ああ情けない記事発見 ガン記事出たところで くうみん過去を語る

 某掲示板でこんなん見つけました。
 
「私も乳癌を患っております。なんでも先生にお任せすれば大丈夫と思っていたのですが、何だか腑に落ちないことばかりなのです。

 最初の診断では1期という説明でした。ところが手術の前日の説明では、2期a、手術後の診察では2期のbに入っていましたという説明、そしてさらに詳しい病理検査の結果、今後の治療方針を聞くと、(略)

 取り残しがあるので全摘の再手術の上、放射線をかけて、薬物療法はもちろん抗癌剤と、ホルモン療法です。この説明を受けて、かなりショックで、ステージとしてはどこになるのか聞く余裕がなく、また、全摘をするまでの覚悟ができず、今は抗癌剤治療を先にしてもらっています。

 いずれ、全摘。(略)でも、その上放射線もかけるとなると、再建も難しくなるし…
 主治医は「おれを信じろ!」って感じなのですが、どうもこれほど見立て違いがあると不信感を感じます」


 それに対し、皆さん、
「それは見立て違いではない、ガンと言うものは切ってみないと判らないものなのだ」
と言う意見。


 それに続けて投稿者の意見。
「そういうこともあるということ、皆さんから教えられました。『癌は怖くない』とか『医学の進歩』とかいいますがやはり癌は怖い病気なんだというのが私の実感です。

 今は抗癌剤で脱毛、胃の不快感が主な症状です。(略)

 癌の治療というのは命を上積みするものと思っておりました。(略)しかし、命の総量は決まっていて、うどんくらいの太さにするか、ソバくらいの太さにするか、そういうことじゃないかと今は思っています。

 皆さんのご意見を参考にするに、主治医は延命のためにはこれが一番、という方法を示していると思われます。
 でも、単に延命だけでなく、最近話題の生活の質を考えると素直になれないのです。
 全摘の上、放射線。あるそうです。全摘して再発というと、胸壁(周囲のリンパ節や、肋骨)になるそうです。

 その再発を防ぐためには全摘の上、放射線は有効なのがわかっているそうです。

 でも、そんなことをしたら、癌もぼろぼろになるかもしれませんが、私もぼろぼろになるのではないかと思うのです。象のようにむくんだ両手で、『これ、どうにかなりませんか?』と言っても、『命が助かったのだからありがたく思え』とか、よくある話です。

 皆さんのご意見をありがたくお聞きしました。主治医は私のためを思って治療法を考えているのです。しかし、私はそれを受け入れることが今でもできません。

 治療を拒否するのはそんなに悪いことでしょうか?」


 それに対し、皆さんの厳しいご意見

確かに治療拒否は患者の権利ですが、とした上で、
「さて、乳癌2b期では、一般的にQOLも考慮した上で、手術を行った方がよいとされています。化学療法は著効するわけではありません。「いずれ全摘」で済めばいいですが、遠隔転移する可能性もあり、その確率は手術+放射線より高いです。それでも化学療法がいいのですか?

 ちなみに、乳房再建は腹部の皮膚と皮下脂肪を使ってできます。ご存知ですか?」
 
次に、あ~あ、と思いますけど、と言う題名で、

 医学的に見て、『今しかない』『この治療法しかない』という患者さんが、誤った知識や思い込みで拒否していると、もったいないというか、端的に言うと「こうしている間に、治療可能から手遅れに移行しちゃうかも」と思ったりします。

 乳癌に限りませんが、胸を開けてみたら想定より進んでいたということはよくあります。
 それと、手術+放射線だと、放射線治療だけの場合などより照射量が少ないので皮膚障害も少ないはずで、腹部の脂肪と皮膚を使う乳房再建術などには問題ないと思うのですが?


上記二つの意見は化学療法より手術+放射線の方が効果があると言う意見です。再建だって可能だと。 

 
 ああ!根性なしの患者!ダメ患者!手術や抗がん剤が有効と思い込んでいるバカ患者!でも手術はしたくないなんてアホの極み!

 かわいそうなことを言うなって?

 この投稿者、5年ちょっと前のくうみんです。



ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。


FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

うう(´;ω;`)

おもしろいいっていいのかわからないけれどクリックしました。

悩むのは当然です。
ダメでもバカでもアホでもありません。

言えるということは、その掲示板に返事をしたひとたちが大バカです。
悪意があります。

師匠はバカではないですよ~(泣)

Re: うう(´;ω;`)

phiro様」

> おもしろいいっていいのかわからないけれどクリックしました。
>
 いつもありがとう。私もphiroちゃんの所に行ったときはポチしています。
 
> 悩むのは当然です。
> ダメでもバカでもアホでもありません。
>
 おお、そうか!

> 言えるということは、その掲示板に返事をしたひとたちが大バカです。
> 悪意があります。
>
 うう、ありがとう。言うことごもっともなんですが、イマイチ優しくないなと。

> 師匠はバカではないですよ~(泣)

 いや~、数学の成績、ひどいもんだったからな~。

No title

そりゃ~素人は専門家であるはずの先生の言うことは間違いないと思いますよね。
まして、ガン=死、という構図はまだまだ根強い。
でも、何でもそうですが昔はこれが最高!と思ったやり方がそうではなかったと言う事はよくあるよね。

私の友達も納得がいかないと、病院に行く事を拒否しました。
それで結果がどうなろうと自分の選んだ道だから後悔は無いと。
実際、一昨年までの余命宣告を受けましたが、一年無事に過ごせました。
ちょっと今、また悪くなって来ているんですが、彼女は決して後悔などもしてないし、まだあきらめているわけでもない。

余り自信たっぷりの医者は、私は逆に信用できない天邪鬼。
身に降りかかったら、きっとセカンドオピニオン・・・サードもありかな?


Re: No title

 めろん様

> そりゃ~素人は専門家であるはずの先生の言うことは間違いないと思いますよね。

 そうなんですよ、めろんさん。

> まして、ガン=死、という構図はまだまだ根強い。

 うん、ガンと言われた時は死ぬかと思った。

> でも、何でもそうですが昔はこれが最高!と思ったやり方がそうではなかったと言う事はよくあるよね。
>
> 私の友達も納得がいかないと、病院に行く事を拒否しました。
> それで結果がどうなろうと自分の選んだ道だから後悔は無いと。
> 実際、一昨年までの余命宣告を受けましたが、一年無事に過ごせました。
> ちょっと今、また悪くなって来ているんですが、彼女は決して後悔などもしてないし、まだあきらめているわけでもない。

 そのお友達のように、真実を見定めて自分で判断するような人は、死に怯えるようなことはありません。納得できないことはしない、この当然のことができないのは、医者は偉いんだと言う思い込みでしょうか?

 どうも周りを見ると、治療拒否している人の方が元気で明るい。
>
> 余り自信たっぷりの医者は、私は逆に信用できない天邪鬼。
> 身に降りかかったら、きっとセカンドオピニオン・・・サードもありかな?

 この後サードオピニオンまで聞きましたが、思わしくない返事。でも、したくないことはしたくない。

5年前のくうみんさん、ごくろさまでした。

コメントしている人たち、何でそんなに自信たっぷりなんだろね?
いや、
自信がないから、異論を持つ人に噛みついて、自分を無理やり正当化してるのか?
・・・失礼、どうでもいいことですね。

自分の道は自分で決める。その爽快さったら、サイコーですよね。

Re: 5年前のくうみんさん、ごくろさまでした。

びんぼっちゃん

> コメントしている人たち、何でそんなに自信たっぷりなんだろね?
> いや、
> 自信がないから、異論を持つ人に噛みついて、自分を無理やり正当化してるのか?
> ・・・失礼、どうでもいいことですね。
>
 患者じゃなくて、医療関係者かな?その他に優しい言葉をかけてくれる人もいたけど、
「現代医学を信じて、やけを起こしてはいけない」
 と言う人が大半、
「医者と言うのは切りたがるもの、セカオピを」
 と言う人一名。
「信頼できなくなったら、もう終わりだから転院を」
 と言う人数名。

 この頃は医学を信じていたけど、今見ると不信感が芽生えていますね。

> 自分の道は自分で決める。その爽快さったら、サイコーですよね。

 うん!医者の言うことは参考程度。「医者だから偉い」とも思わなくなる。
これが正しい患者道。

 

No title

随分と攻撃的なレスですね。患者の気持ちをまったく考えていない。
医療関係者かな。
私のブログでも、栄養学に疑問を呈した記事に噛み付いて、
しつこく攻撃してきた専門家がいましたよ。
専門家って素人が疑問を持つことを許さない傾向がありますね。
自分の直感を信じることが身を守ることになるのかも

Re: No title

キララ様

> 随分と攻撃的なレスですね。患者の気持ちをまったく考えていない。
> 医療関係者かな。

 たぶんそう思います。

> 私のブログでも、栄養学に疑問を呈した記事に噛み付いて、
> しつこく攻撃してきた専門家がいましたよ。
> 専門家って素人が疑問を持つことを許さない傾向がありますね。
> 自分の直感を信じることが身を守ることになるのかも

 そう言えばキララさんも健康に関しては自分なりの意見を持っていますよね。
一般的に正しいと言われていることでもちょっと考えてみたら?な所があるとか。

 専門家は全部ではないにしても、料簡が狭い人もいますね。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR