おじさんへ…今どうしている? この世の一年はあの世の一日だそうだ

 その日、おじさんは遠足を楽しみにしている小学生のようだった。
「やっと日にちが合ったんだよ」
 以前一緒の事務所で働いていた仲間と、泊りがけの宴会をしたい、と言っていたのがついに夢叶って。待ち合わせは1時なのに、待ち切れなかったのかずいぶん早めに家を出た。玄関先で見送るくうみんは、おじさんに言った。
「今日は結婚記念日なんだよ」
「そうか」
 それには何も答えず、おじさんは靴を履いていた。
「明日の昼は海鮮丼を食べるから、夜は非ご飯ね」
 そう言っておじさんは家を後にした。

 これがおじさんと交わした最後の会話だなんてその時は知る由もなかったよ。次に見た時、おじさん、もう死んでいたんだもの。

 信じられなかった。こんな不幸がくうみんを襲うなんて。こんな不幸なことの当事者に、自分がなるなんて。
 そりゃ、世間ではよくある話。ご主人が若くして亡くなった人なんか身近にいくらでもいる。でも、まさか自分が…

 おじさんが持って行った財布代わりの巾着は、まだ引き出しの奥深くに入っている。お金もレシートもそのままだ。買った時刻が印字されている、お弁当のレシート。600円のお弁当。これ買うときにおじさんはニコニコして選んだんだろうな。
 その顔が目に浮かぶ。
 もっといい弁当食べろよ!泊まる宿ももっといい旅館にしろよ!最後まで安上がりな男だな!

 当時のくうみんはそんなことを思って涙に暮れていた。

 照玉師によると、人間は病気や事故で死ぬんじゃなくて寿命で死ぬんだって。おじさんはそれだけの命しかもらって来られなかったんだって。
 私たちはそれがわかっていたから、いつも一緒にいたんだって。

 そう言えばフィットネスクラブのオバ仲間に言われたよ。
「くうみんさんの所は、短かったけど一緒にいる時間は80歳くらいで亡くなったのと同じくらいじゃない?」
 そう言われてみればそうだね。仕事は家だし、別行動はあまりしなかった。
 
 今おじさんは帰るべきところに帰るために長い旅をしているそうだ。

 仏教では3年たてば天国に行くと言われているけど、20年から50年かかるという説もある。3年たてば最終目的地ではないにしても、ある一定の所に到達して、霊力が授けられるのかも知れない。そう思おう。

 20年から50年、だけどこれはこの世の感覚で言うと、であって、この世でない者たちにとってはそう長くない日数なのだそうだ。

 この世の一年はあの世の一日だそうだ。

 だからおじさんが死んで一年たつけど、おじさんにとってはやっと一日過ぎたところだそうだ。
 今頃どこまで行っただろう。
「ふう、やっと一日終わったぞ。少し休んで、また歩くか」
 そんなことを言っているかも知れない。

 この世の一年はあの世の一日。

 天国で暮らしている人はある日神様から呼び出される。
「80日ほど、現世で修業をして来い」
「はい、わかりました」

 80日の修業を命じられた人は80歳まで生きて修行をして、また天に帰っていくそうだ。

 おじさんは58歳で亡くなった。だから天の神様から、58日修行をするように言われたんだろう。80年と58年じゃえらい違いだけど、80日と58日ではそんなに変わらないとも言える。

 でも、おじさん、現世のくうみんにとっては長過ぎるよ。

 くうみんは乳がんを患って、手術したけれど取り残しがあった。血管やリンパにも癌が入り込んでいる。
「おじさん、ごめんね。丈夫で長持ちじゃないみたい」
 おじさんは、黙っていた。

 誰もが先に逝くのはくうみん、そう思っていた。でもね… 先のことはわからない。だけどあんまり長生きしたくない。

 癌が全部取れなかったこと、今では救いになっているんだ。

 くうみんがそう言っても、おじさんは生きているときも、もちろん今も黙っている。

 男ってそういうものかね。
 
 

 
 

 


 
面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

くうみん様、こんばんわv-290

男ってそういうものですよ!
私の実の父が亡くなり、本日葬儀に行ってきました

この世の一年はあの世の一日ですか。
いづれ私も亡くなりますが、生きるより優しい世界であってほしいです



No title

あの世は意思と想念の世界。
明るく温かい心を持った人は、明るく温かいところに行くし、
暗く冷たい心の人は、暗く冷たい世界に行きます。

おじさんは温かい心の持ち主なので、温かい世界にいるんじゃないかな。

きっと、幸せだったよ…

何歳なら、妥当と言えませんが、
おじさんにとっては、とても楽しい人生の最期だったんだね。
子どものように楽しい時間の中で迎えたのだから……

くうみんの様な、好い奥さんを遺して逝くなんて、
本当は、バカなんだけどね(スミマセン、おじさん…)

私も、24時間一緒に居たから、一生分暮らしたのかなぁ
でも、それだけ身近すぎて 余計に寂しいのかなぁ〜

まぁ、許してあげて下さい。
きっと、あちらで 「やっちまったよぉ」と、
頭をかいておられる事でしょう…

Re: こんばんわ

がちょー様

> くうみん様、こんばんわv-290
>
> 男ってそういうものですよ!
> 私の実の父が亡くなり、本日葬儀に行ってきました
>
 えっ、そうでしたか。お悔やみ申し上げます。

> この世の一年はあの世の一日ですか。
> いづれ私も亡くなりますが、生きるより優しい世界であってほしいです

 どうなんでしょうね。あの世でも修行が待っている。
 それこそ日ごろの行いが現れるそうですが…

Re: No title

 キララ様

> あの世は意思と想念の世界。
> 明るく温かい心を持った人は、明るく温かいところに行くし、
> 暗く冷たい心の人は、暗く冷たい世界に行きます。
>
> おじさんは温かい心の持ち主なので、温かい世界にいるんじゃないかな。

 おじさんはいい人だったと思います。だからいい世界に行くものだと思っています。私はどうかな?

Re: きっと、幸せだったよ…

 つかさん様

> 何歳なら、妥当と言えませんが、
> おじさんにとっては、とても楽しい人生の最期だったんだね。
> 子どものように楽しい時間の中で迎えたのだから……
>
 平均寿命は行って欲しかったな。でも58って、江戸時代なら長生きか。

> くうみんの様な、好い奥さんを遺して逝くなんて、
> 本当は、バカなんだけどね(スミマセン、おじさん…)
>
 いや、本当に大バカです。

> 私も、24時間一緒に居たから、一生分暮らしたのかなぁ
> でも、それだけ身近すぎて 余計に寂しいのかなぁ〜
>
 ずっと一緒にいたからこそ、いなくなってからの喪失感は大きい。そう思う。

> まぁ、許してあげて下さい。
> きっと、あちらで 「やっちまったよぉ」と、
> 頭をかいておられる事でしょう…

 たぶんね。

どうだろ

>照玉師によると、人間は病気や事故で死ぬんじゃなくて寿命で死ぬんだって。おじさんはそれだけの命しかもらって来られなかったんだって。
 私たちはそれがわかっていたから、いつも一緒にいたんだって。

なるほど。人間の運命ってどうしようもないもんね。寿命、悲しいけれど。うん。だから、くうみんさんとおじさんはいつも一緒にいたんだね。
沢山の思い出、おもいだしてね。

男ってそういうもの?どうだろ?

こんばんわ

残される方が悲しいですよね(´;ω;`)

だからご主人様は生きているときに、師匠がそういうこと言うと、悲しくて、いってほしくなくて(言って、逝って)、黙ってたんじゃないかなという、単なる私の勝手な想像です(汗)

でもですね、相手が死んでくれてホッとした、なんて話も世間には多いらしく、結婚したのに憎みあって別れるなんてケースもままあり、そんな中、お互いを思いあえたのは素晴らしい奇跡だったのかもとも思います。あくまでも想像です(汗)

Re: どうだろ

きたあかり様

> >照玉師によると、人間は病気や事故で死ぬんじゃなくて寿命で死ぬんだって。おじさんはそれだけの命しかもらって来られなかったんだって。
>  私たちはそれがわかっていたから、いつも一緒にいたんだって。
>
> なるほど。人間の運命ってどうしようもないもんね。寿命、悲しいけれど。うん。だから、くうみんさんとおじさんはいつも一緒にいたんだね。
> 沢山の思い出、おもいだしてね。
>
 思い出すと悲しくなることもあるけど、楽しいこともある。

> 男ってそういうもの?どうだろ?

 きたあかりさんのご主人はおしゃべりなんですか?

Re: こんばんわ

 phiro様

> 残される方が悲しいですよね(´;ω;`)
>
 当然ですがな。

> だからご主人様は生きているときに、師匠がそういうこと言うと、悲しくて、いってほしくなくて(言って、逝って)、黙ってたんじゃないかなという、単なる私の勝手な想像です(汗)
>
 当たってると思う。

> でもですね、相手が死んでくれてホッとした、なんて話も世間には多いらしく、結婚したのに憎みあって別れるなんてケースもままあり、そんな中、お互いを思いあえたのは素晴らしい奇跡だったのかもとも思います。あくまでも想像です(汗)

 そうねえ、私の場合、父親が死んでもそんなに悲しくなかったし、母親のときもそうだと思う。これも良くないことかな?本当は尊敬すべきであるはずなんだもんね。

 おっしゃるように奇跡だったかも。

身代わり

説話集にこんな話があります。
ある男が子供が欲しいと観音様に願かけした。
満願の日、夢の中に観世音菩薩が出て来て言った。
「どうしても欲しいのか?
 お前の命が縮むことになるぞ。
 それでも良いのか?」
男は喜んで答えた。
「ありがとうございます。
 私の寿命を全部、
 我が子に差し出しても惜しくありません。」
菩薩は悲しそうにうなづき、
男は目覚めた。
しばらくして待望の男の子が生まれた。
男は大喜びした。
やがて男は病気になり、
明日をも知れぬ状態になった。
妻子は泣き悲しんだが、
父となった男は弱々しく笑った。
「私は幸せだ。
 お前に出会えたこと。
 息子よ、お前が生まれてくれたこと。
 全ては観音菩薩様の御慈悲による。
 私は幸せだよ。
 お前達さえ幸せで、 
 長生きしてくれれば、
 私は幸せなのだから。」
そう言って息を引き取った。
自分の愛する人が命の危機に瀕した時、
「自分の命と引き換えで良いから、
 自分は死んでもいいから、
 どうかこの人を助けて下さい!」
大抵この命を懸けた祈りは、
神様に聞き届けられると言います。
きっとご主人は、
大切な奥さんのためなら、
自分が身代りに死んでもいいと、
本当に神様に願われたのでしょう。
どうか一言、
「ありがとう」と言ってあげて下さい。

おはようございます~♪

1年たったのですね。
この世でのやるべきことが終わったら旅立つという。
きっとすべてが終わって出掛けたのでしょうね。
短い時でも一緒にいる時は充実していたでしょうね。

今日もお元気で~♪ ☆~

こんにちは

命が誕生する時に
1人1人
寿命が与えられて
出産に至るんでしょうね
体内で亡くなってしまう事もあるのですから
事故や病気は原因ではなくて
理由に過ぎないって事かな
それを知ってしまうと
延命するのも
病を克服するのも
無駄な抵抗の様に思えてしまう
人生って
寿命をカウントダウンしながら
生きる事なら
毎日が悲しくなるね
良いことをしたから一日延びるとか
悪いことをしたら早死にするとかじゃないから
張り合いも無くなっちゃうけど
現実なんですね
あと 何年で俺の満期(最期)が来るんだろう
いや 数日・数時間だとしたら
やっておきたいことも沢山あるから
死ぬに死に切れない

Re: 身代わり

motomasaong様

> 説話集にこんな話があります。
> ある男が子供が欲しいと観音様に願かけした。
> 満願の日、夢の中に観世音菩薩が出て来て言った。
> 「どうしても欲しいのか?
>  お前の命が縮むことになるぞ。
>  それでも良いのか?」
> 男は喜んで答えた。
> 「ありがとうございます。
>  私の寿命を全部、
>  我が子に差し出しても惜しくありません。」
> 菩薩は悲しそうにうなづき、
> 男は目覚めた。
> しばらくして待望の男の子が生まれた。
> 男は大喜びした。
> やがて男は病気になり、
> 明日をも知れぬ状態になった。
> 妻子は泣き悲しんだが、
> 父となった男は弱々しく笑った。
> 「私は幸せだ。
>  お前に出会えたこと。
>  息子よ、お前が生まれてくれたこと。
>  全ては観音菩薩様の御慈悲による。
>  私は幸せだよ。
>  お前達さえ幸せで、 
>  長生きしてくれれば、
>  私は幸せなのだから。」
> そう言って息を引き取った。
> 自分の愛する人が命の危機に瀕した時、
> 「自分の命と引き換えで良いから、
>  自分は死んでもいいから、
>  どうかこの人を助けて下さい!」
> 大抵この命を懸けた祈りは、
> 神様に聞き届けられると言います。
> きっとご主人は、
> 大切な奥さんのためなら、
> 自分が身代りに死んでもいいと、
> 本当に神様に願われたのでしょう。
> どうか一言、
> 「ありがとう」と言ってあげて下さい。

 コメントありがとうございます。
 恐れながら、親より先に死ぬのは最大の親不孝と存じます。

Re: おはようございます~♪

 Mmerose様

> 1年たったのですね。
> この世でのやるべきことが終わったら旅立つという。
> きっとすべてが終わって出掛けたのでしょうね。
> 短い時でも一緒にいる時は充実していたでしょうね。
>
 こちらとしてはまだやるべきこといっぱいあるんだよ、って感じなのですが…神の目から見るとすべきことはしたということなんですね。

> 今日もお元気で~♪ ☆~

 ありがと~。

Re: こんにちは

 お~い、中村君

> 命が誕生する時に
> 1人1人
> 寿命が与えられて
> 出産に至るんでしょうね
> 体内で亡くなってしまう事もあるのですから
> 事故や病気は原因ではなくて
> 理由に過ぎないって事かな

 そのようです。

> それを知ってしまうと
> 延命するのも
> 病を克服するのも
> 無駄な抵抗の様に思えてしまう

 元気で生きられるなら病気治療も甲斐のあることですが、認知症で何もわからないで生きているだけって悲しいことです。少なくとも私には。

> 人生って
> 寿命をカウントダウンしながら
> 生きる事なら
> 毎日が悲しくなるね

 それだからこそ輝くとも言えますが、残された方はたまんないよ。

> 良いことをしたから一日延びるとか
> 悪いことをしたら早死にするとかじゃないから
> 張り合いも無くなっちゃうけど
> 現実なんですね
> あと 何年で俺の満期(最期)が来るんだろう
> いや 数日・数時間だとしたら
> やっておきたいことも沢山あるから
> 死ぬに死に切れない

 いつ死ぬとわからないから怖くないのであって、わかっていたら怖くて生きていられない。いつ終わるか判らないから、今を生きる、今を走って行きたいのですよ。
 自分で死ぬほどの度胸はないし、すべては神任せ。

寿命・・・・・

最近考えちゃいますよ。人間いくつまで生きなきゃならんのだろう、って。誰の死に目にもあっていないけど兄弟は仕事を終えて天国に行きました。苦しんだのは長兄だけ、1っヶ月手足を拘禁されて人工呼吸器で生かされた。むしろそれがなくてコロッと逝ったほうが幸せだったろうな。寿命がきたら、ばいばいすればいい。いずれはそうなるのだからいいんだよ。下手に延命すると苦しみが長引くだけ。猫だっておんなじ、犬もね。
あー、用がないこといってしまいました。
くうみんさん、腰が痛いの何とかならないんですか。痛み止めの薬送ろうか。睡眠導入剤、必要なら医者でくれるよ。でも寝られないときは開き直っておきてるのもいいですよ。睡眠時間がずれるだけですから。

Re: 寿命・・・・・

delica様

> 最近考えちゃいますよ。人間いくつまで生きなきゃならんのだろう、って。誰の死に目にもあっていないけど兄弟は仕事を終えて天国に行きました。苦しんだのは長兄だけ、1っヶ月手足を拘禁されて人工呼吸器で生かされた。むしろそれがなくてコロッと逝ったほうが幸せだったろうな。寿命がきたら、ばいばいすればいい。いずれはそうなるのだからいいんだよ。下手に延命すると苦しみが長引くだけ。猫だっておんなじ、犬もね。
> あー、用がないこといってしまいました。

 お兄さんは気の毒でしたね。手足を縛られて息をしているだけなんて、苦しいだけじゃありませんか。わんにゃんも、人間も、自然に任せて生き、死ぬのが幸せなんじゃないかと思います。

> くうみんさん、腰が痛いの何とかならないんですか。痛み止めの薬送ろうか。睡眠導入剤、必要なら医者でくれるよ。でも寝られないときは開き直っておきてるのもいいですよ。睡眠時間がずれるだけですから。

 急性の痛みではなく、慢性的な鈍い痛みなので柔軟体操して筋肉を伸ばすしかないです。少しずつ運動するようにしています。お気遣いありがとうございます。
 先日眠れなかったので、開き直ってPCに向かってしまいました。夜中の2時ごろ、丑三つ時…
 
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR