5年検診しようかよそか

 くうみんが乳がんの手術をして5年になる。がん友からは
「5年後検診見事クリアしました!」
「万歳、クリアです!」

 そういう知らせがたくさん来て、みんなガン友会でもしたい様子。そういう時はくうみんがガン友会を主催する。主催する人間は決まってしまう。やろうか、5年後検診クリアおめでとう会。

 しかし、主催する方、くうみんは検診していないのでクリアしているかどうかわからない。どうでもいいじゃないかそんなことは、治療する気はないんだし、と思うから。
 でも、なんとなく座りが悪い。どっちつかずの居心地の悪さ。再発したならした、しないならしない、白黒つけたくなった。

 26日は漢方の診察だ。よし、漢方の先生、福島先生に相談してみよう。
「あの~。先生、再発していないかな、なんて思いまして、検診しようと思うんですけど」
「ちょっと待って…(パソコン操作)ああ、あなた治療拒否しているのね、だったらそれを貫けばいいんじゃないの?」
「いや、でもなんか、座りが悪いというかなんというか…白黒つけたくなりまして。それに最近、ここら辺が痛いんです」
 そう言ってくうみんは胸を指し示した。この場合、くうみんは「ちち」を指し示したつもりだった。

「あ、そこが痛いの?胸焼けでしょ?」
「えっ、胸焼けというとあの、焼き芋を食べ過ぎた時のアレですか?そうじゃなくてここが痛いんですけど。
 そう言って、くうみんはまたしても「ちち」を指差した。
「だからそこは胸焼けなんだよ。他に言い方がないから仕方ないの!」

 そう言うと、福島先生は
「そんなに検診したいなら、することにしよう、じゃ、予約はこの日に」
「ありがとうございます」

 やった~!この座りの悪い日々にもうサヨナラできる。そう思ってくうみんはルンルン気分で病院をあとにした。
「ああ、よかった、これで白黒はっきりできる。でも、何をするんだろう、マンモかな、超音波かな、それともPETかな?」

 そう思って、次回の検査予定表を見た。
「えっ」
 見てびっくり、なんと検査内容は胃カメラだった。
「なんで乳がん検診が胃カメラなのよ!」

 家に帰ってからすぐさまキャンセルの電話をした。事務の人が出た。
「お待ちください。福島先生に確認します」

 しばらく待つと、福島先生が電話に出た。
「あなた、胸が痛いと言ったじゃないの!」
「胸は胸でも痛いのはちちの方です」
「だったらなんでそう言わないの!」
 だって、胸ってちちを指して言ったじゃない…意思の行き違い、お互いの勘違い…

「僕は勘違いなんかしてないよ!君が勘違いしてたんじゃないか!」
 そう言って電話は突然切れた。

 プー、プー…

 怒るなよ福島先生。
 せっかく乳がん検診ができると思ったけれど、これでチャラになってしまった。これからどうしよう?もうしなくていいという神の啓示か、悪魔の誘惑か。

 めんどっちいから、もういっか。
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

笑っちゃいけないかと思いながら笑ってしまいました。
とんだ勘違いでしたね。

検診は不要という思し召しでしょうかねぇ?

今回は特に文章が冴えていますね。
いつも上手ですがー。

夏、長距離を走っていると男性でも汗でシャツが擦れてtiti
が痛くなるので、何か貼っておかなければなりません。
女性も当然そうするのでしょうね。
本では防護策をしていると読んだことがありますが、人には聞いたことがないのです。

一度投稿しましたら、不正な投稿とのコメントが出て拒否されました。
何か悪い単語があったのでしょうね。
初めての経験です。

笑える勘違いだけど、先生もおかしな人^^;
再発の話して治療拒否の確認までして、それをどう勘違いすれば胃カメラにまで話しが飛ぶんだろう??
よくわからない人だこと(笑)
人の話、きいてんのかい?!

No title

確かに胸が痛いと言っているのに「胃カメラ」なんて渾身のボケなんですか??。

信用できない先生だと思います。

それと乳がんの検査はやっておくべきです。もやもやするのは性に合わないでしょ?。

もちろん福島先生以外の人で検査したほうがよいかと。このエピソード聞いただけでの判断ですけけどね。

Re: No title

旅彦様

> 笑っちゃいけないかと思いながら笑ってしまいました。
> とんだ勘違いでしたね。
>
 笑っちゃいますよね、だけど医者の方は怒ってしまったというのが、また笑ってしまう。

> 検診は不要という思し召しでしょうかねぇ?
>
 そうかも知れません。やっとしてみようかと思ったのに。

> 今回は特に文章が冴えていますね。
> いつも上手ですがー。
>
 あら、オホホ~、光栄です。

> 夏、長距離を走っていると男性でも汗でシャツが擦れてtiti
> が痛くなるので、何か貼っておかなければなりません。
> 女性も当然そうするのでしょうね。
> 本では防護策をしていると読んだことがありますが、人には聞いたことがないのです。
>
 それが女性はちくびは擦れないのです。どこが擦れるかというと、乳房の下、みぞおちの上あたりです。
そこらへんにワセリンを塗って保護しますが、私は、薄手の腹巻(ムネ腹巻)をします。普段の練習はこれで十分ですが、大会の時はワセリンを塗って、ムネ腹巻をします。
 男はワセリンを塗った上にバンドエイドを貼るのが一般的のようです。

> 一度投稿しましたら、不正な投稿とのコメントが出て拒否されました。
> 何か悪い単語があったのでしょうね。
> 初めての経験です。

 ちくび、平仮名なら大丈夫でしょう。さて、送信。

Re: タイトルなし

> 笑える勘違いだけど、先生もおかしな人^^;
> 再発の話して治療拒否の確認までして、それをどう勘違いすれば胃カメラにまで話しが飛ぶんだろう??
> よくわからない人だこと(笑)
> 人の話、きいてんのかい?!

 そうだよね、向こうも勘違いしているよね。それを絶対に認めないというのは、今回は笑い話だけれど、もっと深刻なことだったら…

 いい先生で、腕も確かなんだけど、そそっかしい所はこっちが気を付けないといけないのかな。

Re: No title

 カニ光線様

> 確かに胸が痛いと言っているのに「胃カメラ」なんて渾身のボケなんですか??。
>
 マジ、ホントかよ、の世界です。

> 信用できない先生だと思います。
>
 いや、まだ信用できる方です。

> それと乳がんの検査はやっておくべきです。もやもやするのは性に合わないでしょ?。
>
> もちろん福島先生以外の人で検査したほうがよいかと。このエピソード聞いただけでの判断ですけけどね。

 福島先生は内科の先生なので、自分の守備範囲でできることを考えてしまったんだと思います。私としては、乳腺の先生に連絡とってくれるものだと思っていたのですが。

 今度検診の相談をするとしたら、乳腺科の先生です。カニ様は検診したほうがいいというご意見ですね。結構迷っています。
 ガンというと、皆びっくりするのですが、単なる持病といえば言えます。ゆっくり考えよう。

  ご心配、嬉しく思います。ありがとう。
 

カニ様に賛成

迷うってなんで!
医者にとっては多数の患者の中の一人かもしれないけれど、自分は自分という絶対無二の存在なの!

カニ様に賛成、信用できないね。

胃カメラってなんだよそれ!
この患者に何が必要なのか、判断しろよ。いくら内科でも!総合的なカルテ見てないの?
アタシならその場で怒鳴り散らしてたね。
はっきり言わないとダメなときはダメよ。なめられちゃダメ。
カニ様とアタシに言われているんだから、カンネンしてください。

すぐに検診受けなさい!

Re: カニ様に賛成

ppstars様

> 迷うってなんで!
> 医者にとっては多数の患者の中の一人かもしれないけれど、自分は自分という絶対無二の存在なの!
>
 判ってまんがな。

> カニ様に賛成、信用できないね。
>
> 胃カメラってなんだよそれ!
> この患者に何が必要なのか、判断しろよ。いくら内科でも!総合的なカルテ見てないの?

 それはそうだなあ。

> アタシならその場で怒鳴り散らしてたね。

 ていうか、その時は気づかなかったんだろね、腹部超音波かと思っていたもんで。後で確認したら、上部内視鏡、よくよく読むと胃カメラのこと。あら~~~!!

> はっきり言わないとダメなときはダメよ。なめられちゃダメ。
> カニ様とアタシに言われているんだから、カンネンしてください。
>
> すぐに検診受けなさい!

 そう怒るなよ。金と時間もかかることだし。
 でも、心配してくれてありがと。うれしいです♡

No title

おこんばんわでございます。
俺もね、若かりし学生時代、なんでこんな試験受けなきゃならんのだ!と思いつつ、結局、受け続けてきたんよ。自信のない科目(自信のある科目なんてなかったけどね、よく考えたら)の試験は、特にその思いが強かった。
でもね、学校を卒業しようと思っている者には、試験はぜったいに不可避。
がん検診も同じだと思うよ。
ある程度勉強をするとか、超人的なカンニング技を修得するとかで良い点とれる試験なんかとは、比較にならない難しさや厳しさや不安などが、ガン検診にはあると思うけど、やっぱり逃げちゃいけない。
きちっと、検査を受けることが、がんと戦う者&がんと上手くつき合って生きていく者のいさぎよさだと、俺は思うのでござります。
福島先生が信頼できないなら、医者を変えれば良い。
トーシロがえらそうに勝手な判断なんかしないで、受けろ!!!!
・・・と俺サマは思うのでありました。
でも、決めるのは、ア・ナ・タよん♡

No title

えっとね、検査を受けるかどうかについて。。。難しいけど。。。
検査自体は、受けたほうがいいとか受けなくたっていいとかいうものじゃ
ないのじゃないかしら?
検査によって、くうみんさんがどうしようと思っているか、それが判断基準
なのじゃないのかなあ?
結果によって、生き方や、暮らし方が変わると、くうみんさんが思ってる
のなら受けたほうがいいんじゃないかと思います。
もし再発してたとして、治療は拒否するけど、それまでと違う暮らしをする
だろうと思っているなら、それは検査を受ける理由になると思うから。
わたしにはガンについての知識が全然ないから良くわからないのだけど、
治療拒否っていうのが、再発していたとしてもこれまでと同じ暮らしをする、
治療だけじゃなく、人生のすべてにおいて特に変わったことはしないって
いうことなのだとしたら、福島先生の言うように、乳がんの検査を受ける
必要はないのじゃないかと思います。

何もわかってないのに、えらそうにごめんね。
でも、これが率直なわたしの意見です。

Re: No title

> おこんばんわでございます。
> 俺もね、若かりし学生時代、なんでこんな試験受けなきゃならんのだ!と思いつつ、結局、受け続けてきたんよ。自信のない科目(自信のある科目なんてなかったけどね、よく考えたら)の試験は、特にその思いが強かった。
> でもね、学校を卒業しようと思っている者には、試験はぜったいに不可避。
> がん検診も同じだと思うよ。

 がん検診と試験は違うと思うなあ。

> ある程度勉強をするとか、超人的なカンニング技を修得するとかで良い点とれる試験なんかとは、比較にならない難しさや厳しさや不安などが、ガン検診にはあると思うけど、やっぱり逃げちゃいけない。

 逃げていると思いますか?

> きちっと、検査を受けることが、がんと戦う者&がんと上手くつき合って生きていく者のいさぎよさだと、俺は思うのでござります。

 私はガンと戦わない。それがこのブログの前身、楽天の乳癌、マラソン、そしてバカ話」からのコンセプト。

> 福島先生が信頼できないなら、医者を変えれば良い。

 福島先生は信用しています。他がひどすぎたからかもしれませんが。

> トーシロがえらそうに勝手な判断なんかしないで、受けろ!!!!

 え~ん、怖いよ~。

> ・・・と俺サマは思うのでありました。
> でも、決めるのは、ア・ナ・タよん♡

 決めた~。決めた~。お前~を道連れに~…って、なんのこっちゃ。

Re: No title

> えっとね、検査を受けるかどうかについて。。。難しいけど。。。
> 検査自体は、受けたほうがいいとか受けなくたっていいとかいうものじゃ
> ないのじゃないかしら?
> 検査によって、くうみんさんがどうしようと思っているか、それが判断基準
> なのじゃないのかなあ?
> 結果によって、生き方や、暮らし方が変わると、くうみんさんが思ってる
> のなら受けたほうがいいんじゃないかと思います。
> もし再発してたとして、治療は拒否するけど、それまでと違う暮らしをする
> だろうと思っているなら、それは検査を受ける理由になると思うから。
> わたしにはガンについての知識が全然ないから良くわからないのだけど、
> 治療拒否っていうのが、再発していたとしてもこれまでと同じ暮らしをする、
> 治療だけじゃなく、人生のすべてにおいて特に変わったことはしないって
> いうことなのだとしたら、福島先生の言うように、乳がんの検査を受ける
> 必要はないのじゃないかと思います。
>
> 何もわかってないのに、えらそうにごめんね。
> でも、これが率直なわたしの意見です。

 全くその通りです。
 再発しているとして、病院の治療を受けるつもりは全くありません。あるとすれば疼痛緩和の放射線、モルヒネの処方、そして緩和病棟入院の窓口として。

 というのも、今までの経験から現代医学はガンに対し、無力と思うからです。あまり大々的に言って、バッシングを受けたこともありました。

 もしもがん検診を受けて再発していたら、自分を最優先にしていきたいと思います。

 そして南から北上するようにブロ友、ブロ知り合いに会いたいです。

No title

福島先生、勇者ですね~。ボケ具合がハンパない。
読んでいる方は面白い内容でしたが、
くうみんさんはたまったもんじゃないですよね(^^;)

今日、書店で「乳がん」とババーンとタイトルのついたどこの出版社
だったかな?正確なタイトル等覚えていませんが、偶然手にしました。

読んだ項目は、やはり「再発」コーナー。
読んで凹みました。
まずは術後2年をクリアしたものの、これは健診で発見されるほどの
大きさにガンが育っていないだけで、体中にはタンポポの種みたいに
検査に写らないガン細胞が散らばっている事を想像させる内容。
乳がんに関しては、早期にがん細胞が体中に散るらしく…
あー、ブルー。読むんじゃなかった。

がんセンターの主治医からも「乳がんは再発の時期の発見が
遅くても・早くても寿命は同じ」みたいな事も聞かされています。

私ももう2度と抗がん剤はしない、と決めています。
そう決めているハズなのに、健診を受ける矛盾した自分に
悩みます。

あれだけ苦しい抗がん剤を経験したんです。
「私の体の中のガン細胞は消滅した!なので、私は健康!!」
そうイメージだけして健診なんて受けたくないのが本音です。

No title

う~~ん
指差すのではなく、言葉ではっきりと伝えたほうがよかったのでしょうね。
胸焼け=胃の疾患 と思ったのかも。

検診については色々な意見があるけど、試験と同じに考えるのは
かなり無理があると思う。

Re: No title

> 福島先生、勇者ですね~。ボケ具合がハンパない。
> 読んでいる方は面白い内容でしたが、
> くうみんさんはたまったもんじゃないですよね(^^;)
>
 いや、結構笑えた。いつもあの調子なんだが、天然だということが今回はっきりわかった。

> 今日、書店で「乳がん」とババーンとタイトルのついたどこの出版社
> だったかな?正確なタイトル等覚えていませんが、偶然手にしました。
>
> 読んだ項目は、やはり「再発」コーナー。
> 読んで凹みました。
> まずは術後2年をクリアしたものの、これは健診で発見されるほどの
> 大きさにガンが育っていないだけで、体中にはタンポポの種みたいに
> 検査に写らないガン細胞が散らばっている事を想像させる内容。
> 乳がんに関しては、早期にがん細胞が体中に散るらしく…

 うん、知ってる。だからすでに私たちの体中にがん細胞は散らばっているんだよね。

> あー、ブルー。読むんじゃなかった。

 気にするなよ。がん細胞は健康な人でも日々作られているんだから。
 ガンがあっても健康で長生きしている人はたくさんいますって。
>
> がんセンターの主治医からも「乳がんは再発の時期の発見が
> 遅くても・早くても寿命は同じ」みたいな事も聞かされています。
>
 うん、知っているよ。

> 私ももう2度と抗がん剤はしない、と決めています。
> そう決めているハズなのに、健診を受ける矛盾した自分に
> 悩みます。
>
> あれだけ苦しい抗がん剤を経験したんです。
> 「私の体の中のガン細胞は消滅した!なので、私は健康!!」
> そうイメージだけして健診なんて受けたくないのが本音です。

 わしゃ、現代医学に騙された。
 抗がん剤は体に影響ない程度にするので大丈夫。「体に影響ない程度」というのは
「死なない程度」という意味。

 奏功率25%というのは100人のうち25人に効果があり、75人は副作用や後遺症に苦しむだけ。
医者や看護師はそのことを知っているので自身ががんになっても抗がん剤治療はしない人が多い、など、
バカにするなと思う。

 医者の言うことなんかアテにしなければ長生きできるって。オホホ。

Re: No title

> う~~ん
> 指差すのではなく、言葉ではっきりと伝えたほうがよかったのでしょうね。
> 胸焼け=胃の疾患 と思ったのかも。
>
 そうなんだよね。ちちといえばよかったんだろうけど、これも神の配剤かと。

> 検診については色々な意見があるけど、試験と同じに考えるのは
> かなり無理があると思う。

 くうみんブログをかなり始めのほうから読んでくれている人は、私の考えを分かってくれているけど、最近から読んだ人はびっくりしてしまうかも知れません。
「こいつ、やけになっているのか?」
と。
 そうじゃないのだよ。

面白かったよ!

わはは、そのやり取りに笑えました。
冴えてるよ、くうみんさんてば!

くうみんさんにとって、検診を受ける受けないは、
そう大きな問題じゃないよね?

Re: 面白かったよ!

> わはは、そのやり取りに笑えました。
> 冴えてるよ、くうみんさんてば!
>
> くうみんさんにとって、検診を受ける受けないは、
> そう大きな問題じゃないよね?

びんぼっちゃんには相談したんだよね、検診してみようかなって。なんだか座りが悪いからって。
「どっちつかずが嫌という気持ちはわかる、やってみれば」
 と、びんぼっちゃんは背中を押してくれたのに、こんな顛末…

 「星占い」「性格診断」なんかで、「あなたはこういう人」と、診断されると、
「まあ、当たっている、うれしいワン」
 と同レベルですね、私にとっての健診は。

 ちょっと興味があったのでやってみようかと思ったけど、もういいや。

No title

今回はご縁がなかったのね。

ま、そのうちで良いんでないかい。

絹の靴下でも身に着けて、リラックスリラックス♪

Re: No title

> 今回はご縁がなかったのね。
>
> ま、そのうちで良いんでないかい。
>
> 絹の靴下でも身に着けて、リラックスリラックス♪


縁がないというのも神の導きと思う。早く絹の靴下5本指、買わねば!
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR