死ぬときはこうしたい

 くうみんの天敵、のもいのおっちゃんは、深く頷ける記事も書きます。

おっちゃんのブログ

「大往生したけりゃ医療と関わるな」
 この本は少し前に読んだことがあります。くうみんもその時アップしたかも知れませんが、探したけど見つかりません。

 この著者、中村仁一先生は、死ぬときはガンに限る。しかも治療なしで、とおしゃっておられます。

「老人になったら、手術だ抗がん剤だと、そんな医療を受けるのは苦しむだけ!そんなことしないで楽に大往生しよう」
 ということです。

 そして、いまわのきわには、点滴、酸素、一切不要と。
 おじさん父とくうみん父はもうすでに亡くなっています。

 くうみん父は肺がんでした。おじさん父は老衰ですが、もう死を待つだけという時は、延命治療は一切しないように、点滴、酸素吸入など、本人が嫌がるようならしなくていいと、言いました。

 しかし、やはり死ぬ間際の点滴や酸素吸入はしてしまいました。断っていいものかどうか、酸素がなければ呼吸が苦しいのではないかと思ったからです。

 著者によると、点滴を断ることはできるそうです。
 酸素は吸入しないと息が苦しいのか?苦しくないそうです。

 そういえば二人とも、酸素吸入自体を苦しがっていた。言ってみれば、食べたくもない食事を取らされているようなものです。

 こういうことは教えてくれなければわからないので、この本がもっと早く出版されていたなら、この中村先生の言う通りにしたと思います。

 じいさん二人が身をもって教えてくれたこと、母親の末後にはいかそうと思います。

 もちろん自分の時も、点滴、酸素不要なのはもちろんです。最後まで心穏やかにいたいと思っています。 
 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ

クリックいただければ幸いです。励みになります。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:死ぬときはこうしたい(08/12)

こんにちは

もしかしたら、現代医療は余計なことをやりすぎているのかも知れませんね。

人間の身体の持つ素晴らしい力を鑑みますと、そのように感じます。

身体が終わりを迎える時、今までよく頑張ってきたと褒め称えてあげるくらいが良いように感じます。

Re:死ぬときはこうしたい(08/12)

う~ん・・・死に方についてね。
たまたま今日私も似たようなテーマでブログUPしてますので、
おヒマだったら見に来てね☆

Re:死ぬときはこうしたい(08/12)

自分に意識があるうちは、延命措置を

拒否出来るけど、意識がなくなったら。

家族はどんな形でも、すこしでも生きて

いて欲しいと思い、延命措置を医者に

頼むかもしれないね。。

Re[1]:死ぬときはこうしたい(08/12)

1988カーライフさん
>こんにちは

>もしかしたら、現代医療は余計なことをやりすぎているのかも知れませんね。

>人間の身体の持つ素晴らしい力を鑑みますと、そのように感じます。

>身体が終わりを迎える時、今までよく頑張ってきたと褒め称えてあげるくらいが良いように感じます。
-----
 外国ではそんなにやっていないらしいです。日本が延命措置、異常なくらいやっていると聞きます。
 数時間、または数年ベッドの上で意識もなく延命して、どうなるのでしょう。

Re[1]:死ぬときはこうしたい(08/12)

どくだみさん
>う~ん・・・死に方についてね。
>たまたま今日私も似たようなテーマでブログUPしてますので、
>おヒマだったら見に来てね☆

-----
 よく死ぬことはよく生きることという人もいます。私もそう思います。

Re[1]:死ぬときはこうしたい(08/12)

悠々愛々さん
>自分に意識があるうちは、延命措置を

>拒否出来るけど、意識がなくなったら。

>家族はどんな形でも、すこしでも生きて

>いて欲しいと思い、延命措置を医者に

>頼むかもしれないね。。


-----
 私は延命を望みませんでした。しかし、病院側が、そうはさせませんでした。
 なぜか?穿った見方かもしれませんが、そのほうが儲かるからでしょう。

牡丹鍋世代の昨今きゃ?

牡丹鍋世代もボチボチとそういう事を現実に考えるようになったきゃ!?
半世紀も生きてくると折り返し地点は過ぎてるでにゃ!?
願望はぽっくりだにゃ♪(笑)

Re:牡丹鍋世代の昨今きゃ?(08/12)

よだきゅうさん
>牡丹鍋世代もボチボチとそういう事を現実に考えるようになったきゃ!?

そういうことです。

>半世紀も生きてくると折り返し地点は過ぎてるでにゃ!?

 100歳以上生きたらどうしよう…と思っていましたが、自分で考えて行動できるのはせいぜい75歳まで。

>願望はぽっくりだにゃ♪(笑)
-----
 ぽっくり行きましょう!

Re:死ぬときはこうしたい(08/12)

そういえばここは古いニュータウンだから、ここから巣立った人たちにとっては故郷なんですかね。だから実家に帰ってきていたのでしょう。
裏を返せばショップの店員さんたちはもっと悲惨だったかと思います。

Re:死ぬときはこうしたい(08/12)

この問題は難しいですね。
医者が進めたらそうしちゃうかなと意志の弱さがぐらつきます。
私は4人の両親をほとんど在宅かホスピスで看取りましたし、3人はエンディングノートを書いておいてくれたのでその通りに延命拒否、自然にの方針で看取りました。
酸素吸入も3人ともなかったです。

まだ自分のエンディングノート完成させてなくて、最後の希望も書いてないのですが、やっぱりできれば自然にがいいですね。

今日5年半の検診行ってきましたが、5年で逃げ切りとは先生はおっしゃらない。経過観察だけだから良いか。

Re:死ぬときはこうしたい(08/12)

危篤の患者自身の気持ちよりも、患者の家族の気持ちが最優先されてしまってますね。
しかも、生物学的に「生きている」状態にすることがいいようにされていて、危篤患者の苦しみについては考慮されていないし、家族にはそのことについて知らされない。
人工呼吸器などつけたら最後、心臓が止まらない限り停止させたら殺人罪にされてしまう現状もあるし、すごく難しい問題です。
もっと患者自身の苦しみに配慮してもいいと思います。

Re[1]:死ぬときはこうしたい(08/12)

デリカ伯爵さん
>そういえばここは古いニュータウンだから、ここから巣立った人たちにとっては故郷なんですかね。だから実家に帰ってきていたのでしょう。
 古いニュータウンか。そんなのもそこらじゅうにありますね。

>裏を返せばショップの店員さんたちはもっと悲惨だったかと思います。

-----
 そうかも知れません。今度は空いている時期を見計らって行くのがいいですね。
 その点弘ちゃんは頭良いなあ。

Re[1]:死ぬときはこうしたい(08/12)

灰色ウサギ0646さん
>この問題は難しいですね。
>医者が進めたらそうしちゃうかなと意志の弱さがぐらつきます。
>私は4人の両親をほとんど在宅かホスピスで看取りましたし、3人はエンディングノートを書いておいてくれたのでその通りに延命拒否、自然にの方針で看取りました。
>酸素吸入も3人ともなかったです。

>まだ自分のエンディングノート完成させてなくて、最後の希望も書いてないのですが、やっぱりできれば自然にがいいですね。

>今日5年半の検診行ってきましたが、5年で逃げ切りとは先生はおっしゃらない。経過観察だけだから良いか。
-----
 ちゃんと希望を聞いてあったのは良かったですね。
 私は自分だったらこうしたい、というところを自分の父にしました
 でも、知識不足で親不孝してしまいました。
 5年半健診ご無事で良かったですね。うさぎさんは先輩だったんですね。私は9月で丸4年。

Re[1]:死ぬときはこうしたい(08/12)

キララ8653さん
>危篤の患者自身の気持ちよりも、患者の家族の気持ちが最優先されてしまってますね。
>しかも、生物学的に「生きている」状態にすることがいいようにされていて、危篤患者の苦しみについては考慮されていないし、家族にはそのことについて知らされない。
>人工呼吸器などつけたら最後、心臓が止まらない限り停止させたら殺人罪にされてしまう現状もあるし、すごく難しい問題です。
>もっと患者自身の苦しみに配慮してもいいと思います。

----
 人工呼吸器はつけたら最後ですね。人間の浅知恵など使わず、自然に任せたいと私も思います。
 そのためには知識もなくてはね。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR