ガンと言われた時は死ぬかと思った!

 最近せわしない。毎日何かしら、せねばならないことができる。と言う訳で少し時間が過ぎてマヌケだが、先日の新聞に次のような記事を見つけた。

 4月23日の読売新聞 がん診断1年以内 自殺リスク20倍

 国立がんセンターの追跡調査によると、そう言うことが判ったと言う。
 …解析に当たった国立精神神経医療研究センターの山内貴史研究員は「がんによる精神的ストレスは診断後の数か月間が最も強いとされる…診断から一年以内の心理的サポートが重要になる」と話している。

 今でこそこんなだが、判る!よ~く判る、死にたくもなる、その気持ち。
 くうみんにとって癌宣告は死の宣告の次に重いものだった。

「次の診察には家族の方と来てください」
 そう言われた時、ああ、がんなんだ…と思った。
 通い慣れていたはずの帰り道、何回も電車を乗り間違えてなかなか家にたどり着けなかった。

 次におじさんと行った病院の診察室で先生が、キッパリと言う。
「悪性です」

良く、漫画で
「ガ~~~ン!」
 とか言うけど、マジあんな感じ。

 温存で手術が終わってやれやれと思い、病理結果を聞く日になった。

 知っているガン友の中でくうみんが一番悪い報告だった。主治医も言いにくかったのか、最後の診察に回された。
 長い待ち時間、しりあがり寿の漫画を読んでバカ笑いしていたら呼び出しを受けた。
 どうせ大したことはなかろうと診察室に行くと、地獄に落とされた。

「強陽性の取り残し、おびただしい脈管侵襲あり。全摘の再手術をするしかない」

 こんな時は人間が悪くなる。心がすさむ。
「みんな自分じゃなくて良かったって思っているんだ。くうみんで良かったって思っているんだ」

 心配だから全部取って欲しいと言う人もいるらしい。でも、私は全摘は絶対に嫌だった。

 命とちちと、どちらが大切ですか?誰もが言った。そんなことも判らないあなたってバカね、と言わんばかりの態度をとる人もいた。

 泣いてばかりいた。

 なぜか再手術はしない方へと向かった。なんでこういう決定になったのか。何か大きな力が働いて、こうなったとしか思えない。

 それから私は性格が変わった。
 癌になる前の私はいつも下ばかり見ていた。おどおどと、人の顔色をうかがっていた。人の目を見て話すことができなかった。

 昔の私しか知らない人は、
「あんなのちょろいから、ちょっと強気に出れば、ヘラヘラ笑って引き下がる」
としか思っていない。バックトゥーザフューチャーの情けないお父さんみたいに思われていた。

 そうじゃない、私は以前の私じゃない。そんな奴には毒まんじゅうを送ってやるくらいの度胸は、今はある。

 ひねくれくうみんになった。

 たぶん、神様が
「このスットコドッコイ、いつまで寝ている気だ!カツ入れてやる!」
 と、カツを入れてくれたんだろう。私の中でくうみんが目覚め、それから生き始めたと思っている。


 がんの告知を受けて余命を知らされる。…余命を告げられた人はまずは鬱状態に陥ります。…この状態が6週間続くとされています。
 そしてこの鬱状態の後には2つの方向に分かれていきます。一つは逃避、一つは攻撃です。逃避の方向に行ってしまうとその行きつく先には自殺がある。(略)
 攻撃と言うのは自分ががんであることを強く主張することです。…それまで考えられなかったような積極性が出てくるとされています。 

 どちらにしても死への恐怖は人格を変えてしまうほどに大きなものなのでしょう。
 (リンパを流すと健康になる 大橋俊夫先生著)


 はい、怖かったです。私の場合、1度だけじゃなくて2段構えの絶望。そしてその後に出るわ出るわの絶望報告。抗がん剤によって無理の利かない体になった。ホルモン剤によって10年老化が進んだ。

 聞いてない!そんなこと聞いていない!

 そんなことばっかり。

 と言う訳で医者の言うことは聞かない、はぐれ患者になったのだ。
「再手術しなけりゃ死ぬぞ~」
なんて、まだ生きとるわい。

 癌宣告を受けた皆さん。明けない夜はありません。治療法がなくても、取りきれなかったとしても絶望することはありません。
 夜が明けたら、祭りが待っているぞ!

 癌、特に乳癌の治療法、接し方について皆に知ってもらいたいと言う思いから始めたブログなので、このブログはリアルの人にも見ていただいている。
「くうみんさん、あれ、おもしろいな。プッ」
「パートのおばちゃんⅩ、笑わせてもらいました、プッ」

 悲しい癌ブログにみんな感動してくれる。大物ブロガー気分だ。

 とにかく癌宣告を受けた皆さん!自分では死ぬな。人生は楽しむためにある。

 お互い死ぬまで楽しもう!

  


  ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。


FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

見ました

この記事は気になってました。
私の場合は「破産」でしたので、ひとくくりには出来ませんが、、、

Re: 見ました

ナーキー様

> この記事は気になってました。
> 私の場合は「破産」でしたので、ひとくくりには出来ませんが、、、

 見ましたか?
 ナーキー様は破産なさったんですか?それは大変だったでしょう。
そう言えばありますね、貴ブログに破産のカテゴリ。

 今度ゆっくり読ませていただきます。

知り合いから聞いた話です。
「ずっと自転車操業だったが、万策尽きてもう不渡りを出すしかない、と判った時、初めてぐっすり眠れた」
 と。

 お金の問題も、病気と同じように絶望することだと思います。

 これからもお互い、できる範囲内で日々を楽しみましょう。

こんばんわ

私もこの記事見覚えがあります。読売?

師匠は今人生を生き直しているんでしょうか?
今のおもろい師匠はその最中?

私もそういう風にやっていきたいです。
自死は私、考えたことありません。
ひとを傷つけるからです。

そういうことが考えられなくなった時が終わりなんでしょうね。

師匠のブログは同じ状況にある方たちのちからになっていると思います。
まとまらないコメになっちゃいました。
出直しますヾ(・◇・)ノ

No title

悲しい癌ブログだったの?ココ。
それは知らなかったな~

私はそうなるとどうなんだろう?
何より怖い体験をしたからもう怖いものは無い!
あるとしたら一つだけ。
再び喪う恐怖・・・
一度はあとを追おうと決意した死にぞこない。
それから先はおまけの人生。
年取る事はあちらに近づくと言う事だから大歓迎♪
な~~んて思っているが、実際余命宣告をされたら慌てるのだろうか?
そうなってみないと実際は分からないね。
余命いくばくもない?友は、死んだら息子に会えるとスッキリした顔をしているけどね。

No title

その記事私も見ました。

私の場合は違う病気だったけど、大きな病名を告げられるとショックを受けますよね。
当時のメル友に「そんなの気の持ちようだ」と書いてきた人がいて、
速攻でメル友辞めました。
気の持ちようで全ての病気が治るのなら、医学なんて必要ないよね。
色々体験することで人の痛みがわかったり強くなったりするのでしょうね。

No title

今晩は。
素晴らしいですねえ。くうみんさんは。

Re: No title

めろん様

> 悲しい癌ブログだったの?ココ。

 はい、そうですが、何か?

> それは知らなかったな~
>
 なんで~。

> 私はそうなるとどうなんだろう?
> 何より怖い体験をしたからもう怖いものは無い!
> あるとしたら一つだけ。
> 再び喪う恐怖・・・

 めろんさんの悲しみとはまた違うことだと思う。自分自身のことはあきらめがついても、
子供のことはなかなかあきらめがつかない。

> 一度はあとを追おうと決意した死にぞこない。
> それから先はおまけの人生。

 そうだったの…

> 年取る事はあちらに近づくと言う事だから大歓迎♪
> な~~んて思っているが、実際余命宣告をされたら慌てるのだろうか?

 この方面の苦しみは克服したけど、あっち方面はだめとかあると思う。
私の苦手はやっぱりあります。

> そうなってみないと実際は分からないね。
> 余命いくばくもない?友は、死んだら息子に会えるとスッキリした顔をしているけどね。

 その時になってみないと判らないって、真実だよね。私はまだ余命宣告はされていない。
でも、近藤誠先生によると、余命宣告もあてにならないと…あと半年と言われて十数年生きたとか、
よくある話らしい。

No title

こんにちは
いつもすごいなぁと思いながら読ませていただいています。
その経験があるからこそ
「今のくうみんさん」が生まれたんですね

今のくうみんさんこそ、本当に生きているってことだと思います。

わたしは前夫の死別、お金の執着すべてを失う恐怖を味わいました

自分以外のすべてのひとが幸せに見えてとても孤独で
欝を発症しましたが

わたしにも「気の持ちよう」という方がいましたが

自分で超えるまでは見えないものがあるのだと思いました。

何かひとつ超えるたび、強く優しくなれる・・そんな人生を送りたいですね

Re: No title

 キララ様

> その記事私も見ました。
>
 見ましたか。

> 私の場合は違う病気だったけど、大きな病名を告げられるとショックを受けますよね。
> 当時のメル友に「そんなの気の持ちようだ」と書いてきた人がいて、

 気の持ちよう、それは確かにそうだと思うのですが、気の持ちようを変えるのが大変なことなのです。
「つらいにもかかわらず、そのつらい気持ちを変える」ことが、どんなに難しいことか。

 他に、「死んだ気になれば何でもできる」って言われたことがあるけど、死んだ気になんてなかなかなれるものじゃない。
 あまりにも簡単に考えすぎているとしか思えません。

> 速攻でメル友辞めました。

 はい、さよなら。

> 気の持ちようで全ての病気が治るのなら、医学なんて必要ないよね。
> 色々体験することで人の痛みがわかったり強くなったりするのでしょうね。

 苦しい体験はできればしたくない。だけどいい人生にするためには必要なことかしらね。

Re: こんばんわ

phiro様

> 私もこの記事見覚えがあります。読売?
>
 コメ返しの順番を間違えてごめんなさい。
 そう、読売です。

> 師匠は今人生を生き直しているんでしょうか?
> 今のおもろい師匠はその最中?
>
 そうだねえ、今まで寝ていたから、年だけ取ってしまった。
どうするのが後悔しないか、どうしたいのか、それを基準に考えています。

> 私もそういう風にやっていきたいです。

 大丈夫、君ならできる。

> 自死は私、考えたことありません。
> ひとを傷つけるからです。
>
 そうだね。周りのみんなが悲しむもの。

> そういうことが考えられなくなった時が終わりなんでしょうね。
>
 そこまで追い詰められてしまうこと、これからあるかな?私の場合、もう人生後半戦。

> 師匠のブログは同じ状況にある方たちのちからになっていると思います。

「あなたのブログをいつも腹を立てながら読んでいます」と言われたこともある。
人生いろいろ、意見もいろいろ。

> まとまらないコメになっちゃいました。

 そんなことはないです。

> 出直しますヾ(・◇・)ノ

 あいよ。

Re: No title

大夫の監様

> 今晩は。
 
 おはようございます。またちょっとお留守にしていたようで。

> 素晴らしいですねえ。くうみんさんは。

 いや~、それほどでも~。

 

Re: No title

HarmonyLotus様

> こんにちは
> いつもすごいなぁと思いながら読ませていただいています。
> その経験があるからこそ
> 「今のくうみんさん」が生まれたんですね
>
 そう思います。

> 今のくうみんさんこそ、本当に生きているってことだと思います。
>
> わたしは前夫の死別、お金の執着すべてを失う恐怖を味わいました
>
> 自分以外のすべてのひとが幸せに見えてとても孤独で
> 欝を発症しましたが
>
 再手術宣告のときは、私も他の癌友がうらやましくて、妬ましくて、癌友が友達に見えなかったことがありました。
 HarmonyLotus様も波乱万丈の人生だったのですね。

> わたしにも「気の持ちよう」という方がいましたが
>
 どこにでもいるなあ、そういう人。

> 自分で超えるまでは見えないものがあるのだと思いました。
>
まだまだ乗り越えるべきものはあるのですね。

> 何かひとつ超えるたび、強く優しくなれる・・そんな人生を送りたいですね

 強く優しく…そうありたいです。
 

No title

くうみんさんのブログは勢いがあっていいです。
勢いって大事。

Re: No title

みちこ様

> くうみんさんのブログは勢いがあっていいです。
> 勢いって大事。

 ありがとうございます。過去、そう言ってくれた方がいらっしゃいました。
松風さん、どうしていますか?

 みちこ様って皇后陛下のようで畏れ多くって、う~ん、どうしましょ。

No title

自分が一番精神的にきつかったのは、
ガンかどうか結果が出るまでの期間が一番しんどかったです。
(検査は痛いし!)

「アンタは、乳がんです!」
と宣告されてからは、スッキリしたというか…
なるようにしかならん。…と。
受け入れたくなかったけど、受け入れるしかないワケで(--;)。

くうみんさんには、ずいぶん励まして頂きました。
こういう病気って、実の親・兄弟・旦那とかでも分かって貰えない事が
多くて…。

くうみんさんのブログに出逢ってなかったら、結構モヤモヤした
くら~~い後ろ向き志向のガン患者になっていたかもしれません。

先の事は分からないですが、ひとまず自殺は絶対しません。
(怖くてできません)
両親よりも長生きするのが、私の自分へのミッションです。



Re: No title

男爵様

> 自分が一番精神的にきつかったのは、
> ガンかどうか結果が出るまでの期間が一番しんどかったです。
> (検査は痛いし!)
>
 そうかあ?検査中は、「どこも悪くないのに」と思っていました。
マンモは痛いね。

> 「アンタは、乳がんです!」
> と宣告されてからは、スッキリしたというか…
> なるようにしかならん。…と。
> 受け入れたくなかったけど、受け入れるしかないワケで(--;)。
>
 ふ~ん、人によって違うものだねえ。受け入れたくないけど、受け入れざるを得ないと言うのは、
同じだけど。

> くうみんさんには、ずいぶん励まして頂きました。

 いや~、それほどでも…

> こういう病気って、実の親・兄弟・旦那とかでも分かって貰えない事が
> 多くて…。
>
 それはある。がんばってくださいとか、体調はどうですかとか、言われるのは嫌なんだけど、
「みんな心配して言っているのに。お前はがひねくれている」
 とか、おじさんから言われた。でも、がん患者ってそう言われるのは「嫌だ」と言う人、かなり多い。

 ブログがなければ、そう言ったことも判らないで、自分がひねくれているからだと思ってしまっていたところ。ブログってすごいと思う。
 男爵ともブログがなければ絶対に出会わないだろうし。

> くうみんさんのブログに出逢ってなかったら、結構モヤモヤした
> くら~~い後ろ向き志向のガン患者になっていたかもしれません。
>
 お母さんが暗いと家庭が暗くなる。家庭が暗いと旦那は浮気、坊ちゃんはグレる。

> 先の事は分からないですが、ひとまず自殺は絶対しません。
> (怖くてできません)

 そうだよね、取りあえず自分で死ぬのは怖いよね。
 切れば血が出るし、絞めれば苦しい。

> 両親よりも長生きするのが、私の自分へのミッションです。

 うちはじいさんどもはもう死んだから、ばあさんどもを看取らねば。まあ、大丈夫でしょう。

No title

くうみんさん、こんにちは。

ブログ記事の中に 「なぜか再手術はしない方へと向かった。なんでこういう決定になったのか。何か大きな力が働いて、こうなったとしか思えない。」 
とありましたが、ほんとうにそういうことってありますね。

悪いと思うことの背後に神のすばらしい計画があること、
私たちにとっては起きて欲しくなかったことを通して
神が与えようとしておられる祝福があり 
そのことを通してしか受けることのできない恵みがある・・・ 
このように教えて頂いていますし、
実際に体験もさせていただいています。 

これからもさらにくうみんさんのうえにすばらしい計画が開かれ
祝福と恵みが豊かにありますように! 

Re: No title

petero k様

> くうみんさん、こんにちは。
>
> ブログ記事の中に 「なぜか再手術はしない方へと向かった。なんでこういう決定になったのか。何か大きな力が働いて、こうなったとしか思えない。」 
> とありましたが、ほんとうにそういうことってありますね。
>
 petero kさんも、同じようなことがつい最近ありましたよね。無事の帰還、おめでとう。

> 悪いと思うことの背後に神のすばらしい計画があること、
> 私たちにとっては起きて欲しくなかったことを通して
> 神が与えようとしておられる祝福があり 
> そのことを通してしか受けることのできない恵みがある・・・ 
> このように教えて頂いていますし、
> 実際に体験もさせていただいています。 
>
 起きて欲しくないことも、必要なことなのですね。偶然はない、すべてが必然と聞いたことがあります。

> これからもさらにくうみんさんのうえにすばらしい計画が開かれ
> 祝福と恵みが豊かにありますように! 

 ありがとうございます。しかしどうも、最近悪気はないけど、やらかしてしまったり、
これで大人かしら、みたいなところもあるので、神様も苦笑いしているのではないかと思います。

 関係ありませんが私の義父のクリスチャンネームはpeteroです。

パスタについて・・・

こんにちは~
最近パスタのかんたんさに気がついて、年がら年中パスタを考えています。しかし、やっぱりパスタは奥が深いです。ボケ防止にはいいかもしれません。

気がついたらいろいろ教えてくださいな。

Re: パスタについて・・・

delica様

> こんにちは~
> 最近パスタのかんたんさに気がついて、年がら年中パスタを考えています。しかし、やっぱりパスタは奥が深いです。ボケ防止にはいいかもしれません。
>
 ボケなんてそんな。

> 気がついたらいろいろ教えてくださいな。

 delica様の方が詳しいもの。こちらこそいつも教えていただいています。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR