年寄り騙す悪い奴 完結編 おっ母から世界一信用されていなかったおじさんとくうみん

 解約手続きのための種類も揃ったし、あとはおじさんの都合のいい時に実家に行って手続きしよう。これで月々10万円近い支出もなくなる…と思っていました。それが…
 
 ある時郵便受けを見ると、くうみん母、西太后陛下からお手紙が来ていました。おじさん、くうみん様、だって。なんだろう?
「おじさん、おっかあから手紙が来てる」
 中にくうみん達が毎年あげているお年玉袋が透けて見えます。
「何だ?」

 内容は怒りの言葉。
 「今までハゼハラさんには親も及ばぬ恩を受けてきた。その恩人を悪く言うとは何事。お前たちと付き合うつもりはない。ワレガネにツリガネとはよく言ったもの、これからはお父さんと仲良くやっていく。こちらのことはご放念ください。あんたのご主人、おじさんなんか大嫌い!偉そうに!お年玉も返します!」

 くうみん両親は、仲が悪い夫婦だ。まあ、仲良くするのは悪いことじゃない。
 お年玉袋の中には、あげたはずの1万円札が。

いきなり、どうしちゃったんだろう。きっと、ハゼハラさんが保険契約を解除させないために口八丁で言いくるめたに違いない。あんな娘夫婦と私と、どちらに恩があるか、とか。

「ワレガネにツリガネなんて言わないよ~、それを言うなら割れ鍋にとじ蓋だよ~」
おじさんはお年玉袋から一万円札を取り出して、言いました。
「そんなことよりこの金で、なにかうまいものでも食べに行こうぜ」

 おじさんとくうみんはその夜、たまに贅沢するときに行く寿司屋に行きした。
 「もう、情けなくなるよ、これだけ一生懸命しているのに」
 「何で実子のくうみんより、保険屋のおばさんを信用するのかなあ」
「あいつら、契約取るためならなんでもするぜ」

 おじさんが言います。おじさんのお父さんは某保険会社に勤めていたのです。真面目にその人にあった保険を勧める人はもちろんいるだろうけど契約さえ取れれば、という人もいるだろうな。

 くうみんは寿司をつまみながら言いました。
「もう、ほっとくしかないかな。それにおっ母の金で契約するんだし。パチンコや競馬ですったと思うしかないかな。ああこの寿司うまい」

 所詮自分の金じゃない。何に使おうが本人の勝手といえば言える。

 ある日、久々にくうみん母から電話がありました。
「お金がどんどんなくなっていくの。」
「へ?」
「なくなっていく!なくなっていく!」
 そう言ってがちゃんと電話は切れました。
 なんだろう?

 それから数日、おじさんと外を歩いていると、おじさんの携帯がなりました。
「はい」
 うん、うん、だから…おじさんは受け答えしていました。
 
「くうみんのおっ母からだ」
「なんだって」

「ハゼハラさんの悪い噂を聞いたそうだ。あの人は三文判をたくさん持っていて、勝手に人の契約をしちゃうって。くうみん母さん、気をつけなさいよって、言われたって」
「やっぱり…ハゼハラさんってそういう人だったのね」 

「わざわざ俺の携帯に電話してくるのはくうみんに言ったら、そら見たことか!って言われると思ったんじゃないのか」

 おじさんはため息をつきながら言いました。
「結局私はハゼハラさんに騙されていたのねって言ってたぞ」

 そんな人よりくうみんは信用ならんかったのか。人に言われて初めてハゼハラさんの正体に気づくのか。

 悪い奴というのは、どうしたら疑われないか、どうすれば関心を買えるか、そのツボを心得ているから、真心で接するより真心っぽいのかもしれません。

 そういえば、亡くなったくうみん母の姉、くうみんの伯母にあたるヨシ伯母もくうみんのことは全く信用せず、一族の鼻つまみ者のK子の術中にはまり、身ぐるみ剥がれて最後はくうみん母がやっと探した療養型病院でひっそりと最後を閉じたっけ。

 ヨシ伯母、くうみんに任せてくれればそんなことしないよ。部屋の中にトイレくらいはついている、良心的な施設を見つけて月一くらいは遊びに行ってあげる。なにかおいしいものでも持って行ってあげる。そう思っていたのに。

 それからまたまた数日してから、くうみん母から電話がありました。
「全く、大した食わせ者だよ、ハゼハラのやつ!」
 前と打って変わってハゼハラさんの悪口を言いまくるくうみん母。

「じゃ、おじさんによろしく、頼りになるからね、おじさんは」

 言うことがずいぶん違うな。しかしま、いっか。

 という訳でくうみん母との交流は今も続いている。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : マネー・貯金
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

今時こんな人いるんですね~。

おおもとの相談センターに電話したら・・・・

って、おじさんのほうが良く知っているよね。

私も昔一度凄い剣幕で契約させられてしまったことがあって、その保険会社の相談センターに聞くつもりで電話を掛けたら、

その外交員さん、たっぷり絞られたらしいです。
無事契約不履行にして貰った。

しかし、悪質だよね~犯罪だよね~。

この間、私も年金事務所から手紙来て、
20年前の年金手続きが間違っているからって・・・・

私は良く分かんなくて、夫に頼んだ。

そんな今頃言われても困るよ~。
10年以上前なので、未納期間になるらしい。また、3号被保険者部分が1号被保険者になるとか

ひえ~。ちゃんと手続き取ってきたのに・・・・・。
で、夫が会社休んで年金事務所へ
「年金事務所のミスだって。何か書類を書くでもなく、その担当がパソコンを操作して訂正するでもなく、また来そうなので、念押ししたが・・・・」

一般生保だけでなく、この手は難しいです。

Re: 今時こんな人いるんですね~。

> おおもとの相談センターに電話したら・・・・
>
 本当はそうなんですよね。

> 私も昔一度凄い剣幕で契約させられてしまったことがあって、その保険会社の相談センターに聞くつもりで電話を掛けたら、
>
> その外交員さん、たっぷり絞られたらしいです。
> 無事契約不履行にして貰った。
>
 それは良かった。


> この間、私も年金事務所から手紙来て、
> 20年前の年金手続きが間違っているからって・・・・
>
> 私は良く分かんなくて、夫に頼んだ。
>
> そんな今頃言われても困るよ~。
> 10年以上前なので、未納期間になるらしい。また、3号被保険者部分が1号被保険者になるとか
>
> ひえ~。ちゃんと手続き取ってきたのに・・・・・。
> で、夫が会社休んで年金事務所へ
> 「年金事務所のミスだって。何か書類を書くでもなく、その担当がパソコンを操作して訂正するでもなく、また来そうなので、念押ししたが・・・・」
>
 ミスで良かった…のはずがない!ご主人が休み取ってバカバカしい職員のミスに付き合わされるなんて冗談じゃないですね。
 確認できたからいいけど、間違ったままなら将来年金が不利になりますよ。どうしてくれる!です。
 最近は年金定期便なんて来るようになったけど、昔は全くわからなかったもんね。わざとわからなくしていたのかしら?

No title

保険外交員やってる友人は、客のことを考えて仕事するため、収入がすごく低いです。

お母様の言っている「恩がある」というのは、おそらく話し相手になったり、愚痴を聞いてもらったり、何かプレゼントをされたり、といったことなのでしょう。
人の心理をうまく利用した、卑劣なやり方ですね。

Re: No title

> 保険外交員やってる友人は、客のことを考えて仕事するため、収入がすごく低いです。
>
> お母様の言っている「恩がある」というのは、おそらく話し相手になったり、愚痴を聞いてもらったり、何かプレゼントをされたり、といったことなのでしょう。
> 人の心理をうまく利用した、卑劣なやり方ですね。

 必要な保険ってそんなに多くないです。私は県民共済に入っているだけです。ガンで入院した時もこれだけでした。多額な一時金をもらえた人もいましたが、掛金もバカにならないし、ペイしたかどうか?

 そう、恩って、事故起こした時に親身になって手続きしてくれたとか、悩み相談の相手になってくれたとか言っていました。きっとグチャグチャの愚痴が多かっただろうと思います。こんな話、誰が聞くか、みたいな愚痴。

 私が言ってもダメだったけど、周りの人の忠告なら聞くってどういうこっちゃです。まあ良かったけど。

No title

化けの皮はいつかははがれる。
お母さん、目覚めてくれてよかったね。
それにしてもハゼハラ、犯罪やん!
お母さん、可哀想だけどいい勉強になったね。
授業料は高くついたけど。
まっ!身内の話をなかなか聞かないのは甘えかな?

Re: Re: No title

> > 化けの皮はいつかははがれる。
> > お母さん、目覚めてくれてよかったね。
> > それにしてもハゼハラ、犯罪やん!
> > お母さん、可哀想だけどいい勉強になったね。
> > 授業料は高くついたけど。
> > まっ!身内の話をなかなか聞かないのは甘えかな?
>
>  随分長い間騙されていました。10年以上?弟も相談するときは実母よりハゼハラさんだったらしいから、もうやりたい放題。ここまで人を信じさせるのって、もう芸術の世界。犯罪であり人倫にもとること。
>
>  いい勉強というか人の噂なら信じるというところが情けない。

No title

アタシの母も似たようなとこあるのよー。

だから、くうみんさん、あなたには、同士を感じてよ!

そのうち、会おうね、話そうね~!
またメールしますね。

Re: No title

> アタシの母も似たようなとこあるのよー。
>
> だから、くうみんさん、あなたには、同士を感じてよ!
>
> そのうち、会おうね、話そうね~!
> またメールしますね。

 えっ、優秀なる女子のびんぼっちゃんのお母様が同じようなもの?!同士なんて言われると嬉しいなあ。
 もちろんお会いするのは楽しみにしています。美味しいランチの店でもあればいいけど、なければ松屋でも。
 

No title

めでたし、めでたし…。
早くにハゼハラの化けの皮が剥がれてよかったですね。

親といえども、金銭の使い方まではなかなか言えない。
くうみんさんの仰せの通り
「所詮自分の金じゃない。何に使おうが本人の勝手といえば言える。」
には深く賛同します。
隣に住む姑に対して、こう思わないとやってられません。
こう思えるようになるまで10年かかりました。
(いー加減、50歳近い娘の経済援助をするのをやめて欲しい)

私はがんになる前に2つ保険に入っていて、がん患者となった今
新しく加入するのは難しいので、大切な2つなのですが、
1つは解約しました。
あまりに貰えるお金が少なかったので…。
がん治療には「焼石に水」な金額。
無駄だと解約しました。
今は1つだけです。
5年経ったら、何か「生きるための保険」に入りたいです。

Re: No title

> めでたし、めでたし…。
> 早くにハゼハラの化けの皮が剥がれてよかったですね。
>
決して早くない。10年以上は食い物にされた。

> 親といえども、金銭の使い方まではなかなか言えない。
> くうみんさんの仰せの通り
> 「所詮自分の金じゃない。何に使おうが本人の勝手といえば言える。」
> には深く賛同します。
> 隣に住む姑に対して、こう思わないとやってられません。
> こう思えるようになるまで10年かかりました。
> (いー加減、50歳近い娘の経済援助をするのをやめて欲しい)
>
 そっか~、男爵も。忘れていた!舅姑の仕打ち。お義父様、お義母様の結婚何十年目かのお祝いした時、姉さん達には2、30万円は入っていそうな分厚い封筒、うちにはクッキーひと箱。卑しく箱の中にこっそりと封筒が入っていないか探してしまったくうみん。
 そう、相手のお金は相手が使いたいように使えばいい。でも、尽くしているつもりのこちらとしては、悲しい。

> 私はがんになる前に2つ保険に入っていて、がん患者となった今
> 新しく加入するのは難しいので、大切な2つなのですが、
> 1つは解約しました。
> あまりに貰えるお金が少なかったので…。
> がん治療には「焼石に水」な金額。
> 無駄だと解約しました。
> 今は1つだけです。
> 5年経ったら、何か「生きるための保険」に入りたいです。

 がん保険て、コストパフォーマンス悪いよね。私は県民共済のみ。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR