夫に先立たれた妻として、夫婦別姓問題を考える

  先日「夫婦同姓は違憲ではない」という判断が最高裁で下された。夫婦別性を求める人たち(主に女性)には、がっかりな判決だったと思う。

 夫婦別性を求める人は、今まで使っていた姓の愛着を大きく主張していたが、夫であるおじさんと死に別れて夫婦同姓の影響ってかなり大きいなと感じたことがある。

 夫婦同姓とするのは日本の伝統ではなく、明治時代からだと言うのは皆さんご存知だと思う。例えば日野富子や、北条政子は足利富子ではないし、源政子ではない。夫婦同姓を決めたのは、明治政府が近代国家として世界から認められるために当時、夫婦同姓だった欧米に倣ったのだ。

「アメリカやヨーロッパは夫婦同姓だってよ」
「それじゃ夫婦別姓だと野蛮だと思われるかも」
 てなことだろう。

 今回の夫婦別姓問題では、意外なことに世界が注目していたそうだ。今回、夫婦別姓が認められなかったことについて、
「古くせぇ~」
「日本は100年以上前の法律をまだ重視するのか!
 というご意見が続出、こんな外野の意見に、ハラハラしながらも、日本政府は面倒臭えからと、このままだろうな。

 さて、くうみん個人としては名前がどうこうはどうでもいいことだった。して、夫であるおじさんに先立たれて感じた夫婦同姓の影響とは?

 例えば、うちはおじさんの先祖とくうみん父の祭壇を祭っている。おじさんが亡くなって、
「おじさんの家の墓は誰が管理するのかな」
 など他人事のように考えていたが、墓守は誰でもない、このくうみんではないか。墓の使用権者は、おじさんからくうみんの名前に書き換えられた。
 おじさんの家は東京だけではなく、故郷にも墓があるが、その名義も同じようにくうみんの名前に書き換えられた。
「女っていうのは結婚すると男の家に取り込まれるのだな」
 と思った。乗っ取ったとも言えるが。
 これが夫婦別姓であれば、嫁に行ったおじさんのお姉さんたちが、墓守担当になったのだと思う。

 夫に先立たれた妻は、旧姓に戻ることもできる。しかしそれこそあまり穏やかではない。
「夫が亡くなったので私、旧姓に戻ります」
 そんなことを口にしたら、親族としては何か不満でもあるのかと心配するから、一波乱あるに違いない。

 そして姓を変えるということはやはり不利なことだと思う。先祖供養は法的に強制ではないが、しなけりゃいけない「雰囲気」で、その姓になったからと言って法的な権利と言うのは一切ない。
 例えば、義理の親の面倒を一生懸命看た嫁さんには、相続権は認められず、面倒なんか見なかった兄弟が
「いただき!」
 とばかり群がって財産を取ってしまうというような。

 だから未亡人くうみんとしては、そこら辺の問題をきちんとしたうえで、初めから別姓なり、両方を名乗るなりできるようにした方が、万事穏やかに進むんでないかい、と思うのだよ。

 そう言えば以前、
「夫婦は同姓でないといかん!」
 と、口角泡を飛ばさんばかりに息巻いていた人がいた。彼は今頃どうしているだろうか。





FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 時事ネタ
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

こんばわ

夫婦別性を求める人たちには、がっかりな判決だったと思いますね。
これは いろんなからみ等あるから、私もあーだこーだは言えないですね

ただ、判決は残念でした。

こんばんわ

未婚の私としてはやはり夫婦は同姓がいいなと思います(◔ั₀◔ั )

結婚って家族を作るってことだと思うし、その家族の代表的名前はやはり必要かと…

先祖の事とか、そういう複雑な問題が日本にはありますが、姓だけで家に縛られる必要はないんじゃないかと(汗)

師匠も今は全然考えられないかもしれませんが、再婚とかの機会があるかもしれず、そこら辺はファジーに考えてみては?←お気に触ったらすみません(汗)

Re: こんばわ

がちょー様

> 夫婦別性を求める人たちには、がっかりな判決だったと思いますね。
> これは いろんなからみ等あるから、私もあーだこーだは言えないですね
>
> ただ、判決は残念でした。

 明治政府は新しがって、夫婦同姓を選択したのですが、今の政府は新しがらずもせず、
「不自由じゃないからどうでもいいんじゃない?」
 と言う風に考えたのだと思います。どちらにしても、別姓や同姓について、もっと深く掘り下げるべきかと思いました。

Re: こんばんわ

 phiro様

> 未婚の私としてはやはり夫婦は同姓がいいなと思います(◔ั₀◔ั )
>
> 結婚って家族を作るってことだと思うし、その家族の代表的名前はやはり必要かと…
>
> 先祖の事とか、そういう複雑な問題が日本にはありますが、姓だけで家に縛られる必要はないんじゃないかと(汗)
>
> 師匠も今は全然考えられないかもしれませんが、再婚とかの機会があるかもしれず、そこら辺はファジーに考えてみては?←お気に触ったらすみません(汗)

 姓が変わるというのは個人の問題ではなく、一族の問題になるのだと、おじさんと死に別れて気づいたのですよ。だから、もっと深く考えていかないと。

 そうね、今の所は考えていませんが、再婚問題はありますね。今の制度では女性の方が再婚しづらいと思います。だって家の祭祀を任されている訳ですよ。死んだ人を捨てると罰が当たりそうだし。

 それに、私の場合は持病があるので難しいかと。

No title

 私の記憶が正しければ、明治より昔は姓と氏と別れており、多くの人達が都合のよい方を使っていて、それだけではどこの誰なのか正確な判別がしづらかったようです。

 江戸幕府になり、大きな戦いの無くなった日本は、江戸時代も後期になると男性の方が圧倒的に多くなってきた為、女性の力が増し勝手気ままな女の人が増えます。
男性の中には、女性の浮気を公認する人たちが増え続け、大沢樹生、喜多嶋舞元夫婦のように誰の子かどうかわからない子供が十人に一人はいたぐらいになっていきました。

 明治政府は、乱立する名前やこういった夫婦間の問題を解消するために、姓と氏を一緒にした苗字の義務付けをすることになるのです。
かと言って、男性の苗字にする必要のない事を理解している人達が少ないのも不思議です。
同じ苗字になることが大前提なので、女性方の苗字を名乗っても良いはずですが。

 もちろん、女性だけが離婚してから6カ月間は再婚が出来ない法律も、そんな女性たちの浮気防止策として作られた理由があるようです。

 結局、幕末の戦乱以来、多くの戦争で男たちが減ってしまったので、女性上位時代が終わりを告げた日本ですが、第二次大戦以降現在に至るまで、大きな戦争をしてこなかった日本は人口の男女差が無くなってきているのと、ゲイの市民権獲得により混乱を極めようとしているのかも知れません。

 また、墓守をしたくなければ、残されたものの判断だけで死後離婚を簡単に役所で出来る世の中になっています。
ちなみに、遺産権は再婚しない限り付いたままだと思いましたが。

No title

あまり興味はないんだけど、同姓なら権利も全く一緒にしてもらわなくてはね。
一部だけ注目しても不都合が出るのはなんの法律も一緒だよ。

Re: No title

ルドルフくん様

>  私の記憶が正しければ、明治より昔は姓と氏と別れており、多くの人達が都合のよい方を使っていて、それだけではどこの誰なのか正確な判別がしづらかったようです。
>
>  江戸幕府になり、大きな戦いの無くなった日本は、江戸時代も後期になると男性の方が圧倒的に多くなってきた為、女性の力が増し勝手気ままな女の人が増えます。
> 男性の中には、女性の浮気を公認する人たちが増え続け、大沢樹生、喜多嶋舞元夫婦のように誰の子かどうかわからない子供が十人に一人はいたぐらいになっていきました。
>
>  明治政府は、乱立する名前やこういった夫婦間の問題を解消するために、姓と氏を一緒にした苗字の義務付けをすることになるのです。
> かと言って、男性の苗字にする必要のない事を理解している人達が少ないのも不思議です。
> 同じ苗字になることが大前提なので、女性方の苗字を名乗っても良いはずですが。
>
>  もちろん、女性だけが離婚してから6カ月間は再婚が出来ない法律も、そんな女性たちの浮気防止策として作られた理由があるようです。
>
>  結局、幕末の戦乱以来、多くの戦争で男たちが減ってしまったので、女性上位時代が終わりを告げた日本ですが、第二次大戦以降現在に至るまで、大きな戦争をしてこなかった日本は人口の男女差が無くなってきているのと、ゲイの市民権獲得により混乱を極めようとしているのかも知れません。
>
>  また、墓守をしたくなければ、残されたものの判断だけで死後離婚を簡単に役所で出来る世の中になっています。
> ちなみに、遺産権は再婚しない限り付いたままだと思いましたが。

 さすが、博識のルドルフくん様です。明治以前に夫婦別姓であったというのは私の場合、うろ覚えなので、出展は明らかにすることはできません。本に書いてあったと記憶しています。

 夫の遺産はもちろん配偶者が相続できますが、舅、姑の遺産は相続できないという意味です。

 墓守問題も、法的にはそうですが、習慣的にそうなってしまうと…私の場合、夫であるおじさんの親族とは仲良くしているので、墓守は嫌ではありません。しかし、習慣的にこうなってしまうということを述べたまでです。

 女性に半年の再婚禁止期間があるのは、元の夫の子か、新しい夫の子か判断するためと聞きました。昔はそれくらいの期間がなければわからなかったようですが、今はもっと早くわかります。だからこの規定は意味がありませんね。

 江戸時代の女性はそんなに奔放だったのですか?人間そんなに変わらないもの。ひょっとして今も?信じられないなあ。

Re: No title

 めろん様

> あまり興味はないんだけど、同姓なら権利も全く一緒にしてもらわなくてはね。
> 一部だけ注目しても不都合が出るのはなんの法律も一緒だよ。

 姑の介護を独りでやった嫁さんが、姑を見送ってやれやれと思ったら、生前は寄り付かなかった兄弟姉妹が相続人面して群がってきたという話、よく聞きます。
 よい兄弟姉妹なら、介護も協力し合うし相続も法律に依らず、自分たちで取り決めることになると思います。

 ちなみに私もおじさんと同じように公正証書による遺言、書いています。さ~て、わが亡き後に洪水よ来たれ!

No title

聞いた話だけど、マスコミは海外の別姓のことばかり取り上げて
いるけど、法的なことはともかく、実際には別姓はそんなに多くないそうです。
また中国韓国の別姓は「女のような下劣なものは家に入れない」
といった女性蔑視の考えから来ていると聞いています。

別姓問題とは違うけど、江戸時代の商人は、番頭にならない限り
結婚することは許されなかったとか。かわいそう。

Re: No title

キララ様

> 聞いた話だけど、マスコミは海外の別姓のことばかり取り上げて
> いるけど、法的なことはともかく、実際には別姓はそんなに多くないそうです。
> また中国韓国の別姓は「女のような下劣なものは家に入れない」
> といった女性蔑視の考えから来ていると聞いています。
>
 中国は知らないけど韓国の場合は確かに女性蔑視の考えからきているそうですね。夫婦別姓は東アジアの習慣でしょう。これが中東だと、父親の名前が苗字になるそうです。
 
 今の夫婦別姓を認めようというのは、そこら辺が根本的に違う訳で、考えが進むとまた元に戻ったように見えるけれど…違うのです。

> 別姓問題とは違うけど、江戸時代の商人は、番頭にならない限り
> 結婚することは許されなかったとか。かわいそう。

 商人もそうだけど、農村の次男坊三男坊も嫁取りはできなかったそう。すると結婚しない女性も多かったと思うけど、そういう女性は奉公にでも行って、やっぱり一生独身?

本人よりも回りが大騒ぎでございます。

夫が他界した直後から、実家親戚蓮からは「子供がいないのに、他人の家にズルズル居座るのは非常識だ」、嫁ぎ先からは、「この後どうするつもり?実のお母さんと、うちらとどっちを優先するの?」と、質問攻めの日々でございます。 わたしは、単純に、夫と一緒のお墓に入りたいだけだけで、苗字に関係なく収容してもらえるならどっちでもいいのになーなんて思ってました。 子供がいたら、その子の将来のために、もっと切実に悩んでいたのでしょうから、こんなポヤスケのまま生きさせてもらっているのは、申し訳ないなって感じてます。 そして、わたしの義父母は、「嫁は夫の親の財産を相続しないんですよ」と、何度説明しても「いんや、お前に残す!」の一点張りで、ちっとばかし弱っています…(;´・ω・)

Re: 本人よりも回りが大騒ぎでございます。

さとこ様

> 夫が他界した直後から、実家親戚蓮からは「子供がいないのに、他>人の家にズルズル居座るのは非常識だ」、嫁ぎ先からは、「この後>どうするつもり?実のお母さんと、うちらとどっちを優先するの?」
>と、質問攻めの日々でございます。

 それは大変でしたね。うちの場合は何事もなく。

 >わたしは、単純に、夫と一緒のお墓に入りたいだけだけで、苗字>に関係なく収容してもらえるならどっちでもいいのになーなんて思っ>てました。

 そうですね、私もおじさんの骨壺に名前を書いて、隣に置いてもらうようにしてあります。

 >子供がいたら、その子の将来のために、もっと切実に悩んでいた>のでしょうから、こんなポヤスケのまま生きさせてもらっているのは、>申し訳ないなって感じてます。 そして、わたしの義父母は、「嫁は>夫の親の財産を相続しないんですよ」と、何度説明しても「いんや、>お前に残す!」の一点張りで、ちっとばかし弱っています…(;´・ω・)

 いいお父さんとお母さんじゃないの。養子縁組するか、公正証書による遺言を書いてもらいなされ。私もおじさんの親族とは仲良くしてもらっています。ありがたいこと。

広く一般的には、ってやつだね

芸能人には結婚しても名前変えないでやってる人がいっぱいいます。おおっぴらに変えたのは百恵ちゃんくらいじゃないですか、商売柄もあると思うけどどっちが一般に受け入れられるかということが主流じゃないですか戸籍の上では変えてるんでしょうけどね。
お正月はホテル暮らしもいいけど歩くのがつらいので1時間以内で動けるところ、食事の時間だのお風呂の消灯だのないところならいいですね。

Re: 広く一般的には、ってやつだね

delica様

> 芸能人には結婚しても名前変えないでやってる人がいっぱいいます。おおっぴらに変えたのは百恵ちゃんくらいじゃないですか、商売柄もあると思うけどどっちが一般に受け入れられるかということが主流じゃないですか戸籍の上では変えてるんでしょうけどね。

 芸能人、いわゆる有名人は今まで使っていた名前の方が通りがいいですものね。反対に結婚後の姓を離婚後も使っている人もいますが、理由は同じ、「この方が通りがいいから」。

> お正月はホテル暮らしもいいけど歩くのがつらいので1時間以内で動けるところ、食事の時間だのお風呂の消灯だのないところならいいですね。

 もう、delica様、冬眠しているみたい。少しは動いた方がいいですよ。

不便なこと

夫婦別姓に関しては、希望する夫婦には認めても構わないと思っています。それで何かが劇的に変わるのかなぁ?役所は面倒が増えちゃうの?

家族の一体感が損なわれるというけれど、
マイナンバーの通知を見て驚愕の事実を知りました。な、なんと割り振られたナンバーは、家族でバラバラの番号でした!
「家族の一体感を奪われた」と訴訟を起こしてみようかな。

それよりも、結婚したらどちらかの姓に合わせちゃうと、SNSで探し難くなっちゃうんだよね(笑)

Re: 不便なこと

小倉あん様

> 夫婦別姓に関しては、希望する夫婦には認めても構わないと思っています。それで何かが劇的に変わるのかなぁ?役所は面倒が増えちゃうの?
>
 役場が面倒なのではなく、子供の名前はどうするのか?という問題があるからだと思います。明治以前であれば子供は当然のように父の姓になるのですが、新しい考え方による夫婦別姓ではそういう訳には行きませんから。

> 家族の一体感が損なわれるというけれど、
> マイナンバーの通知を見て驚愕の事実を知りました。な、なんと割り振られたナンバーは、家族でバラバラの番号でした!

 そうらしいですね。

> 「家族の一体感を奪われた」と訴訟を起こしてみようかな。
>
 それは面白い!

> それよりも、結婚したらどちらかの姓に合わせちゃうと、SNSで探し難くなっちゃうんだよね(笑)

 そういうこともありますね。
 離婚した友人(女性)が、
「離婚して名前が変わったらみんなが、えっという顔をする。男は名前がそのままで、自分で言わない限りみんなが気付かないからいい」
 と言っていました。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR