封筒おじさんが来た

 窓口にはいろいろな人が来る。
 健保の窓口なんてそんなに来るところではないものだが、中には毎日のようにやって来ては置いてある小冊子を持って行ったり、職員の手を煩わせるようなことをする人が一人いた。

 ニックネームは「封筒おじさん」。60代半ばと思われる男性だ。

 健保の部屋に来ては置いてある小冊子を何冊か持ち帰る。それだけではなく、つえをわざと床に転がして、
「拾ってくれ」
 と言ったり、手にした小冊子を「カバンの中に入れてくれ」
とか言う。
 そのおやぢの足元にあるカバンにひざまずくようにしてカバンに入れるのはかなり屈辱的なことだったが、皆仕方なく言う通りにしていた。

 おまけにこうも言う。
「封筒をくれ」

 民間の企業だったら、
「お宅の封筒が欲しい」
 と言われたら、はいそうですかと出すだろうか?市役所だから断れないと思って、このおやぢはやっているに違いない。

 このおやぢは他の窓口では封筒をくれだのなんだのは言わない。健保の係は女性ばかりなので言いやすいんだろうと上司が言っていた。
「私、お昼に見たんだけど、あの人、ジョナサンでウエイトレスに靴下を脱がせてくれって言って脱がせてもらっていたわよ」
 そんな話もあった。間違いない。人の嫌がることを命令して喜んでいるんだ。

 そのおやぢに封筒をあげないことにしようと言うことになった。上司が言った。
「欲しいと言われたら、使用済みの封筒ね。人手に渡っても差し支えないようなやつ」
 
 今か今かと待っているとなかなか来ないものだ。しかしついに決戦の時が来たのだった。 

 そのおやぢが来た。
「すみません、すみません」

 みんなの間に緊張が走った。
「あたしが行く」
 低い声でくうみんは言うと、そのおやぢの所に行ってニッコリ笑顔で
「はい、何でしょうか?」
と尋ねた。
「封筒をください」
「はい」
 そう言ってくうみんは使い古しの封筒を出した。国保連の当たり障りのない封筒だ。
「えっと、これじゃなくて新しいのがいいんですけど」
「すみません。これは市民の皆さんから預っているものです。差し上げる訳には行きません」

 おやぢは意外そうな顔をしてカウンターから離れて、椅子に座った。
 しばらくして、
「すみませ~ん、すみませ~ん」
 と言うおやぢの声がした。行ってみるとおやぢの杖が床に転がっている。
「拾ってください」
 くうみんは無言で杖を拾った。おやぢは笑いを顔に浮かべている。

 嫌な笑いだ。人をバカにして喜んでいる笑い。つえをおやぢに手渡すと、今度は足元のカバンを指さして、
「これをカバンの中に入れてください」
 と、ニヤニヤしながら手にした小冊子を差し出した。

 くうみんは言った。
「できません。壊れたり、なくなったものがあったりすると困るからです。ご自分でなさってください」
 おやぢはあっけにとられたような顔をした。おそらく初めて断られたのだろう。

 市役所の職員は波風立たないのを良しとしているので、いいにつけ悪いにつけ無難に済まそうとする。この場合も断らずにカバンに詰めれば無難なのだろう。

 くうみんはパート仲間では最年長に近かったが、貫禄がないので若い職員にもいぢられていた。
「くうみんさん、初めて頼りになると思ったわ!」
 若いパート仲間に言われた。

 何を言うか。今まで君達が勘違いしていただけだ。今も昔もくうみんは頼りになる女だぜ。

 彼はどうしているだろう。

 数年前に無料確定申告会場で、
「体が不自由で字が書けない」
と、指導の税理士に書いてもらった年輩の男がいたと言う。

 その税理士に、頼んだと言う。
「自動販売機に行ってジュースを買ってきてくれ」
 それは断ったと。

 私は彼だと確信している。

 
 ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。


FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
 




 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

偉いねぇ!

くうみんさんみたいな人がいないと、日本は良い国にならない。

変なオヤジ、オバハンばかりの国になりそうだ。

年寄りだけでない。どこでもモンスター○○と呼ばれるバカ者が増殖している(泣)

障害福祉課が障がい福祉課になっても、中身が変わらなければなんにもならない。
基本法は障害者基本法のままだったはず。
看板変えればそれで良しではないはずだ!

No title

 そうかぁ~、くみんさんは役所に勤めていたんですね。
記事内容からは、想像出来ていませんでしが、文章をからはそんな感じが読み取れていました。

 しかし、いろいろな人がいるもんですね。
昔住んでいた近くの交番に、用も無く毎日のように立ち寄って愚痴って行く酔っ払いがいましたよ。
とんだ、迷惑な人々です。

  くうみんさんの機転の良さには、感心致しました。
 

 

 

 

Re: 偉いねぇ!

 小倉あん様

> くうみんさんみたいな人がいないと、日本は良い国にならない。
>
> 変なオヤジ、オバハンばかりの国になりそうだ。
>
> 年寄りだけでない。どこでもモンスター○○と呼ばれるバカ者が増殖している(泣)
>
 正職員は変な所で足引っ張られるのも嫌だから、黙っているようです。私はパートだから、言えたんだと思います。
 そうですよね、モンスター市民なんですよ、彼は。

> 障害福祉課が障がい福祉課になっても、中身が変わらなければなんにもならない。
> 基本法は障害者基本法のままだったはず。
> 看板変えればそれで良しではないはずだ!

 言い方を変えればいいってもんじゃないですよね。「障害」「障がい」…言い換えだけでは虚しい。

Re: No title

 るどるふくん様

>  そうかぁ~、くみんさんは役所に勤めていたんですね。
> 記事内容からは、想像出来ていませんでしが、文章をからはそんな感じが読み取れていました。
>
正職員じゃなくてパートです。私が働いていた市役所では窓口業務をしている人は、ほとんどパートです。

>  しかし、いろいろな人がいるもんですね。

 いろいろな人がいて、おもしろかったですよ。このおやぢも、うまく対処できれば楽しい思い出。

> 昔住んでいた近くの交番に、用も無く毎日のように立ち寄って愚痴って行く酔っ払いがいましたよ。
> とんだ、迷惑な人々です。
>
 あ、そういう人もいました。お気に入りの女性職員がいて、月一くらいで来るのですが、一方的に一時間以上話し込んでいました。

>   くうみんさんの機転の良さには、感心致しました。
>
 立場上、なにも言えない正職員の中には『小気味いい』と思っている人もいたみたい。 
>
>  
>
>  
>
>  

No title

きっとそんな性格ゆえ、誰にも相手にされない寂しいヤツなんでしょうよ。
だから相手してくれる公共施設でゴネるんだろうね。
可愛いじいちゃんなら、言わなくても面倒見てくれるだろうに。

Re: No title

めろん様

> きっとそんな性格ゆえ、誰にも相手にされない寂しいヤツなんでしょうよ。

 たぶん。

> だから相手してくれる公共施設でゴネるんだろうね。
> 可愛いじいちゃんなら、言わなくても面倒見てくれるだろうに。

 少し体が不自由だったのはあるけど、だからと言って人に理不尽な要求をしていいと言う訳ではありません。
「わしはかわいそうなんぢゃ」
 とか思っているのかも。

さびしいおぢさん

くうみんさん、こんにちは~
さびしがりやのおぢいさんおばあさんがいます。このおぢいさんを見てだれかかまってほしいんだとおもいました。でもこっちだって仕事でお給料時給でもらっているのですからお金にならない仕事はしたら叱られますよね。このおぢいさんももうそろそろ施設にいって係りを困らせるんでしょうね。

沖縄のシマトウガラシはそばで刻んでいるだけで目が痛くなりました。私の唐辛子は古いので飛んじゃったんだと思いますよ。タイの唐辛子はなれない人だったら口がはれちゃうかもしれませんね。

No title

そのおじさん、誰かにかまってもらいたいか、
立場が弱い人をいじめて優越感に浸りたいか、
どちらかでしょうね。
精神障害気味かも

きっとそうだ!

「私は彼だと確信している」
くうみんさんが確信するくらいだから、きっと彼なんだろう。

いやあ、いろんな人がいるねえ。市役所もたいへんだ。
くうみんさんの行動、なかなか出来ないことだと思う。
「変な人が来たら担当はくうみんさん」ってならなかった?大丈夫?

こんにちわ

休憩中にお邪魔します(*˙︶˙*)急遽休憩が増えて手持無沙汰です(笑)

そのおじさん、寂しのでしようね( ´Д`)=3
家族にも疎まれ、単身だとしても、やはり周囲から相手にされない(´;ω;`)

かわいそうな人だ。今からでもいいから施しを!←一番嫌な感じψ(`∇´)ψ

では間もなく午後の部始まりますのでコレで*\(๑•ω•๑)*

こんばんわ〜


くうみん様、ナイスな対応v-218
しかし、いろんな人きますね(笑)

Re: さびしいおぢさん

delica様

> くうみんさん、こんにちは~
> さびしがりやのおぢいさんおばあさんがいます。このおぢいさんを見てだれかかまってほしいんだとおもいました。でもこっちだって仕事でお給料時給でもらっているのですからお金にならない仕事はしたら叱られますよね。このおぢいさんももうそろそろ施設にいって係りを困らせるんでしょうね。
>
 さびしいのは判るけど、もっと他に構われる術があるだろうに。
 
> 沖縄のシマトウガラシはそばで刻んでいるだけで目が痛くなりました。私の唐辛子は古いので飛んじゃったんだと思いますよ。タイの唐辛子はなれない人だったら口がはれちゃうかもしれませんね。

 沖縄の唐辛子も辛いと聞いたことがあります。暑い土地の唐辛子は辛くなるのかな。

 タイの唐辛子はほんと、強烈。一時この辛さにはまったことがありました。
 でも、今は日本の七味って辛さと香りがハモって、味わいが上品だと思います。

Re: No title

 キララ様

> そのおじさん、誰かにかまってもらいたいか、
> 立場が弱い人をいじめて優越感に浸りたいか、
> どちらかでしょうね。

 両方だと思う。あの嫌な笑い…

> 精神障害気味かも

 そっち方面の疑いもあったか。

Re: きっとそうだ!

 きたあかり様

> 「私は彼だと確信している」
> くうみんさんが確信するくらいだから、きっと彼なんだろう。
>
 うん、間違いない。

> いやあ、いろんな人がいるねえ。市役所もたいへんだ。

 変な奴に対処するのも仕事のうち。でも、おもしろかったよ。

> くうみんさんの行動、なかなか出来ないことだと思う。
> 「変な人が来たら担当はくうみんさん」ってならなかった?大丈夫?

 うん、なった。あはは、よく判るね。

Re: こんにちわ

 phiro様

> 休憩中にお邪魔します(*˙︶˙*)急遽休憩が増えて手持無沙汰です(笑)
>
 おお、仕事先か!

> そのおじさん、寂しのでしようね( ´Д`)=3
> 家族にも疎まれ、単身だとしても、やはり周囲から相手にされない(´;ω;`)
>
 相手にはされていないと思う。だけどそんなことばかりするからもっと相手にされなくなると言うの、判らないのかな。

> かわいそうな人だ。今からでもいいから施しを!←一番嫌な感じψ(`∇´)ψ
>
 う~ん、タカビーじゃ!

> では間もなく午後の部始まりますのでコレで*\(๑•ω•๑)*

 しっかり働くんだぞ!

Re: こんばんわ〜

 がちょー様

> くうみん様、ナイスな対応v-218

 はっはっは!変な客はくうみんさんへ、と。

> しかし、いろんな人きますね(笑)

 うん、会社だと仕事関係の人だから、仕事の話をして終わりだけど、そうじゃないもの。
 スーパーや飲食店も同じようなことがあるかも。

今晩は

お年寄りだからというよりも、いわゆる、「変な人」ですね。

アタシも気をつけないと。知らず知らずそうなってはいけませんゆえ。

^_^;

Re: 今晩は

大夫の監様

> お年寄りだからというよりも、いわゆる、「変な人」ですね。
>
 はい、そうです。

> アタシも気をつけないと。知らず知らずそうなってはいけませんゆえ。
>
> ^_^;
 
 監様は常識ある方と思います。知らず知らずと言うのは誰にでもあること。私も気を付けなくちゃ!
 と言う訳で、監様にたしなめられたこともためになっているのです。

 お宅をお尋ねしましたが、お留守のご様子、またの再会を楽しみにしております。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
FC2Blog Ranking 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR