FC2ブログ

うちにある心霊写真

 見える男・がちょ様はブロ友である。彼は見える人なので、よく怖い話や写真、動画をアップする。
「こんな動画、見付けましたでありますよ。見てね~!」
 のように明るく、ノー天気に言うのだが、くうみんは怖くて閲覧できない。だから見ない。見るとしても、昼の明るいうちに見る。

 がちょ様のブログ

 うちにも心霊写真があるのだよ。

 と、コメントしたら、がちょ様は
「その写真、ブログにあげてくださいね!!」

 と言ってきたのだが…
 
 おじさんの実家にあった古いアルバム。おじさんのおばあちゃんが嫁入りに来た写真やら、家族写真、おじさんのお父さんの幼稚園の集合写真。そんな中に混じって、おじさんの、ひいじいさんにあたる人が、直立不動の姿勢で映っている写真があった。古い写真なので、背景にシミがあったのだが、そのシミが人の形になっているのをある人が発見した。
「白いドレスを着た人がいる」

 直立不動の男性に、丈の長い衣服を着た人がしなだれかかっている。よく見ると、その衣服はドレスではなく、白いテロンとした着物だった。
「どひゃ~!!何これ?!」

 くうみんは当時、おじさんに会いたくて、そういう能力のある先生に、年に1、2回会っていた。ちょうどその機会に、写真を持って行ってみてもらった。
「2体写り込んでいますね」
「2体ですか?!」

 そういった能力のないくうみんには、白い着物を着た人しか見えない。でも、もうお一方、見える人には見えるのか。
 くうみんは、不安になった。
「これ、どうしたらいいですか?」
「古いから、大丈夫です」
「そうですか」
 くうみんはホッとした。これを持っていたら、悪い事が起きるとか、お炊き上げが必要なんて言われたら面倒だし、怖いし…
「だけど、みんなに見せて、キャーキャー大騒ぎはしない方がいいわ」
「はい、あまり人に見せないようにします」

 だから、この写真はあまり人には見せていない。子孫である、おじさん方のいとこには見せた。
「この人はあなたの子孫だから、見せてあげていいでしょう?」
 そう断った。
「ふ~ん、本当だ」

 ちなみにおじさんのお姉さん方は、くうみんと同じで「怖いからいい」と言って、見なかった。

 テレビで紹介される心霊写真の9割5分は、ウソか勘違いらしい。あとの5分が、どうしても説明できない心霊写真だとか。
 うちのこの写真も、正真正銘の心霊写真だ。

 しかし、霊に畏怖を抱くくうみんとしては、やはり非公開にしておきたい。

 と言う訳でがちょ様、ブログアップは、できませんであります!!






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : なんだコレ!?
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

No title

心霊写真は子孫かどうかは関係なく、見ない(興味を持たない)方がいいです。
なぜなら、写真に写り込むような霊・幽霊やってるような霊は、みんな低級霊で、興味を持ってしまうとそれに感応してやって来て、こちらの運勢が悪くなってしまいます。
ちなみに、いい霊界にいる霊は、幽霊として現世に出てくるのはとても苦しいことなので、めったなことでは出てこないそうです。
見るのなら美しい写真とか、芸術作品を見ていた方がよっぽどいいです。

実家にいっぱいあるよ・・・(汗)

心霊写真、おばばの実家にいっぱいあります。
明らかに人の背の届かない場所に、男性の顔がはっきり写っているのとか・・・(汗)

祖父のお墓で撮った写真に、白い住職姿の男性の影(ちなみに祖父はクリスチャン)と、見た感じではその他にも複数の霊らしき姿が・・・(汗)

最近では、私がスマホで孫の写真を撮ろうとしたとき、中々シャッターが切れないなあ、と思っていたところ、撮れた写真の息子の右足に男の人らしい大人の左足が重なって写っていたとか・・・。

ちなみにその後、私は自分の左足に故障が出てしまったのですが・・・(汗)

実家の母がスピリチャル大好き人間で、心霊写真を嬉々として自慢していたけど、そういうのは私の感では、既に危ない物をいっぱい呼び寄せていたのだと・・・(汗)

訂正

撮れた写真は、息子では無くて孫です。

No title

ひねくれくーみん様
こんばんは。

怖い話ですね。本当にあった話を聞くとぞくぞくします。
心霊話は嫌いなのですが、やはり亡くなった家内に聞きたい
ことがあるので青森の恐山に行ってみようかなと思ったこと
があります。
でも怖いからやっぱり止めました。
夜中にトイレに行けなくなったら困りますから。(笑)

愛新覚羅

心霊写真見たいです


ひねくれくうみんさま、こんばんは^^

ブログのご紹介も大変にありがとうございますv-290
私の家にも心霊写真ありますが、くうみん様のお住まいにもありましたか。

実際に拝見をしたかったですが、くうみん様は気がのらないのでしたら仕方ありませんね;

いつか心霊写真を見てみたいでもありましたよ。
楽しみにしておりましたから(*^▽^*)/



No title

今晩は。
いつもありがとうございます。

どこかでも書きましたが、私はン十年間、滝写真専門にやって来ました。
場所が場所だけに、よく「何か写っている写真があるでしょう?」なんてことを聞かれるのですが、数万カット撮った写真の中にそういうものは1枚もありませんでした。
ただ、写友に相談されたフィルムには、少なくとも私の写真の知識では説明の出来ないものが写っているカットがありました。
でも、見たのはそれだけですね。

> しかし、霊に畏怖を抱くくうみんとしては、やはり非公開にしておきたい。

くうみんさんの判断を支持します。
それでいいのだと、事実関係がどうであれ、騒ぎ立ててどうこうするべきものではないと思います。

No title

心霊写真、亡くなった方ご自身が、写ったり写らなかったりを調整できるのかなども、気になりました。
特に悪いことが起こるということがないのは、本当に良かったですね。
科学的に壊滅できないこと、まだまだたくさんありそうです。

おはよう

 僕は霊感があるので、そういう経験はたくさんあります。
まぁ、自慢にはなりませんし、それで何か得したという
こともありませんが。

No title

僕も そっち系好きではないんですが、 見てみたいって思っちゃいました
でも・・・・ ほかの方のコメントにあるように そっとしといた方がよさそうですね ><

僕は 食べて飲んで 楽しく生きていくのがいいです ^^

  駐在おやじ

会えるものなら

幽霊の正体見たり枯れ尾花。
目の前に立たれても、鈍感な私は気づかないと思う。

母親と旦那さんを亡くした時、いよいよ幽霊に会えるとワクワクしましたが
残念ながら今日まで擦りもしませんでした。

ひょっとして肩を叩かれても気づかないのか?
だとすればゴメン…

No title

 がちょさんのブログは、よくお邪魔しています。
事件のような場面に遭遇や面白体験話など気に入っていますが、最近までコメント欄がわからなくて、コメント自体は一度もしていません。


 動画観ましたが、よくわかりません。
そうだという前提で観れば、そうとも見える。

 信じる人には見えても、残念ながら私には見えないようです。

しかし、くうみんさんの持っている写真は気になるところですね。

Re: No title

 キララ様

> 心霊写真は子孫かどうかは関係なく、見ない(興味を持たない)方がいいです。
> なぜなら、写真に写り込むような霊・幽霊やってるような霊は、みんな低級霊で、興味を持ってしまうとそれに感応してやって来て、こちらの運勢が悪くなってしまいます。

 運勢が悪くなるのは嫌ですね。見ないようにしよう。

> ちなみに、いい霊界にいる霊は、幽霊として現世に出てくるのはとても苦しいことなので、めったなことでは出てこないそうです。

 ふ~ん、そうなのか。それじゃ、この世にいながらおじさんを見ることはできないのか。ガックリ。

> 見るのなら美しい写真とか、芸術作品を見ていた方がよっぽどいいです。

 そりゃまあ、そうだよね。

Re: 実家にいっぱいあるよ・・・(汗)

 おばば様

> 心霊写真、おばばの実家にいっぱいあります。
> 明らかに人の背の届かない場所に、男性の顔がはっきり写っているのとか・・・(汗)
>
> 祖父のお墓で撮った写真に、白い住職姿の男性の影(ちなみに祖父はクリスチャン)と、見た感じではその他にも複数の霊らしき姿が・・・(汗)
>
> 最近では、私がスマホで孫の写真を撮ろうとしたとき、中々シャッターが切れないなあ、と思っていたところ、撮れた写真の息子の右足に男の人らしい大人の左足が重なって写っていたとか・・・。
>
 おばば様は霊感体質と言うか、見える人なのかもね。

> ちなみにその後、私は自分の左足に故障が出てしまったのですが・・・(汗)
>
 ケガしますよ1と言う警告だったのか?

> 実家の母がスピリチャル大好き人間で、心霊写真を嬉々として自慢していたけど、そういうのは私の感では、既に危ない物をいっぱい呼び寄せていたのだと・・・(汗)

 うん。なんとなく危ない気がします。スピリチャルは私も好きだけど、「こうすると運が良くなる!」とか言うのが好きなのであって、心霊写真は嫌だ。

Re: 訂正

 おばば様

> 撮れた写真は、息子では無くて孫です。

 了解です。

Re: No title

aishinkakura様

> ひねくれくーみん様
> こんばんは。
>
> 怖い話ですね。本当にあった話を聞くとぞくぞくします。
> 心霊話は嫌いなのですが、やはり亡くなった家内に聞きたい
> ことがあるので青森の恐山に行ってみようかなと思ったこと
> があります。
> でも怖いからやっぱり止めました。
> 夜中にトイレに行けなくなったら困りますから。(笑)
>
 aishinkakura様も、死別でしたか?私はミディアムさん(霊媒)でおじさんに会っています。何でこの人、そんなこと知っているんだ?と言うようなことを話してきます。
 この方を紹介してくれたのは、ゲイの男性でした。
「私の最愛の人を」
 と言うと、他のミディアムさんは
「奥様が来ています」
と言うのですが、この方だけは、
「男性が来ています」
 と言ってのけたそうです。なので私も行ってみたのですが、あまりの敵中に驚きました。

Re: 心霊写真見たいです

 がちょー様

> ひねくれくうみんさま、こんばんは^^
>
> ブログのご紹介も大変にありがとうございますv-290
> 私の家にも心霊写真ありますが、くうみん様のお住まいにもありましたか。
>
 あるあるです。

> 実際に拝見をしたかったですが、くうみん様は気がのらないのでしたら仕方ありませんね;
>
 ていうか、悪い事が起きたら嫌だもの。

> いつか心霊写真を見てみたいでもありましたよ。
> 楽しみにしておりましたから(*^▽^*)/

 お祓いなど抜かりなくやってから、魔除けのまじないとともに御開帳であるぞよ。

Re: No title

 さえき奎様

> 今晩は。
> いつもありがとうございます。
>
 こちらこそ。

> どこかでも書きましたが、私はン十年間、滝写真専門にやって来ました。
> 場所が場所だけに、よく「何か写っている写真があるでしょう?」なんてことを聞かれるのですが、数万カット撮った写真の中にそういうものは1枚もありませんでした。
> ただ、写友に相談されたフィルムには、少なくとも私の写真の知識では説明の出来ないものが写っているカットがありました。
> でも、見たのはそれだけですね。
 
 私もそのコメント、見ました。がちょ様のところでしょ。心霊写真はほとんどがうそか勘違い、でもほんのわずか、解明できないものがあると。私の持っているのは、そのわずか、です。

>
> > しかし、霊に畏怖を抱くくうみんとしては、やはり非公開にしておきたい。
>
> くうみんさんの判断を支持します。
> それでいいのだと、事実関係がどうであれ、騒ぎ立ててどうこうするべきものではないと思います。

 そうですよね。大騒ぎしても何にもならない。触らぬ神に祟りなし。

Re: No title

utokyo318様

> 心霊写真、亡くなった方ご自身が、写ったり写らなかったりを調整できるのかなども、気になりました。

 どうなんだろうね?ああやって姿をめるように出るのは、低級霊なんですって。

> 特に悪いことが起こるということがないのは、本当に良かったですね。
> 科学的に壊滅できないこと、まだまだたくさんありそうです。

 今の科学では解決できないことはたくさんありますよね。そのうち解明するかも知れないし、ずっとわからないままのものもあるだろうね。

Re: おはよう

 ハナビことカズ様

>  僕は霊感があるので、そういう経験はたくさんあります。
> まぁ、自慢にはなりませんし、それで何か得したという
> こともありませんが。

 いいなあ、霊感。私の場合は、おじさんに会いたいから。

Re: No title

 駐在おやじ様

> 僕も そっち系好きではないんですが、 見てみたいって思っちゃいました
> でも・・・・ ほかの方のコメントにあるように そっとしといた方がよさそうですね ><
>
 怖いもの見たさ。私もあります。

> 僕は 食べて飲んで 楽しく生きていくのがいいです ^^
>
 私も食べて飲んで、旅行に行って、温泉に入って…楽しみたい。

Re: 会えるものなら

 つかさん様

> 幽霊の正体見たり枯れ尾花。
> 目の前に立たれても、鈍感な私は気づかないと思う。
>
> 母親と旦那さんを亡くした時、いよいよ幽霊に会えるとワクワクしましたが
> 残念ながら今日まで擦りもしませんでした。
>
 亡くなってすぐだと、向こうはこっちの姿が見えるらしい。それなのに、生きている人は自分に気付いてくれない。こりゃ、私は死んだのか?と気づくそうです。

> ひょっとして肩を叩かれても気づかないのか?
> だとすればゴメン…

 私もそうだし、みんなそうらしいよ。見えたらうれしいね。

Re: No title

 名無し様

>  がちょさんのブログは、よくお邪魔しています。
> 事件のような場面に遭遇や面白体験話など気に入っていますが、最近までコメント欄がわからなくて、コメント自体は一度もしていません。

 コメント欄、判りましたか?画面上の「掲示板だよ~」に、カーソルを当てて、「私をノックしてね」をクリックするのですよ。私も初めのうち、気付かなかった。

>  動画観ましたが、よくわかりません。
> そうだという前提で観れば、そうとも見える。
>
>  信じる人には見えても、残念ながら私には見えないようです。
>
 えっ、見たの?コワッ。そうだと思えばそう見える。違うと思えば気がうと見える。そうか、う~ん。違うと思ってみれば、運勢も下がらないか。

> しかし、くうみんさんの持っている写真は気になるところですね。

 これは本物だから、見ると運が悪くなるという見解が。「私なんか、どうなったって!!」と言う覚悟がない限り、見てはならじ。

No title

すいません。
名無しになっていました。m(_ _;)m シツレイシマシタ!!

Re: No title

 るどるふくん様

> すいません。
> 名無しになっていました。m(_ _;)m シツレイシマシタ!!

 誰かと思ったら、るどるふくん様でしたか。ま~、間違いは誰にでもありますから。

こんばんは

今日のような暑い日には良いお話ですが、
確かにオープンにするのは気がひけますね。
日本に限らず存在するミステリー、紐解いては
いけない領域なのかもしれません。

Re: こんばんは

ichan様

> 今日のような暑い日には良いお話ですが、
> 確かにオープンにするのは気がひけますね。
> 日本に限らず存在するミステリー、紐解いては
> いけない領域なのかもしれません。

 この手のことも、いずれ科学的に解明できるかもしれませんが、今は敬して遠ざかる。

No title

私も怖いのパスなので、載せてなくてよかったです。(^_-)-☆


絶対に見たいとは思いませんが、そういう世界はあると思っています。
私のアンテナがそっちの世界に向いていなくてよかったです。(;^_^A

Re: No title

 ミコリー様

> 私も怖いのパスなので、載せてなくてよかったです。(^_-)-☆
>
 がちょ様の動画も見ていませんか?!怖いですよね~。
>
> 絶対に見たいとは思いませんが、そういう世界はあると思っています。
> 私のアンテナがそっちの世界に向いていなくてよかったです。(;^_^A

 私はおじさんにだけ会いたいのですが、他の霊はパスです。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR