FC2ブログ

口下手なくうみん 皆様へのお願い

 ブログを読んでいる人は、くうみんのことを「にぎやかでおしゃべりなオバさん」と思う人が多いのではないだろうか?
 実際は違う。どちらかと言うと無口で、そして非常に口下手な人間だ。

 フィットネスクラブでは、世間話くらいするオバ仲間はいるが、人が話しているのを聞いている時間の方が圧倒的に多い。
 いまは黙筋トレ、黙浴の時代なので、かえって助かっている。

 かと言って、ここで書いていることはウソではない。
 人間、表現をするのに、話をする方が得意な人と、文章で表す方が得意な人がいると思っているが、くうみんは圧倒的に文章で表す方が得意らしい。

 今回のジジイ事件があったので、
「おじさん、私を守ってください。あのジジイと会わないようにしてください」
 と、祭壇に祈っているが、こういったエロがらみの願いを聞き届けてくれるかどうか、実ははなはだ心配なのだ。

 と言うのも、以前こんなことがあった。

 もう20年位前のことだ。その頃は外国人労働者が工事現場や工場にたくさんいた。特にイラン人。
 そう言った出稼ぎ労働者のオヤジが、当時通っていたフィットネスジムにいた。よく筋トレをしていたが、すごい力で、背筋は一番重い重量を挙げていた。推定50代半ばか?
 愛想も良く、たくさんの人と話をしていた。おじさんやくうみんにも、
「元気?」
 と、明るく声を掛けてきた。

 いい人。おじさんもくうみんも、そう思っていた。特におじさんは、見知らぬ異国で、労働条件も日本人とは差別されているであろう、彼のことを、「偉い人」と、思っていたらしい。

 しかし、ちょうど今頃、ゴールデンウィークが近いある日、事件が起こった。

 くうみんは家に帰ろうと、フィットネスクラブの階段を、小走りに降りた。そこに例のイラン人のオヤジが、階段を登って来て、踊り場でくうみんと鉢合わせしてしまった。
「キャッ、ごめんなさい」
「あっ、大丈夫ですか?」

 にっこり笑って立ち去ろうとすると、
「ちょっと待って」
 と、このイランオヤジが、声を掛けてきた。なぜか、いつもと違う、舐めるような目付き…
「今度会いましょう」
「うん、また明日ね」

「違う~」
 意味ありげにおやじは近づいてくると、壁ドンしそうな勢いで、くうみんに迫ってきた。
「今度の土曜日、私休みだから、二人きりで食事をしましょう」
 ニヤッと笑うと、もっと迫ってきた。
「二人きり~~~」

 どひゃ~~~!
「それじゃね!」
 そう言ってくうみんは足早に逃げていった。

 この話をくうみんはおじさんにした。食事をしながら、くうみんはおじさんに訴えた。
「あのイランオヤジが迫って来たの」
「うん?」
 おじさんはテレビを見つつ、ビールを飲んでいた。
「だから、あいつが二人で食事をしようって言って来たの…」
「いいじゃないか、ご馳走になって来いよ」
「だって、すごくいやらしい感じで…」
 一生懸命訴えたつもりだったが、おじさんには通じなかった。終いに怒り出してしまった。

「お前をどうこうしようなんて男はこの世に一人だっていないんだよ!!」 

 おじさんはこの話を友達にも話していた。
「こいつは、イラン人が迫って来たなんて、カン違いしているんだよ。あいつ、良い奴なのに、かわいそうに」
「わはは!願望かね!」

 悲しかった。

 しかたないので、自衛のため、常にホイッスルを首からぶら下げるようにしたが、これっておかしいと思うようになった。

 自分の家族が危険な目に遭うのを阻止するのは男の役目じゃない?

 くうみんはどうしたら、この危機をおじさんに分かってもらえるか、考えた。そして思い付いたのが一人芝居だ。
「おじさん、あの時の状況をやってみるから、見ていて」
「ふん」
 おじさんはつまらなそうな顔をして、いつもの定位置のソファに寝そべった。 
 
「ここはフィットネスクラブの階段の踊り場です!」
 おじさんを前にくうみんは演じた。

イラン人「今度会いましょう」
くうみん「うん、また明日ね」
イラン人「違う~~~」(壁ドン)

 と、このように一人二役をしたのだった。ようやく、おじさんはその事態を理解したらしい。
「何で今まで黙っていたんだ!!」
「言ったじゃない!!言ったのに、全然わかってくれなかったんじゃない!」
 すると、おじさんはボソッとつぶやいた。
「お前の話はくだらないから、聞いていない」

 この一言はくうみんにとって非常な衝撃で、今でも思い出すと涙が出て来るほどだ。
 しかし、ひょっとして、「くだらないから聞いていない」のではなく、「話術が下手でつまらない」から、聞きたくないのかも知れないと、たった今思った。

 ちなみにこの後、おじさんとくうみんは、このフィットネスクラブをやめて、別の所に移った。

 それで何を言いたいかと言うと、

「お前をどうこうしようなんて男はこの世に一人だっていないんだよ!!」
と、おじさんにとって、くうみんは世界一魅力のない女であり、かつ口下手なので、このオヤジのことも、
「お前はまたカン違いをして」
 と思っているのではなかろうか?と懸念している。

 どうか、皆さん、特に雄弁な方。
「これはくうみんの勘違いではない。守ってやって欲しい」
 と、お口添えして欲しいのですよ。

 どうかよろしくお願いします。
 

 

 









面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

おじさんの家系の男はダメダメばかり

 マウスが壊れたり、パソコンが突然動かなくなったり、そんなときは女性よりも、男性の方が普通は対処できるもの。
 いいなあ、旦那がいる人は。難しいことは丸投げしてしまえばいいんだし…などとは今回の件に関しては、ない。

 おじさんが、ダメダメなのは家系なのだった。

 おじさんの家の男はなぜか情けない噂ばかりが聞こえてくる。
「おばあちゃんのお父さんは、武士のくせに剣道が弱かったのよ」
「あっはっは!」

 おじさんのおばあちゃんは、早くにご主人と死に別れ(くうみんと同じだなあ)、5人の子供を養うため、がむしゃらに働いた。
「だからわしはこんなに気が強くなって、息子たちはへなちょこになってしまった」
 とぼやいていたそうだ。

 おじさんは非常に不器用で、バナナの皮もろくにむけなかった。しかし、これはどうも家系らしい。
 おじさんの家では、蛍光灯が切れると、業者さんを呼んで替えてもらったという。高くつくだろうなあ。

 おじさんと、神奈川から千葉に引っ越すことになったとき、引っ越し先におじさんの両親と一緒に行くことになった。引っ越し先の駅前にあるスーパーでガス台を買うことにした。
 適当に選んで買った。その時お父さんが色をなして言った。
「くうみんさん、こんなものを素人が付けるのは危ないんじゃないですか?」
「大丈夫ですよ」
 気にせず、それを新居に持ち帰った。

 家に到着すると、くうみんはさっそくそのガス台を設置することにした。
「やめなさい!事故になったらどぉするんだぁ~!!」
 お父さんはなおも言いつのった。
「えっ、こうするだけですよ」
 くうみんは、段ボール箱から取り出したガス台にホースを付けて、ガスの栓とつなげた。その間5秒。
「ほら、何も問題ないでしょ」
 そういって、くうみんはガスを付けて見せたのだった。
「おお~~~!!」
 驚くおじさんと、その両親。

 その後、おじさんの実家で親戚一同が集まる機会があった。こんなお盆の季節だったか?お姉さん夫婦、叔父、叔母、そしていとこ。
 寿司、オードブル、お母さん手作りの煮物など、ご馳走が並んだ。みんなでそれを食べているときに、おじさんのお父さんが言った。
「くうみんさんは、何でもできるんだよ。ガス工事までできるんだ!」

 ガス工事?!あのことか!!くうみんは周りを見渡した。叔父、叔母、いとこたちは、そういったお父さんの勘違いに、慣れているのか、表情を変えなかった。しかし、二人いるお姉さんのそれぞれのご主人方が、「???」と言う顔をしたのを、くうみんは見逃さなかった。
 ちなみにお姉さんのご主人は、二人ともパソコン、電気関係は普通にできるようだ。

 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

5年前の今頃

 5年前の今頃は、まだおじさんがいて、平和な毎日だった。
 でも、不思議なことが満載の日々だった。

 当時、うちにはおじさん家の祭壇と、くうみん家の祭壇、二つの祭壇があった。
 同じ部屋に先祖を祀るのはいけないことと言われるが、住宅事情もあり、同じ部屋の違う場所にそれぞれ祀っていた。

 いつも生花を飾っていた。どちらも贔屓せず、同じ花を同じだけ活けていたのだが、4月5月頃からだろうか、おじさん家に供えた花だけが、見る見るうちにしぼんでいく。

花が枯れる謎の写真の載ったブログ記事

 同じ部屋でも風通しが違うとか、そういった条件があったのではないかと言われたが、そうではない。本当に同じ環境なのに、そうなってしまうのだ。

 ウソだあ…
 よろしい。これは100歩譲って、何か原因があるということにしよう。でも、これはどうだ!!と言う現象もあった。

 なんと線香立てに、きりで突いたような穴が開いていた!!

問題の線香立て 当時は花瓶だと思っていた

 穴は外側からの力によって開けられたものらしく、線香立ての内側に小さな破片が落ちていた。

 くうみんもおじさんも、何もしていない。いい年をしてみんなを脅かそうと、仏具に穴をあけるなんて、そんな罰当たりなことはできない。
 ましてや、ゴルゴサーティーンじゃあるまいし、外から誰かが何やら打ち込んだとも考えられない。

 不思議だな。

 花が枯れていくことについては、お花が身代わりになったのだろうとか、直系の子孫がお世話していないから、先祖がへそを曲げたんだろうとか、いろいろ憶測がなされた。

 でも、後からこんな説も聞こえるようになった。
 おじさんはもうすぐいなくなりますよ。そういう予告だったと。

 おじさんが亡くなってからは、こんな不思議なことはなくなった。本当の所はなんなのか、いまだにわからない。

 今では、おじさん家の祭壇は、おじさんのお姉さんが祀るようになり、お姉さんの家にある。うちにはくうみん父の祭壇と、おじさんの祭壇が、別の部屋に祀られている。

 花は、今はおじさんの方に贔屓している。だって当然でしょ。おじさんだもの。

 でもね、不思議なことに、今でも若干、くうみん父の祭壇に活けた花の方が長持ちするんだよ。これはどういうことだろうね。

 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : 不思議な出来事
ジャンル :

壊れたルンバをどうするか?

 おじさんが残したものは、できるだけ捨てたくないけど、そうも行かないのであげられるものは人にあげ、発展途上国に寄付できるものは寄付し、自分で使えるものは自分で使っている。
 しかし、おじさんが亡くなってはや5年、使えなくなるものは少なくない。一番初めに使えなくなったのは、おじさん愛用のダウンジャケット。軽くて暖かいと思っていたけど、ひと月も使わないうちに穴があいてしまい、専用のテープで補強するも次々に穴があき、いくらもしないうちに捨てることになった。寿命だったんだろうな。

 おじさんが使っていた電動歯ブラシ、かなり調子の悪いまま、だましだましずっと使っていた。これが先日、とうとういけなくなった。使っていると、スイッチを切った訳でもないのに、動かなくなってしまう。
 
 替えのブラシが3箱ほど残っているので、この替えブラシが使えるものを買うことにした。

 おじさんのお姉さん方と食事した後に家電量販店に赴き、物色した。
 見ると結構高い。1万5千円とか、2万円を超すようなものもある。こんなの使えないな~。こんなに高いのしか合わなかったらどうしよう?

 など思って店員さんを呼んで、
「この替えブラシに合うものを」
 探してもらった。
 すると、それは従来型の電動歯ブラシで、5千円くらいで買うことができた。

 これくらいなら、いいか。良かった、あんまり高くなくて。

 パナソニックのものだったけど、家に帰っておじさんから引き継いだ電動歯ブラシを見ると、「NATIONAL」と書いてあった。
 そうか~、どれくらい前に買ったんだろうねえ。ひょっとして10年近いかも知れないな~。

 おじさんから引き継いだわけじゃないけど、全自動掃除機「ルンバ」も、いけなくなった。
 修理屋さんに聞いてみると、1万3千円~2万2千円+往復の送料がかかるらしい。これは買った方がいいかな~。今はいい機能が付いたのもあるし、普及版なら3万円ちょいであるみたいだし。

 ルンバは、おじさんと最後に住んだ家に引っ越した時に買ったもの。 そう言えば、同じくらいの時期に食洗器も買ったんだ。これはこの家にも持って来たけど、水道の形に合う栓が2万いくらするというので捨てたんだ。

 もう一人なんだし、食器もそんなに使わないからと思って。

 物がどんどん使えなくなる。
 おじさんとの思い出とともにあるものが、なくなっていく。

 そう考えると、もう一度だけ、ルンバを修理に出そうか、と思うのですよ。

 

 不用品はワールドギフトへ!
         ↓
      ワールドギフト







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 電化製品
ジャンル : ライフ

おじさんが読んだ本 料理と善人ばかり出て来る

 おじさんはよく単行本を図書館で借りて読んでいた。何を読んだのか、小さなノートに書き記してある。
 はじめに読もうとする本を選んでいたのか、読んだ本には印が付いている。

 それを読むべき本の参考にするのだが、時代小説で、しかも料理をテーマにしている物がほとんどだ。中には山本一力や、鳥羽亮のような普通の時代小説もあるが、まあ、よくこんなに食べ物のことばかり考えていたというくらい、食べ物屋の本ばかり。
 和田はつ子の「料理人季蔵捕り物控」をはじめとする諸作品、高田郁のみをつくし料理帳、そして今井恵美子の立場茶屋おりきシリーズなど。

 読めばまあまあ面白いのだが、絶対自分じゃ選ばないな…そう思うけど、時々参考にさせてもらっている。

 でもなあ、あまりにもいい人ばかり出て来るのでなんだかな、と思うシリーズもあるのですよ。

 今読んでいる、「立場茶屋おりき」。
 この小説は、やっぱり料理を出す店が舞台になっているんだけど、出てくる人がみんないい人。誰一人悪人はいない。気の荒い人は出て来るけど、
「本当はいい人なんだわ」
と思わせるエピソード。

 なさぬ仲の子供をかわいがる継父に継母…

 奥さんの連れ子をかわいがる旦那。その旦那さんの間の子供が、お腹にできた。奥さんに一抹の心配事が。
「あの人は自分の子供は要らないって言っていた。連れ子の○○をかわいがれなくなるかも知れないからって」
 相談を受けた女性は
「そんなことありゃしないよ、あの人はそんなに料簡の狭い男じゃない。○○が病気になったときは水垢離までしたじゃないか?!」
 そして子供ができたことの報告。もちろん、めでたしめでたし。

 こんなのあるはずないだろ!!ということばかりが、書いてある。

 安心して読めますよ。何もハラハラすることはない。最後はめでたしめでたし、で終わる。

 でもなあ、一人も悪人が出てこないって、何だかつまらないんだよね。水戸黄門でさえ、ベタではあるが、悪代官をはじめとする、悪人が出て来たではないか。

 仮面ライダーにもショッカーが出て来たではないか。

 そう考えると、世の中も、嫌な奴がいるから面白いのかなと思ってしまう。

 それにしても、こんなにも料理のことが書いてある本ばかり、よく読んでいたな。そう言えばお料理番組も好きだった。自分じゃ作らないくせに。 
 おじさんが食道楽だったかというとそうでもない。

 なんで料理の本なんだ、おじさん。



 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : ぼそりと独り言
ジャンル :

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR