やっと納骨 おじさんの帰った所 そしてくうみんの帰る所

 おじさんの納骨は、本当は8月にしなくてはならない事であった。しかし8月は暑い。
「もっと涼しくなってからがいいんじゃない?」
 お姉さん達も言うので、9月某日に行う予定でいた。もちろん無宗教で。そして親戚に集合をかけたのだが、
「待った~~~!」
 と言う声がした。

「神父様のお祈りなしで納骨なんてとんでもない!」
 おじさんのいとこのミカエルだ。
 プロテスタントの牧師様はたくさんいらっしゃるが、神父様と言うのは日本には少ない。だからいつも忙しい。来てくださる神父様を探すのは至難の業だ。
「僕が神父様を探すから、待っていてくれ」

 と、ミカエルが言う。という話を、お姉さんから聞いた。
「そうですか、それじゃ、待ちましょう」

 そのうちミカエルのお父さん、ヨゼフ・ミカエルが亡くなった。ミカエルは神父様を探すどころの騒ぎではなくなり、「おじさんの納骨に来てくださる神父様探し」は、中断せざるを得なかった。

「いったいいつになるんだろう?」
 納骨や49日は早い分にはいいが、遅いのは後回しにしていることなので良くないと聞いた。しかし、ミカエルも善意でやってくれているので文句も言えない。
 気長に待つこと数週間、ようやく10月12日、納骨と決まった。ミカエルの父、ヨゼフ・ミカエルの遺骨もついでと言ってはなんだが、同じ日にこちらの墓に分骨したいと言う。まあいいか、いっぺんに済めば面倒なくていいし、これ以上延ばすのもなんだかな。

「ミサもやるから」
 と、ミカエルが言ったそうだ。
「まさか嫌だとかいうんじゃないよね?」
「いえ、そんなことは」
 と、お姉さんは答えたそうだ。喪主は私、主役はおじさんのはずだが、知らない所で話は進んで行った。宗教のことは門外漢なので仕方ない。 

 当日は、重い遺骨を抱えてくうみん母と電車に乗ると、若い人が席を譲ってくれた。
「ありがとうございます」
 と言って有難く座らせていただく。
 墓最寄りの駅に着くと、2番目のお姉さん一家がホームにいた。それぞれタクシーで墓地に向かった。

 ミサは11時から予定通り執り行われ、「あめなる喜び」「主よみもとに近づかん」など知っている讃美歌は歌った。くうみんは高校がプロテスタントなので若干の讃美歌は歌える。でも、カトリックとは歌の傾向が違うようで、知らない歌ばかりだった。

祭壇1

 厳粛な式次第が終わると、納骨となった。いい天気で良かった。おじさんの骨壺におじさんの名前を書いた。
「こうすればくうみんさんが中に入るとき、間違いなく隣同士になれるから」
 ミカエル、あったまいいな~。そうか、それじゃ、くうみんが入ったらおじさんと隣同士にしてもらって、ひもで縛るかボンドではっ付けてくれ。

 順番で言うと、墓碑には先に亡くなったおじさんのお父さんの隣におじさんの名前が入るのだが、それではお父さん、おじさん、お母さん、くうみんになってしまう。
「それよりおじさんとくうみんさんは隣同士になった方がいいでしょ」
 と、お姉さんが言ってくれたのでお父さんの隣はお母さん用にワンスペース空けて、その次におじさんの名前を彫ってもらった。

 おじさんのおばあちゃんは本当は「エリザベット・マリア」と言う洗礼名なのだが、お父さんが間違えて「エリザベット」だけしか彫らなかった。
「しまった、間違えちゃったよ」
「しようがないな、兄さん」
 と、親戚中から笑われたが、おじさんもなんとお父さんの洗礼名を間違って彫っていた。「ペテロ」となっていたが、本当は「ペテロ・ヨゼフ」だった。
 親子して同じ間違いを…でも、おじさんは確か親戚の某から「お父さんの洗礼名はペテロ」と教えられたと言っていた。だから仕方ないか。

 次にお母さんが亡くなった時にでも、石屋さんにまとめて修正してもらおう。

 遺骨を中に納めると、おじさんとお別れ…だが、ちゃんと小さな遺骨は取ってある。
 
 その後は食事会。
お食事会
おじさんとヨゼフ・ミカエルにも影膳を。おじさんはビール、ヨゼフ・ミカエルはコーラがお好きだったそうだ

神父様にも参加していただく。神父様が一番の上座で、喪主であるくうみんはその次に座った。神父様と言うのは偉いのでお付きの人がいるはずなのだが、この神父様にはいないと言う。
「もうそういう時代ではないのですよ。食事も洗濯も私は自分でしますよ」
 立派なひげを蓄えた神父様は言った。

髭の立派な神父様

 最近は神学生も少なくなってしまったそうだ。おじさんいとこのMちゃんが、席を替わってきて神父様にいろいろ質問をした。
「神父様は孤独を感じないものですか?」
 彼もはや40を過ぎた。しかしまだ結婚していない。
「いや、もちろん感じますよ」
 神父様も一人の人間だ。
「神学生や、若い神父の中には好きな女性ができて、神職を捨てることも少なくありません」

 人が成長して恋をして、結婚というのは当然のことだ。しかし、神に仕える身となっては、手放しで祝福と言う訳にも行かないだろう。神父様が少ないのは、こんな事情もあってのことだと思う。我が心石に非ず。

 くうみんは隣の神父様に話しかけた。
「ある仏教の師は、亡くなったおじさんは本来いるべきところに帰ったのだと言いました。カトリックでもそうなのですね」
 ある仏教の師と言うのはもちろん、ドジ霊能師照玉師だ。ミサの時、同じように神父様は「おじさんは天に帰った」と、いっていた。
「そうです。カトリックでも同じです。帰天、と言います」

 おじさんは天に帰ったのか。どこかに行ったのではなく、天に、本来いるべきところに帰ったのか。私はいつ、おじさんのいるところに「帰る」ことができるのか。そもそもくうみんの帰るところはおじさんと同じところなのか。

 自分で死ぬほどの度胸はない。ただ、この世で自分の仕事が終われば、私も天に帰って行くのだろう。

 
 


FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近の出来事
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

ありゃ、一番乗りv(*ё*)v

えーっと、ご主人様の当初の納骨に待ったをかけたミカエルも、それから神父さんも日本人ですよね(・’v`・)??

最初、師匠にミカエルという外国の親戚がいるのかと思ってしまいました。そうか、洗礼名というのがあるのですね☆

今時はお墓に拘らないひとも多いと聞きます。海に流すとかね(◔ั₀◔ั )
独り者だったらそれでいいかもですが、やはり夫婦は一緒のお墓に仲良く入りたいですよねえ。。。。

私、一人かも(☆Д☆)

父母と一緒に入れてもらおう(*´罒`*)ニヒヒ♡

お疲れ様です。

こんばんは~♪

無事に納骨が済んだのですね。
この間照玉様に相談したブロ友さん
14日に亡くなりました。
悲しくて寂しいですが
いるべき場所に帰ったとと思うことにします。

今日もお元気で~♪ 

No title

お疲れさまでした。一つの節目ですね。

確かカトリックでは、神父は生涯独身でなくてはいけないけど、
飲酒は許されている。だからアル中が多い。
プロテスタントでは、結婚はできるけど酒は禁止、だと思った。
どちらも大して変わらないような気もするけど、
結婚できないという方がつらいかな。これじゃ若い人は引くよね。

私があの世に帰るころには、この世界はどうなっているのかな?





こんばんわ

納骨でしたか。
私もよく死後の世界 考えますが、生きているより楽なのかな?
いつかは私も死にますが、今より楽でありますよーに。。

Re: こんばんわ

phiro様

> ありゃ、一番乗りv(*ё*)v
>
 最近こっちのブログ書くのに手いっぱいで、皆さんのブログにも訪問していない。そうなるとコメントも少なくなるのだよ。

> えーっと、ご主人様の当初の納骨に待ったをかけたミカエルも、それから神父さんも日本人ですよね(・’v`・)??
>
 日本人ぢゃ。

> 最初、師匠にミカエルという外国の親戚がいるのかと思ってしまいました。そうか、洗礼名というのがあるのですね☆
>

 そうなのだよ。どうやら洗礼名なんて言うのがあるのはカトリックでは日本だけだそうだ。戒名の文化があるからだと思う。

> 今時はお墓に拘らないひとも多いと聞きます。海に流すとかね(◔ั₀◔ั )
> 独り者だったらそれでいいかもですが、やはり夫婦は一緒のお墓に仲良く入りたいですよねえ。。。。
>
 そう言えば、おじさんは私が死んだら熱海の海に流すと言っていた。私もそうすべきだったのか。

> 私、一人かも(☆Д☆)
>
> 父母と一緒に入れてもらおう(*´罒`*)ニヒヒ♡

 死んだ後のことなんかどうでもいいようなものだけど、生きている身にはいろいろ考えるね。

Re: お疲れ様です。

mmrose様

> こんばんは~♪
>
> 無事に納骨が済んだのですね。

 はい、おかげさまで。

> この間照玉様に相談したブロ友さん
> 14日に亡くなりました。

 残念ですね。死に逝く者はいつまでも美しく、残された者は悲しい。

> 悲しくて寂しいですが
> いるべき場所に帰ったとと思うことにします。
>
> 今日もお元気で~♪ 

 無理せず元気で。

Re: No title

キララ様

> お疲れさまでした。一つの節目ですね。
>
> 確かカトリックでは、神父は生涯独身でなくてはいけないけど、
> 飲酒は許されている。だからアル中が多い。
> プロテスタントでは、結婚はできるけど酒は禁止、だと思った。

 へえ、聖書にはワインが良く出てきますね。「キリストの血」とか言って。
今回の神父様は酒飲まなかったけど、アル中多いんか。人間だなあ。
 プロテスタントは酒飲めない?私は牧師にはなれない。

> どちらも大して変わらないような気もするけど、
> 結婚できないという方がつらいかな。これじゃ若い人は引くよね。
>
 その方がつらいと思う。結婚だけが幸せではないと思うけど、好きな人と一緒になるのって普通は自然なことだもの。

> 私があの世に帰るころには、この世界はどうなっているのかな?

 そうだねえ、「イスラム国」のしていることを、神から見たらどう思われるか?最近海外で日本人が殺害される事件が多くて、どうなってしまうのかと思う。

Re: こんばんわ

がちょー様

> 納骨でしたか。

 やっと終わりました。

> 私もよく死後の世界 考えますが、生きているより楽なのかな?
> いつかは私も死にますが、今より楽でありますよーに。。

 プルーフ オブ ヘブンと言う本を読みました。死の国を見て生き返った人の話によると、天国は本当にあって、
花が咲いてとてもきれいな所だそうです。花はどうでもいいけど、酒や食べ物はどうなんだろうと思います。

こんにちは

あ、修行を積んだ方に、納骨して戴いて、良かったです。

私はまあ、黒猫は飼いたいとは思いますが、独りはそう辛くは無いです。

ご飯も麦も炊いていますし。いつも、あれこれやっていますから。

No title

お疲れ様。
取り敢えず儀式は終わったのね。
手元に残したのは、メモリアルペンダントに入れて肌身離さず持っていればいいよ(*^^)v
ずっと一緒なんだから。

お墓の問題

納骨が終わると、ホッとした気持ちと寂しい気持ちが湧き出てきたことを思い出しました。

今や、先祖代々のお墓に眠ることが当たり前ではないようです。樹木葬や散骨といったいろいろな形があるようです。選択肢が増えたことは歓迎すべきことだと思うのですが…

僕自身は何の信心もないので、自分の体は献体し、骨は燃えるゴミの日に出してもらっても良いぐらいに思っています。
あっ!遺骨はもう燃えないし、捨てたら犯罪なのか…

最近耳にするのは、お墓を管理できる家族がいないということ。生まれ故郷を離れて暮らす自分にも、他人事ではないことに気が付きました。

お墓が荒れ果ててしまったら、祀られているご先祖様はどうなるのかなぁ?


カレーうどん

こんにちは、宗派が多いからたいへんですね(笑)
テーブルランドってけっこうなメーカーなんですね。おいしかったでしょう。

ところで私はカレーうどんはあんまりしませんね、ヒガシマルのカレーうどんの素も買って持っているんですが、どうしても最後の最後でカツオの香りに押し切られてしまいます。なんでもうどん屋さんのカレーうどんにはかつおダシが聞いてるとか噂には聞くんですがよくわかりません。

夏が過ぎてだいぶ冷えてきましたね。風邪などめしませんよう・・・・

Re: こんにちは

 大夫の監様

> あ、修行を積んだ方に、納骨して戴いて、良かったです。
>
 おかげさまで。

> 私はまあ、黒猫は飼いたいとは思いますが、独りはそう辛くは無いです。
>
 黒猫ですか?

> ご飯も麦も炊いていますし。いつも、あれこれやっていますから。

 監様は一人でいるのがお好きのように思います。前世は山の中で一人、タカでも捕まえて飼いならし、
狩りをしたり、畑を作ったりして暮らしていらしたのかも。

Re: No title

 めろん様

> お疲れ様。
> 取り敢えず儀式は終わったのね。
> 手元に残したのは、メモリアルペンダントに入れて肌身離さず持っていればいいよ(*^^)v
> ずっと一緒なんだから。

 ペンダントに入れるのはかなり小ぶりでないといけないと聞いたことがあるので、ずいぶん小さなのを二かけらほど。
こんな身になる前は「骨をペンダントに入れるなんて気持ち悪い」と思っていたけど、愛する人の骨は愛しい。

Re: お墓の問題

 小倉あん様

> 納骨が終わると、ホッとした気持ちと寂しい気持ちが湧き出てきたことを思い出しました。
>
 ただただほっとしています。手元に骨も取って置いたし、他にも気がかりなことばかりなので。

> 今や、先祖代々のお墓に眠ることが当たり前ではないようです。樹木葬や散骨といったいろいろな形があるようです。選択肢が増えたことは歓迎すべきことだと思うのですが…
>
> 僕自身は何の信心もないので、自分の体は献体し、骨は燃えるゴミの日に出してもらっても良いぐらいに思っています。
> あっ!遺骨はもう燃えないし、捨てたら犯罪なのか…
>
 おじさんも、私が死んだら海に流すって言ってたけど、実際はどうしていたかな?自分の方が先なんて思ってもいなかったと思うけど。
 お義母さんはお義父さんの骨をゴミ箱に捨てちゃったことがあるのですよ。このブログの初めの方に記事がありますので暇な時にでも。

http://hinekurekuumin.blog.fc2.com/blog-entry-63.html


> 最近耳にするのは、お墓を管理できる家族がいないということ。生まれ故郷を離れて暮らす自分にも、他人事ではないことに気が付きました。
>
> お墓が荒れ果ててしまったら、祀られているご先祖様はどうなるのかなぁ?

 うちも私がいなくなったら継ぐ人がいません。でも、親戚でお墓のない家族が自分たちも入りたいので、管理してくれると言う有難いお声掛けが。
 義父の出身地にもお墓があるのですが、管理費だけは払っています。いつかは「墓じまい」しないといけません。そして問題は私の実家のお墓です。これが悩みの種。

Re: カレーうどん

delica様

> こんにちは、宗派が多いからたいへんですね(笑)

 神道に仏教にキリスト教、これにまさかのイスラム教が入るとは!

> テーブルランドってけっこうなメーカーなんですね。おいしかったでしょう。
>
 安くておいしいです。

> ところで私はカレーうどんはあんまりしませんね、ヒガシマルのカレーうどんの素も買って持っているんですが、どうしても最後の最後でカツオの香りに押し切られてしまいます。なんでもうどん屋さんのカレーうどんにはかつおダシが聞いてるとか噂には聞くんですがよくわかりません。
>
 そうですね、delica様はカレーうどんは作らないみたいですね。普通に天ぷらうどんとか、さつま揚げを入れてみましたとか。でも、私カレーうどん好きなんですよ。カレーそばも。

> 夏が過ぎてだいぶ冷えてきましたね。風邪などめしませんよう・・・・

 ありがとうございます。delica様も。病弱ですものね、私達。

安らかに

納骨が済んで、天に帰ったということでしょうか。
おじさんが安らかでありますように。
そして、くうみんさんも安らかに見送れますように。

神父さんって、今の時代でも独身でいなくちゃいけないんだね。
厳しい生き方だけれど、それもひとつの生き方。

そっか。

Re: 安らかに

きたあかり様

> 納骨が済んで、天に帰ったということでしょうか。
> おじさんが安らかでありますように。
> そして、くうみんさんも安らかに見送れますように。
>
 おじさんを失った悲しみもあるけど、悪い奴にしてやられた怒りもある。バッカヤロ。

> 神父さんって、今の時代でも独身でいなくちゃいけないんだね。
> 厳しい生き方だけれど、それもひとつの生き方。
>
 厳しいよね。絶対結婚しないと言うのは。結果的にしなかったと言うのはありだと思うけど。
 
> そっか。

 そうなんですよ。

No title

無事納骨終えられたんですね。
お疲れさまでした。
誰かが亡くなると、葬儀その他、本当にいろいろ細かいことでバタバタしますよね。

喪主っていろいろ気を使って疲れますよね。

昔は七日ごとにお経をあげていたらしいけど、今ではお葬式の日に
初七日の分もすませるのが当たり前になってきてるし
お供えの食事も宗派によって違うのでややこしいったらありゃしない

わたしは、母が元カトリックで、マリアなんとかって洗礼名持ってたけど、今は仏教徒だし・

封建時代に生まれた宗教は厭世的で、死んだら天国極楽浄土・・ってなるのは
文字も読めずにしいたげられていた時代、これを信じていたら
これを唱えたら天国に行けるというのが唯一救いだったんでしょうね

いつか、くうみんさんにその時がきたら、おじさんが迎えに来てくれるのかも

Re: No title

 直弟子様

> 無事納骨終えられたんですね。
> お疲れさまでした。
> 誰かが亡くなると、葬儀その他、本当にいろいろ細かいことでバタバタしますよね。
>
 人一人が亡くなるって大変なことです。役所関係やら、宗教上の決まりなんかも、判らないことだらけ。
いい人だと思っていたら…みたいなこともありました。直弟子さんには言いましたけど。

> 喪主っていろいろ気を使って疲れますよね。
>
> 昔は七日ごとにお経をあげていたらしいけど、今ではお葬式の日に
> 初七日の分もすませるのが当たり前になってきてるし
> お供えの食事も宗派によって違うのでややこしいったらありゃしない
>
 昔通りにしていたら身がいくつあっても持ちません。宗派や途方によっても違いますもんね。

> わたしは、母が元カトリックで、マリアなんとかって洗礼名持ってたけど、今は仏教徒だし・
>
 そうですか、改宗って結構あるものなんですね。

> 封建時代に生まれた宗教は厭世的で、死んだら天国極楽浄土・・ってなるのは
> 文字も読めずにしいたげられていた時代、これを信じていたら
> これを唱えたら天国に行けるというのが唯一救いだったんでしょうね
>
 死んだらいいことがあると信じるなんて、悲しい。

> いつか、くうみんさんにその時がきたら、おじさんが迎えに来てくれるのかも

 おじさんのお迎えを楽しみにしているのも、他の人から見ると悲しいのでしょうね。でも、楽しみにしている私がいる。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR