ありがとうございます

 ブロ友の皆様からの温かい励ましは、大変ありがたく思います。今はまだ、一人一人に返事をする心の余裕がありません。心苦しく思いますが、お許しください。

 先日ブロ友のめろんさんと照玉師が来てくれました。照玉師は東京にも道場を持っていらっしゃるので、慣れていますが、めろんさんは一般人なのに、はるばる中部地方から駆けつけてくれました。めろんさん自身、理不尽な交通事故で愛するご子息を失っています。悲しみを知って人に優しくできる、こんな方になれたらと、私も思います。

 照玉師には、死についての不思議なお話を聞かせていただきました。49日の間、死者はこの世にとどまって友達や親戚を訪ねて挨拶をしていくのだそうです。そしてここにいるときは上にいて、こちらを見おろしているのだと。
「きっと、こんなに早く逝ってしまって悪いことをしたなあ、と思っているわよ」

 今の私は小さな子供が、大人に交じって役所やライフラインのいろいろな手続きをしているような心細さを感じております。
 年金の手続きに行ったときは、年金手続きをしてくれた女性職員が、「早過ぎますよねえ…」とぽつりと言い、銀行の手続きをしてくれた女性行員が、「お体にお気を付け下さい」と、声をかけてくれましたが、役職を離れた心からの吐露…返事をするとそのまま泣き崩れてしまいそうで、黙って頷いて、席を立ちました。
 年金の金額は年間30万円にも満たないすずめの涙ほどの金額。これからどうやって生活して行こうか?

 おじさんが生きているときは、自分の方がしっかりしていると思っていましたが、いなくなると、おじさんは私をずいぶんと守っていてくれていたのだと、初めて気が付きました。
 小さな子供が遊びで大人に勝って意気揚々としていたのですが、本当は負けたふりをしてくれていただけだったのです。

 私もおじさんには尽くしていたつもりですが、おじさんも負けないくらい、私に尽くしてくれていたと思います。
 私達は仲のいい夫婦でした。おじさんが死んだ7月6日は、私達が入籍した日でもありました。ちょうど結婚30年でおじさんは亡くなりました。

 めろんさん、わざわざ遠い所を来てくれてありがとう。毎日電話をありがとう。

朝食の果物は桃
 朝食の果物と新聞

夕食もおじさんと
 夕食も二人で

照玉師からは高級そうな線香
 照玉師からは高級な線香。左にある青い箱はくうみんがいつも使う青雲香。おじさんのうちはカトリックだが、線香がないと雰囲気が出ないからと、くうみんが買った。

おじさんへめろんさんからのプレゼント
 めろんさんからのめろん…ぢゃないかも。めろんだと思ったら、めろんチョコレートだった苦い経験が…

本物だ、良かった
 本物でした。疑ってすまん、めろんさん



 そしておじさん。僕は君を愛している。
 


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR