FC2ブログ

抗がん剤治療決定!悲劇は喜劇につながる

乳癌手術を終えたくうみんは、病院から貰った冊子の、とあるページを見ていた。術後の治療法について、チャート式で書かれている。
 くうみんには一つだけだが、リンパ節転移があった。これがあると抗がん剤治療は必至なのだった。

 仕方ないよなあ。

 でも、ま、ある意味、これ以上悪い結果なんてないんだから。覚悟決めればなんてことないさ。

 その日、病院でおじさんと一緒に、術後の治療法を決める主治医との面談を待っていた。
 いつまでたっても名前を呼ばれない。癌仲間と一緒にいたのだが、あまりに待つので、先に帰ってもらうことにした。
「結果が出たら教えてね」
 
 もう5時を過ぎた。内待合室で、とうとう最後の患者になった。しり上がり寿の漫画を読んで馬鹿笑いしていると、やっと名前を呼ばれた。

 主治医は硬い表情をして、診察室にいた。くうみんは、2枚程度のレポートを渡された。

 手術の断面はすべて強陽性。おまけにtremendous、巨大な、恐ろしいほどの、脈管侵襲があるという。tremendousは英語だから、英語のよく分からないくうみんにはピンと来ない。でも、大変な形容詞らしい。そうなの?おばば様。

これが問題の断面図

「全摘の再手術をします」
 どうやらあまりにも悪い結果だったので、言いづらくて最後にしたらしい。

 あまり抵抗なく決める人も多いらしい。でも、くうみんとしては全摘なんてしたくなかった。主治医はこわ~~~い顔をして、言った。
「じゃ、抗がん剤を先にするか?」
「そ、そうしてください」
 くうみんは、きっと青ざめた顔で言ったと思う。

 主治医としては、抗がん剤治療をしている間に、覚悟を決めておけ、ということだったのだろうが、くうみんとしてはなんとかちちを生き延びさせようと思っていた。
「ちち取りを何とか阻止せねば!!」

 もうみんなに隠し続けることはできない。そう思ったくうみんは、当時通っていたフィットネスクラブのフロントのお姉さんに、泣きながら、お願いした。
「私はガンです。抗がん剤治療をすることになりました。髪の毛が抜けて、迷惑をかけることになりますが、よろしくお願いします」
 フロントの女性は、
「わかりました、大丈夫ですよ」
 と、言ってくれた。

 ジムエリアをうろうろしていると、話しかけてくる声がした。
「最近見かけなかったけど、どうしていたの?」
 ランニング仲間の男性だった。手術と養生のため、くうみんはしばらくフィットネスクラブに来ていなかった。
だから、カミングアウトした。泣きながら。
「私、ガンで手術したの!!」
「えっ、ひざの手術?」
「違う!ガンよ、乳がんの手術をしたのよ!」
「えっ、腰の手術?!」
 
 ロッカールームで顔見知りの女性に出会った。
「どうしたの~、最近いなかったけど」
 くうみんは答えた。泣きながら。
「私、ガンなの!」
「えっ、あなたのご主人がガン!」
「違う!違うの!ガンは私なの!」

 くうみんは泣きながら言っているのに、どうも皆さん信じられなくて思い違いをしてくれたようだった。
「うっそだ~。あのくうみんさんが、ガンのはずがある訳ない。今日はエイプリルフールじゃないぞ~」
 (そう言えば今日はエイプリルフールでしたね。)

 しかし、事実は小説よりも奇なり。 

 髪の毛は1回目の抗がん剤治療の2週間ほど後に抜け始めた。

 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ショックだったね・・・

tremendous・・・。
ものすご~く大きな、大変な状態だったんだね(涙)
今のくうみんさんの元気な姿からは、想像できない診断だね・・・。

それはショックだったね~(涙)
まさか自分がそんなに悪い癌だなんて、誰も想像してないよね(涙)

乳房切除をするか否か、医者は当然、生きるために切除を勧めるだろうけど、これはまさに本人にとっては、「生きること」を問われる大問題。

今のくうみんさんを見てると、くうみんさんの選択は正しかったと思うよ。

何より、そんな辛い体験、それに続く辛い抗がん剤治療を乗り越えて、今を元気に生きてるくうみんさん、これからも元気に生きて行って欲しいよ~。

祈ってるよ~!

乳癌手術、たいへんでしたね。

乳癌手術、大変につらいものでしたね
私ももちろんそうなっても切なくつらいでしたが
くうみん様もたいへんでしたね;

そして抗がん剤治療も本当にお疲れさまでした。

No title

過去の記事でくうみんさんが、乳癌手術したのは知ってましたが、本当に大変でしたよね。
私も何度か乳がんかもしれないって言われ、最初に言われたときは会社に帰って泣いてしまいました。結局生検で乳がんではなかったけど。まだ20代の頃でした。

No title

告知はどんな場合でもショックだとは思いますが・・・
よく一人で耐えましたよね。
くうみんさまは強いです!!


まさか元気なくうみんさまが、ガンだとはだれも思わなかったはず。
ジムの方の反応も理解できます。(;^_^A

本当に今のくうみんさまを見ていると、全摘しなくてよかった。
そして今本当に元気にしていることは、同じようになっている人の希望だと思うので、これからもしっかりと長生きしてくださいね。(^_-)-☆

いかにもAprilfoolらしい、title.

「悲劇に、喜劇。」思春期だった1980年代に散々言い聞かされてきたような
気がしてならなくなりました。
毎年迎えるこの日も、普段と何ら変わりがない。
すなわち嘘のつけない証拠なのかもしれませんね。

改めてこちらのブログに、コメントありがとうございました。
琉球新報に新聞掲載されたのが、先月だったのでもっと早くに
テーマにするはずだったのですが、別の記事を優先にしてしまいました。
震災日が3月11日だったため、却ってそっちのほうが良かったかもしれないと
我れながらに、思っております。
さて、携帯電話が当たり前になったこの世の中、電話線がつながっているほうが
おかしくなってはいないだろうか?
いろいろと思いを巡らす中、自分もこの主人公と同じ立場に立たされるのではないかと。
以前楽天日記開設記念で、タイトルにした「古波蔵ヲナリ」に
もし朝起きてなっていたとしたら、自分だったらどうする?
真っ先に何をするか?
江戸時代生まれで「幕末・琉球処分の頃、古波蔵家に嫁に来た私がヲナリよ。」
そうやって子孫に語りかけたら「この映画と同じ心境になるはず。」
と判断しました。
今まで何度か呼び出しベルを鳴らされましたが、今度は自分が
そのベルを鳴らす番なんだと。



No title

今お元気な様子を見ていると
まさかガンだったとは思えませんね。
これからもタフなくうみんさんでいてくださいね。

今日もお元気で~♪ ☆彡

No title

深刻なシチュエーションであるにもかかわらず、くうみんさんの記事には暗澹たる空気は全く流れていません。
軽妙な文体のなせるワザなのでしょうか。
病気のほうが呆れてしまって一目散に逃げだしたような気がします。
今後もさらにエネルギーが炸裂すると信じて疑いません。
ポジティブさこそ、健康と幸福の原点だと痛感した次第です。

Re: ショックだったね・・・

 おばば様

> tremendous・・・。
> ものすご~く大きな、大変な状態だったんだね(涙)
> 今のくうみんさんの元気な姿からは、想像できない診断だね・・・。
>
 ものすご~く悪かった!

> それはショックだったね~(涙)
> まさか自分がそんなに悪い癌だなんて、誰も想像してないよね(涙)
>
 ショックを受けた私に、「だらしない」というガン友もいたんだよ!

> 乳房切除をするか否か、医者は当然、生きるために切除を勧めるだろうけど、これはまさに本人にとっては、「生きること」を問われる大問題。
>
> 今のくうみんさんを見てると、くうみんさんの選択は正しかったと思うよ。
>
> 何より、そんな辛い体験、それに続く辛い抗がん剤治療を乗り越えて、今を元気に生きてるくうみんさん、これからも元気に生きて行って欲しいよ~。
>
> 祈ってるよ~!

 ありがとう。のど元過ぎればなんとやら。でも、言者の言うことを鵜呑みにしないで、自分で考えること、あとは直感を信じることが大事だと思う。医者の意見は参考程度。これが正解。

Re: 乳癌手術、たいへんでしたね。

 がちょー様

> 乳癌手術、大変につらいものでしたね
> 私ももちろんそうなっても切なくつらいでしたが
> くうみん様もたいへんでしたね;
>
> そして抗がん剤治療も本当にお疲れさまでした。

 昔の話だけど、まだまだ後遺症に悩んでいます。抗がん剤をしたのは失敗だったと思っています。

Re: No title

 クーチ様

> 過去の記事でくうみんさんが、乳癌手術したのは知ってましたが、本当に大変でしたよね。
> 私も何度か乳がんかもしれないって言われ、最初に言われたときは会社に帰って泣いてしまいました。結局生検で乳がんではなかったけど。まだ20代の頃でした。

 生検までしたのは、かなり怪しかったんですね。20代でガンなんて、悪性度高いし、大変です。間違いで良かった。

Re: No title

 ミコリー様

> 告知はどんな場合でもショックだとは思いますが・・・
> よく一人で耐えましたよね。
> くうみんさまは強いです!!
>
 あの頃はおじさんもいたからなあ。
>
> まさか元気なくうみんさまが、ガンだとはだれも思わなかったはず。
> ジムの方の反応も理解できます。(;^_^A
>
 あとからあの場面を再現すると、みんな笑うのですが、当時は悲しかったなあ。

> 本当に今のくうみんさまを見ていると、全摘しなくてよかった。
> そして今本当に元気にしていることは、同じようになっている人の希望だと思うので、これからもしっかりと長生きしてくださいね。(^_-)-☆

 希望の星とはよく言われました。元取り残しがあって元気なのは私だけだもの。みんな医者の言うなりに取ってしまうから。

Re: いかにもAprilfoolらしい、title.

 背番号のないエース様

> 「悲劇に、喜劇。」思春期だった1980年代に散々言い聞かされてきたような
> 気がしてならなくなりました。
> 毎年迎えるこの日も、普段と何ら変わりがない。
> すなわち嘘のつけない証拠なのかもしれませんね。
>
 嘘はいいぞ~。面白いウソがつけたら、いいと思うのですが、私もなかなか嘘が付けません。

> 改めてこちらのブログに、コメントありがとうございました。
> 琉球新報に新聞掲載されたのが、先月だったのでもっと早くに
> テーマにするはずだったのですが、別の記事を優先にしてしまいました。

 ブロネタには困っていないようですね。

> 震災日が3月11日だったため、却ってそっちのほうが良かったかもしれないと
> 我れながらに、思っております。
> さて、携帯電話が当たり前になったこの世の中、電話線がつながっているほうが
> おかしくなってはいないだろうか?
> いろいろと思いを巡らす中、自分もこの主人公と同じ立場に立たされるのではないかと。
> 以前楽天日記開設記念で、タイトルにした「古波蔵ヲナリ」に
> もし朝起きてなっていたとしたら、自分だったらどうする?
> 真っ先に何をするか?
> 江戸時代生まれで「幕末・琉球処分の頃、古波蔵家に嫁に来た私がヲナリよ。」
> そうやって子孫に語りかけたら「この映画と同じ心境になるはず。」
> と判断しました。
> 今まで何度か呼び出しベルを鳴らされましたが、今度は自分が
> そのベルを鳴らす番なんだと。

 今も彼の地で活躍されているではありませんか。これからもその調子で行ってください。

Re: No title

 Mmerose様

> 今お元気な様子を見ていると
> まさかガンだったとは思えませんね。
> これからもタフなくうみんさんでいてくださいね。
>
 落ちた体力を元に戻すため、ずいぶん努力もしましたよ。あまりの走力のなさに、泣けてきましたよ。

> 今日もお元気で~♪ ☆彡

 ありがと~。

Re: No title

 声なき声様

深刻なシチュエーションであるにもかかわらず、くうみんさんの記事には暗澹たる空気は全く流れていません。
> 軽妙な文体のなせるワザなのでしょうか。

 暗澹たるものだったのですが、みんな信じてくれなかったんですよ~!!

> 病気のほうが呆れてしまって一目散に逃げだしたような気がします。
> 今後もさらにエネルギーが炸裂すると信じて疑いません。
> ポジティブさこそ、健康と幸福の原点だと痛感した次第です。

 ポジティブさが大事。それは言えていると思います。ポジティブな人も多いです。
 昔はガンは告知しませんでした。高名な坊さんが是非にというので告知したら、ガックリ来て亡くなった…というのは、今思うと都市伝説です。

No title

大変だったね。
危機が起きたときに、その人の人間性がわかります。
くうみんさんは強い!
もうガンの方が逃げ出してるんじゃないかな。

No title

人生何回か選択しなければならないことありますね。
その選択が間違ってたか良かったかは神様のみぞ知る。
いや、神様でもわからないかも。

くうみんさんは、きっと今までの生き方が良かったので、
不幸中の幸いで現在があるのでしょう。

女性にとってお乳をなくすのはつらいですものね。

「人生は塞翁が馬」
私もくうみんさんを見習って、強く、いや強がって生きよう。

これからもお大事にね。

Re: No title

 キララ様

> 大変だったね。
> 危機が起きたときに、その人の人間性がわかります。
> くうみんさんは強い!
> もうガンの方が逃げ出してるんじゃないかな。

 どうかな~。逃げなくてもいいのですよ、おとなしくしてくれれば。

Re: No title

 toshi様

> 人生何回か選択しなければならないことありますね。
> その選択が間違ってたか良かったかは神様のみぞ知る。
> いや、神様でもわからないかも。
>
 人生ゲームですな。

> くうみんさんは、きっと今までの生き方が良かったので、
> 不幸中の幸いで現在があるのでしょう。
>
> 女性にとってお乳をなくすのはつらいですものね。
>
 私は絶対に嫌だったけど、そうでもない人も確かにいます。

> 「人生は塞翁が馬」
> 私もくうみんさんを見習って、強く、いや強がって生きよう。
>
 いや~、見習うなんて、テレるな~。

> これからもお大事にね。
 
 ありがとう。

No title

うーん、さらっと書かれていますが、どれほど苦渋の決断だったか、どれほど悶々とした日々を送られたことかお察しします。
壮絶過ぎて、それしか言えない。
すみません・・・。

No title

大変だったのですね。
ご主人も、かなりのストレスだったでしょう。
でも再発しなくて良かった。
苦労された分、これからは好きなこと
いっぱいしてください。

それにしても、スポーツクラブのお仲間さんの
思い違いが面白くて、かわいいですね。

素敵な人です!

まさか自分が、!健康食品の宣伝見てあんなの嘘っぱち!と叫び、
また鬱になってしまった友達のことを記事見て真っ先に思い出しました。
回復しても家事などやる気にもならずご主人と別居してみえます。

そんな彼女と比べ、くうみんさんは立ち直りコミカルなブログも書け、素晴らしい!楽しいことを見つけて生きている人笑いがある人は癌が小さくなるからこれからも明るく生きてくださいね。
くうみんさんに心からエールを送りたいです。

兎に角、「今日を精一杯生きる!」してます。

えいしんです。

私自身には、何にも(不治の病は、2つ程)問題ありません
が、家族に、超~問題があり、兎に角、「今日を精一杯生
きる!」してます(;笑)。

私は、人間の寿命は、その人が死んだ時、その時が寿命なの
だ、と、考えています。

ですので、寿命が長い、とか短い、とか、ではなくて、明日、
交通事故で死んだ場合、それがその人の「寿命」なのだ、
と。

ですので、全人類は、自身の「寿命」を全うしているのだ、と
考えます。それって、精一杯生きた、という事だと、感じます。

それでは、お疲れさまでした。

Re: No title

 さえき奎様

> うーん、さらっと書かれていますが、どれほど苦渋の決断だったか、どれほど悶々とした日々を送られたことかお察しします。
> 壮絶過ぎて、それしか言えない。
> すみません・・・。

 あの時は大変でした。精神状態が体に出た。チックですね。これをどうすれば出なくさせるか?その方向で行きました。

Re: No title

 あき様

>大変だったのですね。
> ご主人も、かなりのストレスだったでしょう。

 そう思います。

> でも再発しなくて良かった。
> 苦労された分、これからは好きなこと
> いっぱいしてください。
>
 遊びまくっていますが、今はコロナで、それもかなわない。

> それにしても、スポーツクラブのお仲間さんの
> 思い違いが面白くて、かわいいですね。

 おじさんの方が病弱そうだったからなあ。

Re: 素敵な人です!

 reikojanvier様

> まさか自分が、!健康食品の宣伝見てあんなの嘘っぱち!と叫び、
> また鬱になってしまった友達のことを記事見て真っ先に思い出しました。
> 回復しても家事などやる気にもならずご主人と別居してみえます。
>
 鬱になる人もいるらしいですね。その方の場合、ご主人の協力があればよかったのですが。

> そんな彼女と比べ、くうみんさんは立ち直りコミカルなブログも書け、素晴らしい!楽しいことを見つけて生きている人笑いがある人は癌が小さくなるからこれからも明るく生きてくださいね。
> くうみんさんに心からエールを送りたいです。

 ありがとうございます。癌になると、積極的に出る人と、消極的になる人と両方います。癌になってブログを書くような人間は、私を含めて積極派です。

Re: 兎に角、「今日を精一杯生きる!」してます。

 えいしん様

> えいしんです。
>
> 私自身には、何にも(不治の病は、2つ程)問題ありません
> が、家族に、超~問題があり、兎に角、「今日を精一杯生
> きる!」してます(;笑)。
>
 私も家族と言うか、親兄弟は問題だらけ…トホホです。

> 私は、人間の寿命は、その人が死んだ時、その時が寿命なの
> だ、と、考えています。
>
> ですので、寿命が長い、とか短い、とか、ではなくて、明日、
> 交通事故で死んだ場合、それがその人の「寿命」なのだ、
> と。
>
> ですので、全人類は、自身の「寿命」を全うしているのだ、と
> 考えます。それって、精一杯生きた、という事だと、感じます。
>
 人は病気や事故で死ぬのではなく、寿命で死ぬとは、おじS何がなくなったときにブロ友のキララさんが言っていました。私もそう思います。

> それでは、お疲れさまでした。

 お疲れさん!まだまだ続く、ぬかるみぞ。

ブログスタイル

はじめまして。
がん関係から偶々目にし お訪ねさせていただきました。

私は腎がん手術からおよそ9年…幸い再発転移はありません。
「静かなるがん」と言われる腎がんは「ひつこい」がんでもあり
術後10年を過ぎての転移・再発がそう珍しくありません。
ですので なお半年に一度のCT検査、検診…が続いています。

がんになってブログを書き始めるのは 「積極派」ですか?
私は 術後2年余たってブログを始めましたので やや積極派?
ただ 腎がんに関する記述は年々少なくなり 今や 中極派!?

抗がん剤による脱け毛…なぜか女性には特に深刻!の由。
美しさは男女にかかわらず求められますが
より 女性に! ということなのでしょうか。
でも スキンヘッドは男女ともヘアスタイルの一つになりました。
な~んて… なんのフォローにもなりませんかねぇ(笑)

くうみんさんのブログスタイル(息遣い?)はなかなか素敵です。
ますますのご健勝、ご活躍を心よりお祈り申し上げます。

Re: ブログスタイル

 デ某様

> はじめまして。
> がん関係から偶々目にし お訪ねさせていただきました。
>
 はるばるhatenaから、ようこそ。

> 私は腎がん手術からおよそ9年…幸い再発転移はありません。
> 「静かなるがん」と言われる腎がんは「ひつこい」がんでもあり
> 術後10年を過ぎての転移・再発がそう珍しくありません。
> ですので なお半年に一度のCT検査、検診…が続いています。
>
 半年に一度の検査は大変でしょう。乳癌は癌の中では比較的おとなしい方です。もちろん例外はありますが。

> がんになってブログを書き始めるのは 「積極派」ですか?
> 私は 術後2年余たってブログを始めましたので やや積極派?
> ただ 腎がんに関する記述は年々少なくなり 今や 中極派!?
>
 積極派だから、いろいろなジャンルの記事を書かれているのだと思います。

> 抗がん剤による脱け毛…なぜか女性には特に深刻!の由。
> 美しさは男女にかかわらず求められますが
> より 女性に! ということなのでしょうか。
> でも スキンヘッドは男女ともヘアスタイルの一つになりました。
> な~んて… なんのフォローにもなりませんかねぇ(笑)
>
 原因不明の脱毛症の人が一番深刻でしょうね。抗がん剤の脱毛は、抗がん剤が原因だとわかっているんですから。

> くうみんさんのブログスタイル(息遣い?)はなかなか素敵です。
> ますますのご健勝、ご活躍を心よりお祈り申し上げます。

 ありがとうございます。私も訪問させていただきます。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR