fc2ブログ

いろいろあった最近の出来事 そしておじさんの命日は

 パソコンの移行も無事に終わり、さてこれで楽しいパソコンライフを満喫できる…など思ったのは、一瞬のことでまたまたトラブルが発生した。

 リンクしてある「がちょのひとりごと」、そこの掲示板がいけなくなったのだ。いつもなら、掲示板がすぐ出てくるのに、その時からは、
「fc2の掲示板は、こんなに便利!そのうえ無料!」
 などと書いてある緑を基調にした画面が出てくるだけ。

 こんなことは前にもあった。その時はキャッシュを削除して、SS何たらを有効にして、など2、3を実行したら、すぐに元に戻った。
 パソコンに詳しくはないが、自分でするしかない、よるべなきくうみんは、またこの作業を実行した。

 作業が終わり、ほっと一安心。くうみんはまた、がちょ様の掲示板を開こうとした。
 すると、だめ!やっぱりあの画面!

 fc2のヘルプに問い合わせると、先の作業をするように、プラウザをサファリやchromeに替えてみてはどうか、セキュリティソフトを一時的に無効にして使ったらどうなるか、などの指示を出されたが、そのどれを試してもいけんかった。

「もう私共ではどうにもならない。メーカーに問い合わせるべし」

 このようなメールをもらったときは、絶望の二文字しかなかった。
 どうやってこの状態を説明すればいいのか、fc2の掲示板が開けない、など言う説明で大丈夫なのか?

 悩んでいたのだが、どういった経緯でこうなったのか忘れたが、ブロ友あき様の天使のようなお声がかかった。
「うちの主人は、パソコンの技術者なんですよ。聞いてみましょうか?」
「ぜ、ぜひお願いします」 

 ま~、そういうことになったのだが、メールではらちが明かず、結局うちに来てくれることになった。すまないね~。

 あきさんは、ヨガの講師をしておられる大変若々しい人だ。ご主人とともにくうみん宅に来てくれた。
「結構時間がかかる場合もあるんですよ」
 白髪、ロマンスグレーのご主人はおっしゃっていたが、思ったより早く原因が分かった。作業をするご主人に、ヨガ講師、あき様がご主人の猫背を注意する。
「姿勢に注意!」 
 ご主人はその声にはっとして、背中をまっすぐにする。

 うちのセキュリティーはノートンを使っているが、やはりそれが原因だったらしい。
 よくわからないが、ご主人の説明によると、しなくてもいい作業を、ノートンが気を利かせてやってしまうことに原因があったらしい。

 くうみんとしては、一時的にノートンを無効にするという作業をしたはずなのだが、これは無効になっていなかったということか?素人はこれだから駄目だね。

 古い方のパソコンも、チューニングしてもらった。
「これもまだ使えますよ」
 そっか~、こんなことなら初めから古いパソコンを、直してもらったほうが良かったかな?

 しかし、助かった。ホッとした。
 ホッとしたところで、おじさんの命日がすぐ迫っているのに気づく。

 おじさんの命日は7月6日、この日は大雨の予報。
 なので今日、5日に前倒しで、墓参りに行こうと思ったけど、まだおじさんは生きているのに、墓参りに行くような気がして、命日の後に行こうと思う。

 だって7月5日は、おじさんは、生きているんだもの…

 
月下美人の花が咲きました。
 
16569813040.jpeg
 10輪も咲いたのに、取り方が悪いせいか…

16569813280.jpeg
 ほら、こんなにたくさん

16569813490.jpeg
 これは上の写真の次の日に撮ったもの。二日続けてこんなに咲くなんて

 大きくなりすぎて、部屋の中に入らなくなりました。冬はどうしよう?

 

 




面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

夏の掃除 こんな掃除はいかが?

 思いがけず、短い梅雨だった。まだこれから、と思っていたら、なんと梅雨明け。
 心の準備が全然できていないよ~。それにいきなりの記録的な猛暑!36度ですって?!私が子供のころは、こんなに気温が上がるなんてなかったのに、やっぱり温暖化のせい?

 って、悩んでも仕方ないのですが、夏は掃除が大変ですよね。大汗をかくので、なるべく薄着でするのですが、終わったら、すべて着替えないと気持ちが悪い。洗濯物が増える。
 何とかならないか?

 くうみんは考えた。

 以前、某温泉旅館に行ったとき、その旅館の常連だというオバが、旅館がサービスでくれる薄いタオルで、ワンピース様のものを作って着ていたのを見たとこがある。湯上り着として着ているのだが、
「夏、掃除をするときに着るといいのよ」
と言っていた。

 なるほどね、これなら洗濯も手洗いでオッケー。
 この一件でも、夏の掃除は皆さん、苦労していると見た。

 うちにはミシンがない。この程度の衣装を縫うのは、抗がん剤の後遺症により、手先の作業が不得手になり、そして老眼も進んだこの身にとっては、極めて困難な作業と言える。
 どうしたものか?

 そう思っていたのだが、くうみんは画期的な服装を思いついた。

 水着を着て、掃除すればいい!

 掃除のとき、さっそく水着に着替えた。靴下は履いたままなので、何となくマヌケに見えたが、人に見せる訳じゃなし、張り切って掃除を始めた。
 はたきをかけて~、椅子をテーブルの上に片づけて~、観葉植物を表に出して~…なるべく床面を出すようにして、ルンバに出動を命じる。
 ルンバの入れない細かいところは普通の掃除機を使う。そこまで済んだら、ルンバが作動しているのを横目に、床にモップをかける。うちはすべてフローリングなので、掃除は簡単な方だけど、やっぱり重労働には違いない。
 家具を雑巾がけするくらいになると、ルンバはモームベースに戻っていく。あとは家具や観葉植物をもとの位置に戻す。

 これだけで2時間弱かかる。
 いつもなら、汗だくなのだが、水着のせいか、あまり汗をかかなかった。濡れタオルで体を拭いて、冷えた水をぐっと飲む。本当はビールを飲みたいところだが、歯止めが利かなくなると怖いので、水にした。
 こんな時、おじさんはコーラを飲んでいたが、これからはコーラ、炭酸水なども検討しよう。

 軽く手洗いして、干して。

 今日はプールで水中ウォークでもするか!!


 




面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : 掃除をしよう
ジャンル : 結婚・家庭生活

おじさんとくうみん、クリスチャンネームの検討

 おじさんの家は元は神道だったのだが、おじさんのばあちゃんの時にカトリックに改宗した。
 だから、お義父さんや、お義父さんの兄弟、その嫁さん、その子供達は全員クリスチャンネームを持っている。
 持っていないのは、おじさんとおじさんのお母さん、おじさんの姉妹、そしてくうみんだ。

 なぜ、実質上の長男であるお義父さんの家庭が、一番カトリックから遠いのかと言うと、お義父さんは夜学に通いながら昼は働いて、家族を養っていた。ばあちゃんも働いていたので、下の弟二人はカトリックの保育園に預けられていたそうだ。なので、お義父さんよりも、その弟達の方が、自然とカトリックになじんでいったらしい。

 おじさんが生きているときに、こんな話をした。
「信者でなくても墓に入れるのか?」
「どうなんだろ?」

 そこで、おじさんのいとこのミカエルに聞いてみた。ミカエルも墓の管理事務所に聞いたらしいが、その答えは…

 原則として信者に限られるが、時代の流れとしてそうも言っていられなくなった。すでに墓がある場合、信者でなくても墓に入ることができる。しかし、信者であることが望ましいのは言うまでもない。

 そうだよな、信者でないからと言って入れなかったら、他に墓を買わねばならない。すると、この際だから、全部の骨壺を新しい墓に引っ越しさせて、こっちは墓じまいしてしまおう、と言うことになりかねない。そんなことになったら、損するのは墓地側。

「でも、クリスチャンネームは付けた方がいいのかな」
 と言うことで、ミカエルに相談した。

 ミカエルは大変喜んでくれた。
 しかし、クリスチャンネームをもらうということは信者になるということで、数か月の間、神父様のところに通って、勉強しなければならないそうだ。

「面倒くさいな」
「勉強が必要って、頭の悪い人はクリスチャンになれないのか?」
 など言いつつ、その話は立ち消えになってしまった。

 その数年後、おじさんは亡くなった。今、おじさんのそのままの名前が墓誌に彫られている。そのうちくうみんもここに名前を連ねることだろう。 

 ついこの間、叔父さんの納骨があったばかりだけど。

 もうすぐ、おじさんの命日。

 I must Go.

行かなきゃ。
 




面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

おじさんの叔父さんの納骨 その時来ていただいた若めの神父様

 おじさんのお父さんは5人兄弟の2番目だった。しかし、長男は早逝し、3男は空襲で亡くなった。
 なので、くうみんが知っているのは、お義父さんと二人の叔父さん。

 最後に儚くなった末っ子の叔父さんの、分骨した骨を納骨をする日がやってきた。
 かなり前に亡くなったのだが、コロナの影響で納骨が延び延びになったそうだ。

 叔父さんは、おじさんのうちと違って(ややこしいが)ちゃんとしたクリスチャンだったので、神父様を呼んでミサを行うが、この神父様と言うのが、叔父さんの3人いる息子の次男坊の幼馴染だそうだ。

 なんと!若い神父様!若いと言っても40代後半なのだが、今まで70代、80代の神父様ばかりだったし、自分の年代より若い神父様と言うのは、どういう方なんだろう…

 と言うのも、神父様は妻帯できない。結婚ばかりが幸せではないが、人生の幸せの一部をあきらめているような気がした。
 昔なら、家が貧乏で仕方なく…とかあるかも知れないが、今の世の中で?

 そしてカトリック信者にとって神父様と言うのは非常に偉い方で、あのおじさんですら、「神父」と、敬称は「さん」ではなく「様」だった。

 若めの神父様、ミサをする姿はかっけかった。真っ白ではなく、きなりで、控えめな花の刺しゅうを施した裾の長い衣装。
 神父様が手を、さっと上げると、信者の皆さんは全員起立。それをまねして信者でないくうみんたちも立ち上がる。
 神父様は聖書の一部を読み上げ、キリストの言葉を伝え、説教をするのであった。

 そして納骨。
 墓石の前あたりにある石の蓋が開けられて、骨壺がいくつか見える。

 おじさんはどれだろう?確か名前を書いておいたはず。

 体を中に入れるようにして、おじさんの骨壺を探したが、わからない。石屋さんが、
「左側に、名前の書いてある骨壺がありますよ」
 と言った。それがおじさんの骨壺だ。だとしたら、あれか…

 絶対隣に置いてもらうように、おじさんと分かるように、名前を書いておいた。
 墓碑の、おじさんの名前の隣は、くうみんのために空けてある。そして骨壺も隣に置けるようにしてある。

 おじさんが墓で待っている。

 叔父さんの分骨用の小さな骨壺が納められると、お墓の蓋も閉じられた。

 次はお楽しみのお食事会。駅前のホテルの一室で執り行われた。
 若くても神父様が一番の上座に。そして3兄弟が取り囲むように座り、くうみんは末席に陣取った。和やかに歓談するのだが、結構爆弾発言もあった。
「おめ~、お母さんの財布から金盗って、おやじから殴られたんだぞ~」
「えっ、覚えてない」

 そして一番の爆弾発言は、神父様からのものだった。
「僕が中学か高校のころ、k君(次男坊のこと)の家に泊まったことがあったんです。夜中にトイレに起きたら、お風呂から何か物音がするんです。なんだろうと思ったら、kのおじさんとおばさんが一緒にお風呂に入っていたんです」
3兄弟「え~~~!!初めて聞いた!!」

 おじさんの身内は皆、夫婦仲がいい。

 うちもそうだったんだけど。

 今日来てくださった神父様は、つい最近、神父の資格が与えられたそうだ。神学校を出たからと言って、すぐに神父になれる訳ではないらしい。
 そしてコロナが一段落したタイミングの良さもあって、今回御願いしたそうだ。

 幼馴染であると言う、次男坊と戯れる神父様を見ると、この方もまた、普通の人のように思われた。

 そして妻帯できないことだって。

 3兄弟のうち、結婚しているのは末っ子の一人だけ。俗人も生涯独身であることが珍しくないのだし、「結婚しろ!」というプレッシャーもないし、これもまたありなのかも。







面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

くうみん その後

 久々のコンサートに酔い痴れ、くうみんはその後、気もそぞろ、うわの空の日々を送った。

 夕食後、酔っぱらって、浩次様のユーチューブを見て聴いて堪能した。ドラマ「後妻業」の主題歌、「冬の花」。

 大きなモニターを買ってよかった。モバイルパソコンの小さな画面じゃ、迫力も何もあったもんじゃない。
 何回も聴くうちに自分でも歌いたくなった。

 初めは小さな声で、しかし、サビのところになると、大きな地声で歌った。

「悲しくって泣いてる訳じゃない、生きているから涙が出るの~~~」
「泣かないで、私の恋心、お前にゃ涙は似合わない~~~」


 くうみんは、さえき様から、「貧乏人のシャンパン」と教えられたスパークリングワイン、「カヴァ」を片手に、熱唱したのだった。

 これを2、3日、続けるうち、周りが静かになったことに気づいた。

 くうみんの部屋の、左隣はピアノ演奏をよくする家。階上は3歳くらいの男の子がいる。一日中ドタバタして、時々お母さんが大声を張り上げて叱るのが聞こえた。
 ちなみに右隣は柔軟剤の悪臭を発する家、下はお年寄りの一人暮らし。

 騒音に関しては、とりあえず管理会社に相談したのだが、効果はいまいちだった。
 それなのにいきなりこんなに静かになったのは…しらふになって考えた。

 くうみんの歌が聞こえたんじゃないか?

 あの大きな地声、絶対に両隣及び階上階下に響いたに違いない。

「なんだ!この歌声!」
「あのオバさん!」

 オバさんの声がこんなに聞こえるということは、こっちの声や物音も聞こえるってことだ。気を付けないと。

 騒音を発していても、もとは善良なる市民の住民は、そのように思ったのかも知れない。だとしたら、よかった。しばらく静かでいられるのではないか。

 もしまた騒音がひどくなったら、また歌ってみるか。

 

 

 



面白い、応援、印象的…感じるところがあればクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR