FC2ブログ

癌だ、ガ~~~ン!12年前の話

 くうみんが、ガンと診断されたのは、12年前の8月だった。胸にしこりがあるのに、自分で気づいた。かかりつけのお医者さんに言って、某ガン専門の病院を紹介された。

 私がガンの訳ないじゃ~ん!

 そう思っていた。その当時、くうみんの近くに2人のガンサバイバーがいた。年は食っていても、2人とも美人で、一人は若い頃に、六本木を歩いているとき、
「第二の吉永小百合になりませんか?」
と、スカウトされたという。もう一人も、長いまつげが印象的な美しい人だ。

 大丈夫!!私、ブスだから!

 自信満々、疑いなんて、これっぽっちもしなかった。

 それなのに、言われた。
「悪性の可能性があります」

 聞いた途端に、顔から微笑みがなくなり、血の気が引くのが分かった。

 その時の女医が言った。今度の診察には、ご家族と一緒に来てください。

 ご家族と一緒に来てくださいって、本当に、言うんだ…

 実際のガン宣告は、次におじさんと行った時だけど、くうみんにとっては、これが実質のガン宣告。通い慣れたはずの帰り道、何度も電車を乗り間違えた。

 手術するともしないとも、言っていないのに、なぜかベルトコンベアに乗ったように、手術に向かって行った。

「くうみんさん、しばらく休むそうですね。どこに行くんですか?」
「ちょっと、アーバンリゾートへ」
「楽しんできてください」
「…うん」
 当時、国民健康保険の係でパートをしていたくうみんは、自分で自分の「限度額適用認定証」をひっそりと発行して持って行った。これを持って行けば、支払いのときに、自身の所得に応じた金額を限度として、支払えば済む。ちなみに、これがなくても、後で返って来る。

 そして迎えた手術当日。12年前の、9月18日のことだった。
 手術室には歩いて行ったように記憶している。手術室のドアを開けると、そこはまるで体育館のように広くて天井の高い部屋になっていて、左右にたくさんの手術室があった。

 こんなんなっていたのか…かなり驚いた。さすがガン専門病院。手術を受ける患者がたくさんいて、それを上回るスタッフがいる。
 手術室のひとつに入って、ベッドに案内された。手術用のベッドはかなりタイトで太った人はどうするんだろうと思った。けど、ベルトのようなもので固定するから、大丈夫なんだろう。

 麻酔は点滴でする。大酒飲みなので、麻酔が効かないかと心配だったが、酒は関係ないそうだ。数を数えさせるというけれど、ここではそんなこともなく、2、3秒で意識がなくなった。

「気が付きましたが?」
 看護師さんに声を掛けられ、寝かされていたストレッチャーごと、移動した。カラカラ…昨日からいた部屋に戻って来た。

 わきの下が痛い…ナースコールをして、痛いんですけど、というと、点滴から痛み止めを入れてくれた。痛み止めのせいか、深い眠りについた。

 気が付くとおじさんが、カーテンを少し開けて、こっちを見ていた。
「これで気づかなかったら、もう帰ろうとしていたんだ」

 8時半ごろこの部屋を出て、今はもう夜の7時だそうだ。
「それじゃ、帰るからな」
「うん…」

 その夜のうちから、酸素の管が外された。次の朝、尿道の管が外されたときはすごくうれしかったのを、今でも覚えている。すご~く、不快だったから。

 脇のかなり下から、一本の管が出ていた。体液を排泄するためのドレーン。これがあるということは、全摘したか、リンパ転移があったということだ。

 どっちにしても、いい事ではない。

 でも、とにかく手術は終わった。これで終わりだと思っていたのだが、それは甘い考えだった、というのはブログの前の方に嫌というほど書いてきた。

 まあ、年寄りの繰り言と思って、聞いてやってください。

 自分がガンになる前は、
「どうしてガン専門病院なんかに行くんだろう?すぐにガンってわかっちゃうじゃん!」
 と、思っていたのに、自分がガン専門病院のお世話になってしまうとは。

 さて、このオバさんはどうなってしまうのでしょう?

 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

癌とわかったら...



12年前でしたかー

私も癌なんて言われたらショックですよ
一気に免疫も無くなって明日から仕事にはいかなくなりますね
毎日飲んだくれて自堕落な生活をすることでしょうね;

No title

私は手術室に入っ他時、いろいろな物が珍しくて「へー!ドラマで見るのと同じだ」なーんて感心してました。手術への恐怖心よりも、好奇心の方が勝ってしまった私って変かな?
手術室のベッドって幅が狭いよね。私もこんなんで落ちたりしないのかと思った。
でも手術はもう受けたくないわ。

No title

迫真の・・・じゃなくて実体験レポですから当然ですね。

>当時、国民健康保険の係でパートをしていたくうみんは、自分で自分の「限度額適用認定証」をひっそりと発行して持って行った

冷静だなあと思いながら読んでいました。
続きもしっかりと読ませていただきたいと思います。

どうする。

この電車を乗り間違えた話。よく覚えています。
流石のくうみんさんでも動揺されたのだと…

12年前では、まだまだ若いから驚いたことでしょう。
その時おじさんがいてくれて良かったですね。

私もこの先、同じような場面に出会ったらどうしよう。
「ご家族の人と一緒に来てください」って言われても誰もおらんがな。

まぁ一人で腹を括りましょう。

おはようございます~♪

どんな経過だったのか教えてくださいね。
初めて手術室を体験した時は
あまりにも広くて無機質なのには
驚きました。

今日もお元気で~♪ ☆彡

No title

どんなにかショックだったことでしょう。実体験の文章が生々しく、心痛みます。

Re: 癌とわかったら...

 がちょー様

> 12年前でしたかー
>
> 私も癌なんて言われたらショックですよ
> 一気に免疫も無くなって明日から仕事にはいかなくなりますね
> 毎日飲んだくれて自堕落な生活をすることでしょうね;

 ショックでした。ヨレヨレになってしまいました。中には、「なんとも思わなかったわ!」という人もいましたけど。
 まあ、そのうち慣れると言うか、なるようにしかならないと、思うようになります。

 

Re: No title

 キララ様

> 私は手術室に入っ他時、いろいろな物が珍しくて「へー!ドラマで見るのと同じだ」なーんて感心してました。手術への恐怖心よりも、好奇心の方が勝ってしまった私って変かな?

 私の場合、怖いの6割、好奇心3割という感じかな。小さなドアを開けると、体育館みたいに広い空間があって、左右にたくさんの手術室…これが一番驚いた。確かに、見慣れないものがたくさんありました。

> 手術室のベッドって幅が狭いよね。私もこんなんで落ちたりしないのかと思った。
> でも手術はもう受けたくないわ。

 私も、もういいや。新しい癌ができたら、その時また考える。再発だったら絶対にしない。

Re: No title

 さえき奎様

> 迫真の・・・じゃなくて実体験レポですから当然ですね。
>
> >当時、国民健康保険の係でパートをしていたくうみんは、自分で自分の「限度額適用認定証」をひっそりと発行して持って行った
>
> 冷静だなあと思いながら読んでいました。

 冷静というか、国民健康保険というのは、かなり優れものだと、あのパートのとき感じたのですよ。知っているといないでは大違い。

> 続きもしっかりと読ませていただきたいと思います。

 ブログの前の方でかなり書いているから、今回は「外伝」のようなもの。

Re: どうする。

 つかさん様

> この電車を乗り間違えた話。よく覚えています。
> 流石のくうみんさんでも動揺されたのだと…
>
 すごく動揺しました。

> 12年前では、まだまだ若いから驚いたことでしょう。
> その時おじさんがいてくれて良かったですね。
>
 おじさんがいて助かった。いなかったら、家族に来てもらえと言われたら、あの毒親の母だもの。嫌だよ。

> 私もこの先、同じような場面に出会ったらどうしよう。
> 「ご家族の人と一緒に来てください」って言われても誰もおらんがな。
>
> まぁ一人で腹を括りましょう。

 何とか誰かを連れてくるように言われるらしいよ。親戚とか友達。手術の時で何かあったとき、困るからじゃないかな?

Re: おはようございます~♪

 Mmerose様

> どんな経過だったのか教えてくださいね。
> 初めて手術室を体験した時は
> あまりにも広くて無機質なのには
> 驚きました。

 Mmerose様もそう思いましたか?
>
> 今日もお元気で~♪ ☆彡

 ありがと~。

Re: No title

 きたあかり様

> どんなにかショックだったことでしょう。実体験の文章が生々しく、心痛みます。

 絶対違うと思っていたので、その落差が半端なかったのです。

No title

自分が この状況になったらと思うと ぞっとします ><
でも これから可能性あります・・・・・

健康には かなり遠い生活をしてますから・・・・
状況を教えていただいて よかったかもしれません

たまには自分の生活を考えるきっかけになりそうです ><

今ブログを書かれているから
復活されたんでしょうが・・・・ 大変だったんですね T.T

  駐在おやじ

それは大ショックだったね・・・

今では5人に1人が癌、癌で亡くなる人も減っているとは言え、12年前ならまだ「癌=死ぬ病気」という認識だったよね・・・。

「まさか自分が癌になるはずがない!」と思っていたくうみんさんの気持ち、すごく良く分かります。
それと同時に、告知された時のショックは・・・(涙)

12年前と言えば、今はくうみんさんは「癌サバイバー」。
実際に体験した人でないと分からない辛さ、苦しみ・・・、それを乗り越えて今を生きているくうみんさん。
これからも明るく元気でアクティブに生きて下さい。

癌と言われた事がないおばばですが、「明日は我が身」を考えるいい機会になりました。

Re: No title

 駐在おやじ様

> 自分が この状況になったらと思うと ぞっとします ><
> でも これから可能性あります・・・・・
>
 誰でもなり得る病気です。

> 健康には かなり遠い生活をしてますから・・・・
> 状況を教えていただいて よかったかもしれません
>
> たまには自分の生活を考えるきっかけになりそうです ><
>
 人間は、自分だけは大丈夫と思うものです。

> 今ブログを書かれているから
> 復活されたんでしょうが・・・・ 大変だったんですね T.T
>
 大変だったけど、復活しましたよ!

Re: それは大ショックだったね・・・

 おばば様

> 今では5人に1人が癌、癌で亡くなる人も減っているとは言え、12年前ならまだ「癌=死ぬ病気」という認識だったよね・・・。
>
 死の宣告の次に重いと思いました。

> 「まさか自分が癌になるはずがない!」と思っていたくうみんさんの気持ち、すごく良く分かります。
> それと同時に、告知された時のショックは・・・(涙)
>
 ある訳ないと思っていたのですが…

> 12年前と言えば、今はくうみんさんは「癌サバイバー」。
> 実際に体験した人でないと分からない辛さ、苦しみ・・・、それを乗り越えて今を生きているくうみんさん。
> これからも明るく元気でアクティブに生きて下さい。
>
 ま~、だいじょうぶだろ~、と思っています。

> 癌と言われた事がないおばばですが、「明日は我が身」を考えるいい機会になりました。

 おばば様も、食生活や運動にお気をつけてください。

手術前は不安でいらっしゃたと思いますが、無事に終わって良かったですね。
がん治療もかなり進歩していますが、医療費が安ければありがたいのですが・・・・

Re: タイトルなし

 utokyo318様

> 手術前は不安でいらっしゃたと思いますが、無事に終わって良かったですね。
> がん治療もかなり進歩していますが、医療費が安ければありがたいのですが・・・・

 保険診療なら、大したことはありませんが、確かに症例の少ない病気だと、高くなることもありますね。

No title

こんにちわ♪

数年前 念のためにと受けた 便潜血検査で再検査となって大腸内視鏡検査を受け、そのときにポリープの除去をしてもらって、検査は受けておくもんだ と思いました。

それにしても、当日すぐ手術とは 大変でしたね。

Re: No title

 ももPAPA様

> こんにちわ♪
>
> 数年前 念のためにと受けた 便潜血検査で再検査となって大腸内視鏡検査を受け、そのときにポリープの除去をしてもらって、検査は受けておくもんだ と思いました。
>
 それは良かったですね。

> それにしても、当日すぐ手術とは 大変でしたね。

 え~っと、当日すぐ手術ではなく、手術当日はこんな感じだったのです。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR