fc2ブログ

期待の温泉 初めての敦賀の温泉

 スーパーでビールやチューハイを仕入れたくうみんは、駅に向かった。もうすでにホテルの送迎が来ている。ロッカーから荷物を取り出すと、送迎バスに乗った。
「お世話になります」

 車で10分くらいのところだと言っていた。しかし、ずいぶん距離があるように感じた。ホテルは高台にあるので、景色がいいとの話。そのうち、目の前にあまり立派とは言えない鉄筋の建物が迫ってきた。

 チェックインをして部屋に通された。仲居さんは、滞在中の注意点を説明してくれた。
「寒かったら、エアコンをつけてください。エアコンはここにありますので」
最後に、
「お飲み物は自販機がございますのでそこでお求めください。お持ち込みのものがあればそれも構いません」
 なんと、持ち込みオーケー!これは旅館としては点数が高い!

 くうみんは部屋の中を見回した。

16356564760.jpeg
 ごく一般的な旅館の部屋

16356564920.jpeg
 眺めはいい
 
16356565950.jpeg
 浴衣も結構おしゃれ

16356564640.jpeg
 だが、洗面所は普通の家庭仕様

16356565400.jpeg
 壊れたかわらせんべいを客用に出すのはどうかと思うが

16356565170.jpeg
 傷んだ部分を補修する、そのセンスが光る

16356565280.jpeg
 トンボだろうか?補修にも季節感を大事にしている姿勢が素晴らしい

 なんか、寒くなったので、エアコンを入れようとしてハッとした。何とエアコンは埃まみれだ。
 ここまで埃まみれのエアコンを見たのは、いつ以来であろうか?
 確か、前に住んでいた町中にある、銭湯「松の湯」で見て以来だろう。

16356565050.jpeg
 埃だらけのエアコン。埃が舞うのが怖くて、使えなかった

 期待していた温泉に向かった。風呂場はほかの設備に比べて、きれいだった。窓が大きく切ってあり、景色が大変いい。窓の外に見えるのは、手入れの行き届いた植栽…ではなく、生い茂るクズの葉だった。

 しかし、いい湯だ。本当に肌がつるつるする。こんなにいい湯なのに、くうみん一人で貸し切り状態。この後、次の日にかけて3回入ったが、一人の客にも風呂場で会うことはなかった。

 風呂に満足して持ち込みのビールで一杯。至福の時である。

 食事の時間になったので、食堂に行くことにした。
 夕食会場には、やはりくうみん一人しかいなかった。係の女性が、
「仕事で来ている人が多いので、夕食はあまりいないんです」
 と、言い訳をするようにつぶやいていた。

16356565680.jpeg
 誰もいない夕食会場

16356565520.jpeg
 この日の夕食

 普通の旅館のメニューだが、てんぷらと煮ものは冷蔵庫から出したばかりのように冷え切っていて、刺身はずいぶんと室温で熟成させたようだ。暖かいものは冷たく、冷たいものは室温に…このこだわりが、熱く心にしみわたる。

 せっかくの心遣いだが、やはり凡人のくうみんは、暖かいものは暖かいうちに、刺身はきりっと冷えたものの方が好ましい。
 もう一回風呂に入って、ビールを飲み、布団にもぐりこんだ。

 翌朝も風呂に入って、ビールをかっくらい、朝食会場へ。
 なるほど、くうみん以外に、観光らしい年配の夫婦がいた。しかし、仕事らしい人はいないぞ。

16356565830.jpeg
 朝食はこんなもんかねえ



 今回の宿は、予約がマジ直前だったので、選ぶ余地はあまりなかった。しかし、今日の宿と、食事が自慢の民宿とどちらにしようかと迷った。
 食事自慢の民宿は、トイレが部屋についていないのに2万円以上する。それに風呂は、朝入れないので、ここにした。
 ここならトイレは部屋にあるので、気兼ねないし、お風呂はいいので、まあ、ここで正解としておこう。

 この宿はかなり改めるべき点があるのだが、何しろ従業員の皆さんが感じが良かった。だから、宿の名前はあえて言うまい。

 この宿のいいところ

・持ち込みオーケーであること
・冷蔵庫があること
・風呂がいいこと
・従業員の感じがいいこと

 特に最後の従業員の感じがいいというのは、この旅館の宝です!社長は従業員に感謝するように。

 しかし、もう一度行くかと言われたら…どこも空いていなかったら、ここにする。










面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

呪われた箱根路 気づいた時には遅かったこと一つ目

 くうみんの温泉旅行は朝風呂から始まる。
 朝食の1時間くらい前に起きて風呂に入り、ビールを一杯。だから普段よりも、早起きだ。

朝食

 今日は近くの美術館巡りをしよう。
「リラック美術館まで送ってくれますか?」
「え~っと、ラリック美術館ですね」
 しまった。リラックじゃなくてラリックか。
 ルネ・ラリックは、アールヌーボーとアールデコの時代の、ガラス工芸家。色鮮やかなアクセサリーや、豪華な家具、シャンデリアなどのデザインを手がけた。優美なデザインは、特に女性には興味深いのではないか。
 しかし、ここは撮影禁止。だから写真は外のみ。

クラシックカー
 外にあるクラシックカー

ヤドリギ
 黒く、丸い枝はヤドリギ

 ラリック美術館とポーラ美術館のチケットをセットで買うと、2千600円で買えて、かなりお得。なのでここでセットを買った。(単独で買うと、ラリックが千500円で、ポーラが1800円)
 他にもいろいろなチケットをセットで売っている。

 次はポーラ美術館に行く。歩いて行ったが、道を間違えてしまった。仙石原近くの交番で、お巡りさんに聞くと、「仙郷楼まで戻って強羅方面のバスに乗るように」と言われた。
 だったら、ビールを仕入れていったん宿に戻ろう。

仙石原の碑
 間違えてこっちに来てしまった。

 宿に戻ると、掃除が終わったすべての部屋のドアが開ている。そこでくうみんはとんでもないことに気付いた。

 くうみんの部屋は眺めが悪い!

くうみんの部屋からの景色
 くうみんの部屋の景色

別の部屋からの景色
 別の部屋の景色

  部屋の見取り図
 部屋の見取り図 まさかパントリーや階段のある方が眺めがいいなんて、思わなかった

 普通、パントリーや階段があるのは長めの悪い方。くうみんが泊った部屋はその反対側だったので、すっかり安心していた。しかし、くうみんの泊まった側は、崖に枯れ木が生えているのがすぐ目の前に迫っているだけの景色。
 しかし、その反対側は、広く開けた景色が広がる。この日は曇だったので、もやっているが晴れていれば箱根の山々が見えるはず。

 すぐにフロントに電話した。
「ちょっと、私の泊まっている部屋、景色が悪いじゃないの!替えてくれないかしら!」
「お調べします。少しお待ちください」
 ややあって答えが。
「申し訳ありません。今日は満室ですので、替えられません」
「だって、まだ誰も来ていないじゃない!替えられるんじゃないの?!」
「申し訳ありません。部屋割りを変えるのは難しいんです。景色、そんなに違いますか?」
「全然違うわよ!!」

 できないものは仕方ない。
 気を取り直してポーラ美術館に向かった。

 ポーラ美術館絵は宿から1キロと200メートルほどなのだが、とにかく狭い山道で、しかも車が登りも下りも走っている。この道を歩くなんてかなり危険だったが、大した距離でもないし…ほどなくポ-ラ美術館に着いた。

 ポーラ美術館では、撮影許可の作品とNGの作品がある。しかし、ほとんどの作品は撮影可。なかなか太っ腹である。

 スイレン
 モネのスイレン

女湯です
 女湯です。昔は湯船と洗い場、脱衣所の間には仕切りがなかったのかしら

色っぽいぜ
 有名な絵ですね

マチス
 マチス

シャガール
 シャガール

面白い光景
 え~っと?でも、面白いよね

ラリックの香水瓶がここに
 ラリック美術館にあったラリックの香水瓶「真夜中に」

これもラリック
 これもラリック。「私は戻って来る」という香水の瓶。本家で撮影禁止なのに、ここでは撮影可。ポーラさん、ス・テ・キ

 「さよならは言わない」「私は戻って来る」「あなたのもとへ」という一連の香水がある。これは戦争に行く兵士が、恋人に送ったそうだ。こんなの送られたら、ずっと待っていそう!

白磁
 おじさんは、こんなさりげない白磁が好きだった

青磁
 これもおじさんが好きそうな青磁

 まねて描いた作品らしい。

似たような作品
  こちらが安井画伯の作品

オリジナルはどっち?
 こっちはセザンヌ

こういう人が書きました

なんかの能書き



 多くの作品を堪能した後、くうみんは、またあの狭くて危険な道を歩いて帰った。

 風呂に入り、ビールを飲んで食事会場に赴いたが、きっとお姉さん達は、くうみんの機嫌が悪くなったことに気付いただろう。なぜそんなに機嫌が悪くなったのか?お姉さん達は知っていたのか、知らなかったのか?

お品書きにはこんな料理が
 お品書き

旨そうだが
 料理の一部

 味噌汁が何だか非常に塩辛い。
「この味噌汁、濃すぎて飲めないわ!」
 くうみんは一口飲んで味噌汁を置いた。
「は、そうですか?取り替えます」
「お湯回して終わりじゃ嫌ですからね」
「作り直しますので」

 新しい味噌汁が来た。ふん、ま~、こんなもんでしょ。

 この後もくうみんは、お姉さん達を無視し、やけ酒を飲み、床に就いたのだった。しかし、本当にオソロなことはまだ先にあるとは全く気づいていなかったのだった…

 さあ、このオバさんの身に降りかかる大いなる不幸とは、どんなことでしょう?!



 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

呪われた箱根路 何も知らずに上機嫌の一日目

 また箱根に行って来た。なぜそんなに箱根なのか?それは「箱ピタクーポン」を制限いっぱい買ってしまったから。

 箱ピタクーポンは、一枚5千円で、1万円の金券として使える。これがお一人様最大4枚、4万円分の金券を、2万円で買える!

 きゃ~~~!お得!

 という訳で、調子に乗って4枚買ってしまった。使い方には制限があって、一人一泊に付き、一枚しか使えない。二人旅なら、一日2枚、2泊分だが、くうみんは一人なので、4泊することができる。

 することができると言えば、よく聞こえるが、期間制限は1月31日までで、一月の箱根なんて寒くて行っていられない。ギリで紅葉が楽しめそうな11月末に2泊することにした。

 今回の宿は由緒正しい歴史ある宿、仙郷楼だ。二人ならともかく、一人泊など、普段なら絶対に泊まることのできないような値段だが、今回は、GO TOもあるし、箱ピタクーポンもあるので、かなりお安くなった。コンビニも近くにあるらしいので、身軽に行った。
 小田原から、箱根登山バスで「仙郷楼前」に到着したくうみんは、部屋に案内された。仲居のお姉さんにも、上機嫌であいさつし、この近くの見どころを聞くと、お姉さんはたくさんのリーフレットと、「るるぶ」最新版を持って来てくれた。

 るるぶ最新版!こういった本は、図書館で借りることにしているが、今住んでいるスモウ原の図書館では、10年以上前のガイドブックしか置いていない。10年前の情報なんて、当てにならない。だから、こんなところで最新版を見ると、それだけでうれしくなってしまう。

 そう、この頃は上機嫌。

 それが今後どうなるか、題名を見ればわかるというもの。まあ、しばらくは、おばさんの上機嫌に付き合ってください。



今回の部屋
 今回の部屋

お品書き
 こんなん出しますので、よろしく

まだ上機嫌のくうみん
 まだ上機嫌のくうみん。なんだか最近おじさんに似てきたような気がする

今宵の食事は
 わ~、おいしそ~

刺身 うまかった
 箱根は山の中だが、海も近いので刺身も新鮮

 お風呂は箱根には珍しい硫黄泉、露天風呂もあるが、むしろ大浴場の方が眺めがいいので、もっぱら大浴場に入ることにした。
 しかし、風呂自慢という割には、大したことのない風呂だなあ。湯船も小さいし…まあ、湯がいいから、いっか。

 多少の難も、上機嫌ならさして気にならない。うん、うん、いいよ~。



 さて、このオバさんは、どんな呪いに苦しめられるのでしょう?

 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

下田セントラルホテル 総評

 部屋は広く居心地がよかった。食事もおいしかった。温泉もいい湯だった。一点、悪かったのは…

 くうみん母は、看護師だった。看護師というのは、患者さんのお世話をするのが仕事だ。なので、とりあえずベッドメイキングの仕方も教わるそうだ。普段は看護助手がベッドメイキングをするらしいが、看護助手にベッドメイキングを教えるのも、仕事のうちだ。

 ここのホテルはベッドメイキングがグチャグチャなので、年寄りには寝心地が悪かったらしい。
 なんと言うか、接客係のような部門は優れているが、素人にはわからない程度の手抜きはしているようだ。くうみんは大いびきで寝ていたが、くうみん母は、暑いので布団をずらそうとしたら、できなかった。翌朝見ると、ベッドメイキングがボロボロだったと。

 ベッドメイキングを仕事にしている人からすれば、きちんとした仕事をするのは誇りだろう。そんなのどうでもいいじゃないか、と言ったら、この人達に失礼だ。
 まあ、サービス業の奥は深いということで。

 でも、全体としてはいい宿だった。
 アサギマダラ誘致作戦は、地元の人にも評判がよく、
「これも下田の観光資源になれば」
 と、近所の人にも手伝ってもらいながら、環境を整えているそうだ。

 下田の10月から11月上旬なんて、海水浴もできないし、紅葉も中途半端で何もないと思いきや、アサギマダラで観光を盛り上げられる。
  
 いいことじゃないか。

 ということで、今回の宿は90点!




朝食2
 帰る日の朝食

アサギマダラ3
 旅するチョウ、アサギマダラよ、さらば!

帰りの富士山 まだ雪がない
 帰りの車中からの富士山。まだ雪が降っていないようだ








面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : 国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報
ジャンル : 旅行

下田2日目 観光三昧

 温泉旅行では、朝早く起きると風呂に入り、ビールを2本飲んでから食事会場に向かう。昔は、
「女が酒を飲むなんて、もっての外!!」
 と言っていたくうみん母であるが、最近はそんなことも言わなくなった。
「みんなが飲んでいるから、なんて言うのは、理由にならない!」
 とも言っていたが、電車の中で若い女の子が缶チューハイを飲んでいるのを見て、
「今はそういう時代なのねえ」
 などとも言っていた。

 朝食ですわ
 朝食は和食と洋食が選べるが、おかずは大して変わらない。パンとスープになるか、ご飯とみそ汁になるか、その違い

 近くに上原美術館があるので、そこに行く。送迎バスが9時50分に出発。帰りは上原美術館を10時50分に出て、旅館まで送ってくれた。

 しかし、このままでは食い足りないので、宿に帰ると、すぐに出る下田駅行のバスに飛び乗った。そこからタクシーで下田海洋水族館に行くことにした。go toのクーポンはタクシー他の交通機関でも使えるが、会社によって違うらしい。くうみん達の乗ったタクシーは、クーポンは使えないタクシーだった。

 しかし、タクシーのメーターは900円ちょっとだった。クーポンは千円で、おつりは出ないので、使えたとしても、使わないかな?

 下田海洋水族館。入場料1900円也。

下田海中水族館
 イワシの群れ 今のイワシは脂がのって実にうまいのだが、ここでは鑑賞用

ペンギンのヒナ
 ペンギンのヒナです。かわいい~

ヒナと言ってもデカい
 ヒナと言っても親と同じくらいデカい。横幅は親よりある

コツメカワウソ
 人気者のコツメカワウソ

 1時間ほど見物して、またタクシーで駅まで行くつもりだったが、昼ご飯を食べようということになった。
「運転手さん、おいしいお店はないかしら?」
「何がいいの?」
「おそばがいいわ」
 こんな時、物おじせずにくうみん母は尋ねることができる。
「それなら、いし塚さんだ」

おいしいソバ屋 いし塚
 おいしいソバ屋いし塚。下田駅から、歩いて5分ほどの所にある

 店の入り口には「30分ほど待ち時間があります」
 という張り紙が。まあいいかと、待つことにした。待ってそばが出るまで、本当に30分だった。

蕎麦屋のお品書き
 お品書き

とろろそば
 今回はさっぱりととろろそばに

 麺は腰があっておいしかった。しかし、ここもクーポンは使えない。味に自信があるからか?

 駅からの送迎バスに乗って宿に帰った。

 宿では、「アサギマダラを誘致する会」を発足させたそうだ。アサギマダラは、旅をする蝶として知られ、数百キロも移動することがあるという。
 日本国内だけでなく、台湾や香港にも飛んで行くらしい。渡り鳥と同じくらいのスタミナに、くうみんもあやかりたいものだ。

 ここには10月から11月10日くらいまでいるそうだ。寿命は4カ月くらいというから、昆虫としては長寿。

 くうみん母は、テレビでこのアサギマダラが集まる公園を、見たらしい。そこにも行きたいと思っていたそうだが、思いがけず、泊まったホテルの庭で見ることができて、大変感激していた。

 アサギマダラ1

アサギマダラ2
 羽を広げた姿を映すのは、なかなか難しい

オレンジ色の蝶
 これは別の種類の蝶

 アサギマダラは、オオムラサキやギフチョウと国蝶の座を争ったくらい優美な蝶だ。国蝶はオオムラサキになったが、オオムラサキもギフチョウもそしてアサギマダラも、
「そんなこと知るか」
 と言っているに違いない。

 風呂上りには、牛乳のサービスがある。コーヒー牛乳と普通の牛乳で、子供の頃の思い出からか、コーヒー牛乳の方が人気だった。
 くうみんは、牛乳は飲まないようにしているのだが、飲んでみることにした。昨日はコーヒー牛乳だったので、今回は白い牛乳。
 子供の頃は、コーヒー牛乳やフルーツ牛乳が飲みたかったのに、親は「白にしなさい!!」って言うんだよなあ。

 でも、今回は比べてみたら、白い普通の牛乳の方がおいしかった。味が濃厚。

 お楽しみの夕食。

今日のメニューは?
 今日のメニューは何かしら?

本日のお刺身
 本日のお刺身

 くうみん母は、「昨日の方が物が良かった」と、ぶつくさ言っていた。

デザート
 デザート

 明日は帰るだけなので、まあ無事に終わるでしょう。そして気になるこのホテルの評価は?

 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : 旅行記
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR