FC2ブログ

トンデモ花嫁

 花嫁の父と言うのは娘を取られたように思えて、寂しいそうだ。かつては自分も同じことをしたと言うのに、娘がいつまで一人でいるのも心配というものなのに、それとこれとは別らしい。

 さて、思い起こせばこのくうみんも、思い出すことがある。おじさんとくうみん父に引き合わせた時、その場では父は落ち着いていた。まあ、報告もつつがなく終わってよかったとその日、父と別れた。

 しかし後日、おかしなことを伯母から聞いた。この伯母はくうみん母の姉に当たる。
「あんたの旦那さんになる人、おじさんが、お父さんとくうみんたちが会ったその晩、他の女と歩いているのを見た、って、お父さんが言っていたわよ」
「へ?そんなことある訳ないでしょ」
「でも、見たって…」
「それは幻、ある訳ないの」
 だって私、今だから言うけど、あの後ずっと一緒にいて、おじさんのアパートに泊まったんだもの。

 私は父に溺愛されていたから、それこそ父も「花嫁の父」していたんだと思う。普通はこんなものだと思うんだけどね。

 そうでない花嫁の父もいる。くうみんの知っている人の話だ。
 その披露宴は何か空々しい気がした。新郎側はかなりうれしそうだった。新郎側と言うのは結婚式でうれしそうな顔をするのが普通なので、こちらはふしぎではないが、問題は花嫁側である。うれしそうかと言えばそうでもなく、悲しそうかと言えばそうでもなく、とにかくしら~としていた。もちろん、花嫁の父も。親族皆があさっての方向を向いていた。

 なんだろう、この白々しさは。

 そんな思いを胸に、豪華な式場を後にした。

 そのうちに、結婚したその嫁さんの良くないうわさが流れてきた。姑のことはお前。義姉のことは名前呼び捨て。
「ぅおぅ~、あ~ん~た~」
 と言う、意味不明の怒りの電話が嫁から姑および、義姉の所に時々かかって来るらしい。怖いっす。

 また違う話
 あるところに気が強くてかなわん女子がいた。しかし、ソトヅラがいいのと、ちょっと美人なので、男にはモテた。なので、めでたく結婚が決まり、ひとまずやれやれと言うことになった。
 そうなると父親はやはり寂しくなった。
「嫌になったらいつでも帰って来い」
 そう言ってしまったのが悪かったのか。一年たつか経たないうちに、嫌になってしまったのか帰ることになった。その後この娘は、その美貌で、ある男をゲットした。男は何で見た目で判断するのか。ようわからん。
 しかし、女はうまく結婚までこぎつけた。ああ、よかったと周囲がほっとしたのも束の間、また出戻ってきた。

 父はたまりかねて言った。
「お前、いい加減にしろ!」
 すると娘も負けていない。
「るっせ~!嫌になったらいつでも帰って来いって言ったのはてめぇだろう!」

 その後、娘はまた男をゲット、3回目の結婚にチャレンジした。この結婚も、あわやと言うところがあった。娘が帰ってきてしまった。
「お前、今の旦那を逃したら次はないぞ」
 父親の殺し文句に、それもそうだと納得した娘は、危ないながらもその結婚生活を続けていると言う。

 人生いろいろ。女もいろいろ。


 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。


FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : つぶやき。独り言・・。
ジャンル : 結婚・家庭生活

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR