fc2ブログ

身に覚えのない資料請求

 ある日、郵便受けを見ると、大型の封筒が入っていた。
 何だろう?日本赤十字?私が寄付をしているのはユニセフとUNHCRだけで、これ以上は勘弁してくれと思っている。寄付お願いのお知らせだとしても、こんな大きな封筒…

 中を見ると、なんと私が資料を請求したので送ったようなことが書いてある。
「資料を請求いただき、誠にありがとうございます」
 どうやら遺産を赤十字にあげたい人のための資料だった。

 こんな資料を請求した覚えはない。確かに子供はいないが、親類縁者はいるし、誰にお世話になるか分からない。そのためにも財産は取っておくべきだと思う。
 日本赤十字が、入院や介護施設に入るときの身元保証人になってくれて、死んだら葬式をあげてくれて、墓に埋葬してくれて、家に残ったがらくたを処分してくれる訳でもあるまい。さらにそのことによって起こったいざこざ。こっちは死んでいるから分からないにしても、そんなことが勃発するのは見えているではないか!
 という訳で無視していた。

 しかし、それに続いて、赤い羽根の共同募金も同じ内容の手紙が届いた。もちろん、大きな封筒で。
 それによると、やはりくうみんが資料を請求したことになっていたが、その資料請求と言うのが、某新聞のアンケートだった。

 あのアンケートが資料請求の意思表示になったのか!!

 そのアンケートと言うのが、これだ。
「慈善団体に遺産を寄付することに興味のある方にアンケートをお願いします。アンケートに答えてくださった方に、抽選で素敵なプレゼント!」
 
 抽選で素敵なプレゼントをくれるというので、アンケートに答えただけで、別に資料を請求したつもりはない。
 そういえば以前、高齢者向け宅配弁当の資料が数社から届き、不審に思ったことがある。
 そのうち、営業の電話も来たので、
「私が資料請求したことになっているけど、そのような覚えはない」
 と、その数社にいちいち断った。
 その後、資料も電話も来なくなって、ホッとした。

 それもひょっとしたら、高齢の親もいるので、そういったアンケートに答えた、それが発端かも知れない。

 こっちは単にアンケートに答えただけのつもりが、大元はそうではなくて
「興味のある方を探して欲しい」
 というつもりだった。その仲介をしたものが、ストレートに言ったのでは断られると思って、アンケートという形をとったのではないか?

 世の中どこで何がつながっているか分からんのう。


 



面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR