松の湯にて 楽しくてやがて…

 フィットネスクラブが休みの日は、いつも銭湯に行くことにしている。おじさんがいた時はスーパー銭湯に行っていたのだが、一人でそんなところに行くのは贅沢だと思ったのだ。
 それなら家の風呂に入ればいいようなものだが、掃除するのがめんどくさい。
 
 銭湯は自転車で15分くらいの所に少し距離を置いて2軒ある。そこらへんには4、5件の銭湯があったのだが、今のご時世廃業が相次ぎ、この2軒が残ったのだ。松の湯とよしの湯。

 くうみんのお気に入りは松の湯だ。日替わりで入浴剤を入れてくれる。普通の入浴剤のときもあれば、漢方薬のようなものを布袋に詰めてお湯の中に入れていたり、寒い日は唐辛子エキスを入れるときもある。

 暑くない時期は問題ないのだが、夏になって暑くなると問題が出てきた。風呂に入って出ると、あまりの暑さに汗が引かない!いつまでも暑い!暑いのに窓閉めっぱなしなのは、外から見えるからか?

 着替えは持ってきたのだが、汗だくになるのは目に見えているので、今まで来ていたものを着て、家に帰ってから新しいのに替えた。

 どうしよう?今度はよしの湯にしてみるか。

 という訳で次はよしの湯へ。よしの湯は住宅街にあって、敷地の周りには塀があるので、窓全開でかなり涼しい。冷房はないのだが、そう広くない脱衣所に扇風機が3台もある。

 しかし、松の湯に比べると狭いし、男湯から見えそうな番台の作りだ。おまけに、他に誰もいないのに、わざわざくうみんの隣のカランを使う人がいる。きっと常連さんで、ここを使うと決めているんだろう。もし、そこをくうみんが使っていたら、「そこは私の場所よ。どいて」とか言われるのではないか?

 どうしよう。

 次に銭湯に行く日、松の湯に行った。やはり贔屓の銭湯だ。
 しかし…やはり松の湯は暑かった。ダメだ!それにしてもここはなぜ、窓を開けないんだ!

 その時、いつも見かける常連のおばちゃんが言った。
「ここ、クーラーがあるのよね」

 えっ!クーラー!!どこに?

 おばちゃんの目線の先をたどると、そこには一般家庭用の冷蔵庫くらいの大きさの、元は白だと思われる鼠色に染まった機械があった。送風口と思われるところには長年掃除をしていないために大きく育った埃がそよいでいた。
 恐る恐る送風口に手をかざすと、ゆるゆるとした冷たくもなんともない風が感じられた。

 なんと昭和なクーラーだ!!

 松の湯はダメだ!夏の間はよしの湯にしよう。あそこはクーラーはなくても、ここよりは涼しい。

 そう決意を新たにして、女湯を出て、ロビーに出た。ここは昔ながらの銭湯だけれど、家族が待ち合わせに使うためのロビーがある。

 ロビーを出たら、おじさんに言ってみよう。
「ねえ、おじさん、この銭湯は暑いから、今度からはよしの湯にしようよ」

 ここに、ロビーにおじさんがいるはず…なんだけど。

 くるりとロビーを見渡す。

 おじさん、おじさん…今度からはここじゃなくって…

 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

銭湯はめずらしいです

銭湯って独特の雰囲気がすきです。もうこのへんは無くなっちゃって風呂が壊れたときにネットで探したらスーパー銭湯しかありませんでした。足を思い切り延ばせるのがいいですよね。

ジーンズの上から刺す蚊は強烈ですね。秋になると出てきますよ。

共通の悩み

帰省した時に、地元の同級生が集まって暑気払いを開いた。

親の介護、子どもの進学・就職、自身の健康状態と共通の悩みが話題になった。

さらに、「この国の将来にまったく希望を持つことができない」ことで一致。
年金、介護保険といった社会保障は破綻することが目に見えている。だからと言って配偶者や子どもをあてにすることはできない。
「じゃあどうする?」となった時…
「ここにいるメンバーで一緒に暮らそう」と、大いに盛り上がりました!

おじさんは、先に旅立ってしまいましたが、いつもくうみんさんの近くにいるんですね。どこに行ってもいつも一緒(^^)

くうみんさんは
どんな将来を描かれていますか?

それが、失くした日常……

クンダラナイ会話でも、夫婦にしかない日常だったね。

何が寂しいかと言えば、そんな他愛の無い日々を
もう二度と、取り戻せないと知った時……

最近、私の哀しみも深く静かなものに変わりつつ有ります
主人を亡くしてから、くうみんさんの背中を追って来ました。

もうすぐ一年……
「自分は何処へ行くのだろう」と思った去年と比べれば
随分前向きになれた気がします。

くうみんさんをはじめ
色々な方のおかげと感謝しとります。

だから、くうみん、元気出して!

銭湯、懐かしいです♪


くうみん様こんばんわ。

銭湯、懐かしいですね
私も小学生の頃母親と一緒に行った記憶があります
こちら五泉市は銭湯なくなりました
この時代は仕方ないですよね

昭和なクーラーって冷風機ですか?
昔うちにもあったような..

なんとも昭和チックな銭湯でありましたねv-290


Re: 銭湯はめずらしいです

delica様

> 銭湯って独特の雰囲気がすきです。もうこのへんは無くなっちゃって風呂が壊れたときにネットで探したらスーパー銭湯しかありませんでした。足を思い切り延ばせるのがいいですよね。
>
 そちらではないんですか?人口が少ないからでしょうか?あまり都会でもないだろうし、難しいものです。

> ジーンズの上から刺す蚊は強烈ですね。秋になると出てきますよ。

 夏より秋ですか?気を付けよう。

Re: 共通の悩み

 小倉あん様

> 帰省した時に、地元の同級生が集まって暑気払いを開いた。
>
> 親の介護、子どもの進学・就職、自身の健康状態と共通の悩みが話題になった。
>
 そうでしょうね、共通の悩み。

> さらに、「この国の将来にまったく希望を持つことができない」ことで一致。
> 年金、介護保険といった社会保障は破綻することが目に見えている。だからと言って配偶者や子どもをあてにすることはできない。
> 「じゃあどうする?」となった時…
> 「ここにいるメンバーで一緒に暮らそう」と、大いに盛り上がりました!
>
> おじさんは、先に旅立ってしまいましたが、いつもくうみんさんの近くにいるんですね。どこに行ってもいつも一緒(^^)
>
> くうみんさんは
> どんな将来を描かれていますか?

 おじさんも同じようなことを考えていたみたい。仲間で老人ホームに集団で入ろうって、真剣に考えていました。でも、本人はその必要はなくなりました。
 私はもし、長生きしたら、なるべく自分一人で暮らします。それができなくなったら、有料老人ホームに入居します。お金の管理ができなくなったら、自分の親族はあてにならないので、おじさんの親族に任せます。面会はしなくて構わない。放りっぱなしでいい。ボケたらお金の管理だけはお願いしたい、そう思っています。

Re: それが、失くした日常……

 つかさん様

> クンダラナイ会話でも、夫婦にしかない日常だったね。
>
 んだ。

> 何が寂しいかと言えば、そんな他愛の無い日々を
> もう二度と、取り戻せないと知った時……
>
 そうなんだよ。

> 最近、私の哀しみも深く静かなものに変わりつつ有ります
> 主人を亡くしてから、くうみんさんの背中を追って来ました。
>
 だから背中がかゆかったのか。

> もうすぐ一年……
> 「自分は何処へ行くのだろう」と思った去年と比べれば
> 随分前向きになれた気がします。
>
 それは良かった。

> くうみんさんをはじめ
> 色々な方のおかげと感謝しとります。
>
 いや~、それほどでも~。

> だから、くうみん、元気出して!

 ん、ありがとう。どうでもいいが、背中がかゆいんだが…

Re: 銭湯、懐かしいです♪

 がちょー様

> くうみん様こんばんわ。
>
> 銭湯、懐かしいですね
> 私も小学生の頃母親と一緒に行った記憶があります

 と言うことは、女湯に?

> こちら五泉市は銭湯なくなりました
> この時代は仕方ないですよね
>
 そちらも銭湯ないですか。

> 昭和なクーラーって冷風機ですか?
> 昔うちにもあったような..
>
 冷風機って言うのかな?今の冷蔵庫くらいの大きさなんだよ。昔の業務用クーラーって聞いたんだけど。全然冷えない。

> なんとも昭和チックな銭湯でありましたねv-290

 夏以外はいいんだけどねえ。

そうじゃなくて……

スミマセン……
背中を追ったのは、貸したお金返して欲しくて……

これは、嘘です(⌒▽⌒)
だって、くうみんさん、すぐ照れるんですもん(苦笑)

おはようございます~♪

近くに銭湯があるのね。
ゆったり気分で入れるのがいいわね。
こちらはスーパー銭湯だけ・・・
どちらの銭湯も一長一短だね。

今日もお元気で~♪ ☆~

Re: そうじゃなくて……

 つかさん様

> スミマセン……
> 背中を追ったのは、貸したお金返して欲しくて……
>
 えっ!!つかさんからも借りてたっけ?!

> これは、嘘です(⌒▽⌒)
> だって、くうみんさん、すぐ照れるんですもん(苦笑)

 いや~、借金した人、たくさんいるからわからなくなって…と言うのはウソです。

Re: おはようございます~♪

 Mmerose様

> 近くに銭湯があるのね。
> ゆったり気分で入れるのがいいわね。
> こちらはスーパー銭湯だけ・・・
> どちらの銭湯も一長一短だね。
>
 スーパー銭湯はちょっと高いけど、のんびりしていられる。銭湯は昔ながらの雰囲気を味わえる。

> 今日もお元気で~♪ ☆~

 ありがと~。

No title

日常の会話ができない日常、つらいね。
いるはずなのにね。
せつないです。
あれこれ、くうみんさんの気持ちが元気になる言葉を書きたいのだけれど、なんだか泣けてきて書けないよ、ごめんよ。

おはようございます

折角
汗を流しても
汗をかいたら
ちょっとね
松の湯へ行った際は
上がる寸前に
水の割合を多くしたぬる湯を
何度かかけてから出るとか
どちらにせよ
脱衣所にはエアコン欲しいですね
もしくは工場に置いてる様な
大きな扇風機とか
せめて置いてもらいたい
番台の人は
高台で座ってるだけだから
暑くないかも知れないけど

結局 小池さんに落ち着きましたね
過去の男性関係とか
居住区での評判とか
叩かれて 埃が出ないと良いけど

Re: No title

きたあかり様

> 日常の会話ができない日常、つらいね。
> いるはずなのにね。
> せつないです。
> あれこれ、くうみんさんの気持ちが元気になる言葉を書きたいのだけれど、なんだか泣けてきて書けないよ、ごめんよ。

 おじさんはいつもそばにいる、と言っても何も答えてくれない、姿も見えない、じゃいないってことなんだよね。元気になるのは自分の問題。人任せにしない…ひさや大黒堂。

Re: おはようございます

 お~い中村君様

> 折角
> 汗を流しても
> 汗をかいたら
> ちょっとね
> 松の湯へ行った際は
> 上がる寸前に
> 水の割合を多くしたぬる湯を
> 何度かかけてから出るとか

 それくらいやってる!冷たい水をバシャバシャかぶってこの状態。どうにかならんか。

> どちらにせよ
> 脱衣所にはエアコン欲しいですね 
> もしくは工場に置いてる様な
> 大きな扇風機とか
> せめて置いてもらいたい

 贅沢は言わない。もっと普通に効くエアコンが欲しい!!扇風機でも全然かまわない。

> 番台の人は
> 高台で座ってるだけだから
> 暑くないかも知れないけど
>
 バンダイはロビーだから涼しい。

> 結局 小池さんに落ち着きましたね
> 過去の男性関係とか
> 居住区での評判とか
> 叩かれて 埃が出ないと良いけど

 今までの都知事はスキャンダルで引きずりおろされるような感じで、仕事半ばで終わってばかりのような気がします。悪いことするのがいけなかったんでしょうけど、それを上回る手腕があるなら、厚化粧でも男がいても、いいと思うのですが。石原も下らんことを言うのぉ。

バルサン

こんにちは
まだゴキにバルサンを見せていませんから感知して逃げたのではないと思いますよ(笑)
ホイホイとキンチョールジェットでほぼ退治したと思います。ただし、まだ卵があれば生まれますから、毒を食べて死んだゴキを食べたゴキも死ぬというコンバットで最終決着をつけようと思います(笑)

こんばんわ

せっかく「お風呂で汗を流したのに、また汗だくになるからといって、元々着ていた服を着て帰るなんて、なんてういうか、矛盾?違うな~、ミイラ取りがミイラになるというか、とにかくなんか違くない(・’v`・)??という感じですね☆

私は長風呂なのでお家が一番です(๑´ㅂ`๑)大汗かいて大水飲みます♪

Re: バルサン

 delica様

> こんにちは
> まだゴキにバルサンを見せていませんから感知して逃げたのではないと思いますよ(笑)

 いや、わかりません。奴ら、見なくても危険を察知する輩です。

> ホイホイとキンチョールジェットでほぼ退治したと思います。ただし、まだ卵があれば生まれますから、毒を食べて死んだゴキを食べたゴキも死ぬというコンバットで最終決着をつけようと思います(笑)

 コンバットは強いなあ。

Re: こんばんわ

 phiro様

> せっかく「お風呂で汗を流したのに、また汗だくになるからといって、元々着ていた服を着て帰るなんて、なんてういうか、矛盾?違うな~、ミイラ取りがミイラになるというか、とにかくなんか違くない(・’v`・)??という感じですね☆
>
 だって~、洗濯した着替えが汗だくになるのもなんだかな。だから松の湯は夏の間は不合格。
「汗だくだ~」
 と、男湯の方からも聞こえる。 

> 私は長風呂なのでお家が一番です(๑´ㅂ`๑)大汗かいて大水飲みます♪

 えっ、ビール飲まないで水?健康にはそれがいいんだけどね、私はビール。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR