fc2ブログ

運動するときのいでたちを考える

 マラソンを走った後、1週間ほどは運動を何もせずぶらぶらしていた。
 本当はマラソン後のプログラムもあるのだが、それを書いてある本も捨ててしまったし、もうどうでもいいや。 

 のど元過ぎればなんとやら、マラソン、どうしようか?と思う所に来てしまった。走っているときは、もうこんなバカなことはやめよう、そう思っていたのに。
 でもな~、最近足が変形してきたのだよ。走るごとに足の親指の付け根が出っ張ってくる。痛い。外反母趾が見ている間に悪くなっていく。外反母趾じゃなくて、痛風だったりして。

 とりあえず筋トレをすることにした。やはりくうみんも女子。体形の維持はしたい。
 今は週2回ほどマシンで筋トレをし、その合間にプールで水中歩行、そしてチコリの散歩をする毎日。

 前から思っていたことがある。

 筋トレしている女性のいでたち。若い人は上はTシャツで、下はジャージや割とダボっとしたボトムスをはいていることが多い。
 しかし、オバちゃんはかなり露出度の高い衣装を着ている。肩があらわになったトップス、そしてぴっちりしたスパッツをはいている人多し。
 これはいったい何なのか?

 きっと、オバちゃん達(くうみん含む)が、このようなところに通い出した時(昭和の末期)は、セクシーなレオタードがお約束だったからではないか?

 そう言えば、マラソンを走るときの恰好も、今と昭和では随分変わってきた。
 昭和の頃は、一般ランナーも実業団と同じようにランシャツとランパンを着けて走ったものだ。そのうちTシャツにスパッツという格好になり、今は男女とも、スパッツの上にランパンを着けるようになった。
 はじめのうちはくうみんも違和感を感じた。Tシャツにスパッツまではついていけた。しかし、なんでスパッツをはいた上にランパンをはくのか?しかも、あのランパンは今までのと違って、デカい。

 あんなもの、はくものか!!

 しかし、みんながそれを着けるようになると、なんだか自分だけが裸でいるような気分になり、くうみんもランパン、ランスカをはくようになった。今はランスカは持っていないが。

 話が横に逸れた。

 で、ジムではどうするかというと、やはりオバさんくさい格好はやめようと、Tシャツとカーゴパンツといういで立ちにした。

 結構、人目を気にするくうみんであった。







面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

マラソン後の食事 おいしくいただきました

 悩んでいると、ラインが入った。飲み友達のOさんからだ。
 ”マラソンはどうだった?”
 ”とりあえずゴールしたけど、6時間近くかかった。夕飯どうしようかと思っている。焼肉行きたいけど、一人で焼き肉なんて…”
 ”いいじゃない!ご褒美焼き肉、行っておいでよ。”

 ご褒美焼き肉か。それもそうだな。くうみんは、ビールを2本飲むと、焼肉屋へと向かった。
 Oさんに背中を押され、さらにビールで勢いをつけた。スマホのナビを開始した。スマホの情報でも、「空きがあります」となっている。べんりだな~、スマホ。

 目的の店には10分ほどで到着した。
「一人なんですけど、入れますか?」
 店員のお兄さんは、お店の画面を見て答えた。
「すみません、予約なしですと、9時くらいになってしまうんですよ」
「あら、それじゃ、無理ね」
 なんだよ~、スマホ!空きがあるって言っていたのに。
 隣を見ると、うなぎ屋「菊川」があった。おお、そうだ!名古屋と言えば、うなぎ。
「一人ですけど、入れますか?」
「はい、こちらへどうぞ」
 すぐに席に案内してくれた。メニューに、四代目菊川御膳というのがあったのでそれと赤ワインを注文した。店の名前を付けるのなら、これがお勧めであろうという単純な発想。

こっちの方がうなぎが大きいような気がする
 メニューにあった四代目菊川御膳

四代目菊川定食
 実際に来た菊川御膳。写真と実物、この違いについてはあえて言うまい

 やはりウナギはうまい。ごちそう感がある。ワインをちびちび飲みながら、刺身やウナギをつつく。
 隣は年配の女性二人組だったが、やはりマラソンに出たようだ。耳をダンボにして聞いていたが、飛行機で来たとのこと。帰り際に声をかけた。
「マラソン、出られたんですか?」
「はい」
「私も走ったんですけど、天気が良くて良かったですね」
 二人は北海道から参加したそうだ。寒い北海道では、練習もままならないだろう。大変だな。

 くうみんの初マラソンは、ホノルルマラソンで、5時間34分だった。これが歴代最遅記録だったが、その記録は今回5時間54分と、大幅に塗り替えられたのだった。
 そう言えば、初マラソンの後は、食欲がなくて、何も食べられなかった。今は体力が衰えたとはいえ、食欲は旺盛だ。

 おいしくご飯が食べられるというのはいいことだ。 

 
 






面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


テーマ : 今日はこんなもん喰った
ジャンル : グルメ

ヨレヨレでゴール

 はじめの数キロは快調な滑り出しだった。
「これならサブフォー行けるかも!」
 なんて思うくらいの速度だった。しかし、練習不足、前の日の不摂生により、次第にペースダウンしていった。
 なんと20キロくらいで歩いてしまった。

 20キロなんて、いつもであれば苦しくなるはずのない距離のはずだった。今まで20キロくらいで歩いてしまう大勢の人を見かけたことはたくさんある。
「きっと初マラソンで、普段走っていない人達なんだろう、このバカ」
などとさげすんでいたのだが、自分がそのバカになるとは、思ってもいなかった。練習不足と不摂生のおかげでこんなにも違うとは。

 ハーフマラソンで1時間30分台で走っていた時は、2時間以上かかる人は、きっと歩いているのね、と思っていた。しかし、ガン術後2年、抗がん剤治療と放射線治療がやっと終わったとき走ったら、2時間以上かかった。屈辱以外の何物でもなかったが、自分の実力を受け入れざるを得なかった。

 もうヤケクソだ!!

 歩いては少しだけ走り、それを繰り返した。
 後半戦になると給水所だけでなく、給食所も用意されている。ひつまぶしせんべい、味噌キャラメル、生チョコレート、あおやぎういろうなど。
 くうみんはその場で食べるだけでなく、大目に取っては、そっとポケットにしまい込んだ。そのためにポケットの多いカーゴパンツを着用した訳ではないが、おかげでたくさんもらうことができた。ポケットは、ほほ袋にえさをため込むリス状態だった。

 名古屋ウィメンズマラソンは、97%という完走率を誇っている。他の大会なら、70%とか、80%とかだが、やはりこれは完走賞がティファニーのネックレスだということがあると思う。それに、男より女は我慢強い。ティファニーのためなら何でもできる!!

 このくうみんも、心の中で、
「ティファニー、ティファニー」
 と、呪文のように呟いていたのだ。

 そしてついにゴールに着いた。

 大部分歩いてヨレヨレになりながらゴールしたのだが、タイムは5時間54分と、ほぼ6時間という超絶情けないタイム。でも、まあ、ゴールできたんだから良しとしよう。

 おもてなし隊のイケメンのお兄さんが、ゴールの向こうに見えた。くうみんはタキシードを着たお兄さんから、ティファニーを受け取った。

 あとは流れ作業のようにTシャツやドリンクを受け取って、会場を後にしたのだった。

 あまり汗もかかなかったので、上にジャンパーを羽織ってホテルに帰った。

戦利品の数々
 戦利品の数々。オレンジ色のは、完走賞のタオル

エイドステーションのお菓子
 エイドステーションのお菓子

 このあおやぎういろうも、東京マラソンの羊羹も大変おいしい。なんでおいしいかというと、羊羹やういろうは端っこがおいしいでしょ?このういろうも羊羹も小さい一口サイズだから、全体が端っこのようなもの。だからおいしいんだと思う。

今年のTシャツ
 今年のTシャツ

今年のティファニー
 今年のティファニー。サザンカがモチーフだそうだ

 このオバさんは大浴場に行って、湯に浸かり、部屋に戻ってコンビニで仕入れたビールを一人で飲んだ。
「食事、どうしよう?」

 きあらさんから教えてもらった店は3つ。昨日行った新八食堂と、焼き肉屋馬喰一代、そしてムガルパレスというカレーの店。ムガルパレスは地下鉄に乗って行かねばならないので、焼き肉になりそうだが、一人で焼き肉…焼肉キングのように一人で食べられるところならともかく、なんだか敷居が高いような気が…

 さて、このオバさんはこのゴハン問題をどう解決するのでしょうか?







面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

いよいよマラソン

 マラソン当日、くうみんは5時半に起きて身支度をした。そして部屋で朝食を摂った。
 6時から朝食のレストランが開いているそうなので、そっちに行ってもよかったのだが、言ったら喰いまくってしまうと思うので、ここで適切な量を食べた方がいいだろう。
 いつもなら食べてはいけない菓子パン。大好きなシュークリーム。うまい棒も食べた。

 帰りに着替えも一応持って行った。着替えるのが面倒なので、いつもゴールしたそのままの恰好にジャンパーを羽織って帰るのだが、汗だくだったら、まずいし。

 栄駅から、矢田駅まで、同じような格好をした男女が見られた。男性は同じ日に行われる「名古屋ハーフ」に出る。

 ウエストポーチにスマホを入れた。荷物を預けてスタート地点に向かう。寒くないようにごみ袋を被った。
 以前はみんなごみ袋だったのだが、今はおしゃれになったのか、ビニールのコートのようなものを着ている。

会場に向かう
会場に向かうランナー達

寒さよけのビニール
 寒さ除けのビニールを見につけているランナーの皆さん

 ごみ袋を被っている人も一人二人いたが、黒はくうみんだけだった。だって家には黒しかなかったんだも~ん。これにガーデニングの古い土を入れると、熱効率がアップして消毒も捗るのだった。

ドラゴンズカラーの空にドラゴンズカラーのヘリ
 ドラゴンズカラーの空に、同じくドラゴンズカラーのヘリコプター

 おじさんは中日ドラゴンズのファンだったなあ…

スタート!
 シミジミする間もなく、スタート!

コメダ珈琲店に酷似したシャチホコ珈琲店
 コメダ珈琲店に酷似した金シャチ珈琲店。まったく名古屋のセンスだ

 さて、このオバさんは今後どのような走りを見せるのでしょうか?そして、無事に完走できるのでしょうか?







面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

北陸新幹線が敦賀まで延長ですって!

 マラソン報告の途中ですが、気になるニュースがありましたので、これを挟みます。
 なんですか、北陸新幹線が、金沢から敦賀まで伸びたんですと。
 北陸新幹線は、立山を長野県側から富山県側に縦走して、帰りに使っていました。黒部宇奈月温泉駅から東京方面に向かって帰ります。
 ある時方位に凝ったことがあります。それによると、そのまま帰ると方角がよろしくない。だから寄り道して方位をずらす、「方たがえ」という手を用いることにしたのです。
 その時、寄り道に選んだのが敦賀でした。

 確か、金沢で乗り換えて、サンダーバードに乗って行ったと思います。帰りは特急しらさぎに乗って、名古屋に出て帰ったと思います。

 泊った宿は、冷凍食品を出すような宿だったのですが、昼に食べたまかない丼はおいしかったし、街はきれいで由緒正しい神社仏閣もありました。
 しかし、やっぱりいい宿がないのと、シャッター通りが気になりました。

 新幹線が止まるようになれば、いい宿もできるでしょう。そしてシャッター通りもなんとかなるかも知れません。



 参考

初めての敦賀

切り張りセンス抜群の宿






面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

名古屋ウィメンズマラソン 受付とイベントそして夕食

 いつもはナゴヤドームで受付を行うのに、今回はバンテリンドームだと?どこかと思ったら、ナゴヤドームはバンテリンドームと改名していた。
 最寄りの矢田駅まで行くと、それらしい人がぞろぞろ歩いているので、それに付いて行った。
 受付に必要なのは、スマホで示すビブズナンバーと、健康保険証や住民票など。運転免許証は性別が書いていないので不可。
 女子に性転換した男性が、オリンピックに出ることを認めるべきかどうか議論されているが、やっぱそれはまずいんじゃないかと思うのは、くうみんが少しでも勝ちたいと思うからだろうか?
 今までは「ゼッケン」と言い慣わしてきたものを、「ビブズ」というようになったのは、くうみんの知る限りでは去年の東京マラソンからだ。他の大会ではどうなんだろう?

 そんなことはどうでもいいが、滞りなく受付を済ませ、イベント会場に向かった。

ゴールゲート
 これがゴールゲートか。シミジミ

 スポンサーのイベントはうまくすれば景品をたくさんもらえるが、今回は貰いが少ない。
 化粧品のスポンサーは、以前はメナードで、「お肌診断」は。たくさんの人が参加できるよう、美容部員のお姉さんが大挙して応戦していた。しかし、今回はコーセーで、美容部員のお姉さんが少なく、待っていたのに「もう定員いっぱいです」ということだった。
 次の時間はというと、かなり待つことになりそうなので、諦めた。

 フジパンのイベントに参加。パンの被り物で写真を撮ってもらった。景品は食パン一枚。これだけだが、やっとゲットした貴重な景品。

スポンサーイベント

 景品をあまり貰えそうもないので、早めに帰った。
 大浴場に入り、そしてマラソン前には厳禁のはずのビールを2本飲んで夜の街に繰り出した。
 周りはホストクラブが多く、イケメンのお兄ちゃんの大きな写真がそこかしこに掲げてある。ナビで行くと、最短距離を示すせいか、ホストクラブ群の中を歩くことになる。アパホテル側はこれはまずいと思うのか、ホテルへの道順は若干遠回りながら、なるべくホストクラブ群を避けて歩けるルートを紹介している。
「職業、イケメン」
 キャッチコピーの上で、お兄ちゃんがすまし顔をしている。こちとらそういうのは好みじゃない。お呼びでない。もっとも、向こうもそうであろうが。

 今日行こうと思うのは、きあらさん推薦の「しんぱち食堂」だ。ホテルからも歩いて10分ほど。いつもなら迷うところだが、最近はナビがあるので迷わずに行ける。画面を見て行くので、これなしでまた行けと言われても行けない。アナログで言えば、連れて行ってもらったので、道は分からない、と言ったところか。

 しんぱち食堂の2階に案内され、一番人気という「サバの文化干し定食890円」をタッチ画面で注文しようとした。その時、生ビールが180円と言うことに気づいた。生ビール180円も注文する。
 生ビールが180円(税別)で飲めるのは良心的だ。頼まなきゃ損。こうして禁断のビールを、新幹線の中でも飲んでしまい、いつもよりたくさん飲んでしまうくうみんであった。

 サバの文化干し定食はおいしかった。くうみんは味の分からない人間なので、普通においしかった。
 
シンパチ食堂一番人気 サバ文化干し定食

 おいしくいただいた後、帰るにもやはりナビに頼った。
 風呂には入ったが、さすがにもう一杯とは思わなかった。早めにベッドにもぐりこむ。

 明日はいつもよりちょっとだけ早起きして、部屋で持参の菓子パンやシュークリームを食べよう。菓子パンはいつもなら罪悪感満載であるが、こういう時はむしろ積極的に食べていいのがうれしい。

 明日のマラソンはどうなることか。

 あまり走っていない練習不足、一週間ほど風邪で寝込んでしまったこと、そして今日一日の不摂生…

 これらがないまぜになって、このオバさんは地獄の苦しみを味わうことになる…のかな?
 





面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

性懲りもなくマラソン走ることに

 もう、マラソンを走るのはやめようと思った。だって、苦しいんだも~ん。体中、あっちこっち痛くて、息が苦しくて、それが何時間も続くなんて地獄以外の何物でもな~い!

 もうやめよう。などと言っているうちに、東京マラソンの募集時期(8月)が来た。なかなか当たらないという希少価値を考えると、やっぱり応募してしまった。
 そして9月になると、名古屋ウィメンズマラソンの募集が。この大会は、完走賞がいい。タオル、女性好みのデザインのTシャツ、そして何よりティファニーのネックレス。
 くうみんがティファニーを持っているのはひとえにこの大会のおかげ。自分で買うなんてことはあり得ない。

 さて。東京マラソンはやっぱり外れた。名古屋ウィメンズは当選。
 どうしようか迷ったが、なんとなく申し込んでしまった。
 
 名古屋ウィメンズマラソンは、3月10日に開催された。
 以前であれば、事前に、
「名古屋ウィメンズマラソンに参加するよ~!名古屋近辺の皆さん、オフ会しましょう~!」
 などと能天気に呼びかけたものだが、これは危険、留守を狙ってくださいと言っているようなものと聞かされ、旅行の際にも事前予告はしなくなった。

 マラソンの日が迫ったにもかかわらず、くうみんはあまり走っていなかった。チコリの散歩をした上に走るのはかったるい。これも寄る年波であろう。それに、足の裏のいぼ取り治療で、足の裏が痛かった。
 その上、マラソンの10日くらい前に風邪をひいて寝込んでいた。

 寄る年波は、くうみんだけでなく、くうみんファンクラブ名古屋支部にも、多大な影響をもたらした。
 まず、塚さんから連絡があった。
「体調が悪いので、オフ会には出られません」
 なんですか、持病があるとのこと。
 めろんさんもとある病気のため、2月に休みを多くとってしまい、3月の仕事のシフトを変えてとは言えなくなったと。
 頼みのきあらさんであるが、まあ、この方もマラソンに出場するので、その後飲み会食事会に参加するのは大変なのか、「十分なおもてなしができませんので」と、辞退してきた。その代わり、おいしい店を教えてもらった。

 それなら、出るのはやめにして、どこか温泉にでも行こうかな?そうも思ったけど、せっかく参加料払ったんだし、旅館を手配するにも、一泊2万円近くするんだから、今予約しているアパホテルの方が安いから、やっぱり名古屋に行くことにした。

 どうせ捨てマラソン。大会の前の日は、禁酒にするのだが、今回は飲んじゃえ、飲んじゃえ!

 という訳で、新幹線の中でも、サンドイッチをつまみにビールを2本飲んだ。
 ホテルに到着すると、持ってきたビールを冷蔵庫にしまい、受付会場に赴いた。

 さて、このオバさんは、受付会場でどんな行動をするのでしょうか?






 アパホテルはビジホだが、大浴場があるのがうれしい。

アパホテル名古屋栄
 アパホテル名古屋栄の室内。狭いが、必要なものはそろっている。テレビ、どうやって見るのかわからなかった

部屋の位置
 部屋の位置


 





面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村



テーマ : マラソン大会
ジャンル : スポーツ

森永卓郎様のザイム真理教を読んで ネタバレです

その本は図書館の本の中でも、人気があった。待っている人が100人近くいた。
 財務省の看板を貼った仏像のようなものを拝む、信者と思しき人々、そろばんを持った天使、そしてあきらめたような顔をしている、森永さん…

 なんか、面白そう。これだけの人が待っているんだから、きっと楽しい内容、そして簡単に読めるに違いない。
 そう思って待っている人の列に並ぶことにした。
 順番は結構早く来た。ご用意できました、というお知らせが来たので、いそいそとその本を借りに行った。
 読んでみて驚いた。

 結構難しいじゃん!

 話は経済のことだから、難しいのは当然だろう。経済と言っても主婦の家計簿じゃなくて、国の予算のことなんだから。
 頭を使わない所だけ読んですっ飛ばそうと思ったが、真剣に読むことにした。

 森永さんの主張
①財務省は、国の収入と支出をバランスよくして、借金をこれ以上増やさないようにという方向にかじ取りしている。日本の借金は世界中を見てもこれ以上ないほど膨らんでいるので、かなりヤバい状況である、と主張している。

②しかしこれは間違い。日本国は借金は確かに多いが、資産もたくさん持っている。借金を真剣になくそうとするなら、これらの資産を売れば問題はない。

③国の資金不足に対し、財務省は消費税の税率をあげて対処すべきだと言っている。

④しかし、これでは国民の財布のひもが閉まるばかり。資金不足には国債を発行して対処すべきである。

⑤国債は日銀に買ってもらう。元本は10年ごとに日銀に借り換えてもらい、永久に所有し続けてもらう。そうすれば政府は返済の必要はない。

⑥やり過ぎると高インフレになってしまうが、この天井は思いのほか高いことが安倍政権のときに実証された。

 安倍政権は歴史上はじめて財務省にたてついた政権だそうで、財務省が反対するのを押し切って赤字国債を発行したそうだ。
 そして高インフレにはならなかった。
 これを実証するには、スーパーコンピューター富岳でも使った高等数学で解き明かさなければならないので、数学の苦手なくうみんにはこれを理解することはできない。しかし、すご~く頭のいい数学者(例えば東野圭吾の小説に出て来る容疑者ⅹのような)なら、証明できるであろう。
 だから現実に、「赤字国債の天井はこれくらい」と算定できる人もいると思う。この人に「赤字国債を発行した場合の天井」を、計算してもらえば安心して赤字国債を発行できるのではないか。

 くうみんも、消費税はお金持ちも貧乏人も一律に8%、あるいは10%取られるので、貧乏人に重い税だと思う。それだけでなく、会社経営者であれば、消費税の還付の制度もあるようで、貧乏な勤め人にはそんな制度もない。
 
 以上のことから、森永様は消費税を廃止し、国債を発行して国の財源とせよと主張している。

 なるほどねえ。森永さんは頭がいいんだなあ。ライ〇ップのコマーシャルでおなか出して踊っているだけの人ではないのだ。
 森永さんの言う通りにすればいいような気がする。

 まあ、とにかく、そうは言っても消費税を廃止する日は当分やってこないであろうと、森永様はおっしゃっておられる。
 我々貧乏人は、田舎で自給自足に近い生活をし、なるべくお金を使わずに(消費税を払わずに)して、足りないものは近所の人と物々交換をして暮らすのがいいのではないか?という、森永様の結論であった。
 
 一つ、くうみんが疑問に思ったのは、やはり森友問題だ。森友学園に、国が土地をタダ同然で売却したあの問題。
 この本では、森友問題にも触れていた。安倍様は
「私が指示したのではない!」
 と言っていた。そして「安倍晋三回顧録」にも、「あれは私を陥れるために財務省が仕組んだのではないか?」と安倍様は述べておられるそうだ。
 これが本当であるなら、財務省がしたことではないか?森永氏はそう述べておられる。

 しかし、何のために、財務省は森友にあのような便宜を図ったのだろう?そのために記録の改ざんまでし、自殺者までも出した。
 これがどうも、凡愚のくうみんには分からないのだよ。




 一人こちらを向いている森永氏はあきらめ顔



 漫画版もあるそうだ







面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村



テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

チコリの散歩 食事中には読まないでください

 旅行が終わると、現実に引き戻される。毎日の日課と言えば、チコリの散歩。 
 散歩で悩みは、おしっこ問題だ。チコリは以前、ちゃんとペットシーツの上で排尿していた。しかし、毎日2回、散歩に連れて行ってくれるとわかった途端、家ではしなくなった。
「散歩のときにすればいいわ」
 そう思ったらしい。
 和犬は特に、家で排泄したがらないそうだ。フンは空中キャッチで人様に後ろ指をさされないようにしているが、問題は小の方。土の地面は駐車場のような私有地が多い。
 中には恫喝とも思えるようなオソロなごもっともと思われる張り紙をしている駐車場もあるので、そのようなところには近づかないようにする。
 植え込みがベターだが、ちょうどいい所にない。
 アスファルトは水分を吸収しないので、ペットシーツを持って行って、それに吸収させてから、水を流し、そして小さめのペットシーツでさらに拭きとるという作業をしていた。

 どうにかならないか?

 そう考えて、しつけすることを考えた。
 小用のときは、「シーシーシー」と声をかけた。大のときは「ワンツーワンツー」と声をかけるようにした。

 2、3か月もしたときだろうか、排水口の近くで、「シーシーシー」と言ったら、チコリはそこでおしっこしてくれた。尿は排水口に吸い込まれて行った。
「よしよし」
 くうみんはチコリの頭をなで、排水口近くの尿を水で洗い流した。

 おお!やった!水洗トイレじゃん!

 という訳で最近、かなりチコリのトイレ問題が楽になった。ちなみに家で何とかできないかと思い、ペットシーツの上に座らせて、「シーシー」とやってみたが、
「ダメ、無理、出ない」
 という顔をされた。

 小用は散歩の前にしてくれるとありがたいんだが…

 犬を飼っている皆さんは、どんな工夫をされているのでしょうか?

 そう言えば、犬を飼っている人が一番悩むのは、吠えることだそうだ。
 ピンポンが鳴ると吠える、何か要求があると吠える。
 その点、チコリはめったに吠えないので、助かっている。琉球犬はめったに吠えないそうで、チコリも雑種とはいえ、その血を引き継いでいるらしい。


クカ〜
 吠えない犬、チコリ







面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR