春爛漫のこの時期に…

 3月は春の息吹が感じられ、4月は桜が春を告げる。5月は春爛漫の花の時期だ。
 こんな春の季節、おじさん母が入院した。第一希望の病院は満室で入院できず、救急車で運ばれた第二希望の病院。

 でもこの病院は、くうみんの買い物コースの途中にある。買い物の行きに気軽に立ち寄れる。帰りだと肉や魚、においの強い野菜が気になるだろう。ここは病院なんだから、そんなことも考えないと。

 お義母さんは目を開けて、回りを見渡しているように見えた。おとなしくしているので身体拘束もされていない。

 熱がなかなか下がらないということだったけど、何日か入院しているうちに、点滴で元気になったようだ。これで退院できるんじゃないかと思った。
「早くホームに帰れるといいね」
 お姉さん達と、そう話し合っていたけれど…でも実際は退院できなかった。

 その日は、前に来た時よりも弱っているのが分かった。
「痛いとか、苦しいとかじゃなければいいよね」
 くうみんはそう言って、しばらく枕元にただずんで帰った。

 買い物コースにある家に、ハンカチの木がある。

 ハンカチの木
 ハンカチの木

ハンカチの木遠景
 遠くから見ると、ハンカチがぶら下がっているように見える、ハンカチの木

 以前、おじさんにハンカチの木のことを言ったら、
「えっ!トンカツの木?」
「バカ!!トンカツのことばかり考えて!」
 おじさん、トンカツが好きだったね。

藤の花
 藤の花がきれい

ベルフラワー
 うちにあるベルフラワー。宿根草なので毎年花を咲かせてくれる

バラのつぼみ
 バラのつぼみがたくさんつきました。早く花開いて楽しませておくれ

 春爛漫のこの季節。

「痛いとか、苦しいとかじゃなければいいよね」

 そう言ってそばを離れたんだけど…



 


   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

はい、それまでよ~

 高校時代の友達から、ドライブに誘われた。
「私と○子の3人で会おうよ」
 この人達とは付き合わなくなって久しい。かなり変わった人達だから、ずっと距離を置いていた。でも、天気もいいし、たまには会って話でもしようか?

 千葉県の茨城県に近い田舎町。○子の運転でドライブした。
「そうそう、ガソリン代、千円づつ出してくれるかしら?」
 そうか、ガソリン代ね。うん、わかった。

 お昼ご飯は近くのステーキハウスに。
「くうみん、ご主人亡くなって、大変だったね」

 なんだこの二人、知っていたのか。おじさんが亡くなってすぐにメールで知らせたはずなのに、その時はウンでもスンでもなかった。だからこの二人には連絡しなかったのか?と思ったほどだ。

「亡くなってすぐのときはそっとしておいた方がいいと思ったのよ」 

「どうして亡くなったの?」
 今さらそんなことを聞くな!死因はあまり聞くものではないというが、亡くなってすぐのときに聞くならまだいいし、変な詮索されるくらいなら、聞いて欲しい。

「悲しい?」
「生活は大丈夫?」

 くうみんはたまらず言った。
「もうそんなこと、聞かないでくれる?」
「いやかしら?」

 いまさらそんなことを言われても、悲しい気持ちがよみがえるだけ。
「悲しみを私たちにぶつけてくれたらいいと思って」

 悲しみをぶつける?甘えてくれてもいいのよってか?あんたらに甘える気はない。それに悲しみをぶつける、そんな時期はもう過ぎた。

 葬儀のマナーと言う。大切な人を亡くした人への礼儀と言う。これはいわゆる虚礼だろうか?

 喪主がそれを辞退しているとき以外は、人が亡くなったときは取るものもとりあえず駆けつける(通夜や葬式ね!)、または「大変驚いています」と、手紙や今だったらメールで知らせるのがマナー。ただし、電話は厳禁。

 時の経過とともに、徐々に喪の色を薄くしていく。

 不幸のあったときはこうするものだという昔からのしきたり、作法は悲しむ人の心をケアする上での最大公約数のように思う。昔からのしきたりと言うのは、先人の知恵の凝縮であると言っていい。

 だから冠婚葬祭は、気の利いたことをしようとか、言おうとかせずに、とりあえずしきたり通りにするのが一番だ。しきたりも世につれ変わっていくことはあるが、あなた方にしきたりを変えるほどの能力があるとは私には思えない。

 やっぱりあなた方とは付き合えない。

 ってことで、はい、それまでよ~。 

 
 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

帰るだけだからトラブルはないはず?蜂蜜事件に空き瓶事件 そしてやっぱり怪しい西太后陛下

 7時のフライトなので、朝は3時に起きた。まだ真っ暗だ。

 3時半、ロビーに降りるとさすがジジババの集団だけあって、もうみんなが顔をそろえている。バスで空港まで行って、ガイドさんに別れを告げた。お世話になりました。

 キューバではセキュリティーにも引っかからず、無事通過したものの、トロントでトラブルが。キューバ空港のデューティーフリーで買った蜂蜜が液体物であるとして没収されてしまった。ウィスキーを入れるような上がパチンと閉まるデューティーフリーの袋に入っていれば問題なかったらしいが、キューバの店員がレジ袋をに入れたんだもの。

 没収した女性係員の意地悪な顔ったら…本当の意地悪になっちゃうよ!

 空港では西太后陛下がそばが食べたいというので注文したが、思っている物とは違うものが出てきた。汁そばが良かったのだが、焼きそばだ。まあいいか。まあまあイケた。

 トロント空港でヌードル
 きしめんのようにビロビロした焼きそば

 飛行機に乗り込むと、すぐに夕食が出てきた。今は朝のはずでは?

機内食ディナー
 朝なのに機内食は「私は夕食だ!」と言い張っていた。そうか、朝じゃなければワインを飲んでもお咎めなしだ。あなたは夕食です!夕食!

メニュー
 メニューはこんな感じ

 なんたらヒッコリーソースとかよくわからないものが書いてある。西太后陛下には和食がいいと思っていたが、くうみんと同じチキンをチョイス。気に入ったそうで何より。

 しかし、ワインの空き瓶やドレッシングの空き瓶を持って帰ると陛下がおっしゃる。
「こんなもの、どうするのよ!」
「何かに使う」

 何かに使うということは何にも使えないということだ。しかし、ここはおとなしく指示に従った。

 トロントからは13時間ほどのフライト。長かった。

 いい加減お尻が痛くなったところで… 
もうすぐ到着
 もうすぐだ!

陸が見えて来た
 おお、懐かしい日本よ

地形がはっきり見える
 地図みたいだ

着陸
 到着~!!

 飛行機は時間通りに到着、8日間行動を共にした皆さんに別れを告げる。キューバ旅行なんかに行く人は秘境が好きななようで、南米やオーロラツアーなどに行くようだ。だから、他のツアーでも同じメンバーと一緒なんてこともあるらしい。

 さて、くうみんはどうかな?南米の秘境もいいけど、やっぱり快適な国内とか、食事のおいしい台湾に行きたいな。そういう所なら一人でも行ける。

 陛下はしっかりしているようでも、かなり来ていると感じた。
 だって、東京オリンピックのときにキューバに行ったって言っているんだもの。みんな驚いていたけど、
「何かの記憶違いですよ。確か行ったのは20年位前」
 と、くうみんはみんなに触れ回った。しかし、
「やっと来たわ~、東京オリンピックの時以来だわ!」
 などと感極まって涙を流すなど、本人の中では本当のことだと信じているようだ。

 陛下、今あなたがいくらお金持ちでも、1964年の東京オリンピックのときはまだ日本は貧しかったのですよ。まさかキューバに出稼ぎに行った訳ではあるまい。

 


 PS.
 ワインのボトルとドレッシングの空き瓶は、家に帰ってきれいに洗った。ドレッシングの空き瓶を洗うのは油がなかなか取れなくて難儀した。持って帰るようにと渡したら、
「やっぱり要らない」
 と。

 いいんですよ、親孝行のためですから。(バッカヤロ)



 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 飛行機/フライト/機内食
ジャンル : 旅行

ハバナへ 豪邸めぐり、そしていつまでも元気でいられるキモ

 今日はハバナに戻る。もう旅行も終盤戦。
ハバナを目指しつつ、ヘミングウェイゆかりの漁村コヒマルへ。あの、「老人と海」のモデルがいたところだそうだ。

 ヘミングウエイゆかりのコヒマル観光…の前に昼食。
ヘミングウエイの通ったラ・テラサ
 ヘミングウェイの定席はここ。入り口付近が好きだったらしく、この店も入り口付近

フローズンダイキリ
 キューバ名物フローズンダイキリ。このツアーで何回か飲んだが、これも料金の中に含まれている。飲めない人はアルコールなしのものが頼める

トマトスープ
 出た!!定番トマトスープ

キューバ風パエリア
 キューバ風パエリアって、むしろトマト味のリゾット

デザート
 デザートは甘すぎると不評だった。私は全部食べた

 客はいい年したオジオバばかりなので、味にうるさく、口に合わなければ文句を言わずに残すのみ。しかし、若い添乗員は、何でもおいしく思うらしく、よく食べる。何でも今まではアフリカ担当だったそうだ。アフリカの料理ってクスクスくらいしか知らないけど、どうなのかな?
 彼のモリモリ食べている後ろ姿に、若さを感じた。

 くうみんだって、30代までなら山小屋でドンブリ飯を5杯食べたものだ。

 ふっ、もう若くない。

IMG_1616.jpg
 食後にコーヒーが出るが、外国人が飲むコーヒーは100%コーヒー豆。だけどキューバ人が配給で買うのは、混ぜ物として黒豆が入っているそうだ。配給のお米にも、黒豆が混じっているという。

 でも、日本じゃ米より黒豆の方が高いよなあ。このことをガイドさんに言った。今度日本に行ったら、ぜひ黒豆の値段を見てください。ガイドさんはうん、見てみます、と。

ラテラサ近くの海辺
 ラテラサ近くの海岸で。近くで音楽を奏でてお金を稼ごうとする二人組が。日本人はこういうのにお金を出さないんだよね。

 キューバと言えばヘミングウェイ。これまでもたびたび登場したが、ここはヘミングウェイの家。お金持ちなんだなあ。

ヘミングウエイの家
 広くて豪華な屋敷

ヘミングウエイの家別館
 近くに立っている別館

家内部

寝室

内部2

プール

庭にヨットも

 
次はキューバの英雄チェゲバラの家

チェゲバラ記念館
 こちらもヘミングウェイ邸ほどではないが、かなり豪華

チェゲバラの写真

チェゲバラ寝室

チェゲバラの絵

チェスが好きだったそうだ
 チェスが好きだったチェゲバラ

 次はキューバの家庭訪問。一般人の家だと思ったら、こちらに住む日本人の家で、家主は留守。お手伝いさんやその人の経営する旅行代理店の従業員が接待してくれた。

 今日は3軒もの豪邸を巡る旅だった。いいなあ、広くて豪華な家。

個人の家

 4月誕生日の人は来るように言われ、西太后陛下ともう一人のオバが名乗り出た。

4月誕生日の人は来てください

 ケーキを振るまってくれた。コーヒーがおいしかった。
 西太后陛下に 
「何でそんなに元気でいられるんですか?」
 という質問が。くうみんが答える。
「まず、歯が丈夫なことです。母は今年で88になるのですが、歯はすべて自前です」
「ほう、それはすごい」
 一同驚愕の声をあげる。
「そして次に、性格が悪いことです。性格が悪いと誰も助けてくれません。だから自分がしっかりするしかないのです」
「ワッハッハ!これは手厳しい!」
 
 本当のことだよな、西太后陛下?

デカいケーキだ
 この女性はお手伝いさんなんだけど、元砲丸投げの選手で、オリンピック候補だったそうだ。力持ちだそうだ。

 人の家を無遠慮にあっちこっち歩き回る。

人の家の台所

冷凍庫
 冷凍庫の食材まで見て回る
いいおうちですね
 天井の高い家は贅沢な家

優雅な扇風機
 天井が高いと扇風機で十分涼しくなる

 ここの人の話によると、キューバはモノ不足だそうだ。特に何がと言うより、全般的に物がないという。
 しかし、医療費と教育費はすべて無料なので、基本、食べて行けない人はいないとのこと。

 物不足だと言っても、そんなに困った風でもない。キューバの社会主義はかなり成功しているのではないかと思う。治安もいいし、人々はのんびりしている。
 これからアメリカと仲良くなったら、良くも悪くも変わっていくのだろうが、10年くらい経ったらまた来て、どうなっているか見てみたい。

 

 今宵のディナーは「ポデギータ・デル・メディオ」というレストランで音楽を聴きながら食事をいただくという。
 この店の前は大勢の人が並んで行列を作っていた。しかし、観光客は例によって特別な入口から入ることができる。

 でもこれってツアーだからかな。個人で旅行に来たら、どうなるんだろう。

今宵のディナーは
 並んでいる人たちをしり目に、余裕で奥に入るツアー客

落書きがいっぱい
 なぜか天井にまで落書きが

取り分けて食べるの?めんどくせ~
 またまた同じメニュー。コンビーフ風牛肉煮込みと、ゆで豚。しかも自分らで取り分けろだと?サツマイモのフライは初めての味ではある。

デザートのアイス
 
IMG_1677.jpg

 明日の朝は早いよ。3時起きだって。日本に帰る日。 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

バラデロの休日

 最初に言っておく!!せっかく書いた記事が保存できずに消えてしまった。こんなの楽天ではよくあったが、fc2では初めてだ。fc2のバカ~~~~!!


 さて、バラデロでは2泊した。一日は観光の何もない日なので、のんびりすることにした。掃除のときだけ外に出て、近くの海岸に行ったり、花を愛でたりした。

 バラデロの美しい空
バラデロの空
 左下に目障りなバアさんがいると思ったら西太后陛下だった

オジギソウに似た花
 オジギソウに似た花

黄色い花
 海外には知らない花がたくさん

青紫の花

ヤシの木
 南の国には定番 ヤシの木

 今日の夕食は着席式のレストランだ。どんな料理が出るのか、楽しみ~。

 プールそばの雰囲気のいいレストランが今日のディナー会場だ。さてお味は?

 バラデロ前菜

 前菜はインディカ米を型に入れて固めたもの。ぱさぱさでまずいぞ~。ほとんどの人は残していた。
 この時、ひとしきり「平成の米騒動」の話題になった。
「お米がなくなって、タイ米を緊急輸入したんですよね」
「あの時は参ったなあ」

 ちなみに若い添乗員は米騒動を知らなかった。

バラデロトマトスープ
 すっぱ過ぎるトマトスープ

 トマトスープは名物なのかこれまでも出て来たし、この後もよく食卓に登場することになる。でも、すっぱいもの好きのくうみんにも、すっぱ過ぎる。残す人多数。

 メインはチキン、ビーフ、ポーク、サーモンの中からチョイス。

バラデロメインのビーフ くうみんチョイス
 くうみんの選んだビーフ

サーモン 母チョイス
 西太后陛下の選んだサーモン

デザート
 何種類かの中から選んだストロベリーチーズケーキ

 メニューはどこのレストランでも同じようなものばかりが出る。名物を出そうとするとこうなってしまうのか?

 ツアーの人との食事だと、自然と隣の人と話をすることになる。どんなところに行ったのか聞いてみると、皆さん秘境のようなところがお好きなようだ。

「このばあさんは、チェンマイで迷子になったことがあるんですよ。誰もいなくて涙が出て来たって。こんなバアさん、売り飛ばすに売り飛ばせないから安心しろ!って言ったんです」
「ワッハッハ!」

「母は、去年パスポートを取ったんですけど、10年にしようか5年にしようか迷っていたら、旅行代理店の人が5年でいいでしょ、って言ったそうです」
「ワッハッハ、なんと失礼な!!」

 ツアーには夫婦で来ている人が多い。みんな仲がよさそうだ。若干かかあ天下の所が多いように感じた。
「お父さん、しっかりしてよ!」
「ハッハッハ、そんなこと言ったって仕方ないじゃないか」
 お母さんに突っ込まれても、お父さんは余裕で返すのだった。

 くうみんもおじさんが生きていれば、こんな風になっていたんだろうな。

 今回は結婚指輪をして行ったので、ご主人は仕事で来られなかったんだろうと思われたことだろう。でも、その方が気楽だ。やはり、触れて欲しくない。

 旅行も残り少なくなってきた。

 しかし、珍道中はこの後も続くのであった。



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR