FC2ブログ

信じられない出来事

 7月6日、おじさんはかつて同じ事務所で働いていた仲間と一泊旅行に行くことになっていた。前々から、ビールや飲み物の手配を喜々としてやっていた。6日11時頃、
「明日の昼は海鮮丼を食べてくるから夕飯はご飯じゃないものね」
 そう言って出て行った。

 一人の夕食を終え、眠りに入った。何となく電話の音がする。しつこく鳴っている。なんだろう、こんな時間に。
「はい」
「おじさんが、大変なんです!」
「えっ」
「風呂場で倒れているのが見つかって…生死の境をさまよっています!!」

 とるものもとりあえず、身支度をしていると、また電話が鳴ったので出ると、処置していると言う医師からだった。
「かなり厳しい状態です」
「そうですか、判りました」
 おじさんの先祖の祭壇に行って声をかけた。
「おじさんを守ってあげて!」

 お金を手提げに入れて近くのタクシー乗り場に駆けて行った。
「長距離お願いします。O市立病院まで」
 時計を見ると、1時30分頃だった。厳しいと言っても、大丈夫、きっと助かる。
「おじさん、こっちだよ、あっちへ行っちゃいけないよ」

 千葉県から東京をはさんだ県にあるO市立病院には2時45分ごろ着いた。一緒に行った仲間が、玄関先で待っていた。簡単に挨拶して案内された部屋に入ると、看護師がおじさんに心臓マッサージをしていた。
「おじさん、こっちに帰っておいで」 
耳元でささやいた。
 そばにいた医師が、
「心臓マッサージをやめると心臓は止まってしまいます。どうしますか?」
どうしますかって…
「もういいです」

 心臓マッサージをやめると、心電図が平坦になり、おじさんの死亡が確認された。自然死ではないので警察の解剖を受けることになり、おじさんはシートに包まれて車で運ばれた。
 葬儀の手配もすることになり、おじさん父やくうみん父の世話になった葬儀屋さんをお願いすることにした。警察官のスマホで電話番号を調べてもらった。

 私はパトカーで駅まで送ってもらい、始発電車に乗って家に帰った。家に帰るとおじさんのおねえさんにおじさんの死を伝え、警察からの連絡を待った。
 しかしその日、七日におじさんは帰れず、葬儀屋さんは8日夕方になりそうだと言った。
 おじさんは税理士だった。ハタと思った。7月10日は源泉税納付の日、ほとんどの顧問先は終わっていたけれど、6日に遅れてきた資料があった。
 仕事に穴を開けてはならない。かねてよりおじさんに万一のことがあったら、A税理士と、B税理士に相談するように、言われていた。A税理士に連絡の上、行くことにした。そこにおじさんが葬儀屋さんと共に帰って来た。葬儀屋さんに説明した。
「今、大事な用事がありますので、出かけますが、お姉さん達がいますので作業は進めてください」
 そう言って雨の中、自転車をこいでA税理士のもとに行った。

急いで帰ると、葬儀屋さんは、ふすまの向こうでおじさんの処置をしていて、こちらで用意した服を着せていた。
 腐敗を防ぐため、ドライアイスを体の上に置いて、冷房をかけた。

 おじさんのお姉さん二人が尋ねた。
「くうみんさん、遠慮しないでいいのよ。いた方がいい?それとも帰った方がいい?」
「すみません、帰ってください」
「ひとりで大丈夫?」
「はい」

 一人じゃない。おじさんと二人きりになりたかった。
 冷たいおじさんの唇に、何度もキスした。
「おじさん、愛してる」
 
 次の日も、おじさんと一緒に過ごした。おじさんの体にはドライアイスが置いてある。夕方葬儀屋さんが来て、ドライアイスを取り替えて帰った。おじさんはもうこの世のものではない。凍傷必至のドライアイスが必要なんて。
 この夜はおじさんと同じ部屋に寝た。寒かった。でもこれが最後。

 10日はお通夜の日。13時半ごろ、葬儀屋さんが迎えに来た。

 お葬式は、無宗教の音楽葬。シンセサイザーとチェロの演奏。私もだが、おじさんも公正証書の遺言を作っていた。おじさんの遺言で、葬儀は質素に、と言ったので税理士会には伏せていたのだが、想定していた倍以上の参列者が来た。
「仕事関係の人が、こんなに泣いている葬式なんてないよ」
 おじさんのいとこのK君が言った。

 告別式では、おじさんの好きな長谷川きよしの「別れのサンバ」を演奏してもらった。
 おじさんの周りに花をいっぱい詰めて、葬儀の司会者が
「お棺をしめます」
 と言ったので、人前だったけど、最後のキスをした。だって、これで最後。これが最後。

 おじさんが火葬された。小さな骨壺に入れられ、桐の箱に納まった。

「一人で大丈夫?」
お姉さんが言ってくれたけど、大丈夫、一人じゃないの。おじさんと二人きりでいたい。おじさんは私の膝に抱けるような小さな入れ物に入っている。
「おじさん、おバカさんだねえ、私を残して逝っちゃうなんて」

 結婚して30年にもなるとマンネリでお互い空気のような存在になる。しかも最近おじさんは、加齢臭と言うのか、どんどこ臭くなって、なんとなく不潔な気がしていた。消臭剤を吹きかけたりもした。
「何するんだよ!」
「だって、くさいんだもの」
 そんなことを言い合っていた。

 おじさんが荼毘に付されたその日から、私は毎日、おじさんの骨壺を抱いている。おじさんの汗のしみついたタオルや、髪の毛や、電気カミソリに残ったひげや、爪切りに残った爪をティッシュに包んでビロードの袋に入れた。今までならば汚いと思っていたものが私の宝物になった。

 他の人が気になったこともあった。だけどそれはおじさんがいるという前提での話だと、今になって思う。韓流スターに憧れるようなものか。私は結婚以来おじさんを裏切ったことは一度たりともない。
 私のたった一人の男。 

 おじさん愛してる。空気のような存在と言うけれど、空気がなくなったら、どうなるのか。
享年58歳。若過ぎる死。

 おじさんのお母さんが最近弱って来た。もうすぐそっちに行くかもしれない。

 でもね、お母さんのお迎えは、お父さんに任せて欲しいの。おじさんにはお母さんのお迎えに来て欲しくないの。私だけのおじさんでいて欲しい。

 おじさん、お母さんの迎えはお父さんに任せて、いつの日か判らないけれど、私のお迎えに、来てください。



 
 

 




テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

2011.3.11 鎮魂ライブのお知らせ

 2011年3月11日に起こった東日本大震災はまだ記憶に新しい所です。新聞各紙も、あの悲劇を忘れてはいけないと特集している昨今です。

 あれほどではありませんがこのくうみんも、震災で普段通りとは言えない生活を何日かし、近くの被災地にガラでもないボランティアに行って水配りをしてきました。

 この時思ったのですが、水と言うのは水道から出ることより、使って汚れた水を排出する方が大事だと思いました。水自体はどこからか手に入れるとしても、下水道が詰まったらトイレはおろか、歯を磨いた水さえ流せないのです。
 人間も同じですね。

 おっと、脱線。

 ブロ友の日蓮宗尼僧天教照玉師が、東日本大地震の犠牲者を慰めるための、鎮魂ライブに出演します。菊名なら行けない距離でもないので、このくうみんも行くことにしました。

>3月27日(金)に(朗読詩人)桜しゆうこさんと、(バイオリン奏者)
>栗山ひろみさん(小沢征爾と新日本フィルハーモニーのオーケストラで活躍されてる人です。)
> このお二人とどういう訳か私も加わり?鎮魂ライブをする事になりました。

>場所=横浜の菊名(東横線菊名駅)西口階段を降り横浜線ガードをくぐり右側 おがさや食堂となり 駅より徒歩2分

>会場=ワイズ•タイム TEL  045-402-7818

>参加費=3000円(ライブ、カラオケ、軽食、ドリンク、お茶、お茶菓子アルコール ソフト)何だか盛りだくさん!ですね!!
 
>PM=1:00~5:00

>申し込み=金子宗子 TEL 070-6670-7515

>菊名に近い方、是非お遊びに御出かけ下さいませ。
>私、照玉は、霊界のお話を少しと、私の鎮魂の意味と、亡くなられた尊い、命の犠牲の意味と其の鎮魂の(魂の舞)を舞わせて頂きます。 
>一人でも多くの方のご参加を願って、主催者でもある桜しゅうこさんに、ご協力出来たらとの思いで、御知らせ致しました。

>当日会場でお会い出来る事を楽しみに御待ち致しております。

 と、何やら神妙に書いております。地元大垣では名士で通っていて、最近はBSテレビにもちらほらと姿を現すようになりましたが、知る人ぞ知るドジ霊能師です。
 

2011.3.11鎮魂ライブのお知らせ

 ライブの最後にはくうみんのサイン会もあります…と言うのはウソです。

 もし興味がありましたら、ぜひご一緒して有意義な時間を過ごせたらと思い、お知らせしました。



ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。


FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
 

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

タバコのやめ方 続け方

 リアルでは私の周りにタバコを吸っている人はほとんどいない。だからJTはやって行けるのだろうかと思っていたのだが、結構吸っている人が多いので、意外に思った。

 初めてタバコを吸ったのは高校生の時だったと思う。お父さんの煙草を一本くすねて吸った。その時は何ともなかったのだけれど。

 自分で初めて買ったのは、ハイライト。古いね。これ2、3本吸ったら、気持ち悪くなって吐いた。でも、これでやめたら負け犬だと思って、我慢して吸っていたら、いつの間にかやめられなくなった。

 男はタバコを吸う女子が嫌いだ。だからずっと彼氏ができなかった。いや、彼氏ができなかったのは、ブスと、性格ブスの影響の方が大きいか。

 おじさんも嫌な顔をしたけれど、当時は自分も吸っていたので、やめろとは言わなかった。そのうちおじさんはタバコをやめた。
「お前、タバコやめろよ」
「おじさんがマラソンでわたしに勝ったらやめる」
「無理言うなよ」

 タバコを吸う女は気が強い。マラソンで入賞するような市民ランナーレベルの女子も気が強い。市民ランナーレベルで入賞する女子はタバコを吸う人が多かった。
 表彰終わったら、みんな喫煙所にいるんだもの。その当時のくうみんもタバコを吸っていた。

 プロレベルになると、また話は違ってくるんだろうけど。

 タバコをやめる決意をしたのは、このひとつ前のブログに書いたように、値上げ分の中に旧国鉄の年金が入っていたことだが、オランダに行った時、薬中の黒人を見たことが遠因の一つにある。
 幸せそうな顔をして駅前で寝ていた。この人、本当に幸せなのかな?中毒だよ?でも私は?ニコチン中毒、同じだよなあ。

 そんなこんなで禁煙を決意した。禁煙の苦しさを、タバコを吸わない人に説明するとしたら、ご飯が食べられない苦しみと言えば分るだろうか?

 ご飯を食べなければやがて死ぬ。だから空腹になる。体が言う。
「ご飯を食べて!体が動かないよ!」

 タバコをやめると、ニコチンが
「なくなったよ、早くニコチン補給して!」
 と、そそのかす。だけどニコチンは本来なくていいものだから、体から抜けて行くと、だんだん苦しくなくなっていく。

 手持ちの煙草があった方が心が安らぐ、と言う人もいれば、ない方がいいと言う人もいる。くうみんは後者だった。手持ちの煙草を全部吸って、吸殻を捨てて、はい、禁煙開始!

 苦しいのは3日間だけ。この間だけニコレッ〇でしのげば、あとは楽勝。

 ロッククライミングをしている自分をイメージする。一歩一歩上を目指していくくうみん。ニコレッ〇を使っているときは腰に補助具をつけている状態。ニコレッ〇なしになったら、いよいよ自分の力だけで上を目指す。

 そんなかっこいいイメージで、半年も経てばタバコを吸う夢も見なくなる。

 タバコをやめてよかったことは、喫煙所を探して右往左往しなくて済むようになったこと。壁や天井が汚れないこと。風邪をひきにくくなったこと。
 歯がしみなくなったこと。お肌がきれいになったこと。なによりお金の節約になること。

 しかし、タバコを吸う人をくうみんは否定しない。体に悪いことをあえてするのは、文化と言うものの一面だ。

 もし、体にいいことばかりするのが正しいことなら、食事はエサとなり、楽しみのための運動も、管理されたものとなる。楽しみは半減どころの騒ぎではないだろう。

 タバコを吸うのはみんな大人。体にいいことばかりをするのが大切な訳ではない。

 続け方に関しては、だから、マナーを守って…のような陳腐ないい方しかできないくうみんであった。 

 
 ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。



FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


テーマ : 禁煙・タバコ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

号外です。小野田寛郎様お亡くなりに

 30年間、フィリピンのルバング島で陸軍の任務を遂行し続けた、小野田寛郎様が、お亡くなりになりました。享年91歳。

 出てきたときも驚いたが、つい2,3年前にフィリピンのど田舎の町に旧日本兵がいると言うニュースが報じられたことがある。

 その真為は定かでなかったが、そのニュースを報じられる時に小野田少尉のお姿が放映された。

「かつて、こんな人がいたのだよ」

 戦争を知らない、若い人に。

 その時、不謹慎ながら、思った。
「小野田さん、かっこいい!」

そう、韓流スターの美しさもない、今様のかっこよさではない、生きて行くための機能美とでもいうのか、野武士のようなカッコよさをくうみんは感じた。

 でもこれって、軍国主義崇拝かなあ、そう思って、誰にも言っていなかったのだが、おばさん達はみんなかっこいい、ほれてしまう、と言っていた。
「あなたもそう思う?」
「はい」
 
 野生の眼光が、柔和なまなざしに。

 自分を貫き通すその姿は美しい。かっこいい。惚れたぜ。

 小野田様、ご冥福をお祈りいたします。


ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。


FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


テーマ : 死亡記事
ジャンル : ニュース

格安山東菜を手に入れた 山東菜の漬け方

 先日いつも行くスーパーに行ったら、山東菜がなんと105円で売っていた。
 山東菜と言うのは主に埼玉付近で採れる白菜に似た野菜。毎年12月10日前後から10日間のみ東京北足立市場でしかセリが行われないという。

 いつもスーパーで見る値段は、一株1000円くらい。それなのに105円と言う安値。今日び白菜ですら一株250円くらいする。
「訳あって安い」
 わざわざそう書かれていたので、変な訳は却ってないと思う。
 だいぶ時期を外れて出ていたし、一株6キロはあるという山東菜にしては小さい。きっと周りの葉が腐っていたのを、きれいな所だけ取ったものと思われる。早速購入。

山東菜
 これが山東菜

白菜
おなじみの白菜

 家に帰って良く洗う。中から砂、泥がたくさん出てきた。クックパットで見ると、白菜みたいに煮て食べたり、おひたしにしたり、どうにでも食べられる。少しおひたしにして食べると、。白菜よりも濃厚な味だ。

白菜と山東菜
山東菜と白菜のツーショット

 これはやはり王道、漬物にしよう。

 天気のいい日を見計らって、4分の1の大きさに切って1日干す。バケツを利用して漬ける。
 材料は山東菜、塩(山東菜の3%程度)、タカの爪、昆布。

 山東菜を適当に割って、バケツに入れ、塩を適量ずつまぶしていく。山東菜、塩、山東菜、塩…一番上に昆布を置いて、タカの爪を適当に入れる。タカの爪はタイで買ったきわめて辛いのがあったのでこれを入れる。どうなるんだろう。

 最後に、重しを置く。山東菜の1.5倍程度の重さ。買い置きの味噌やペットボトルをビニール袋に入れて、重しにする。水が上がるようになったら、重しは山東菜と同じくらいの重さにするそうだ。

八百屋さんのホームページ 

 これで2、3日後にはおいしい山東菜の漬物が食べられるに違いない。

 これで今年のブログはおしまいとなるであろう。しかし、何かのはずみでカキコあるかも。

 とりあえずブロ友の皆様、いいお年を。 


検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR