赤頭巾ちゃん御用心

 赤ずきんは自転車を飛ばして、森に向かいました。そこにおばあさんが住んでいます。おばあさんの住んでいる森はここから自転車で5分くらいです。

 ぴんぽ~ん♪

「おばあさんがいつもお世話になっております。子供の赤ずきんです。おばあさんに会いに来ました」

 森の番人に挨拶をして、時間を書いて名前を記入します。
「どうぞ、お入りください」
 森の番人はいつも優しい。
 次に赤ずきんは手を洗ってうがいをしました。森の皆さんに、風邪を移してはいけない。みなさんは病気に弱いから。先日も救急車で誰かが運ばれて行ったのを見ました。

 おばあさんの住む小屋を訪ねると、おばあさんはベッドに寝ています。
「おばあさん、私です、赤ずきんです」

 ごあ~ ごあ~

 おばあさんは大きないびきをかいて寝ています。赤ずきんはどうしようか迷いましたが、お土産も持ってきたことだし、枕元に行って声をかけました。
「おばあさん、おばあさ…」
 赤ずきんは寝ている人の顔を見て、腰を抜かすほど驚きました。

「うぉわぉ~~~~!!」
 なんとそこに寝ていたのは、おばあさんではなく、おじいさんでした。赤ずきんは部屋から飛び出ると叫びました。
「ヘルパーさん!おふくろのベッドにおじいさんが寝ている!」

 ヘルパーさんは部屋のベッドに小走りしました。
「えっ、ああ、すみません。はい、Tさん、ここじゃないわ、起きて」
 Tさんと呼ばれたおじいさんはムックリ起き上がると
「う~う~」
と言いながらヘルパーさんに自分の部屋に連れて行かれました。

 そういえばあのおじいさんは部屋を間違えるのか、この部屋によく入ってきます。その度に
「部屋をお間違えですよ」
というのですが、理解できないようでした。

 当のおばあさんは食堂で、友達と会話にならない会話を楽しんでいるところでした。
「お母さん、散歩に行かないか?」
「ううん、ここに居るのがいい」

 ヘルパーさんが申し訳なさそうな顔をしてこちらに来て言いました。
「すみません、シーツは取り替えておきました」
「いいえ、お互い様ですから」

 ほかの施設、例えば病院やホテルで女性のベッドに男性が潜り込んだなんてことがあったら、大問題になります。しかしここは、老人施設…

「お母さん、じゃ俺帰るから」
 おじさんは床に落ちた赤い野球帽を拾うと、おばあさんに挨拶して去っていきました。

 写真をクリックすると大きくなりますのよ、オホホ。
赤ずきん
赤ずきんことおじさんがかぶっていった赤い野球帽

ヤンマー
「くうみんファンクラブ」会長が、献上してきたヤンマーの帽子、オホホ

基本の生花 インバーテッドティー
私ってフラワーアレンジもいたしますの


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。
   ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : どーでもいぃ報告
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

くうみん劇場テイストな文面が、楽しかったです。

しかし、おばあさんが寝てると思ったら、じーさんが寝てた
なんて本家の赤ずきんより、怖いですね~。
オオカミより、じーさんのほうが赤ずきんもビビリます。

ヤンマーの帽子なんてあるんですね。
トラクターのヤンマーですよね?

アレンジメント、素敵です。
生活空間にお花があるって、潤っていいですよね♪

おじさんがびくりしたと言っていました。

 このじいさんはよく間違って入ってくるんだよね。よくのぞきに来るばあちゃんもいる。
 どうせお母さんも同じようなことしているだろうから、お互い様。
 でも、間違いがあったらどうしよう…それもまた今となっては人生の彩か?

 ヤンマーの帽子はトラクターのおまけらしいです。「くうみんファンクラブ」会長からのプレゼントです。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR