実は大変な日々 その後

 毎日ご飯を食べさせに行くなんて勘弁。めんどくさいな、嫌だな。こんなことを言ったらブーイングだろうか?

「なんて人なの?!親のためのことをメンドクサイなどと」
「嫌だなんて、なんて冷たいのかしら?!」
 なんて言われちゃうのかな。

 しかし、お姉さん方のそのブーイングは施設の方に向かった。
「寝たきりになったら毎日こんなことをさせるの?!」
「看取りまでするって言っていたじゃない!」

「そ、そうですよね、お姉さん方。これって施設の仕事ですよね」
 うちはよくおじさん母に会いに行く。おじさんは自営なので、時間の都合がついた時を見計らって、毎日のように行っているし、くうみんだってよく会いにいく。お姉さん達も片道2時間かけて月に2回くらい来ている。

 あの家はよく来る。ならば食事の面倒も見てくれるだろう。そう思われたんだと思う。
 しかし、時間を見つけて会いに行くのと、決まった時間に仕事をしに行くのは全然違う。

 おじさんから施設長に言ってもらった。
「ベッドから車椅子に移動させるのが大変だから、人手のある時間に早めにベッドに移動させて部屋での食事介助は家族で、ということですが、施設がすべき仕事を利用者にさせるというのは間違っていませんか?」
 施設長はあっさり引き下がった。

 ということでこっちの件は落着したのだが、おじさん母の骨折問題がまだ未解決だ。
 施設付きのT医師は、ヤブA病院からの申送り状を見て驚いたという。
「ふつうは、今後の扱いについて書いてあるものなんですが、それが全く書かれていないのです」
「まーっ!やっぱりヤブA病院!」
「それでですね、私は内科医なもので、今度はちゃんとして先生…と言っては失礼ですが、診ていただいた方がよろしいかと」
「それじゃ先生、ちゃんとした病院、紹介願います」

 ということで先日ちゃんとした病院に行ってきた。
 介護タクシーを頼んで、病院に降り立つ。まだ新しい明るいロビー、キビキビ働く事務員、看護師…
「ここがちゃんとした病院」
 鼻の穴をふくらませても、ヤブA病院のような変に臭いはしない。

おじさん母はリクライニング式の車椅子に寝ている。リクライニングの車椅子はリヤカーのようだ。
 リヤカーに母親を載せて移動する中年夫婦…リヤカーの上でしゃべりまくる老婆…

 受付を済ませ、待合室で待つ。しゃべりまくる老婆、不安げな中年夫婦。見かねたのか、看護師が空いている診察室で待つように言ってくれた。
「先生はここにお呼びしますから」
「ありがとうございます」

 おじさんは診察用ベッドに寝そべって本を読んでいる。しゃべりまくる老婆…長い待ち時間。

 2時間ほど待って女の先生登場。慌てて起き上がるおじさん。

「今までヤ…A病院に入院していたのですが」
 最初におじさんは手術はしないとはっきり言った。しかし先生はなぜしないのか?という感じだった。
「え~、でも、ヤ…A病院では命がけの手術だと聞きましたが」
「そんなことはありません」

 レントゲンを見たが、この分なら骨頭だけ替えれば済むこと、この手術を受けるのは高齢者がほとんどだが、翌日からリハビリをすること、手術したほうが今後の痛みも軽減すること、そんなに難しい手術ではないこと。
「手術時間も1時間程度ですよ」
「一時間!」
 くうみんのちちの手術ですら3時間かかったのに!1時間で済む?!
「車椅子もリクライニングじゃなくて大丈夫です」

「ヤ…A病院で聞いた話とかなり違います。もう一度考えてみます」
 そう言って、診察室をあとにした。
「はじめからこの病院に入っていたら、今頃もう歩いていたかも…」
「そうだね、おじさん」

 手術したはいいけど、くっつかなかったという話も聞く。もう一度メリットデメリット確認して決めることになった。

 仕切り直しだ。は~。



 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

セカンドオピニオンはやっぱ必要ね。
私も肩書きだけは立派なヤブ医者にかかっていなければ、今頃は普通の生活をしていたのに、と悔やまれる。
頭に?マークが出たら、一刻も早く病院を変わるべきだね。

お疲れ様~

No title

こんばんは。

とりあえず施設もちゃんとやってくれるみたいでよかったですね。

それにしてもA病院のヤブっぷりには笑った。あそこまで色々とヤブなのはなかなかない。

介護の問題

介護は今後あたしにも深刻な問題としてやってくると思われ、
他人ごとではありません。

アタシの場合、姑を憎んでいるので、精神的にかなりきついです。
彼女だってつらいと思います。
いつかこんな時が来るんだからあんなに大々的にいじめなければ良かったのに、彼女も想像力がないというかなんというか・・・
ま、アタシが嫌いだったんでしょう。

病院に連れて行くとしたって、姑とアタシタチはかなり遠くに住んでいるので、どうしていいやら途方にくれます。

病院選びは大事ですね

くうみん様

こんばんは。

われわれ素人ではなんでも病院の言いなりになりがちですね。

きちんと観察し対処されているくうみん様は素晴しいです。

私も見習います。

手術

あらら、ずいぶん話が違いますねえ。
手術してもよさそうじゃありませんか。

うちの父は、手術は家族がビックリするほど短時間で終わって、大成功って
主治医も仰ったのですよ。
でも、「手術をする=寝たきりになる期間がある=下の世話を受ける」という
そのことに、父は性格的に耐えられませんでした。

お義母さんは、性格的には大丈夫、手術に耐えられそうですね。
手段は何であれ、少しでも元の動ける状態に近づけるといいですね。

それにしても、何とも怠慢な施設ですね。
施設庁が引き下がってくれてよかったです。

とはいえ、まだしばらく大変そう。お二人も、心身の健康に気を配ってくださいね。

医者も選ぶ時代

本当に悔しいですね。医者の善し悪しで人生がこれほども大きく変わるのですから。

Re: No title

> セカンドオピニオンはやっぱ必要ね。
> 私も肩書きだけは立派なヤブ医者にかかっていなければ、今頃は普通の生活をしていたのに、と悔やまれる。
> 頭に?マークが出たら、一刻も早く病院を変わるべきだね。
>
> お疲れ様~

 めろんさんも医者替えたんだっけね。早く替わったつもりだったけど、もっと早いほうが良かった。高齢で手術というのに、拒否反応しすぎたかも。
 不幸中の幸いは、ヤブA病院で手術しなかったこと。

Re: No title

> こんばんは。
>
> とりあえず施設もちゃんとやってくれるみたいでよかったですね。
>
 マジ、助かった。ずっとこんなじゃ旅行にも行けない。

> それにしてもA病院のヤブっぷりには笑った。あそこまで色々とヤブなのはなかなかない。

 フィットネスクラブでも、行きつけの寿司屋でも、
「あそこに入院したら生きて帰れない」
とまで言われている病院でした。

 施設付きの医師まで、「A病院ではなく、ちゃんとした先生に診てもらった方が」と言っていたのが笑えるというか、めまいがすると言うか。
 

Re: 介護の問題

> 介護は今後あたしにも深刻な問題としてやってくると思われ、
> 他人ごとではありません。
>
> アタシの場合、姑を憎んでいるので、精神的にかなりきついです。
> 彼女だってつらいと思います。
> いつかこんな時が来るんだからあんなに大々的にいじめなければ良かったのに、彼女も想像力がないというかなんというか・・・
> ま、アタシが嫌いだったんでしょう。
>
> 病院に連れて行くとしたって、姑とアタシタチはかなり遠くに住んでいるので、どうしていいやら途方にくれます。

 義母とうまくいっていないところも数多いと思います。そう、こうなった時に気持ちよく世話になれるよう、いぢめたりしないよう、心がけなくては。
 そういう場合は、先のことを心配するより、そうなったらその時考えようって開き直るのがいいかも。
 

Re: 病院選びは大事ですね

 花ばあば様

> くうみん様
>
> こんばんは。
>
> われわれ素人ではなんでも病院の言いなりになりがちですね。
>
> きちんと観察し対処されているくうみん様は素晴しいです。
>
> 私も見習います。

 専門家(医者)の言うことが一番正しいと思うのは正論です。
 医者を疑ってしまうのはやっぱガン治療のことが大きいです。私だって言いなりでしたが、ひどい副作用、後遺症で「なんぢゃ、こりゃ!」と思ったのが疑いの始まり。

 せめてセカンドオピニオンは聞いた方がいいかと思います。

Re: 手術

 mamatam様

> あらら、ずいぶん話が違いますねえ。
> 手術してもよさそうじゃありませんか。
>
> うちの父は、手術は家族がビックリするほど短時間で終わって、大成功って
> 主治医も仰ったのですよ。
> でも、「手術をする=寝たきりになる期間がある=下の世話を受ける」という
> そのことに、父は性格的に耐えられませんでした。
>
> お義母さんは、性格的には大丈夫、手術に耐えられそうですね。
> 手段は何であれ、少しでも元の動ける状態に近づけるといいですね。
>
 お父様は一時的でも下の世話を受けるのが嫌だったんですね。義父がオムツを着けるときはみんなで
「これは紙のパンツだ!」
と言い張りました。

 義母はすでにかなり認知症が進んでいるので、下の世話を嫌がるということはないです。今のところ私の中では手術したほうがいいのではないかと思っていますが、おじさんやお姉さんはどう思うか?

> それにしても、何とも怠慢な施設ですね。
> 施設庁が引き下がってくれてよかったです。
>
> とはいえ、まだしばらく大変そう。お二人も、心身の健康に気を配ってくださいね。

 初めのうちは仕方ないと思っていたけれど、やっぱりおかしいですよね。こう言っちゃなんですが、高い金払っているのに。
 食事介助をこちらでするなら、その分料金から引いて欲しい。

 

Re: 医者も選ぶ時代

 キャロリン様

> 本当に悔しいですね。医者の善し悪しで人生がこれほども大きく変わるのですから。

 マジ、勘弁してくれです。お互いヤブ医者には気をつけましょう。

No title

施設に入れた親の面倒を毎日見に行かないからと責める人がいたら、
それは「介護」というものを自身が経験、あるいは身近で見聞きしたことがない人でしょうね。

評判の悪い病院の話は聞くけど、それにしてもA病院のひどさは
そうとうなもののようですね。
自分で搬送先を選べない救急病院にそういうのが多いとか聞いたことある。

Re: No title

キララ様

> 施設に入れた親の面倒を毎日見に行かないからと責める人がいたら、
> それは「介護」というものを自身が経験、あるいは身近で見聞きしたことがない人でしょうね。
>
 ご飯食べさせるだけでもかなりのプレッシャー。時間を気にしていないといけない。お下の世話までする家庭介護の大変さは想像を絶する。

> 評判の悪い病院の話は聞くけど、それにしてもA病院のひどさは
> そうとうなもののようですね。
> 自分で搬送先を選べない救急病院にそういうのが多いとか聞いたことある。

 近所でも評判のヤブで、「あそこに入ったら生きて帰れない」とまで聞きました。
怪我したのが日曜日で、そこしか受け入れ先がなかったと。
 支払いの方も納得できないことがあったので、まだ払っていません。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
FC2Blog Ranking 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR