バンコクへ おじさんの長い一日

 いよいよ楽園、ラヨーンを去る日が来ました。さらばかわいい子犬たちよ、スポーツマンの鶏よ。

 今までは歩いて10分ほどのところにあるバス停まで行って、ソンテウに乗っていましたが、2年ばかり来ていない間にショッピングセンターまでの無料シャトルバスサービスができたのでそこまでバスで送ってもらい、そこからソンテウに乗ることにしました。

 チェックアウトを済ませ、バスに乗り込むと、何かと世話になった日本人スタッフのおねえさんに手を振りました。お姉さんもにっこり笑いかけてくれました。

 ショッピングセンターに近づくと、おじさんがモゾモゾ落ち着かない様子です。ショッピングセンターはすぐなのに、車が多くてなかなか前に進みません。
「ま、まだか?!」
「混んでるからね、歩いて行ってもいけるくらいだけど、荷物もあるし、そういう訳にも行かないね」

 やっとシャトルバスはショッピングセンターの前に着き、荷物を降ろしてもらって、さようなら。
 おじさんはシャカシャカと歩き始めます。キョロキョロと落ち着かない。
「あった!行ってくる!」
 荷物をくうみんに預けておじさんはトイレに直行しました。

 長いトイレだ。10分ほど間抜けな顔をして突っ立っていると、おじさんが晴れ晴れとした顔でトイレから出てきました。
「危ないところだった。これでバンコクまで安心していける」
「ふーん、まだお腹の具合が悪いのね」

 ソンテウでラヨーンのバス停まで行きました。一人10バーツ。
 バンコクのエカマイまでのバスは、行ってしまったばかりで、あと一時間も待たねばなりません。しかし、エカマイではなく、バンコクのモチットというところまでなら、あと30分で来るではありませんか。
「モチットって、電車通っていたよね。ここでもいいんじゃない?」
「そうか、じゃ、モチット行きにしよう」

 30分後にモチット行きのバスが到着しました。喜び勇んでバスに乗り込むおじさんとくうみん。
 しかし、これが重大な過ちだったことにこの時は気づく由もありませんでした。

 バスは渋滞もなく無事バンコク近郊まで来ました。しかし、どんどん寂しいところへ行ってしまいます。
「これでいいのかな?」
「でもモチットは、終点のはずだし…」

 着いたモチットのバス停はあると思った電車も通っていません。モチットはモチットでも、バス停と電車の駅は離れているのです。
 仕方なくタクシーでホテルのあるサイアムまで行くことにしましたが、タクシーが来ても載せてくれません。

 他の外国人も乗せてもらえなくて、
「なぜ?」
と、呆然としていました。英語が喋れないからか?はて?

 やっとこさ載せてくれるタクシーを捕まえ、
「サヤーム」
 と言いました。ガイドブックには「サイアム」と書いてありますが、現地の人には「サヤーム」と言わないと通じないと聞いたからです。
 運転手は不機嫌な顔をしてタクシーを走らせました。メータータクシーで、座席の前に料金表がかけてありました。

「○○キロまでいくら、以後○○進むたびにこれだけ加算…」
なんだかそれとメーターがあっていないようなので、くくりつけてある表を取って、運転手に、言いました。

「メーターの料金がこの表と違うじゃない!(日本語)」
 運転手は言い返しました。
「合ってるよ、これで!(タイ語)」
「だってこの表…(日本語)」
「渋滞だから仕方ないんだ!(タイ語)」

 運転手が嘘を言っているかどうか、確認するために助手席の前にある身分証明を読み上げます。
「フンフン…」
 不正をしているとこれで慌てるのですが、この運転手は堂々としている。不正はしていないらしい。

 ふと隣のおじさんに目をやると、おじさんは眉を寄せ、苦しそうな顔をしていました。
「は、早く着かないかな~」
「えっ、トイレ?」
「うん」
「もうちょっとだから、我慢してよ」
 そう、もう少しなのです。でも渋滞がひどくて進みません。運転手がぶつくさ言います。
「もー、ここ嫌なんだよ!見ろ!この渋滞!(タイ語)」

 その時おじさんが叫びました。
「あそこのレストランの前に着けてくれ!トイレ!トイレ行きたい!(日本語)」
 運転手はレストランに向かってタクシーを進めました。

「ちょっと色つけてやれ!」
 そうだよね、この人にも悪かったよね。疑いもしたし。
 メーターは131バーツと出ていたけれど、140バーツ出して、
「釣りはいらん」
と言って降りました。

 「このレストラン入るぞ!」
「えっ、トイレならあそこのデパートのほうがいいんじゃない?レストランじゃ、なにか頼まなきゃ…」
「いいんだ!」
 おじさんは風のようにレストランに入ると、お店の人に叫びました。
「トイレ!トイレどこ?!」
 あっちです、と言われるとそのまま、さささとトイレに直行しました。

 ひとり残されたくうみんは、ぼっと立っていました。
「あのー、ご注文は?」
「えっと、ビール2本」
「かしこまりました」
 テーブルに着いていると、ほどなくウエイトレスが小瓶のシンハビールを2本、持ってきました。
 おじさんを待って飲むことにしましたが、例によって長い。

 さっきは運転手と日本語とタイ語で言い合ったけれど、結構通じるものだなあ、など思いながらおじさんを待ちました。

 しばらくして、晴れ晴れとした顔でおじさんが出てきました。
「危なかった」
「ビール頼んだよ」
「そうか、飲もう」
 日本なら、青山あたりにありそうなおしゃれなレストラン。さて小瓶のシンハビールのお値段は?
「2本で264バーツでございます」

 1バーツ3円くらいだから約792円。シンハの小瓶なんて、お店で買えば一本50バーツもしない。

 高い!高過ぎる!おじさんのトイレ代!


 
IMG_3907タイの優先席.jpg
タイの優先席 向かって一番右側は、お坊さんの絵です


さて、今宵はバンコクに泊まり、明日はいよいよ台湾です。どうなることやら。






 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

あらま、おじさん。。。

皇子のシモネタ、く~みさんパクリ

ましたな。。( 笑い )

でら~笑えるがや~♪

天竺で2回も一緒にガソリンを飲んでいる、よだきゅうはおぢさんの顔がわかるだけににゃ~腹の調子がわるくて額に冷や汗かいてる姿が想像できるがや~。
でら~もうしわけにゃいけんど笑えるがや♪

Re[1]:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

悠々愛々さん
>あらま、おじさん。。。

>皇子のシモネタ、く~みさんパクリ

>ましたな。。( 笑い )


-----
 皇子も下ネタ好きですか?皇子の下ネタとくうみんの下ネタは方向が違うのではないかと。

Re:でら~笑えるがや~♪(01/15)

よだきゅうさん
>天竺で2回も一緒にガソリンを飲んでいる、よだきゅうはおぢさんの顔がわかるだけににゃ~腹の調子がわるくて額に冷や汗かいてる姿が想像できるがや~。
>でら~もうしわけにゃいけんど笑えるがや♪
-----
 あの顔が冷や汗をかいている姿…そうですね、知った顔だとリアルに想像できますね。
 そしてよだきゅう様、あなたのお顔も…

Re:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

ダンナ様、おなか壊したの?
もう大丈夫?

Re[1]:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

キララ8653さん
>ダンナ様、おなか壊したの?
>もう大丈夫?
-----
 今は大丈夫ですが、旅行中は大変でした。

Re:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

あらら、おなか大変でしたねえ。
今まで海外旅行でお腹壊したことなかったんですが、インドネシアでは同じ状態でした。帰りの成田空港はほんと不審社のように入国審査前のトイレに掛け込みましたから。
おじさんの気持ちよ~くわかります。
いくら払ってもいい。

Re[1]:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

灰色ウサギ0646さん
>あらら、おなか大変でしたねえ。
>今まで海外旅行でお腹壊したことなかったんですが、インドネシアでは同じ状態でした。帰りの成田空港はほんと不審社のように入国審査前のトイレに掛け込みましたから。
>おじさんの気持ちよ~くわかります。
>いくら払ってもいい。
-----
インドネシアで同じ状態でしたか。人間誰だってこういうことはありますよね。
 いつもは私の方がお腹壊しやすいのですが、今回はおじさん。

Re:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

悠愛さんのブログと内容かぶってますな。。。

Re[1]:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

どくだみさん
>悠愛さんのブログと内容かぶってますな。。。

-----
今行ってきてわかりました。ピーピードンドんピ-ドンドン。

Re:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

お餅は3個で今年はおしまいにしようかと思ったので平らげてしまいました。最後が1個じゃ、諦めきれませんからね。

その後、弘にゃんが来たので讃岐うどんをゆでました。

くうみんさん、飛行機で移動中なクセに何を言ってるんですか!

Re[1]:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

デリカ伯爵さん
>お餅は3個で今年はおしまいにしようかと思ったので平らげてしまいました。最後が1個じゃ、諦めきれませんからね。

 ちょっと多いけど食べちゃおうって。

>その後、弘にゃんが来たので讃岐うどんをゆでました。

 よかったね。テレパシーで弘ちゃん、伯爵がお呼びとわかったんだ。

>くうみんさん、飛行機で移動中なクセに何を言ってるんですか!


-----
 も~、帰ったんだってば!

Re:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

おはようございます。
雪はなかなか溶けないで残っています。寒いです。

卵の白身は味はきらいじゃないんですが、おつゆが冷めちゃうので避けるんですよね。

Re:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

う~~ん、いかなる事態なのか、よくはわかりませぬが、大変だったようですね。やっぱりタイはわかってる人のお尻にくっついていくか、ツアーがよさそうですね。

Re[1]:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

デリカ伯爵さん
>おはようございます。
>雪はなかなか溶けないで残っています。寒いです。

こちらもです。すべらないように気をつけましょう。

>卵の白身は味はきらいじゃないんですが、おつゆが冷めちゃうので避けるんですよね。

-----
 なるほどそうでしたか。冷めちゃいますね。

Re[1]:バンコクへ おじさんの長い一日(01/15)

mamatamさん
>う~~ん、いかなる事態なのか、よくはわかりませぬが、大変だったようですね。やっぱりタイはわかってる人のお尻にくっついていくか、ツアーがよさそうですね。
-----
 安全策を取るならそうですが、トラベルはトラブルが語源といいます。こんなことも後で思えばいい思い出に。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR