食物の恨みは恐ろしい…実はうなぎを食べたかったんじゃ!!

 実は旅行が終わったあと、2日間おじさんと口を聞かなかった。理由は、くうみんはうなぎを食べたいと言ったのに、男2人にお前はナマズをたべろと言われて、やむなくナマズを食べる羽目になったこと、一口も食べさせてくれなかったことだ。
 
 それならうなぎを食べたいと何でもっと強く言わなかったのか、一口欲しいなら、言えばいいじゃないかと思うであろう。いや…
 
 くうみん父は、バカでなまけものであった。その父からひとつだけ、教わったことがある。
「食べ物のことで文句を言ってはならぬ。食べられなかったと言って、文句を言うのは卑しい人間である」
 ということだ。
 
 ということで物心ついた時から、食べ物のことで文句を言ったことはない。お菓子を食べる時も妹、弟優先で、自分は最後に選び、食べるようにしていた。
 バブルになってものが豊かになっても、まずその時一番大事な人、親兄弟、おじさんを先に考えていた。

 父が亡くなった今でも、
「食べ物のことで~文句を言ってはならぬ~。食べられなかったと言って~、文句を言うのは卑しい人間である~」
と、背後霊のように父の囁きが聞こえていた。

 だからあのときも、
「くうみんはうなぎが食べたい!!」
と言えなかった。

 あとから考えて、泣けてくるほど後悔した。そしておじさんにうんと文句を言った。
「私はうなぎを食べたかったのに!なんでお前はナマズをたべろといったのよ!なんで一口くれなかったのよ!」

 おじさんは黙ってしまった。一日目の夕飯は黙って作ったが、2日目の夕飯は作るの拒否、各々勝手に食べることにした。

 こんなくうみんをみっともないと言うだろうか?

 考えてみて欲しい。
 阪神大震災で、着の身着のままで避難してきた親子4人、配給のおにぎり8個をを、お父さんがいきなり6個食べてしまったという。
 残りの2個を、お母さんと子供2人で食べたという。
「主人を信じられなくなりました」
 こう言ったお母さんを卑しいと言うだろうか?

 食事の支度をしなくて済む午後は、時間がたくさん。
 男は悲しみを癒すのに、バイクでかっ飛ばすらしい。女はおしゃべりで発散するらしいが、くうみんは誰とも会いたくなくて、話したくなくて、自転車でそこらへんをウロウロした。

 食事は知っている人の誰もいないところがいいと、行ったことはないけれど、常々行きたいと思っていた、個人経営の居酒屋に行った。

 一人で居酒屋に行くのは二十数年ぶりだ。独身の時はよく言ったものだ。珍しがられたけど。

 刺身も酒も、いい味出していた。うまかった。

 関西風の焼き方のうなぎもお取り寄せすることにした。これはひとりで食べる。おじさんには上げない。
 そしてもうカッコつけない。

 食べ物のことで言い争うのは卑しいこと…この呪縛からも逃れる。
 食べ物の恨みは恐ろしい。

 会長、あんたも片棒担いでいるんだからな。覚えておけよ。
  

 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

食べ物の恨みは恐ろしいー笑ってはいけませんね。
欲の中でも食欲が一番でしょうからね。
おにぎり4個のお父さんより、ナマズを薦めたご主人並びに
マー君さんが立派ですよ。
しかし、これは平時なので、切羽詰ると……。失礼
僕は一人っ子なので、貧乏なのに、のんびり食べていました。

Re: No title

 旅彦様

> 食べ物の恨みは恐ろしいー笑ってはいけませんね。
> 欲の中でも食欲が一番でしょうからね。

 ぐやじ~です。金より食い物です。

> おにぎり4個のお父さんより、ナマズを薦めたご主人並びに
> マー君さんが立派ですよ。

 まあ、そうですが…

> しかし、これは平時なので、切羽詰ると……。失礼

 いや、彼らは地震災害時にはおにぎり全て持って逃げてしまうでしょう。

> 僕は一人っ子なので、貧乏なのに、のんびり食べていました。

 へ~、そうなんですか?一人っ子の友達は羨ましかったな。遊びに行くと、おもちゃでもなんでも一人で一人分使えるんだもの。

な〜んだ!
旦那と喧嘩中と言うから何かと思ったら(笑)
私は人の意見は聞かないから、こう言う喧嘩にはならないな。
ただ、それ以前にどこに食べに行くかでは争いになる事もあるかな〜

Re: タイトルなし

めろん様

> な〜んだ!

 な~んだじゃない!

> 旦那と喧嘩中と言うから何かと思ったら(笑)

 だって~、食物の恨みは恐ろしいものですよ~。

> 私は人の意見は聞かないから、こう言う喧嘩にはならないな。

 いや、それだってうまく誘導されたら…

> ただ、それ以前にどこに食べに行くかでは争いになる事もあるかな〜

 それはあるべな。でも押しの強いめろんさんならご主人を説き伏せるくらいお手の物では?
 私は強いようで弱いね。

No title

なんでまた、男二人は「なまずを食べろ」なんて言ったんでしょうね??
「なまずとうなぎと、どちらがいいか」とか聞くのならまだしも。
くうみんさん、これからは「〇〇が食べたい」と思いっきり主張していいですよ。

災害時は人間性が出ますね。
家族そっちのけでおにぎり6個も独り占めした男は、
そうとうなジコチュウなんでしょうね。

No title

どうして夫婦喧嘩になってしまったのか、気になっていました。
なるほど…それは頭にきますね。

くうみん父さんの教えも分かりますが…家族(身内)にはこの
ルールも無用でいいと思います♪

食べたい時に食べたい物を食べる!
ご主人、まーくんさんも、予想だにしなかった展開だったと思います。

今日で、大垣オフ会からちょうど1週間とは、早いですね。

悲しみを癒す方法…私は欲しかった漫画を大人買いする事です。
(ヤフオクで中古で入手が鉄則ですけど)

No title

こんばんは。

ええ、そうです。食い物の恨みは恐ろしいのです。

自分たちはウナギ食っていて人には「なまず食ってみろ!」
確かにそれはないです。

次からは
「ナマズが見たいんだったら、自分らで食え!!ぼけぇっ」

おじさんとはそろそろ仲直りしましたかね。

Re: No title

> なんでまた、男二人は「なまずを食べろ」なんて言ったんでしょうね??

 おじさんいわく、お前がナマズナマズと言っているから、てっきりナマズが食べたいのだと思った、と…それは違う。きゃー、ナマズだって!タダなら食べてみるけど、という意味だったのだ。

> 「なまずとうなぎと、どちらがいいか」とか聞くのならまだしも。
> くうみんさん、これからは「〇〇が食べたい」と思いっきり主張していいですよ。
>
 今度からそうします。

> 災害時は人間性が出ますね。
> 家族そっちのけでおにぎり6個も独り占めした男は、
> そうとうなジコチュウなんでしょうね。

 この話は新聞に載っていたのですが、10年以上経った今でも未だ忘れられない。

Re: No title

> どうして夫婦喧嘩になってしまったのか、気になっていました。
> なるほど…それは頭にきますね。
>
 そうでしょ?

> くうみん父さんの教えも分かりますが…家族(身内)にはこの
> ルールも無用でいいと思います♪
>
 武士は食わねど高楊枝…そう言いたかったのだろうが、その割には父は、
私の作った料理をまずいということが多かった。

> 食べたい時に食べたい物を食べる!

 んだ!

> ご主人、まーくんさんも、予想だにしなかった展開だったと思います。
>
 そうかな~?!

> 今日で、大垣オフ会からちょうど1週間とは、早いですね。
>
 早いですね。

> 悲しみを癒す方法…私は欲しかった漫画を大人買いする事です。
> (ヤフオクで中古で入手が鉄則ですけど)

 お取り寄せのうなぎ、さっき来ました。一人で食べようと思いますが、どうなるかな~。
 漫画は最近読んでないな~。しりあがり寿が好きで、5年前、まさかの再手術宣告の前の待ち時間に読んでバカ笑いしていました。

 そう、バカ笑いのあとに…どっへ~!!

Re: No title

> こんばんは。
>
> ええ、そうです。食い物の恨みは恐ろしいのです。
>
> 自分たちはウナギ食っていて人には「なまず食ってみろ!」
> 確かにそれはないです。
>
 ひどいですよね。えーん。

> 次からは
> 「ナマズが見たいんだったら、自分らで食え!!ぼけぇっ」
>
 そう言います。トホホ。

> おじさんとはそろそろ仲直りしましたかね。

 いちお、口は聞いていますが、お取り寄せしたうなぎはひとりで食べようと思っています。

呪縛

呪縛はなかなか逃れられないもの。
でも、突然ふぅっっとのがれられたりもする。
うまくつきあうしかないですね。アタシはだけど・・・!

食べるというのは、深い問題で、
アタシも
「これはあんたなんかに食べさせるものではないからっ」
と言われたことが今でも思い出され、
提供された食べ物を食べる時は警戒します。
というか、基本的に食べません。
隠れて菓子パン食べてた方がましです。

おじさんに文句を言えるだけいいですよ。
食事なんて、つくってあげなくていいんですよ。
つくってもらいなさいっ!
おじさん!うなぎをサバクところからやれ!

Re: 呪縛

ppstars様

> 呪縛はなかなか逃れられないもの。
> でも、突然ふぅっっとのがれられたりもする。
> うまくつきあうしかないですね。アタシはだけど・・・!
>
 逃れたいです。付き合いたくないけど、付き合っていくしかないか?

> 食べるというのは、深い問題で、
> アタシも
> 「これはあんたなんかに食べさせるものではないからっ」
> と言われたことが今でも思い出され、
> 提供された食べ物を食べる時は警戒します。

 お前になんかあげないよ、と、言われるのは悲しいですね。
一生忘れられないことかもしれません。
 
> というか、基本的に食べません。
> 隠れて菓子パン食べてた方がましです。
>
 菓子パンも美味しいのは美味しい。

> おじさんに文句を言えるだけいいですよ。

 文句を言えなかったんですね、お姑さんとか。

> 食事なんて、つくってあげなくていいんですよ。
> つくってもらいなさいっ!
> おじさん!うなぎをサバクところからやれ!

 ところが、うなぎをさばくどころか大根も満足に切れない男なんだよね。
 だから炊事ボイコットは効果あり。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
FC2Blog Ranking 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR