fc2ブログ

くうみん走る! その二 大いに問題ありの某サ高住

 その夜、くうみんは寝床の中で考えた。

 確かに40平米なら、サ高住としては広い方だ。今まで60平米もあったのは、ラッキーだった、おまけだったと考えればいいのかも知れない。しかし、今までより狭いなら、値下げして当然だろう。新しい部屋の単価を高くして、「お前たちは今まで通りの家賃で住まわせてやる」という理屈って通るものなのか?

 それ以外にも悪い話があった。
 母は施設長に100万円というお金を貸したという。このお金は返ってきたらしい。
「もう絶対に貸しちゃだめ!人からお金を借りるような人は、一回目は返しても、2回目は返さないんだから!」
「うん、わかった」
 それなのにまた貸してしまったという。
「どうして貸すのよ!!」
「だって、うまいんだもの」

 この2回目の貸金も、みんなのいる前で大騒ぎをして返してもらったそうだ。でも、それから施設長の態度がつっけんどんに…

 どうやら、母だけでなく、複数の入居者からお金を借りているようだ。期限がきた借金を返すためにまた借金をするという、いわゆる自転車操業をしているようなふしがある。

 これはあくまで噂の話だが、身寄りのない入居者が、ここで亡くなった場合は、遺産は施設のものになるという特約があるという。
 めちゃくちゃな施設だもの、あるかも知れない。身寄りがあったとしても、「生前お母様から一筆頂いておりますので」と言って、遺産没収なんてこともあるかも…まあ、これはあくまで噂話。

 そう考えると、
「葬式も挙げてやる、最後まで面倒見る」
 というのも、遺産没収が目的…まあ、これはあくまで噂話。

 何しろ何回も経営者が変わった(倒産した)そうなので、相当経営状態も悪そうだ。

 となると、狭い部屋に押し込められただけでは済まない。これはまた、倒産するかも知れない。倒産を防ぐために出資しろとかいう事態になるかも知れない。

 何より子供のように嘆く母の姿…終の棲家と選んだ住まいを奪われて、粗末な部屋にすり替えられた…こんなに人をバカにした話があるか!!

 決して安くはない入居一時金を払っている。若い人なら裁判でもして取り返すことも考えられる。しかし、あと10年はないであろうババアならそれは諦めて、安心・安全の終の棲家に引っ越すのがベターだろう。

 くうみんの腹は決まった。

 翌日くうみんは、母に電話をかけた。
「お~い、そんな縁起の悪いサ高住はこっちから出て行ってやろ~。みんな引っ越して、潰してしまえ!!もっといいところに引っ越して、もう一花咲かせよう~!いいところ探してやっから、待ってろ!!」
「うん、悪いね~」

 こうしてこのオバさんは、良心的なサ高住を探して走り回ることになったのでした。




冬のブドウ
 記事とは関係ないけど、うちのブドウの木。aki様に剪定の仕方を教えてもらうのだ




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR