介護問題を考える こっちも大変なことに…

 無事本土復帰を果たしたお父さんだったが、歩行訓練をしているにもかかわらず、家に帰ると日に日に弱って行った。いずれ歩けなくなるのは必死。

 加えておかあさんも変だ。冷蔵庫に、入れなくてもいいレトルト食品や缶詰、調味料を入れている。
 タッパウエアのふたと本体、別々にしてしまって、どれがどのふただかわからなくなった。 
 水道の栓をするのを忘れて、水が出しっぱなしで、そのたびにくうみんが締めに行った。誰かがいる時ならいいけど、普段はそのまま?水道なら最悪、床が水浸しになる程度だけれど、もしこれがガスだったら?

 あぶない。

 またいい施設を探さなきゃ。先に入居したワタミはもう満室だし、入居金二人分は払えない。
 二人一緒に入れて、良さそうな所をPC検索で探してプリントアウトした。

 それも大変だが、こちらも大変なことに。

 2008年8月、何とくうみんの乳がん発覚。

 もうくうみんは戦力から離脱せざるを得なかった。
 世の中には自分も大変な病気を抱えていながら、親の介護もしなくてはならない人も多いと思うが、自分のことに専念できたくうみんは恵まれていたと思う。

 世の中には嫁に介護を押しつけて、文句だけ言う兄弟姉妹も多いと聞くが、そんなことは全くなかった。
 おじさんはあっちもこっちもで大変だったと思う。
 おじさんはくうみんを優先して、毎日見舞いに来てくれた。電車賃がバカにならないので自転車で1時間以上もかけて…

 くうみんが出しておいた介護施設の資料、お姉さん達が見つけて二人で見学に行ったそうだ。
「ここ、いいわね」
 お姉さん達が気に入って、今度はそこにお父さんとお母さん、二人で入居することになった。

 アミーユと言う施設だ。
 介護施設としては居室面積30平米ほど(普通は17~8平米程度)で、独立したトイレとお風呂が部屋の中にある。
 ミニキッチンもあって、普通のワンルームマンションに近い。

 立地も駅からほど近く、近くにしまむら、食品スーパー、ホームセンターもあり、まだ元気だけれど一人暮らしは心配と言う今のお母さんにちょうどいい。
 もちろん、体が言うことを利かなくなったらお世話もしてくれる。

 老人施設には夫婦部屋はあるにはあるが、少ない。
 と言うのも、じいさんと言うのはヘルパーさんに何か頼むのは気兼ねするので、女房に頼んでしまう。

「こういうことはお母さんがやることだ。ヘルパーさんの手を煩わせるのは良くない」
 じいさんと言うのはそう思ってしまうものらしい。

 と言う理由で、夫婦別部屋が好ましいという施設側の説明だった。
 入居金は必要ない。月々の支払いも手ごろ。部屋も広々している。ただ、食事はレトルト物を使っているのか、いまいちだった。

 お父さんとお母さんはふた部屋のうち、一部屋を居間にして、もう一部屋を寝室にしていた。仲のいい夫婦だった。

 いくら仲のいい夫婦でも、死が二人を分かつ時は来る。

 2、3年アミーユで二人暮らしていたが、体調を崩したお父さんは救急車で病院に収容された。なんちゃってクリスチャンだったお父さんは、神父さんに死ぬ前のお祈りをしてもらった。もうボケボケで意思の疎通もできなかったはずだが、
「ありがとう」
 と神父さんに言ったそうだ。

 入院する事3か月、お父さんは静かに息を引き取った。眠るように、と言うが、2か月くらいずっと眠ったまま、亡くなった。2010年3月のことだった。

 洗礼名 ペテロ 享年88歳。


 
 
 



ランキングに参加しています。
 面白いと思ったらクリックしてください。




FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 親の老後と介護
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

えっと、これは上手く行った例なのでしょうか?

二度目のところは良かったんですよね。夫婦で暮らしてたんですよね。でも別れがくるのは必然ですよね(泣)

師匠もご主人様もお疲れ様でございます(`;ω;´)

Re: こんばんわ

phiro様

> えっと、これは上手く行った例なのでしょうか?
>
 うまく行っていたと思います。

> 二度目のところは良かったんですよね。夫婦で暮らしてたんですよね。でも別れがくるのは必然ですよね(泣)
>
> 師匠もご主人様もお疲れ様でございます(`;ω;´)

 死が二人を分かつまで…と結婚式でも言うじゃありませんか。
 しかし、お母さんはお父さんが死んだのも判らなかったらしく、
「お父さんはどこに行ったのかしら」
 と、ずっと言っていました。

 まだ厄介なのが残っている…

No title

義理の家族が協力的だったことについては、よかったと思います。

私の義理の父も認知症になって、義理母が先に亡くなってから
「出かけたきり帰ってこない」と怒っていました。

くうみんさんのダンナ様も、いい人ですね。

Re: No title

キララ様

> 義理の家族が協力的だったことについては、よかったと思います。
>
 ひどい話も聞きますが、ほんと、良かった。

> 私の義理の父も認知症になって、義理母が先に亡くなってから
> 「出かけたきり帰ってこない」と怒っていました。
>
 あはは、きっと仲良かったのね。

> くうみんさんのダンナ様も、いい人ですね。

 いい人なんだけどね、私の親族が問題あり。

No title

大変な時に大ごとやったね。
でも、結果二人で同じところに入れたのは良かったね。
まぁ、食事はイマイチだとしても環境は大事よね。
と言っても食事は気になる。
私はこう言う施設は駄目だな~
旦那のイビキ、大きすぎて安眠できない。
同じ所で別室がいい。

No title

くうみんさんが戦線離脱って…理由が理由だけに。大変な事って重なるもんですね。どちらも当事者じゃないけど、おじさんもさぞ気を使った事と思います。
それにしても、夫婦で同じ施設ってあるんだぁ。
言われてみれば、私もそういう可能性が大ありなのかもしれない。くうみんさんもおじさんと一緒にってことありますよね?
女性からしたらこんな所にまで来て一緒かい!とツッコミ入れたくなるのかしら…ちょい不安…

たいへんだった

おじさん、大変だったね。もちろん、くうみんさんだって大変だったけど。
人生いろいろあるね。
人は年老いて、弱ったり病気したりは当然のことと言うか、いつかは訪れる事。介護する看病する自分とともに、介護される看病される自分のことを想像しました。
一日一日、大事に生きようと思いました。ありがとね。うるうるっ。涙
パート、嫌なら行くのやめよっと。と、社長ごめんね。(←最初から、出来ないからすぐ辞めるかも、他の人がみつかるまでの間だけ来るよ、と言ってあるのさ)

寒いです、今夜も

ま~ず、寒いです。
今日も晩御飯考えながらチャットしてたらネコがご飯をねだりに来たので外で煮干あげてたら家にはいってからぶるっちゃいました。お勝手に立つのがイヤなんですよね。今日ストーブに灯油入れました。

北海道のほうは大雪でたいへんらしいですね。

Re: No title

 めろん様

> 大変な時に大ごとやったね。

 今考えるとあっちもこっちも。だけど癌宣告されてから、私は自分のことしか考えられなくなって、
介護問題は頭の中から消えていました。

> でも、結果二人で同じところに入れたのは良かったね。
> まぁ、食事はイマイチだとしても環境は大事よね。
> と言っても食事は気になる。

 まだ元気なうちなら、スーパーへ行って好きなものを買えばいいんだけど、ヨレヨレになったらそうもいかないしね。味覚っていつまでも衰えないから。

> 私はこう言う施設は駄目だな~
> 旦那のイビキ、大きすぎて安眠できない。
> 同じ所で別室がいい。

 私もそうだな。いびきはないけど、何かと頼まれそう。

Re: No title

 シロー様

> くうみんさんが戦線離脱って…理由が理由だけに。大変な事って重なるもんですね。どちらも当事者じゃないけど、おじさんもさぞ気を使った事と思います。

 大変だったと思う。実際に動くのはお姉さん達だったけど、方針を考えるのはおじさんだったから。

> それにしても、夫婦で同じ施設ってあるんだぁ。
> 言われてみれば、私もそういう可能性が大ありなのかもしれない。くうみんさんもおじさんと一緒にってことありますよね?
> 女性からしたらこんな所にまで来て一緒かい!とツッコミ入れたくなるのかしら…ちょい不安…

 私がおじさんを看取ってから一人で入ることでしょう。
 そこで新しい恋を見つけるのよ、オホホ。

Re: たいへんだった

 きたあかり様

> おじさん、大変だったね。もちろん、くうみんさんだって大変だったけど。
人生いろいろあるね。

 あの時はもう大変な騒ぎ。

> 人は年老いて、弱ったり病気したりは当然のことと言うか、いつかは訪れる事。介護する看病する自分とともに、介護される看病される自分のことを想像しました。

 夜普通に寝て、朝いつまでも起きないから見に行ったら死んでいた、と言うのが一番だけど、なかなかそうは行かないからね。

> 一日一日、大事に生きようと思いました。ありがとね。うるうるっ。涙
> パート、嫌なら行くのやめよっと。と、社長ごめんね。(←最初から、出来ないからすぐ辞めるかも、他の人がみつかるまでの間だけ来るよ、と言ってあるのさ)

 働くのはお金を稼ぐ手段、お金はしたいことをするための道具。パートしていた時はパート仲間ができたことと、ちょこっと贅沢ができるのが楽しかったな。でも、今そんなに困っている訳でもないから、今を生きる、今を走る。

Re: 寒いです、今夜も

delica様

> ま~ず、寒いです。
> 今日も晩御飯考えながらチャットしてたらネコがご飯をねだりに来たので外で煮干あげてたら家にはいってからぶるっちゃいました。お勝手に立つのがイヤなんですよね。今日ストーブに灯油入れました。
>
> 北海道のほうは大雪でたいへんらしいですね。

 そちらは雪はそんなに降らないけど、とにかく寒いんですよね。母の実家が栃木でしたが、家の中でも息が白くなりました。
 ストーブに灯油入れるのも面倒なこと、ありますよね。風邪をひかないように、ご自愛下さい。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
FC2Blog Ranking 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR