FC2ブログ

危険な猿フン地帯と台湾の大浴場 入り方指南

 ホテルに着いてホッとしたくうみんは、近所を歩いてみることにした。今日は何もできないけど、明日は森林公園に行こう。
 入場料を取られるが、ちょっとした登山気分の味わえる公園がある。12月に行った屋久島の白谷雲水峡によく似ている。

 コンビニを過ぎ、お店が少なくなった歩道を歩いていると、フンが所々あるのに気づいた。踏まないように気を付ける。進んでいくにしたがってフンが増えていく。フンの臭いだけでなく、何かケモノの臭いがする。くうみんの目の端にうごめくものが見えた。
 視界を横切ったのは猿だ。
 これは猿フンであったか。日本のサルはこんな所にフンをしない。やはり日本の猿は奥ゆかしいぞ。

 そろそろ戻ろう。くうみんは危険な猿フン地帯を注意しながら歩いた。明日は気を付けねば。

 コンビニでビールを仕入れてから、くうみんは風呂に向かった。いつものように歯ブラシと石鹸を持って行った。受付でタオルを借りて、素っ裸になって浴場に向かった。他の人たちはバスタオルを体に巻きつけて浴場に向かっていたが、まあいいでしょ。

 台湾では風呂に入るとき、シャワーキャップをかぶらなければならないと言うのは、何年か前に知った。こんなものかぶったことがないので、かぶらずに入ったら、従業員に注意された。郷に入りては郷に従え。

 男はどうなんだろうと、おじさんに聞いたら、男はシャワーキャップをかぶらないそうだ。くうみんが、丸禿げのときに入ったら、どうなっただろう?やっぱりかぶるのか?最近は女でもベリーショートと言って、スポーツ刈りに近い髪型があるが、そういう場合はどうなるのか?今度試してみようか?

 こほん。閑話休題。
 
 まず体を洗って、歯を磨いていると、嫌な顔をして見られているのに気づいた。みんなここでは体をさっと流す程度で、本格的に洗っているのはくうみんだけだ。みんな、部屋のお風呂で体を洗ってくるようだ。そう言えば、湯船の大きさに比べて、洗い場はわずか3つだけ。
 手鼻をかもうとしたが、やめた。絶対に顰蹙を買う。

 台湾の人にとって、大浴場と言うのは、体を洗う所ではなく、純粋に湯に浸かってリラックスするところだと、ようやく気付いた。
 だとしたら、日本人くうみんが温泉を楽しむなら、やっぱり日本が一番だな~。わざわざ部屋の風呂で洗ってから浸かりに来るなんて、面倒くさい。

 さてさて、勉強になった所で部屋に戻ってビールを飲む。ここの冷蔵庫は冷えがイマイチだ。外に出て食事処を探した。ここら辺で一番高級な「大頭目野食館」に行ったが、客の子供が大騒ぎをしているのでやめた。

「ギャ~~~ッ!!」
 奇声を発しながら店の中を走りまわる子供たちと、知らん顔して食事を楽しむ親。

 以前、子どもがうるさくて顔をしかめたら、その母親に
「あなた、子供が嫌いなのね」
 と言われたことがある。

 あぁ~あ、嫌いだよ、子供なんて。しかしな、うるさいのは好きとか嫌いとかは関係ない。くうみんは犬が好きだが、いくら好きでもワンワンギャンギャンうるさいのは嫌だ。

きっての高級店大頭目餐庁
 子供がうるさいのでやめた大頭目野食館。海鮮料理も出すらしく、店の前にはエビやカニのいる水槽が


 大頭目野食館の前にはたこ焼き屋がある。大頭目野食館の店の前に、「トイメンのタコ焼き持ち込みおやめください」の張り紙が。

タコ焼き屋
 流行っているようだ

 と言うことで前回行った、安めの食堂に。
 しかし、ここも観光地値段で、そんなに安くない。ゴーヤ卵炒めは180元(約630円)、サンマは80元(約280円)。ビールは60元もしたので、明日は持ち帰りにして部屋でビールとともに食べよう。
 
庶民の店だが
 庶民的な店の作りだが

結構高い
 結構高い
 
ゴーヤ炒め180元
 ゴーヤ卵炒めは180元
 
サンマ80元
 さんまは80元

くうみんは魚を食べるのが上手だ。見よ、何も残らない。

何も残らない

 台湾の魚は、ホテルの朝食でも、ここでも身がパサパサして脂っけがない。日本の魚はたとえ冷凍でも、身がふっくらして脂もそれなりに乗っている。冷凍技術の差だろうか?だからなのか、台湾では塩焼きよりも、油を引いたフライパンで焼くのがポピュラーらしい。
 少なくともここの魚はおいしくない。これからは肉だ。

 これからは肉…くうみんは次の日、何の肉を食べることになるのか?
 






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

台鉄車内にて

「どうもありがとうございました」
「いえ、また来てください」
 花蓮での楽しいひと時を終えたくうみんは、タクシーで花蓮駅に向かった。タクシー代は140元なり。花蓮の役はずいぶんきれいになった。
 まだ時間に余裕があったので、そこら辺をうろうろしていると、一人の男性が近づいてきた。
「改札はあっちだよ」
 そう言っているらしい。お礼を言って、とりあえず改札に向かうふりをした。花蓮では、道を歩いていると誰かしら声をかけて来て、道案内をしてくれた。迷っている訳ではないのだが、親切心からしてくれることなので、そのたびに教えてもらってお礼を言った。

立派になった花蓮駅
 立派になった花蓮駅

 そろそろいい時間だ。コンビニで冷たいビールを2本買うと、小さなクーラーボックスに入れた。
 列車の中でビールを飲むのを、見咎められないか気になったが、なぜか列車一両に客はくうみん一人だった。前の車両を見ると、やっぱりオヤジが一人。後ろの車両には、数人いたが、グループのようだ。なかなか切符の取れない新幹線レベルの普悠瑪号(プユマ号)や、タロコ号と違い、莒光号(きょこうごう)は、日本で言えば急行列車だからか、あまり人気がないらしい。切符が取れないときはこれは穴場的存在!

 と言う訳で、ビールと駅弁を満喫することができた。

がらすきの車内
 がらすきの車内
 
駅弁100元なり
 駅弁100元なり。肉も野菜もてんこ盛り

車内ので楽しみ
 誰もいないのでビールを満喫できた

 台東から知本までは別の列車に乗って行く。くうみんが座るべき席に、親子連れが座っている。台湾では、「無座」と言う切符があって、指定を取った人が来るまではそこにいていいと言うルールがある。
 他に席もたくさんあったので、お父さんに切符を見せて、
「そこは私の席ですが、座ってください。私はこっちに座りますので」
 と、身振り手振りで伝えた。
「いや~、どうも」
 と言うようにお父さんはにっこり笑って頭を下げた。
 黙っていればいいじゃん、と思うかも知れないが、指定の人が来るかも知れないと言うのは落ち着かないものだ。いいですよ、と言ってくれた方が気が楽になる。

 くうみんは台湾西側より、東側の方が好きだ。西側は早くから移民が来たので開けているが、東側は日本の植民地になってから開発されたので、都会は少ない。その、のんびりしたところが気に入っている。

車窓の眺め
 こんな感じです。あれ?撮影した時は気づかなかったけど、工事中かい? 

知本駅
 知本駅は相変わらずの古い駅舎

 でも、トイレがきれいになっていた。

知本駅トイレきれいだな

知本駅のトイレは清潔
 清潔なトイレ

 バスに乗って今宵の宿、「知本センチュリーホテル」に向かった。ここはこの地きっての高級ホテルだ。

センチュリーホテルの部屋
 川が見える部屋。枕もとにはおじさんの遺影を

バスルーム
 バスルームも立派

 この後くうみんはホテル近くを偵察し、ビールを購入するなど滞在に必要な物資及び情報を収集するのだった。このホテルは2回目だが、ホテル近くにはあまりにも危険な場所があることが分かった。そして今まで気づかなかった、ご当地ルール…




 このオバさんは、どうなってしまうのでしょう?

 
 

面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

花蓮の中の日本 花蓮のおいしい店達

 花蓮には日本の古い建物が点在している。台湾では築後何十年もたった日本家屋が大事に保存されていて、古き良き日本を感じることができる。

検察庁の長官宿舎
 検察庁長官の官舎

日本的な建物が建っている
 日本的な建物

 文化創意産業園区に立ち寄った。

酒の工場が展示場に
 以前酒工場だった建物を、音楽や絵画発表の場にしたそうだ

 本当は入れない所なのだが、何かの団体さんが特別に入らせてもらっていた。そこにこっそり混じって見学してきた。

他の人たちに混じってそっと入った
 ふ~む、こうなっていたのか

昔の日本家屋
 日本家屋

レトロです
 レトロな工場

酒樽です
 日本酒の酒樽

 ここは以前来た時はなかったように記憶している。入場無料で、ここにある土産物屋は、手ごろな価格でセンスがいいのがうれしい。天然素材にこだわった品物を置いている。
 くうみんとしては珍しく、浴用タオルと5本指靴下を購入。
 浴用タオルは、藍で染めたものとコーヒーで染めたもの。靴下は竹炭を使ったもので、「これは品物がいいんですよ」と、売り場のオバさんが力説していた。その勢いに負けた。

 さて、今日の夕食は何を食べようかな?
 花蓮での夕食はおじさんと来た時はいつもワンタンと、小籠包を食べたものだ。今日はそっち方面に行ってみるか。

 くうみんの夕食は風呂から始まる。シャワーを浴びてから、隣の便利商店で買ったビールをぐびぐび飲んでから、店に向かった。
 まず、ワンタンの店。ワンタンの店のおすすめは2軒ある。信義街にある「液香扁食」と、中正路にある「戴記扁食」。姉妹の店らしい。今日は、中正路にある戴記扁食に行くことにした。 

 ワンタンの店
 有名人が来る由緒正しきワンタンの店

おいしいワンタン
 かなりボリュームがあるので、二人で一つ頼む人もいる。台湾人は、この先まだまだ食べ歩きをするんだから

 以前来た時は、持ち込んだものを食べている人が少なくなかった。台湾ではこれもありなのかな~、と思っていたが、
「持ち込みご遠慮ください(中国語で)」
 と言う張り紙が。やっぱり店としてはやめて欲しかったのね。

 次は小籠包の店に。入ろうとした公正包子店は、待っている人がいたので、隣の周包子店に。ここもおいしい。

周さんの店

周さん値段表
台北の値段と比べると格安

肉まん
 肉まん一つ5元。ちょっと食べ過ぎかな?

サンラータン
 サンラータン。日本のより、すっぱさ控えめ
 
 台湾の人は、酒を飲まない人が多く、お店でも頼みにくい雰囲気だ。さすがのくうみんも今回はビールを頼めなかった。台湾はおいしいんだけど、店や移動の電車の中でビールを飲みにくい、それが欠点かな?

 明日は知本温泉に行く。温泉に入るのが今から楽しみだ。バスで駅まで行こうとしたけど、バスの本数が少なくて、連絡が悪いのでタクシーを頼んでおいた。準備万端!
 
 知本温泉はいい宿を取ったのだが、近くにあまり食べ物の店がない。それだけが心配なくうみんであった。
 
 さて、このオバさんの明日の夕食は、どうなってしまうのでしょう?







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

故宮博物院は定番のお宝貸し出し中 少しでも空いている時間は?

 今回台北では、故宮博物院を観光するくらいの時間しか取れなかった。いつもなら台北は2泊するのだが、ちょっと用事があって一泊にしたからだ。

 故宮博物院には、地下鉄で士林まで行き、そこからバスに乗るのだが、去年バス代に着いて大いに疑問に思うことがあった。
 士林のバス停でバスを待っていると、日本人の親子連れがいるのに気づいた。お母さんが60代前半、息子は30代と思われる、ちょっと変わった組み合わせだ。日本人同士、話をすることになったのだが、このお母さんが、「バス代は一人30元」と言うのだ。
「えっ、15元じゃないですか?」
 何年か前に来た時は15元だったし、地球の歩き方にも「15元」とある。
「いいえ、30元で間違いありません」

 ほんとかよ?30元入れたが、運転手も何も言わない。そうか、値上がりしたのかな? 

 しかし、今回やっぱり納得できなかったので、試しに15元入れることにした。運転手は何も言わない。周りの人も15元入れているようだ。
 やっぱり15元でいいんだ。30元入れて何も言わなかったのは、もっと遠くまで行くと思ったからだろう。

 皆さん、士林から故宮博物院までは15元ですよ! 

 さて、今回せっかく故宮博物院に行ったのに、定番のお宝がなかった。他に貸し出しているそうだ。なかったのはヒスイの白菜、肉の形をした石、鯉が龍に替わる瞬間を形作った玉など。
 人気者がいないので、精彩に欠ける。

定番のお宝がない
 遠い所までわざわざ行けるか!!

 しかし、中国人観光客が多くなったからか、朝からすごい混雑でくうみんのようなチビは、なかなかお宝を見ることができない。
 そこで少しでも空いている時間は?と言うと、12時から13時までの間だ。

 団体旅行の人が多いので、お昼は一斉に食事に出かけてしまう。旅行会社も食事の時間、特に昼食はあまりずらすことはできない。だからお昼ごはんの時間は比較的空いている。穴場時間だ。


それではお宝紹介

 作り方がやっとわかったけど…象牙細工
 これも定番の象牙細工。一本の象牙を入れ子のように削って作ったらしい。作り方まではわかったが、その技術は現代ではまねできない細精密なものらしい。これは定番お宝

タダのラーメンどんぶり
 単なるラーメンどんぶりにしか見えないがこれはお宝
 
樽の模様は昔作るのは大変だったが今はマヌケなだけ
 樽のまねをしたマヌケな陶器にしか見えないけど、これもお宝
  
デコメも真っ青
 夜店で売っていそうな子供向けのブローチ…ではない
 
恋文なんか貰ってさ
 な~に、あの女、恋文なんか貰って、悔しいったらありゃしない

龍の皿
 お茶目な顔の龍

魚の皿
 この魚もお茶目

重いよ~
 お茶目ならわしだって負けておらん。何回か来たが、初めて見たお茶目オジさん

おさかなさんだよ~
 わしはもっとお茶目~。こっちも初めて見た
 
 中国の絵画は、自分がその中の人物になってみてみると面白い、とおじさんが言っていた。
「例えばここでくつろいでいるのはおじさんだ」
 
おじさんだって
 おじさんだって

「ここで労働しているのがお前だ、あっはっは!」 
 
くうみんだって
くうみんだそうです。どうとでも言え

 タダのちゃわん
 どうってことない茶碗だけどなあ

普通に急須
 どこにもありそうな急須じゃないか?
 
鹿さん
 
なんだい?バカさん
 手塚治虫の火の鳥みたいですね

 龍にも位があって、指の数が3本の龍と5本の龍では5本の龍の方が偉いのだ。

青龍だ!
 こっちの龍はお茶目な顔だけど、5本爪

かっこいい龍
 こっちはかっこいいけど3本爪。人も龍も、見かけで判断してはいけない


 明日はいよいよ花蓮だ。





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

くうみんその後の試練

 さて、タイでくうみんを襲ったトラブルは、あの「白バイ事件」だけではなかった。台湾に無事着いて、いつも泊まる安宿に着いてやれやれと思った時のこと。
 着替えを点検していて、くうみんはとんでもないことに気が付いた。

 靴下をごっそり忘れてきた!!

 物入れが少なかったので、ほとんどの着替えは、トランクの中に入れておいたのだが、なぜか靴下だけは引き出しの中に入れていた。ほとんどが穴の開いた靴下で、順番に捨てて行こうと思ったからだ。
 しかし、中には買ったばかりの靴下もあった。くうみんは絹の5本指ソックスを愛用しているが、買ったばかりのこれも置いてきてしまった。
 
 あ~~~!!悔しい!1足か2足あっただろうか。おじさんの靴下も置いてきてしまった!これはおじさんが履いていたものをくうみんが履くようになったものだ。

 またバカバカしい、くうみんのやつ、それくらいで大騒ぎするとは…そう思うだろうか?しかし、考えてもみて欲しい!これから使えば1年は持ったと思われる5本指靴下と、おじさんの足の臭いをほうふつとさせる靴下、それを置いてきてしまったのだ。
 悔しくて悔しくて、地団駄踏んでしまうだろうが!!

 しかし、なくなったものは仕方ない。くうみんは台北に着くと、近くのユニクロで靴下を買った。台湾は食べる物は安いが、衣類などは日本とそう大して変わらない。3足組290元(1000円くらい)。

 それではこれまでの写真をご覧ください。


 バンコクのエラワン廟では、毎日祈りの踊りが奉げられる。普通は1分あるかないか。この男性はお布施の金額が多かったらしく、10分以上も踊りが続けられた。みんな真剣な顔でお祈りする。しかもギャラリーの方を見ながら真剣な顔をしなければならないのは、日本人には抵抗のある所。

真剣な祈り
 この真剣な表情を見よ。

 男性は腕に刺青をしている。海外では刺青はかなりポピュラーなようだ。日本では今は刺青、タトゥーのある人は、スーパー銭湯は断られるがそのうち変わって行くかも知れない。

 小さなハトが
 廟の屋根には小さなハトが止まっていた。しかしこのハト、どうやら飛べないように見える。はて?

 廟の入り口前に、ハトをたくさん籠に入れているお姉さんを発見。たぶんこのハトを放して、徳を積みましょうと言うことなのではないかと勝手に推測する。しかしこのハトたちも風切り羽を切られていて飛べないと思う。放したところでまた籠に戻されるだけじゃないのかな?

功徳を積むために放すらしいが
 このハトを放して徳を積みましょう

 以前、くうみんは某国のおばさんから、
「市場で魚を買って、それを海に放すと命を助けたことによって徳を積める。あなたは牛や豚を食べた罪でガンになったのだから、私と一緒に魚を放して、徳を積めばガンが治るね」
 と言われたことがある。その時は抗がん剤でつるっぱげだったので、病気のことは皆に知られていた。

 くうみんは考えた。
「牛や豚を食べた罪だと言うなら、魚じゃなくて牛や豚を助けて放さなくては意味がないのではないか?でも、そこら辺を牛や豚がうろうろするのって、危険なことだよな~」
 と言うことでその話には乗らなかった。
 
台湾の定宿、花華大飯店。ホテルはどこも高くて、いっそのことカプセルホテルにしようかと思うことも。

華華大飯店の部屋
 ここは安いから好きよ。一泊2千元(約7000円)、あれ~、そんなに安くないね~。でもこれがギリギリの所

 以前の朝食は、おかゆかサンドイッチ程度だったんだけど、今は結構品数の多いビュッフェになった。本館と分館、経営者が変わったのか?
 
朝食は「バッフェ」ですと



台北では故宮博物院を見学し、次は東側の都市、花蓮へ。
 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR