海の思い出

 海と山ならどっちが好きかと言えば、おじさんもくうみんも山派だった。
「山の温泉はいいよな。夏でも空気が冷たくて、緑がきれいで」
 おじさんは言っていた。
「でも、食べるものは海の方がいいな」

 おじさんとはよく一泊で温泉に行った。海なら伊豆の某温泉がお気に入りだった。小さなエリアに温泉宿が何軒かある。そこの一軒によく泊まった。
 JRとのセットで一人1万数千円で行けるお値打ちの宿だ。

 でも、名前を出してブログに書いたら無断でそれをホームページに引用していた。だから今回は名前を出してあげない。

 そこの波打ち際にある露天風呂は混浴だけど、男はフルチンで女は「湯浴み着」や、バスタオルを貸してくれる。その上、女子専用浴槽が奥の方にあるという女子にうれしい露天風呂だ。
 海のすぐそばにあるその露天風呂で、おじさんと並んで湯船につかった。

 お風呂の後はビールで一杯。ほどなくして食事の時間。海の幸がたくさん並んだテーブル。アツアツのてんぷらは食べ放題で、おじさんはエビをたくさん追加注文していた。

 楽しかったねえ。おじさん。おじさんとまた行きたいよ。

 楽しい日々もあったけど、心穏やかならぬ時もあった。くうみんの癌発覚。手術後の病理診断で、大きな取り残しがあると。
 乳房全摘の再手術を勧められたが、断った。

 おじさんも付き添ったその診察から帰ると、おじさんは大真面目な顔で言った。
「お前、墓どうする?」  
「どうするって…おじさんの家の墓に入るんじゃないの?」
 くうみんは、そう言ったんだけれど。

 おじさんはいろいろ考えたらしい。遠い所にある墓よりも、よく行く海辺の温泉の方がよかろうと。
「そうだ、お前、伊豆の海に散骨しろ。そうしたらあの露天岩風呂に行くたびにお前を思い出して、手を合わせてやる」  
 おじさんは言っていたね。

 そう、先に逝くのは私だとばかり思っていたから。

 おじさんが先に逝ってしまって呆然として、骨をどうしようなんて考えられなかったよ。おじさん家の墓はあるから、お約束のようにそこに入れてしまった。
 あとになってから気が付いた。海の方が良かったかな?そうも思ったんだけど。 

 でもね、おじさんとよく行っていたあの海辺の温泉に、おじさんがいなくなってからは一度も行っていないんだよ。

 たぶん私が先に逝ったとしても、おじさんも同じだと思うよ。





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ。

山の温泉も良いですよね~
ここらの近間だと三川温泉なんて有名ですよ。
私も泊まったことあります

新潟は海も山もあって、
恵まれた温泉地帯でもありますよ

くうみん様も久しぶりに海の温泉に行ってみたら
いかがでしょうかv-290

やっぱり無理だね…

二人でよく出掛けた場所は辛いね。
まだまだ懐かしむなんて出来ないね。

私は未だに納骨出来ず、手元に置いています。
良くないとも言われますが、踏ん切りがつかないな。

楽しい時も、病める時も、死が二人を分かつまで……
その通りになってしまったね。
ある意味、夫婦は同志だから 寂しい限りです。

Re: こんばんわ。

 がちょー様

> 山の温泉も良いですよね~
> ここらの近間だと三川温泉なんて有名ですよ。
> 私も泊まったことあります
>
 こっちからは遠いけど、行ってみたいな~。

> 新潟は海も山もあって、
> 恵まれた温泉地帯でもありますよ
>
 食べるものがおいしそうです。

> くうみん様も久しぶりに海の温泉に行ってみたら
> いかがでしょうかv-290

 行ってみようかな。たくさん飲んで食って、温泉三昧、いいな~。

Re: やっぱり無理だね…

 つかさん様

> 二人でよく出掛けた場所は辛いね。
> まだまだ懐かしむなんて出来ないね。
>
 私の場合はそれよりおじさんが亡くなった温泉地に行くのがまだできない。

> 私は未だに納骨出来ず、手元に置いています。
> 良くないとも言われますが、踏ん切りがつかないな。
>
 そうか…私は小さい骨を手元に残してある。遺髪も抜け目なく切っておいた。

> 楽しい時も、病める時も、死が二人を分かつまで……
> その通りになってしまったね。

 葬式の時、喪主挨拶で私が言ったセリフだよ。

> ある意味、夫婦は同志だから 寂しい限りです。

 同志でもある、かけがえのない存在。

No title

おじさんと並んで湯船の某温泉。
お墓。
くうみんさんの記憶に、はっきりと浮かんでいるのが、
痛いほど伝わってきました。

骨をどうしよう、考えておこうと思いました。

Re: No title

 きたあかり様

> おじさんと並んで湯船の某温泉。

 おじさんはフルチン、私は湯浴み着。

> お墓。

 おじさんの骨壺には名前が書いてある。嫌いじゃないけど義父や義母の隣では、嫌だ。

> くうみんさんの記憶に、はっきりと浮かんでいるのが、
> 痛いほど伝わってきました。
>
> 骨をどうしよう、考えておこうと思いました。

 先祖代々の墓に入るか、海に散骨、樹木葬…いろいろあるから、迷うね。

こんにちは

旦那様は海老天はどの様に?
俺は塩でいただきます
海老に限らず 天麩羅は塩で
お墓は近いと良いけど
なかなか そう旨くは行きませんね
何らかの理由で
住居が変わるかも知れないし
となると お互いにとって想い出深いとこ?
先々 住みたい地域?
難しいね
くうみんさんは
普段 晩御飯とか どうされてますか?
旦那様と会話されながら晩酌しながら?
俺は 傍から見たら異様かも知れないけど
両親・女房・歴代のリス達に 
無理矢理話しかけながらいただいてます
勿論 作ったものはお供えして
お袋が好きだった数の子
親父の好きだったお酒
女房の好きだった野沢菜
我が家の冷蔵庫には欠かさず
それが 続く限りは
俺も元気な証
生きてる証
多分俺も早死にするだろうから
残りの短いであろう人生
数の子と野沢菜で晩酌は止めないだろう

Re: こんにちは

 お~い中村君様

> 旦那様は海老天はどの様に?
> 俺は塩でいただきます
> 海老に限らず 天麩羅は塩で

 宿の人も塩でお召し上がりくださいと言ったが、おじさんは
「天つゆをくれ」
 と言って天つゆを出させた。私も天つゆ派です。

> お墓は近いと良いけど
> なかなか そう旨くは行きませんね
> 何らかの理由で
> 住居が変わるかも知れないし
> となると お互いにとって想い出深いとこ?
> 先々 住みたい地域?
> 難しいね

 そうですね。私の父の墓は今の住まいに近くですが、引っ越しも検討しているしねえ。でも、お墓に魂があるとは思えないので、お墓は管理さえできればいいとおもっています。

> くうみんさんは
> 普段 晩御飯とか どうされてますか?
> 旦那様と会話されながら晩酌しながら?
> 俺は 傍から見たら異様かも知れないけど
> 両親・女房・歴代のリス達に 
> 無理矢理話しかけながらいただいてます
> 勿論 作ったものはお供えして
> お袋が好きだった数の子
> 親父の好きだったお酒
> 女房の好きだった野沢菜
> 我が家の冷蔵庫には欠かさず
> それが 続く限りは
> 俺も元気な証
> 生きてる証

 おじさんの写真はテーブルの上にあります。でも、ビールを注いであげてはいないなあ。まずいかなあ。

> 多分俺も早死にするだろうから
> 残りの短いであろう人生
> 数の子と野沢菜で晩酌は止めないだろう

 私もビールはやめられない。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR