FC2ブログ

おじさんとくうみん、その戦いとおじさんの往生際 あの時この時

 私がずるしたってどういうこと?
 おじさんの言い分はこうだった。
 スタートに着こうとしたら、いつの間にかくうみんの姿がなかった。これは俺達に勝ちたくて、スタートを前の方にしたに違いない。

「そんなことしてないよ!!」
「だったらなんでお前の方が20分以上も速いんだよ!ちょうど後ろと前の差じゃないか!!」

 人気のある市民マラソンは、参加者が多いので前の方に並べばその時間だけタイムが短く計測される。そのことを言っているのだ。
 もっとも、参加者の間でこのことは不評だった。後ろに並んだら、それだけ損するじゃないか。
 なので、今では靴や、ゼッケンにマイクロチップをつけて、スタート地点からゴール地点までのネットタイムを測れるようになった。こうであれば、今回のような事件は起きなかったのだが…

 おじさんだけじゃない。K君が笑いながら言う。
「そこまでして勝ちたいか!」

 大体、くうみんは
「バカ」「頭が悪い」「ブサイク」
 などは聞き慣れているのでそんなにダメージはない。しかし、
「ずるい」
 とか、
「汚い手を使った」
 などというのは、あまり言われたことがないので、非常に苦痛に感じた。

 今回一番速かったのは、Wさんの先導もあって、W夫人5時間15分、くうみん5時間33分、k君、おじさん5時間55分の順。
 W氏とW夫人は沈黙を守っていた。彼らは別格。

「そんなことしてない!!」

 いい大人が何でそんなに熱くなるのか…そう思うだろうが、肉体を思いっきり酷使した後であり、こういった体力勝負のことって、人間というより、動物の本能的な感情がむき出しになるもののようだ。特に男が女に負けるというのは悔しいものらしい。(後々、くうみんはこの、男の嫉妬に悩まされるのだが、この時は思いもしなかった)

 この後みんなで食事会になったけれど…
 頑張ったね、と讃えあうことのない食事会。ズルした、しないの攻防だけの、食欲の出ない食事会。

 多勢に無勢、いくら言ったところで証明することはできない。

 その夜、くうみんは涙の床に就いた。そして思った。
 いくら口で言っても無駄だ。こうなったら、実力で認めさせるしかない。

 絶対におじさんより速いことを見せつけてやる!! 

 その後、何を言われてもくうみんは黙っていた。
 表面は何事もなかったように、おじさんと走る毎日。でも、大会に出るようにはなった。

 はじめは練習会のようなものから始めた。最初はとある走友会のメンバーと、皇居一周。
 くうみんの圧勝。しかし、おじさんは「何かの間違いだ」と、思っていたようだ。

 次はなんだったか思い出せないが、とにかく、そんなような練習会に参加したのだと思う。これもくうみんの圧勝。でも、おじさんは「不意打ちを食らっただけ」と思ったらしい。

 そして運命の三浦国際ハーフマラソン。ここでは文句を言われまいと、スタート地点はおじさんとはぐれないように気を付けた。
 二人ともバチバチと火花をぶつけ合い…

 ハーフだけど、これが坂の多いすごいタフなコース。二人ともヨレヨレになりながら、ゴールを目指した。最後の最後までもつれあったけど、やっぱりくうみんの勝ち。

 二人で参加賞の三浦特産・三浦大根を背負って家路についた。すごいデカい大根で、疲れた体にずっしりと重かった。途中、中華街に寄っておじさんのかつての行きつけの店で食事をした。
 二人でビールで乾杯。憶えていないけど、コーンスープと炒飯はきっと頼んだだろうな。

 グビッとビールを飲み干したおじさんは、何かしみじみとした顔をした。
「今日は負けたよ」

 くうみんはにんまりと笑った。

 こんなくうみんを、気の強い嫌な女だと思いますか?でも、こうでもしないと、くうみんはおじさんから一生、「ずるいやつ」と思われていたかも知れないのだよ。

 それにしてもおじさん、この時は往生際がすごく悪かったのに、最期はあまりにも往生際が良過ぎだったんじゃないかい?これくらい往生際を悪くしてくれたらなあ…

  
  

 

 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~♪

ずるいと言われるのは心外
わかるわ~
やっと納得してくれたのね。
そうだよね‥もっと往生際を
悪くしてほしかったね。

今日もお元気で~♪ ☆彡

それはあんまりだ~

それはあんまりだよね~!
「ずるした」と言われるのは、それはショックだった。。。(涙)

おじさん、くうみんさんを甘く見てたんだ・・・。
そして、くうみんさんは実力を見せてやったんだね。

くうみんさんは凄い。
おじさんは・・・、ちと情けない。。。

今頃は天国でくしゃみをしてるんじゃないかな??

してやったり 。

永遠と言い訳するよりも良い方法でした。
でも、ご主人も信じられなかったのでしょう。くうみんさんの実力を。

それにしても、何故世の中の旦那は奥さんをライバル視するんだ。
うちの人もクダラナイ事で私を負かそうと頑張っていました。
「いやいやアンタの頑張るところそこじゃないから」って思ってた。
言わんかったけど。

確かに最期は余りにもあっさりでしたね。

いやぁ頑張りましたね。
女は黙って〜ですね。

私は一緒にしていた競技は夫には、全く叶わなかったし、夫がコーチでしたからそのへんは揉めることなかったです。

ゲームではものすごく粘るのに、最後はあっさり過ぎて、未だになんでだろうと。

No title

ずるいと言われるのは負けるより悔しいし悲しいですね。
まぁ、男というものは女より上で当然と思ってる生き物かも知れません。
まして、初心者のくうみんさんに負けたことを認めたくなかったのは気持ち的には理解できますが、いきなりずるいと言われるとエッってなりますよね。

まぁ、くうみんさんの実力がわかってもらえて良かった!

そうでございますね。

あの時は、驚愕を通り越して、唖然として。しばらく頭が働きませんでしたが。
今思うと、「帰すが如く」あの世に行かれる方は少ないのではないでしょうか。
おぢさんらしくて立派です。

No title

こんにちは。

ご主人とのエピソード、
こんなことがあったんですねえ。

くうみんさんも、いつもご主人と一緒だったんですねえ。


くうみんさんがズルなんかしないこと、夫婦だからわかって当然なのに、
あまりに速すぎて理解できなかったんでしょうねえ。

今は、かわいい妻だと思っておられるに違いないです(*'ω'*)




Re: こんにちは~♪

 Mmerose様

> ずるいと言われるのは心外
> わかるわ~

 ですよね?

> やっと納得してくれたのね。
> そうだよね‥もっと往生際を
> 悪くしてほしかったね。
>
 最期は往生際良過ぎ!

> 今日もお元気で~♪ ☆彡

 ありがと~。

Re: それはあんまりだ~

 おばば様

> それはあんまりだよね~!
> 「ずるした」と言われるのは、それはショックだった。。。(涙)
>
 一生懸命走ったのにこの仕打ち。

> おじさん、くうみんさんを甘く見てたんだ・・・。
> そして、くうみんさんは実力を見せてやったんだね。
>
 不言実行あるのみです。

> くうみんさんは凄い。
> おじさんは・・・、ちと情けない。。。
>
 よ~い、ドン!の世界なのに、ここまで疑う!!

> 今頃は天国でくしゃみをしてるんじゃないかな??

 してるね~。

Re: してやったり 。

 つかさん様

永遠と言い訳するよりも良い方法でした。
> でも、ご主人も信じられなかったのでしょう。くうみんさんの実力を。
>
 言い訳は通用しない。実力を見せつけるしかない。

> それにしても、何故世の中の旦那は奥さんをライバル視するんだ。
> うちの人もクダラナイ事で私を負かそうと頑張っていました。
> 「いやいやアンタの頑張るところそこじゃないから」って思ってた。
> 言わんかったけど。
>
 へえ、つかさん様も?世の亭主族というのは、そう言うものなのかな。

> 確かに最期は余りにもあっさりでしたね。

 お互いになあ、同じ様なもんだ…

Re: タイトルなし

かず様

> いやぁ頑張りましたね。
> 女は黙って〜ですね。
>
 はい。

> 私は一緒にしていた競技は夫には、全く叶わなかったし、夫がコーチでしたからそのへんは揉めることなかったです。
>
> ゲームではものすごく粘るのに、最後はあっさり過ぎて、未だになんでだろうと。

 同じでしたか。

Re: No title

 toshi様

> ずるいと言われるのは負けるより悔しいし悲しいですね。

 うん。

> まぁ、男というものは女より上で当然と思ってる生き物かも知れません。

 そうみたいです。全くの他人ならまだしも、自分の女房となると許せないらしい。

> まして、初心者のくうみんさんに負けたことを認めたくなかったのは気持ち的には理解できますが、いきなりずるいと言われるとエッってなりますよね。
>
 心外とはこのことです。

> まぁ、くうみんさんの実力がわかってもらえて良かった!

 これでわからなかったら、どうしていいかわからない。

Re: そうでございますね。

 大夫の監様

> あの時は、驚愕を通り越して、唖然として。しばらく頭が働きませんでしたが。
> 今思うと、「帰すが如く」あの世に行かれる方は少ないのではないでしょうか。
> おぢさんらしくて立派です。

 皆さん、夢ネタだろうと思ったそうですが、現実でした。監様は唖然ぼう然でしたか?気にしていただきありがたく思います。
 私としては、もうちょっと粘って欲しかったな。

Re: No title

 さとこ様

> こんにちは。
>
> ご主人とのエピソード、
> こんなことがあったんですねえ。
>
 そうなんですよ。

> くうみんさんも、いつもご主人と一緒だったんですねえ。
>
>
> くうみんさんがズルなんかしないこと、夫婦だからわかって当然なのに、
> あまりに速すぎて理解できなかったんでしょうねえ。
>
 今思うとレベルの低い戦いでした。ずるいと言われるのが一番腹が立つ!

> 今は、かわいい妻だと思っておられるに違いないです(*'ω'*)

 今頃、遅い!

No title

旦那からずるしたと言われたらそりゃ悔しいですわ。しかも初のハワイマラソン参加の後にだなんて。

まあ私は30分早くスタートしてもどちらにせよ完走無理だし(苦笑

根性で旦那さんに勝ったくうみんさんは努力家だと思う。





No title

ずるいって言われるのって嫌ですよね。
そして、粘り強く大会に出続けて 勝ち続けたくうみんさんに拍手です👏

スポーツだし、ここは気持ちよく讃えてほしいですよね。

くうみさんは偉いです。
粘り強さをちゃんといいことに使っているって思います。
自分ならば多分 この嫌な思い出にかこつけて 走らなくなってしまいそう。
走るの好きではないのでやらないですけれどね💦

男の人の嫉妬、やっかいですね。

最後には認めてもらえて、よかったですね。
すごくすっきりしましたe-287


くうみんさまは何だかんだ言ってもおじさんと仲が良いのでしたw



記事も拝見しましたー
なんだかんだ言っても、じつはくうみんさまとおじさんは仲が良いのかも(笑)

懐かしいお話でしたね^^

少しホロリとした内容でしたよ。。




No title

「ずるした」はないよね~~!

自分がくうみんさんより上でないと気が済まなかったのかな。
他の人まで一緒になって「ずる」と決めつけるのはひどい。
ところでW夫妻は、どうしてくうみんさんがこうだったと証言しなかったのかな。
おじさん、くうみんさんに謝った?

Re: No title

 クーチ様

> 旦那からずるしたと言われたらそりゃ悔しいですわ。しかも初のハワイマラソン参加の後にだなんて。
>
 悔しいです。おじさんにとって世界一信用ならん人間はくうみんのようです。

> まあ私は30分早くスタートしてもどちらにせよ完走無理だし(苦笑
>
> 根性で旦那さんに勝ったくうみんさんは努力家だと思う。

 ていうか、おじさんには走る才能がなかったのだよ。

Re: No title

 ウーロンパンダ様

> ずるいって言われるのって嫌ですよね。

 でしょ~、嫌ですよね。

> そして、粘り強く大会に出続けて 勝ち続けたくうみんさんに拍手です👏
>
> スポーツだし、ここは気持ちよく讃えてほしいですよね。
>
 よーい、ドン!の世界なのに、どうして「ズル」とか言えるんでしょうね。球技とかならわかりますが。

> くうみさんは偉いです。
> 粘り強さをちゃんといいことに使っているって思います。
> 自分ならば多分 この嫌な思い出にかこつけて 走らなくなってしまいそう。
> 走るの好きではないのでやらないですけれどね💦
>
 こうでもしなければ、一生ずるいやつと思われた。それを避けたかっただけ。結果的に今まで走り続けることに。

> 男の人の嫉妬、やっかいですね。
>
 田中角栄氏も言ってましたよね。男の嫉妬ほど怖いものはないと。

> 最後には認めてもらえて、よかったですね。
> すごくすっきりしましたe-287

 事実を突きつけるしかありませんもの。

Re: くうみんさまは何だかんだ言ってもおじさんと仲が良いのでしたw

 がちょー様

> 記事も拝見しましたー
> なんだかんだ言っても、じつはくうみんさまとおじさんは仲が良いのかも(笑)
>
 まあ、そうですけど。

> 懐かしいお話でしたね^^
>
 そうですねえ、もう、ン十年前の話です。

> 少しホロリとした内容でしたよ。。

 そうかな~。

Re: No title

 キララ様

> 「ずるした」はないよね~~!
>
 そうなんですよ、キララ様。

> 自分がくうみんさんより上でないと気が済まなかったのかな。
> 他の人まで一緒になって「ずる」と決めつけるのはひどい。
> ところでW夫妻は、どうしてくうみんさんがこうだったと証言しなかったのかな。

 w夫妻からも、はぐれてしまったからです。

> おじさん、くうみんさんに謝った?

「参った」と言っただけですね。でもまあ、判ればいいとしました。 

No title

男はホント勝ちにこだわりますよね~うちはじゃんけんでさえ勝ちたいようです。(;^_^A

私は何でも勝たせてあげています。
本当は私のほうが出来るけど・・・笑


散り際は美しく、潔く!
私もそうありたいです。

Re: No title

 ミコリー様

> 男はホント勝ちにこだわりますよね~うちはじゃんけんでさえ勝ちたいようです。(;^_^A
>
> 私は何でも勝たせてあげています。
> 本当は私のほうが出来るけど・・・笑
>
 どうでもいい事は負けてやってました。
>
> 散り際は美しく、潔く!
> 私もそうありたいです。

 ピンピンころりはいい事ですが、残される者の心の準備が…

No title

おじさんに勝った時は、スッキリしたでしょう?
読ませて頂いた私でさえ、スッキリしたもの。
いい思い出ですね。

Re: No title

 名無し様

> おじさんに勝った時は、スッキリしたでしょう?
> 読ませて頂いた私でさえ、スッキリしたもの。
> いい思い出ですね。

 いえ、ずっと私の勝ちでした。おじさんはそれを認めなかっただけ。認めた時はすっきりです。
 どこのどなたかわかりませんが、コメントありがとうございます。

本年もよろしくお願いしまぁす。

すっかりご無沙汰しております。お元気ですか?
さて、こちらへ初commentくださったときのことを覚えてますか?
そちらは千葉県内、実弟様は沖縄県宮古島在住。
おまけにGermany旅行もされると言う、あまりの共通点の多さに
大変ご光栄に思いました。
そのたびに当時はまだ楽天日記時代でしたが「何てcomment数の多い
Blogなんだろう。それに引き換えこっちなんて……。」何度ひけ目を感じさせられたことか・・・・・。」
それだけに「読者の方々も私のところなんかじゃなくて、きちんとcommentできる
Blogにaccessすればいいのに。」と記載したことも、思い出されましたか?
「全く興味もないのに、accessして来る人なんていないのだから。
こっちだって1日何百数もあるけど、commentくださる方は極々一部。
それでもこんなに大勢に自分のBlogに関心を持っていただけるだけ
ありがたいと感謝しているよ。」
実は昨年11月に新年会開催に向けて、公式HPとTwitterを開設しました。
そしたらうちの学童卒業生たち同級生から、たくさんTwitterをいただいたのですが
followしてくれるわけでも、新年会についてcommentしてくれるわけでもなかった。
それでも毎日くれた男子生徒が帰省した時に、個人的に会ってお話したら
私が以前献立配布していた保育園卒園生でもあり、うちの学童卒業生の転校先では
小中学校がずっと一緒で、高校ではこちらに残った教え子とも1・3年生同じclassで
一緒に舞台祭や文化祭を発表したりと「こんなところでも、いろんな繋がりがあるんだ。」と
内容は何であれ毎日ご返信してくれたことに、感謝の気持ちで一杯になった。
「やはりくうみんさんのおっしゃる通りなんだな。」と、Blog開設当初のことを
あれやこれやと、思い出しました。
「初心忘るべからず」って、本当はこういうことなんでしょうね。
それにしても、そちらはほとんど毎日長文をBlog公開しており「本当にすごい。」としか
言いようがありませんね。

Re: 本年もよろしくお願いしまぁす。

 背番号のないエース様

> すっかりご無沙汰しております。お元気ですか?

 こちらこそよろしくお願いします。元気ですが、寒くて…そちらは暖かいんでしょうね。

> さて、こちらへ初commentくださったときのことを覚えてますか?
> そちらは千葉県内、実弟様は沖縄県宮古島在住。
> おまけにGermany旅行もされると言う、あまりの共通点の多さに
> 大変ご光栄に思いました。

 そちらはgermany在住だったんでしょ?私は旅行しただけなので、初めはバカにされているのかと…いえ、オホホ。

> そのたびに当時はまだ楽天日記時代でしたが「何てcomment数の多い
> Blogなんだろう。それに引き換えこっちなんて……。」何度ひけ目を感じさせられたことか・・・・・。」
> それだけに「読者の方々も私のところなんかじゃなくて、きちんとcommentできる
> Blogにaccessすればいいのに。」と記載したことも、思い出されましたか?
> 「全く興味もないのに、accessして来る人なんていないのだから。
> こっちだって1日何百数もあるけど、commentくださる方は極々一部。
> それでもこんなに大勢に自分のBlogに関心を持っていただけるだけ
> ありがたいと感謝しているよ。」

 そんなことを言った記憶はあります。

> 実は昨年11月に新年会開催に向けて、公式HPとTwitterを開設しました。
> そしたらうちの学童卒業生たち同級生から、たくさんTwitterをいただいたのですが
> followしてくれるわけでも、新年会についてcommentしてくれるわけでもなかった。
> それでも毎日くれた男子生徒が帰省した時に、個人的に会ってお話したら
> 私が以前献立配布していた保育園卒園生でもあり、うちの学童卒業生の転校先では
> 小中学校がずっと一緒で、高校ではこちらに残った教え子とも1・3年生同じclassで
> 一緒に舞台祭や文化祭を発表したりと「こんなところでも、いろんな繋がりがあるんだ。」と
> 内容は何であれ毎日ご返信してくれたことに、感謝の気持ちで一杯になった。

 Twitterやフェイスブックは、blogより手軽にできるし、わざわざコメント残さなくても、いいね!すればある程度の意思表示ができますから、すそ野が広いですね。

> 「やはりくうみんさんのおっしゃる通りなんだな。」と、Blog開設当初のことを
> あれやこれやと、思い出しました。
> 「初心忘るべからず」って、本当はこういうことなんでしょうね。
> それにしても、そちらはほとんど毎日長文をBlog公開しており「本当にすごい。」としか
> 言いようがありませんね。

 最近は一週間に一度とかが多いです。楽天の頃は毎日、よく書いていたと思います。
 コメントありがとうございます。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR