしてもう一つ。
「この部屋には絶対に入らないでください」
 と、奥さんから念を押された部屋があったこと。

 掃除する部屋が一つ減ったんだし、いいことだわ。k代ちゃんのお母さんは、そのまま仕事を続けた。

 ある日のこと、「この部屋に絶対に入ってはいけない」と、念を押された部屋から、ごそごそ音がするのが聞こえた。k代ちゃんのお母さんは、好奇心がムクムクするのを感じた。
「ひょっとして、野良犬か野良猫でも迷い込んだ?追い出さなくちゃ」
 などと理由をくっつけ、その部屋の入り口を開いた。

 そこには…

 無数のhebiが、ガラス箱でうごめいている!!

「キャ~~~~!!」

 k代ちゃんのお母さんは腰を抜かさんばかりに驚いた。これは商売用の蛇!
 くうみんも、横浜の某所に蛇屋があったのを知っている。今はどうなったかわからないが、怖いもの見たさで、店頭の見本を見に行ったこともある。

 その叫び声に、雇い主夫婦が駆けつけてきた。
「見~た~な~」

 しかし、そのまま何をするでもなく、訴えてきた。
「どうにか続けてくれませんか?」

 k代ちゃんのお母さんは
「ダメ、無理!今日限りでやめさせていただきますぅ」
 と言って、帰ってきたそうだ。

 見てはいけないというものを見なければ知らぬが仏で、高給優遇の職場で働けたはずだが、この場合、どうするのが良かったのか?働き続けるか?やめるか?

 どちらを選ぶのかは、あなた次第。
 





 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト



テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

前の記事にコメントさせて頂いたものです。
お返事うれしくてまた書いてしまいました!

私の亡き母も独身時代、東京でお手伝いさんしていたそうです。
おそらく昭和30年代。私の生まれる前の事です。
とある大建設会社の重役さんのお宅で、奥様が歌舞伎座に行かれる時は、和装なのですが、

『○さん(母の名前)、ヘ◎皮の草履を出しておいて頂戴』

とおっしゃるという話・・・。くうみんさまのこの記事を読んで
唐突に思い出しました。
カネもちってすげえですよね。
私はハチュ好きなのですが、くうみんさまは、さぞ、ゾワゾワ
なさることでしょう。

ところで、前の記事のご返信、

【たーこいず様って、聞いたことがあるHNです。おひとり様か、一人暮らしカテに、いたことがあるのではありませんか?今は違う所にいらっしゃるのかしら?】

まさにそうです。憶えていてくださり、うれしいです。
光栄に存じます。
いまは生活苦カテの方におります。









No title

こんばんはくうみんさま。

私も蛇は苦手でしたよ
何とか触れますが、やはり苦手でしたね
そのかわりトカゲやカナヘビは触れました(笑)

蛇は見ていてもあまり気持ち良いの生物ではありませんよねww


実話…なのね・・(汗)

そのK代さんのお母さん、さぞかし腰を抜かさんばかりに驚いたでしょうね!
ガラス箱にいっぱい詰まったHEBI、どう考えても普通の家庭の部屋では考えられないものね・・・(汗)

これはHEBIじゃなくても、「常識を超えた物に遭遇した恐怖」だと思われます。
でもまあ、ガラス箱に入っていて、絶対に逃げ出さないように管理されてるのなら、今後は一切その部屋に近寄らないようにして、お給金のいい仕事を続けた方が得だったかも・・・(汗)

もし私が、ガラス箱の中で沢山の「タランチュラ」が蠢いているのを見たら、尻餅ついて凍り付くかもしれないけれど、待遇がいいなら、その部屋は無視して働くかもよ・・・(汗)

No title

今でこそ、ヘビをペットとして飼う人はいるけど、その時代はそんな需要があったかどうか。
蛇皮用だったのかな。
それを知ったあとでも働き続けるか・・・待遇は良さそうだし、その部屋に入りさえしなければいいのだから、続けるかも。

こんばんは~♪

私は絶対に無理。。。
いくらお金を積まれても!!
我がお庭にもニョロが出ます。
隣のごみ屋敷に住み着いている様子
数種類いるみたい。。。
今年はまだ見ていないけど
お庭仕事も夏場は放置しています。

今年は害虫が多いので
お気を付けくださいね。

今日もお元気で~♪ ☆彡

No title

まあ、蛇好きの人なら良かったのでしょうが、そうじゃなかったのですね。アタシが大好きなマイケル・ジャクソンは、蛇を飼っていたといいます。
しかし、昔は家政婦しか働くところが無かったのね。家政婦さんって、お仕事大変だろうなあ。アタシには無理。蛇がいなくても無理!

No title

ひねくれくーみん様
こんばんは。

み〜た〜な〜 とは怪談のようですね。
見てしまったらもう無理でしょうね。私でも辞めます。

横浜でニシキヘビが逃げてどこかに行ったと思ったら
天井裏にいたという話がありましたよね。
アパートの人たちはどうしたのでしょうね。
そのまま住み続けたのでしょうか?
大家さんにとっては災難ですが賠償金を取れるのか
気になります。

愛新覚羅

No title

すみません。
そのアイスクリームと勘違いした約一名です(笑)。

「見てはいけない」というものを見てしまった者の末路は、多くの民話・伝承が伝えるとおりろくなことがありません(笑)。

蛇といえば、群馬県太田市の薮塚温泉に「ジャパンスネークセンター」という蛇専門の動物園?があります。
一般財団法人日本蛇族学術研究所というまじめに蛇毒や血清などの研究をしている団体が管理しています。
日本で唯一ヤマカガシ毒の血清を製造・保管しているところです。
すごく面白いところではありませんが、他では見られない世界各国の40種類以上200匹の蛇が展示されています。
蛇に触らせてもらえるイベントなどもあります(笑)。
お近くにお出での節は是非お立ち寄りください(笑)。

No title

昔は蛇屋というのがあったのですね!
血を飲んだり漢方薬の材料にもなるようですが、想像しただけで怖いです(O_O)
シンガポールで、蛇を首に巻く体験ができるところがありましたが、蛇の種類によっては窒息してしまいますね。

No title

ドアを開けたら鶴が機を織っていたのならまだしも、
蛇が嫌いな人はいくらお金を積まれても辞めてしまうでしょう。
でも好きではありませんが私なら仕事を続けますよ。
小学1年生ごろ、仙台の大学属病院前の漢方薬店?のショーウインドウの中で蛇がウジャウジャ放し飼いになっていてガラス越しによく見に行きましたよ。
イモリかヤモリの黒焼きもありましたよ、サンショウウオかな?

再びでごめん・・・。

おばばだったら・・・、で妄想を膨らませてみたよ。

おばばだったら、絶対に即刻その場で家政婦を止めて逃げ帰ってしまう部屋とは・・・?

「即身仏」と化したご先祖様がガラスのケースに入れられて祀られている部屋を見てしまったとか、

部屋一面に人形が並んでいて、こっちを向いている部屋とか・・・、

昔、惨殺事件の現場で、今もお札や盛り塩で封印されている部屋とか・・・。

こういう部屋がある家なら、給金を2倍払うと言われても、即刻辞めて逃げ出すよ(汗)

Re: No title

 たーこいず様


> 『○さん(母の名前)、ヘ◎皮の草履を出しておいて頂戴』

 は、はい奥様。と言って軍手2枚重ねで玄関に出し、その軍手は捨てる。蛇革の財布もよく見かけますが、一億円たまると言われ…たら、使うかもです。

> 【たーこいず様って、聞いたことがあるHNです。おひとり様か、一人暮らしカテに、いたことがあるのではありませんか?今は違う所にいらっしゃるのかしら?】
>
> まさにそうです。憶えていてくださり、うれしいです。
> 光栄に存じます。

 ふんふん、やっぱりね~。こっちには及びもつかない人気ブログですもんね。

> いまは生活苦カテの方におります。

 なに、おひとり様カテから、生活苦カテに?!なんてこった!後で見舞いに行くか。

Re: No title

 がちょー様

 がちょ様は苦手でもなんとか触れるのですね。これぞ男!私が、キャ~~~!と言ったら、新潟から助けに来てください。

Re: 実話…なのね・・(汗)

 おばば様

> これはHEBIじゃなくても、「常識を超えた物に遭遇した恐怖」だと思われます。

 それもそうだな。常識を超えた量の生き物、しかもあまりかわいくない系がうごめいていたら…

> もし私が、ガラス箱の中で沢山の「タランチュラ」が蠢いているのを見たら、尻餅ついて凍り付くかもしれないけれど、待遇がいいなら、その部屋は無視して働くかもよ・・・(汗)

 おばばさまは、hebiより、クモが苦手だったんですよね。私も待遇がいいなら、hebiは無視して働くかも…

Re: No title

 キララ様

 薬用だったそうですよ。昔はhebi屋さん、たくさんあったらしい。

> それを知ったあとでも働き続けるか・・・待遇は良さそうだし、その部屋に入りさえしなければいいのだから、続けるかも。

 私も~。

Re: こんばんは~♪

 Mmerose様

 そういえばMmerose様の近所には、hebiがいるんですよね。ずいぶんと都会なのにいるのは、ごみ屋敷があるから?

> 数種類いるみたい。。。

 どひゃ~!!


> 今年は害虫が多いので
> お気を付けくださいね。

 こっちはイモムシ発見!見つけ次第退治!

> 今日もお元気で~♪ ☆彡

 ありがと~。

Re: No title

 きたあかり様

 マイケルジャクソンはhebiを飼っていたのですか?今はそんなに奇異ではないですが、私には考えられません。

> しかし、昔は家政婦しか働くところが無かったのね。家政婦さんって、お仕事大変だろうなあ。アタシには無理。蛇がいなくても無理!

 普通の主婦にはそんなに難しいことじゃないと思うけど、体は使いそうね。

Re: No title

aishinkakura様

> み〜た〜な〜 とは怪談のようですね。
> 見てしまったらもう無理でしょうね。私でも辞めます。

 aishinkakura様もhebiは苦手ですか。

 どこに行ったのかと思ったら、天井裏にいたとは!これが人の家にいたら、もし私がその部屋に住んでいたら、私は引っ越します。
 アパートの人がそのために引っ越したとしたら、損害賠償請求されるかもしれませんね。

Re: No title

 さえき奎様

> そのアイスクリームと勘違いした約一名です(笑)。

 オホホ、案外慌て者ですね。

> 「見てはいけない」というものを見てしまった者の末路は、多くの民話・伝承が伝えるとおりろくなことがありません(笑)。

 ツルの恩返しならまだいいけど、雪女は怖い。

 藪塚温泉のスネークセンターには行ったことがあります。怖いもの見たさですよね。寒い時でしたので、hebiの皆さんは、あまり動きませんでした。
 hebiに触らせてくれるイベントは、パスでございます!!

Re: No title

utokyo318様

 シンガポールの動物園で、hebiと記念撮影するのを、当時シンガポール駐在のお姉さん夫婦に勧められました。しかし、おじさんと私はどうしてもできなくて、オランウータンと記念撮影しました。


Re: No title

kaz様

> ドアを開けたら鶴が機を織っていたのならまだしも、
> 蛇が嫌いな人はいくらお金を積まれても辞めてしまうでしょう。

 私は大金を積まれたら、やるかも…

> 小学1年生ごろ、仙台の大学属病院前の漢方薬店?のショーウインドウの中で蛇がウジャウジャ放し飼いになっていてガラス越しによく見に行きましたよ。
> イモリかヤモリの黒焼きもありましたよ、サンショウウオかな?

 わ~、怖いもの見たさですね。私も子供の頃、見にいったことがありました。昔はあったんですね。

Re: 再びでごめん・・・。

 おばば様

> おばばだったら・・・、で妄想を膨らませてみたよ。
>
> おばばだったら、絶対に即刻その場で家政婦を止めて逃げ帰ってしまう部屋とは・・・?
>
> 「即身仏」と化したご先祖様がガラスのケースに入れられて祀られている部屋を見てしまったとか、
>
> 部屋一面に人形が並んでいて、こっちを向いている部屋とか・・・、
>
> 昔、惨殺事件の現場で、今もお札や盛り塩で封印されている部屋とか・・・。
>
> こういう部屋がある家なら、給金を2倍払うと言われても、即刻辞めて逃げ出すよ(汗)

 う~ん、hebiなら、高給であればやるかもしれないが、そういうのは、また別の意味で怖いものがある。私もそれは勘弁。
 おばばさん、うまいな~。

No title

 今は、蛇もトカゲもカエルもミミズも触りたくも見たくもありません。

 記憶にあるのは、子供時代に青大将が寝ている自分の上を這っていたことでしょうか。
異変に気付いた父が取り払ってくれた記憶があります。
真夏だったので、戸を開けっ放しにして寝ていたから侵入したのか、元々家の中に侵入していたのか。

 ただ蛇自体に、それ程怖いと思ったことはありませんでしたが…


 しかし、k代さんのお母さまにとっては、恐怖が半端なかったことでしょう。

 何も知らされていなかったら尚更。
彼女は、生きた心地もしないほど驚いたのかも知れませんね。

No title

爬虫類好きなお宅だったんですね~~~~
僕平気です ← まあ 出てこられるとまずいですけど 水槽の中ならOK

でも これって嫌いな人はめっちゃ嫌いですもんね
高給だったとのことで もったいない気もしますが、 仕方ないですね~~~

今なら爬虫類大丈夫な人 って募集もかけれるでしょうけど wwww


  駐在おやじ

Re: No title

るどるふくん様気がくるって

>  記憶にあるのは、子供時代に青大将が寝ている自分の上を這っていたことでしょうか。
> 異変に気付いた父が取り払ってくれた記憶があります。

 キャ~~!!私にそんなことがあったら、気が狂ってしまったことでしょう。お父様、えらい!

>  ただ蛇自体に、それ程怖いと思ったことはありませんでしたが…

 怖いというか、気持ち悪いというか。

>  しかし、k代さんのお母さまにとっては、恐怖が半端なかったことでしょう。
>
>  何も知らされていなかったら尚更。
> 彼女は、生きた心地もしないほど驚いたのかも知れませんね。

 たぶんそうだと思います。とっさに辞めてしまったのを、後で後悔したかもしれませんが。

Re: No title

 駐在おやじ様

> 爬虫類好きなお宅だったんですね~~~~

 いえ、HEBI屋ですって。滋養強壮に使う漢方薬として。

> 僕平気です ← まあ 出てこられるとまずいですけど 水槽の中ならOK

 おやじ様は、ここの家政夫になれますね。

> 高給だったとのことで もったいない気もしますが、 仕方ないですね~~~

 私もそう思います。その部屋に近づかなければいいのであれば、何とか…欲の皮ですね。はじめから言っていればよかったんでしょうけど、HEBI大丈夫な人って女性では少ないのではないかと。

No title

何年か前に母蛇がうちの狭い庭で卵抱えたまま強烈な臭いを発して死んでました。さすがにその始末は旦那にしてもらったけど(くうみんさん、このコメント読むの食事中だったらごめんなさい)、生きててガラス箱に入ってるのなら私だったら全然平気です。ただ家事は苦手だから最初っから応募はしないでしょう。

Re: No title

 クーチ様

> 何年か前に母蛇がうちの狭い庭で卵抱えたまま強烈な臭いを発して死んでました。さすがにその始末は旦那にしてもらったけど

 どひゃ~!!おじさんは絶対にしないから、うちなら、私がするかそれとも便利屋さんを頼むかです。
 そういえば、おじさんの実家の庭で蛇が死んでいるのを、義父母は片づけられなくて、当時まだ生きていた90を超えるばあちゃんが片づけたそうです。さすが武家出身!
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR