fc2ブログ

水虫が治った、らしい

 ブログでも2、3回、書いたと思うが、くうみんは若い頃からずっと水虫に悩んでいた。20代の頃からか?とにかくずっとなのだった。
 皮膚科に通って、
「患部だけでなく、パンプスに隠れるくらいのところは全部塗るように」
という、看護師さんの指導の通り、毎日薬を塗り続けた。寒くなると、水虫は活動を停止するが、4月になるとまた起き出してくるのだった。
 くうみんは、それは分かっていたので、夏の間はもとより、冬になっても薬を塗り続けた。4月になると薬を塗るのをやめて様子を見る。すると何日かして足の間の皮がむけて来て、ああ、またダメだったんだとガックリしながら薬を塗る毎日を送るのだった。

 一回だけ、水虫が治ったことがあった。
 それは抗がん剤治療をした後だった。春になっても、水虫が活動しない!治ったんだ!

 その時の喜びが分かるだろうか?ちなみに、抗がん剤治療でいたはずのピロリ菌がいなくなっていたという癌友の報告もあった。
 ガン友の主治医によると、
「そのような報告は学界では確認できていない」
 と言われたそうだ。しかし、論より証拠。
 くうみんも年齢的にピロリ菌がいてもおかしくないが、きっと抗がん剤の影響でいなくなっていることであろう。

 抗がん剤は逆に言えば、しつこい水虫菌、ピロリ菌も一網打尽にしてしまう恐ろしい薬だということだ。きっと、体の中の善玉菌も、一時期は全滅したことであろう。

 しかし…

 めでたく水虫から解放されたと思ったくうみんだが、その後すぐに水虫に冒されることになる。

 スポーツジムの体重計が犯人だ!

 体重は風呂上がりに測りたくなるのが女心というもの。くうみんも風呂上がりにスポーツジムの体重計に乗って体重を測っていた。これが間違いのもとで、今の水虫・指間型に罹患したのだった。

 くうみんの水虫との戦いがまた始まった。

 ガンに対しては、「戦い」という言葉は使いたくない。なぜならガンは加齢、不摂生、何らかのの原因で自分の細胞が変化したものだから。
「そっか~、苦しくてこんなんなったんだね~。悪かったね~。お互い長生きできるように生活を見直して養生しようね~」
 とガンに向き合った。そのせいかどうか、ガンは石灰化して、なくなった。きっと、正常な細胞に変化したものと思っている。

 しかし、水虫はそうではない!よそ者だ!侵入者だ!

 かゆいし、みっともないし、何とかせねばいかん!
 
 ずっと同じ薬を使っていたのが悪かったのか?スモウ原に引っ越してから、当地の皮膚科に通うようになった。そこの先生に、違う薬を処方してもらった。
 爪水虫もあったので、飲み薬を所望したが、
「それは体に悪いから、僕は出さないの」
 とにべもない。今考えるといい先生だが、長年の水虫、こんなで治るのかと心配は心配だった。

 足全体に軟膏を塗り、爪には液体の薬を塗った。これをスモウ原に越してからずっと続けた。
 何回、絶望の4月を迎えたことだろう。

 しかし!病はついに治った、らしい。

 4月1日から薬を塗るのをやめた。いつもならとっくに皮がむけて、かゆくて…なのだが、今のところそうではない。

 やった~~~!ついに水虫が治った!

 寒い日も何日かあったから、まだ分からないけど、でも、今迄かゆくなっていなければ、大丈夫なんじゃないかと思っている。

 公共の場の体重計には、もう絶対乗らない。

 何十年もしぶとく寄生した水虫よ、さらばじゃ!





面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

シリコンコーティングその後 今のところのメリット デメリット

 予定より早くコーティング作業が終わりそうなので、早めに神代植物公園から帰って来た。駅近の商業施設にいると、もう仕上がったので帰っていただいても大丈夫とのこと。早速家路についた。

 家に帰ると、コーティング剤の臭いが鼻をついた。塗ったばかりなので仕方ない。それに雨が降っているので、窓全開とはいかない。
 一通り作業員のお兄さんの説明を受け、クレカで支払いを済ませた。
「またわからないことがありましたら、連絡ください」
「はい、ありがとうございます」

 床はツヤツヤになって、見た目は大変良くなった。
 お兄さんの説明によると、床掃除は基本乾拭きで、汚れのひどい所だけ、水拭きすればいいという。

使用前a
 使用前その一

使用後a
 使用後その一 あまり違いが分からないな

使用前b
  使用前その二

使用後b
 使用後その二 光線の加減で、これは分かりやすい!

 なるほど、足を床に擦り付けてみると、滑らない。これでチコリも安心して歩けるようになるだよう。
 しかし、椅子を引こうとすると、「ギギギ…」」と、音がする。なので、椅子を動かすときは若干浮かせなければならない。
 掃除も楽になるということだったが、クイックルワイパーが滑らかに進まない。いつも通りにすると、不織布が本体から取れてしまう。なので、力を入れずにそっとしなければならない。

 慣れるまでは結構不便。慣れても、家具を動かすときなんかは、下に古毛布をあてがっても、うまく動かないような気がする。
 まあ、仕方ない。一つが良くなれば、その裏側に隠れていた不便が浮上するのはよくあることだ。

 翌日、ペットホテルにチコリを迎えに行った。ペットホテルの呼び鈴を押すと、中から奥さんが現れた。
「こんにちは、くうみんです。チコリを迎えに来ました」
 ここのホテルは個人経営なのだが、個室で、今回の部屋は窓がある。窓から中が見えた。チコリが目を見開くようにしてこっちを見ている。チコリに向かって手を振った。
 奥さんがチコリを連れてきた。チコリは後ろ足で立って、くうみんに飛びついた。
「チコリ、元気にしてた?」
 チコリの顔に近づいてそういうと、チコリがくうみんの口をなめた。

 犬が飼い主の口をなめるのは、「好き好き」という愛情表現だそうだ。どんな雑菌があるか分からないから、あまり好ましくないらしいが、今迄そっぽを向いていたのが、こうしてくれるのはとてもうれしいことだった。
 こいつは男好きだから、「女の飼い主なんて」とでも思っていたのかも知れん。そう言えば、今回も、作業員のお兄さんに愛嬌振りまいていたな。

 家に帰ると、早速チコリを歩かせた。家に帰れば家の中を歩くのは当然だが。
 うん、滑らないんでないかい。

 これでチコリの股関節も大丈夫。







面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

深大寺と神代植物公園に行ってきた

 うちの床はフローリングで、人間には何ともないのだが、わんこには滑って危険だそうだ。滑る床にずっと住んでいると、股関節を痛めるわんこもいるという。
 今まで家の中でチコリを追いかけて、ガニ股で滑っているのを見て、
「あっはっは!」
 などと笑っていたのだが、わんこにしてみれば怖いことこの上ないらしい。

 床材の張替か、ワックスしかないと思っていた。床を張り替えるのは大事になりそうだし、ワックスは半年に一度かけなければいけないというし、どうしようかと思って検索して調べたら、コーティングがいいという。
 一度コーティングすれば20年くらいは大丈夫らしい。2、3の業者さんから見積もりを取り、良さそうなところを選んだ。

 当日は朝8時頃業者さんがやって来た。夕方6時くらいまでかかるという。その間、人間もわんこも外にいなければならない。さらにわんこは、爪が床をひっかくので、一晩は家に入れないのが望ましいらしい。

 車が運転できれば、チコリと一日どこかに行っていればいいけど、くうみんは運転ができないからチコリはペットホテルに預けることになっている。
 そしてくうみんは、今まで行ったことのない深大寺とその近くにある神代植物公園に行くことにした。

 その日は、チコリをペットホテルに預けるまでは天気が持ったが、その後雨が降って、あいにくの雨の中の見学となった。
 深大寺には調布で乗り換え、その後バスに乗って行く。バスにはくうみんの他、くうみんより少しお姉さんと思われる女性の4人組が乗っているだけだ。平日の上、この天気だもんね。

深大寺山門
 深大寺山門

深大寺本堂
 深大寺本堂

おびんずる様
 撫で仏おびんずる様 よくしたいところをなでると治るというご利益が。皆さん、撫でましょう

ボケの盆栽
 盆栽展開催中 ボケの盆栽

枝垂れ桜の盆栽
 枝垂桜の盆栽

黒松の盆栽
 これは黒松ですって

 この地ではそばが名物なので、蕎麦屋に入った。
 てんぷらそばを注文した。まずくはないが、普通のソバ屋と同じくらいの味。

天ぷらそば

 そばを食べた後は神代植物公園に向かう。
 入場料500円也を支払う。65歳以上は250円で、みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)は無料になるそうだ。
 
神代植物公園 遊歩道
 植物園の遊歩道。かなり広い

 花が少なかった。最近早い桜も、今年は昔の例年並みになったので、まだ2分咲きくらいか?

桜はまだ

 屋外の花はあまりなかったけど、温室の花が咲き誇っていた。

世界一美しい花
 世界一美しいと言われる花 ヨウラクボク

 でもな、きれいな花はたくさんある。これが一番と順番を付けるのは野暮というものでないかい。

斑入りバナナ
 昔はハワイの王様しか食べられなかったという斑入りバナナ。実も斑入りだそうだ

なんだろう?
 名前が書いていなかった謎の植物。由緒ありげなのに

ボダイジュ
 これが菩提樹の花ですって

 今まで、新聞で見たことのあるヒスイカズラ様。

ヒスイカズラ
 ヒスイのような美しいお色

 次はランの温室へ。

コブララン
 コブラに似たコブラオーキッド

ランがいっぱい
 いずれがアヤメかカキツバタと言いますが、どれもきれい!

清楚なラン
 清楚なラン

 しかし、その美しいランの中にも3枚目はいる訳で、こんなのもあった。

くさいラン
 嗅がないでください。変な臭いです。恥ずかしそうにうつむいている。かわいそうに

 嗅ぐなと言われると嗅ぎたくなるのがくうみん。そっと嗅いでみたが、ほとんど臭いを感じなかった。臭いなんて、名誉棄損だぞ!

青いラン
 青いラン

 ランの次はベゴニアを見る。

妍を競う
 妍を競うベゴニア

ベゴニア達

 ベゴニアの温室を出ると、今度はスイレンの温室。

赤バナナの能書き

これが赤バナナ
 これが赤バナナ

うちにもあるタニワタリ
 赤バナナの根元にはタニワタリ。うちにもあるぞ

うちのタニワタリ
 うちのタニワタリ

睡蓮a

睡蓮b

ムラサキシキブ能書き

睡蓮会のムラサキシキブ
 スイレン界のムラサキシキブ

サボテンの一種
 サボテンの一種 地湧金蓮(ちゆうきんれん)

小さいのが花
 小さいのが花だそうだ

多肉ちゃん達
 多肉ちゃん達

モコモコの多肉ちゃん

名前はここに

 温室の見学を終え、外に出ると、シャクナゲが咲いていた。

シャクナゲ

シャクナゲ拡大

ボケ
 ボケの群生

ボケとヒュウガミズキ
 ボケとヒュウガミズキの競演

シュンラン
 シュンラン

 すみれ展開催中。すみれの種をもらった。今撒いても花が咲くのは来年だそうだ。ポピュラーな花だけど、結構難しそう。

すみれ展開催中
 
こんなすみれや

こんなすみれ

外国のすみれ
 外国のすみれ

いろいろなすみれ

新種のクリロ
 新種のクリロは売り物

 雨の中だったが、温室の中は花盛りで見ごたえがあった。桜がもっと咲いている時なら、もっといいだろうな。
 これで500円はお値打ちだが、ケチなくうみんは今度は無料開放の日を狙おうなどと思っている。

 携帯が鳴った。コーティングを頼んでいる業者さんからだ。
 作業は順調に進み、5時前には終わりそうだという。そうか、じゃ、もうそろそろ帰るとするか。

 今日はチコリの居ない夜を過ごす。


 




面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


テーマ : お出かけ日記
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR