久々にまじめな話 健康保険の移送費支給

 先日お義母さんは、ストレッチャーに乗せられ、介護タクシーで病院に向かった。市の福祉として、車いすではなくストレッチャーに乗って行った場合、移送費として補助金が出るという。そのためにはお医者さんが、「介護タクシーを使うのはやむを得ないことだったのである」という指示書とともに書類を提出しなければいけないと言われた。

「ふ~ん。市の方から出るのか…」
 くうみんはつぶやいた。

 というのも、健康保険にも移送費という項目がある。医師がやむを得ないと判断した時に限り、タクシー代他の交通費が支給される、ということになっている。
 しかし、他の支給に比べて認められるケースが極端に少ない。

 例えば、旅先で急に具合が悪くなって保険証を持っていなかったので、自費で診療を受けたとか、ガンの後遺症であるむくみに対処するためのスリーブ代などは、ほとんど認められるのに対し、移送費は、某市の健康保険給付係で非常勤職員をしていたくうみんの知る限りでは、昔の記録に残っていたたった一件しかない。

 これは、凶暴性のある精神疾患患者を関西方面から関東へ、病院職員の付き添いの下、新幹線で移送してきたという、一件だった。

 何でこんなに移送費に限って認められることが少ないのだろう?日本には無料で救急車が使える制度があるからかな?

 でも、最近救急車を気軽に呼ぶバカが増えて困っているらしいじゃないか。

 そこでくうみん思うに、救急車はとりあえず有料にして、あとで移送費の申請をすることにすればどうだろう?それで健康保険の審査で、「これは仕方ない」と思うものだけ補助金を出して、「二日酔いが苦しくて呼んだ」などのようなおバカは、補助金なしとすればいいのではないか?

 それでは貧乏な人が、救急車を呼ぶのをためらってしまうではないか?そういうこともあるかなあ。う~ん。難しい。

 しかし、今回お医者さんの指示書を頼んだ病院は事務方と医療現場との連携が全くできていないらしい。
「お医者さんの指示書をいただきたいのですが」
 と事務所にいうと、
「それは先生の方に直接言ってください」
 と事務所のお姉さんは言う。なので、看護師に指示書のことを言うと、
「それは事務所に言ってください」
 と言う。
「でも、事務所では先生に直接頼むように言うんですよ」
 というと、いろいろ調べてくれたけれど、やっぱり事務所に言ってくれと。

「看護師さんに言ったら、やっぱり事務所で受付するそうですよ」
 そういうと、年配の男性職員が受け付けてくれた。 

 事務所に書類を提出して、2、3日経った頃、
「できましたか?」
 と電話で尋ねると、
「そんなの受けた形跡がないです」

 そんなはずはないと、受け付けた事務員の人相風体を詳しく言ったら、ピンと来たらしく、確認したようだ。
「今週中にはお渡しします」

 本当かよ?しっかりしてくれ!!






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村





テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

どうでもいい報告 今日の新聞に清明 

 朝、新聞を手にすると、今日の日付の下に、「清明」と書いてあった。何だ、これ?何かの間違いかしらと思ったけど、さっそく検索して調べてみた。

 すると、清明って言うのは春分とか、秋分とか、夏至や冬至のような季節を表す言葉らしい。
 
 現在広まっている定気法では太陽黄経が15度のときで4月5日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から7/24年(約106.53日)後で4月7日ごろ。(wikipediaによる)

 な~んだ、そうだったのか。それじゃ、今まで春分のときや季節の変わり目にこんな言葉が載っていたのね。気づかなかった。

 皆さん、知っていました?





 
面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

アサヒさんの絶対もらえるキャンペーン

 またまたアサヒさんが絶対もらえるキャンペーンを始めた。前々からいつも買っている第3のビールに怪しいシールが貼ってあったので何かあると思っていたが、そのうちキャンペーンを始めた。

 あ~!!あのシール、取っておけばよかったと思ったが後の祭りだ。しかし、酒豪くうみんならまだいくらでも挽回できると言うもの。

 今度のキャンペーンは二度おいしいもので、まずシールの裏にあるシリアルナンバーをキャンペーン画面に入力して気に入った商品を選んで応募する。これは抽選。
 そしてシールを台紙に貼り付けてキャンペーン事務局に送る。これは絶対もらえる。

 72枚で鶏の炭火焼か、キンメダイ+アジの干物か、新潟産コシヒカリがもらえる。

 しかしまた、150枚で貰えるものにクリーミーコールドサーバーが登場した。

 なんであんな、役に立たないものを賞品にするのか?だってあれ、掃除が大変なんだよ。使うたびに分解して掃除しなけりゃいけないから、面倒くさい。もっとかんたんなもの、例えば缶に注ぎ口のようなものを着けるとかで十分対応できるのではないか?なんだか、メダカ一匹飼うのに熱帯魚用の立派な水槽を使うような気がしてならない。

 これって、後片付けを考えない、甘やかされた若い人の発想?この間はだまされたけど、もうだまされないぞ!!

 という訳でくうみんはせっせと缶からシールをはがし、画面にシリアルナンバーを入力した後、台紙にシールを張り付ける作業を行っている。

 しかし、シリアルナンバーって不思議だな。あてずっぽうの数字は絶対にはじかれてしまう。適当な数字を入力してもイケるんじゃないかと思うけど、そうは行かない。

 台紙ははがきになっていて、これに52円切手を貼って送るのだが、くうみんは何枚かの台紙をまとめて封筒に入れて送るのだ。必要事項はそれぞれ書かなくちゃいけないけど、切手代が節約できるのだよ。
 
 さて、どれくらい貰えるかな? 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

テーマ : 懸賞・プレゼント
ジャンル : ライフ

てるみくらぶが破産だ~!!ところで倒産と破産ってどう違うんだろ?

 てるみくらぶがなんか変だ?そういう報道を知ったのはヤフーサイトの記事だった。新聞にはまだ出ていない情報だ。
 そのうち破産したようだと、テレビでもやっていた。何ですか、まだ出発していない旅行ならまだいいけど、旅行先でホテルを追い出されたとか、帰りの航空券がないとか、そんなのどうしてくれるのよ!

 慣れない人、例えばくうみん母のような人間がそこのツアーに参加して、ホテルを追い出されたら、どうにもならない。

 着の身着のままでスーツケース一つをぶら下げて呆然とする老婆…できる英語はサンキューとハローだけ。どうしていいかわからない。とりあえず腹ごしらえだけでもとレストランに入るが、注文の仕方がわからず、邪魔にされるだけ。空きっ腹を抱えてよろよろとレストランを後にする。一人旅なんかするんじゃなかったと、後悔の涙、涙…

 そこに怪しい男が出現。
「おばあさん、お腹が空いているのかい?こっちへおいで。食べさせてあげる」
 老婆くうみん母は出されたハンバーガーをむさぼり食べると、一軒のうらぶれた店に連れていかれた。売春宿らしい。
「おばあさん、あんたはここで客引きをすればいいんだよ、楽な仕事だろう?」
 老婆くうみん母は、それくらいなら、と客引きをすることになった…
「お客さ~ん、いい子いますよ~。私じゃないの」
 
 このばあさんは今後どうなってしまうのでしょう?

 怖いな!こんなことになったら老婆でなくても唖然ぼう然。

 てるみくらぶってよく新聞に広告を出していて、安いな~と思って見ていたし、申し込もうかなとちらと考えたことは何回かあった。今までくうみんがこの旅行会社に申し込まなかったのは単なる偶然と言える。
 やはり安過ぎるのってどこかに無理があるんだな。従業員が無理しているか、到底できないような値段設定であるとか。

 でも、どこがいいかなんてわからない。聞いたことのないような小さな会社なら気を付けようと思うけど、毎日のようにあんな新聞一面に広告ぶっている会社が、潰れそうだなんて思うだろうか?

 「高いよ!!」ってあんまり無茶を言わないようにしよう。

 ちなみに倒産と破産の違い、調べました。
 倒産とは会社が債務を支払えない状態にあることで、それには二つの手続き、「再建型」と「清算型」があるそうです。

 「再建型」は債務を免除してもらったり、待ってもらったりしながら会社を立て直そうとしていくことで、「清算型」は会社の財産を処分して債権者に配分するのだそうで、もう会社としての仕事はしないんだそうだ。

 てるみくらぶはもう、会社としての業務はしないで、財産を処分して債務者に配分することになったのだ。だから破産。

 なんと博識なんだろう、くうみんは!さすがブラック内職をしていただけのことはある。







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

ブラック内職 やっちまったぜ!

 毎日のようにブラック内職でいいのがないか探すようになった。
 千字書いて200円だと?こんなのやってられるかよ。かと言って単価の高いのは難しそうだし…あ、これいいかも!

 それはあるジャンルの本の書評を書く人募集だった。単価も悪くない。これ、応募してみよう。応募法はよく見たつもりだった。
「自分をアピール、アピール…これでよし」
 しかしくうみんは自分のことをアピールすることばかりに気を取られて、大変な過ちを犯してしまったのであった。

 ブラック内職のサイトは、このように各社、各個人から仕事が提示されていて、仕事をしたい人はその中からこれはと思うのに、応募する。もちろん、一つの仕事に数人から何十人もの応募者がいるので、選ばれる確率は少ない。当選した人にだけ連絡が行き、落選した人には連絡は来ない…はずだった。

 ある日、メッセージが入っていたので見てみると、例のあるジャンルの本の書評を書く人募集の会社の担当者からだった。

 題名 お断りします。
 本文
「あなたは全く私どもの応募条件を読んでいませんね。そういう方の応募はお断りです」
 くうみんは自分の応募した時のあいさつ文を見た。
「初めまして、くうみんです。3月11日から十四日までは留守にしますので連絡できません。よろしくお願いします」

 それに引き換え、クライアントの応募方法の所には「名前、一日の作業時間、長く継続できるか…」などを書くようにと指示されていた。
 これがわかっていなかった訳ではない。しかし、すっかり舞い上がってしまって、忘れていたのだ。

 懸賞に応募しようとして、自分の住所と名前を書き忘れたようなものだ。
 さっそく自分の挨拶文に、それらを書き込み、
「もう一度見ていただけませんか?」
 とメッセージを送った。

 しかし、これで当選するとは全く思わなかったので、何日かそのままにしておいた。自分としては泣きたいくらいショックだった。

 普通、こんなバカな応募者がいたら、
「なんだこいつ、肝心なことを何も書いてないじゃないか、バカだな!不採用!」
 で終わると思う。でもこの担当者、
「留守にしますので♡」
 など書いたのがよほど腹が立ったんだろう、言い返さずにはおけなかったのだろう。

 ある日、くうみんは
「そうだ、とりあえずお詫びしよう」
 と思い立ち、その人のメッセージ欄を開いた。先日くうみんが「もう一度見ていただけませんか?」と言ったことへの返信があった。たった一言、
「お断りします」

 わかっている、悪かったよ、本当。仕事だっていうことがまだピンと来なかった。在宅での仕事って、初めてのことだから、遊びの延長みたいな感覚はあった。
 もちろん、今まで書いた記事は胃が痛くなるくらい真剣に書いた。でも、応募するときの感覚と言うのがまだわかっていなかった。

「あれ以来、反省の日々を過ごしています。お詫びをしていませんでした。申し訳ありません」
 と、メッセージを書いた。
 
 そう言えば、昔あったな。大学のOB会の幹事、いつも通り在校生がやると思って、
「お~!!わしじゃぁ!!」
 みたいな口の利き方をしたら、大先輩だった…その大先輩の逆鱗に触れたのは言うまでもない。

 もうこの会社は永遠にくうみんを使ってくれないだろう。仕方ない。これが縁がなかったということか。今贔屓にしてくれているクライアントさん2名、大切にしよう。

 今、胃の痛い思いをして記事を書いています。クライアントさん、仕事をありがとう。いい記事書きます。待っててね♡





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


テーマ : アルバイト
ジャンル : 就職・お仕事

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR