FC2ブログ

最近こんなことがありました

 野生児くうみんは、その日も山の中を走っていたのだった。途中で年配の男性に声を掛けられた。
「こんにちは」
 見たことのない人だった。
「こんにちは」
 一応返事をして、そのままいつものコースをひた走った。

 とりあえず一休みするのは、仏像の安置されている祠だ。ここでいつも「新型コロナが早く収束しますように」と、お祈りすることにしている。そのうちに、先ほどの男性が追い付いて来た。
 歳の頃なら70代か。ストックを持っているとはいえ、歳の割には速い。
 ストックは山岳用のもので、スキーのストックのように2本ある。それを両手に持って進むと、歩くスピードが大変速くなる。

 立ち話をしたのだが、ここにはよく来るらしい。何でも走友会の重鎮だそうだ。そこは、以前調べたのだが、かなりハイレベルな走友会だった。その練習メニューはくうみんには、ついて行けそうになかった。

 走友会では、くうみんくらいの年齢では、後進の指導に当たるものらしい。後進の指導…くうみんには無理だ。
「そこでがむしゃらに走れ!根性だ!!」
 それしか言えない。

「あら~、その走友会って、レベルがすごく高いんですよね。ご主人も相当なレベルでしょうね」
 
「あはは、若い頃はね。H市の代表だったこともありますよ。走友会の練習は、人それぞれのレベルがありますからね、大丈夫ですよ。それより、今度会ったら、ここら辺のコース地図をお渡ししますよ」
「ありがとうございます」
 その走友会では、サブスリー(フルマラソン3時間以内)がゴロゴロしていると言う。サブフォーで尊敬されている今までのクラブとえらい違いや!!そしてこの方も、かつてはH市の代表!走友会の重鎮!きっと人望もあるんだろうなあ。素敵~!憧れる~!

 その2、3日後に、またその男性と山の中で会った。
「地図、お持ちしましたよ」
「ありがとうございます」
 案内の出ていない枝道もあって、ここに行くとどこに出るんだろう?なんてこともあったので、その地図はうれしい。
「今度、トレイルランがあるんですよ。参加しませんか?」
「いいですね、久々に参加したいです。今まで体を壊して余り練習ができなかったんですけど、若干持ち直していたところなもんで」
「連絡先を交換しましょう」

 その後、トレイルランにも参加申し込みをした。
 いいご縁をいただいたわ。私も走友会に入ろう。今のスポーツジムで若い者の邪魔をするよりも、ジイさんバアさんで群れた方がいいかも。
 そんなふうに思ってしばらくはルンルン気分だった。

 しかし世の中はそんなに甘くはないのだった…




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR