手術で乳がん予防ですかい!

 アメリカの人気女優アンジェリーナ・ジョリーさん、遺伝的に乳がんになるリスクが高いということで、予防的に両乳腺全摘しました。
 このままだと乳がんになる確率が87%以上だけれど、この手術により5%未満になるのだそうです。

 もちろん全摘後は乳房再建して、見た目は元通りのきれいな体になりました。
 けれども、それは見た目だけのこと。
 全摘したガン友の話によると、胸のツッパリ感、反対に脇の下の皮膚ビヨンビヨン感は半端ではなく、「胸に鉄板を入れたよう」だという事です。そして感覚もなくなります。このQOLの低下は大きい。
 くうみんなら絶対にしません。

 ちなみにガンブログを書いている人の意見としては、やはりそこまではできない、という意見が多いのですが、健常者よりも「気持ちは分かる」ようなニュアンスが読み取れます。

 お医者さんから部分摘出で十分ですよ、と言われても、それでは安心できないから、全摘お願いします、という人もいるのです。

 実際にガンになってもいない、健康な乳腺を切ってしまうのは体全体を考えて、本当に長生きできるのか?手術は体を切り刻むこと、いわば怪我をするのと同じです。体への侵襲はバカになりません。

 お医者さん側はガンがなくなれば、患者が死んだとしても成功と考えるのか?
 患者側は、ガンがなくなれば、死なないと思っているのか?

 くうみん実はガンの取残しを持っています。でも、こんなに元気だよ。
 して、アンジーのことはどう思う?自分で選んだことならば、それをとやかく言うことはくうみんにはできない。ただ、くうみんならそんなことはしないと思うのみ。

面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。
   ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!
この記事には、ビビりました。
さすが、ハリウッドスター。

治療完了までに約3か月と聞いただけでも
お金も時間も体力もかかりそうな治療だと思いました。

アンジーは、
「このことで、女性の皆さんに知ってもらって役立てれば」
というようなコメントをされていましたが、実際問題
参考にできるのかどうか。うーん。

でも、私は県病院の若造医師に
「片方乳がんになった人は、いずれもう片方もガンになる」
とドクハラ?的な事を言われたので、それ以来
残された左胸に不安を抱えています。

私は、チチはなくても平気な方なんで
予防的に切除してしまう気持ち、分からなくもないです。

でも、さすがアメリカ!
2年前、ジャムじぃにチチを両方取ってくれ!
と頼んだら「今の日本じゃ、僕が捕まります」
と言われたこと、思い出しました。

やはり避けて通れない

 あまり参考にしたくないことだよね。
 乳がんになったら片方もなりやすい、とは言われたけど、もう治療する気はないし、どうでもいいや。
 男爵もそういえばジャム爺に両方とってくれっていたんだよね。そのことを思い出しました。 
 考えた末に出した結論だろうから、尊重しようとは思うけど、自分もしようとは思わないな。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR