FC2ブログ

婆さんの裸事件に思い出すことあり そう言えばこんなことが

 ブロ友のあき様のお母さんも、うちの母と同じような失敗をしでかしたとのコメントが。
 年寄りにはよくある話なのかも知れぬ。
 
 そう言えば思い出したのです。ある友達のことを。

 その人との付き合いは、もう30年ほどになるだろうか。つかず離れず、年に数回会うくらいの付き合いだが、細く長く続いている。
 その人、仮にH姐さんさんとしておこう。

 30年近くのこと。当時、某スポーツジムに入っていたおじさんとくうみんは、会員特典のスポーツジムのタダ券をもらった。
「こんなの来る人いるかねえ?H姐さんにでも声をかけてみようか」

 昔のこことて、携帯もメールもない時代だったので、電話をかけて聞いてみた。
「タダ券をもらったんだけど、来ない?」
「ふ~ん、面白そうね。行ってみたいわ」
 当時はまだ、スポーツジムは珍しかった。話が決まって、一緒にジムに行くことになった。

 ジムエリアで筋トレをした後、プールでリラクゼーションというのが、おじさんとくうみんの定番だった。その日もいつものように最後にプールに行った。プールの後はもちろん併設されているお風呂に赴く。

「そろそろお風呂に行こう」
 おじさんとも時間を示し合わせて、プールからお風呂に向かった。H姐さんは、何があったのか、今となっては憶えていないが、ひと足後に風呂に行くことになった。

 くうみんは風呂場で体を洗いながら待っていた。そんなに時間が遅くなる訳ではないはずなのに、H姐さんはなかなかプールから上がって来ない。どうしたんだろう?と思っているうちにやっと風呂場に来た。

 なにか様子がおかしい。風呂場に来た時はすでに体を洗っていたようで、すぐにロッカールームに行ってしまった。それに何か、おどおどした様子がうかがえる。
「???」

 帰りは地下鉄に乗って、近くの居酒屋に行くことにした。その道すがらの地下鉄の中で、H姐さんはとんでもない事実を口にしたのだった。

「私、間違えて男湯に入ってしまったの!!」

 過程はこのようなことらしい。

 そのジムはプールから出ると、男湯と女湯になっている。そこで間違えて男湯に入ってしまったのだそうだ。しかも、入ってすぐのシャワーブースが空いていたので、「ラッキー♪」と思って、そこに入って体を洗った。洗い終わって、ドアを開けると、男の人が引きつった顔をして立っていたと言う。
「どうしてここに男の人が!」
 そう思ってドアを閉めたが、自分が間違えたことに気付いた。誰かに見つかるかも知れない危険はあったが、ここにいつまでいる訳には行かない。決死の覚悟で、裸のまま男湯から脱出したそうだ。

 おじさんとくうみんは一瞬、「ええっ!」と声を上げた。しかし次の瞬間、
「ブフッ~」
 とこらえきれずに笑ってしまった。
「うっそ~!!あっはっはっ!」

 その後、居酒屋で飲みながら、おじさんとくうみんはH姐さんを慰めた。
「シャワーを浴びた後、男の人がいて、かえってよかったじゃない。いなかったら、湯船の方に行っちゃったでしょ?」
おじさんが言った。
「俺、その時間は湯船に入っていたと思う」
 知らない人ならともかく、知っている異性と裸で出くわしたら、なんとも気まずいことになったに違いない。

 鼻歌を歌って湯に浸かるおじさんと、気付かずに湯船に入るH姐さん。ふと見ると、そこにおじさんが目をつぶって鼻歌…
「何でこんな所におじさんが!!」
 そしてH姐さんは気づく。
「私が間違って男湯に入ってしまったんだわ!」
 おじさんに気付かれないよう、顔を壁に向ける。H姐さんは出るに出られず、次第に気が遠くなっていく。
「H姐さん!H姐さん!」
 どこかで誰かが呼んでいる。
 そこから先は憶えていない。気が付いたら病院のベッドの上…なんてことになったら、大変だった。

 当時、H姐さんも、くうみんもまだ若かった。ピチピチと言う訳には行かないが、30代なら、まだ公害と言われるような年齢でもなかろう。
「その男、きっと得したと思っているよ」
 おじさんが言うと、くうみんも意見を述べた。
「男湯に女性がいるなんてありえないじゃない?誰に言っても信じてくれないわよ。お前は夢を見たんだろって言われているうちに、本当に夢幻だったと思うわよ」
 するとH姐さんは叫んだ。
「それって超楽観的意見!」
 くうみんはこの頃から楽観的な人間だったらしい。

 H姐さんもくうみんと同じくらいの歳で、一女の母であるが、若き日の恥ずかしい思い出も今ではいい思い出に…なってないかな~。

 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ネタのような本当の話
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~♪

今はいい思い出になるけど
当時は焦ったでしょうね。
若いからいいけど年寄りになってからは
はた迷惑ですね。
間違えないように気をつけよう(笑

今日もお元気で~♪ ☆彡

Re: こんばんは~♪

 Mmerose様

> 今はいい思い出になるけど
> 当時は焦ったでしょうね。
> 若いからいいけど年寄りになってからは
> はた迷惑ですね。
> 間違えないように気をつけよう(笑
>
 お互い迷惑行為は慎まなくてはね。でも、うんと年寄りなら、子供と同じで「仕方ない」で、済みますよ。年取ると子供に帰るって、こんな所にもあるんだなあ。

> 今日もお元気で~♪ ☆彡

 ありがと~。

No title

あららら・・・
Hさん、やっちゃいましたね。
当の本人は恥ずかしくて仕方ないだろうけど、聞かされた方は
思わず笑わずにはいられないですね。
本人にとっても笑い話になるのは、相当時間がたってからかな。
(今はどうなんだろ)
それまでこの話題には触れない方がいいかも。

No title

スポーツクラブ歴、そこそこありますが、そんな出来事はまだないですね~
すごく怖い(;^ω^)

以前いたスポーツクラブである年配のご婦人が 下着でジムのほうに忘れ物を取りに行ってしまって大騒ぎになったらしいとかそんなことはあったけれど・・・
 
H姐さんは、きっと一人にしか会っていないなら、ゆめか幻だと思われたでしょうね💦



こんにちは

逆でなくて良かったですね
男湯に女性だから笑えるけど
女湯に男性だったら
ただじゃ済まないし
果たして女性側が簡単に流せるだろうか
警察沙汰にもなりかねない
良く考えると
男女平等になんて程遠い
男性は弱い立場に追いやられている(~~)

それはそれは!

そのH姐さん、当時は若かったんだよね?
恥ずかしいというか、目のやり場に困ったのは、男性達の方だよね。
「み、見てはいけないものを見てしまった・・・!」

バアサンだったら、「ああ、見たくないものを見てしまった!」になるね。(汗)

私も、風呂ではなく駅の公衆トイレだったけど、つい先日、おじじにつられて男性用に入りかけて、他の男性の「????!!」の視線に気がついて、慌てて飛び出した事がありますです。(汗)

コミカルな内容でしたね☆

こんにちわ♪
くうみんさまのブログコミカルな感じで少し笑いましたww ギャグとは言いませんが面白いお話でありましたよ。

記事も良い感じに内容が伝わりました☆



あははは。

私も昔、間違えて男性トイレに入った事あります。

誰も居なかったから気づかず、出て来た所で男性と鉢合わせになりました。
私も驚いたけど相手の方がもっと驚いたと思う。
まぁ裸では無かったから良しとするか。

しかしH姐様と鉢合わせた男性はラッキーだったね〜。

Re: No title

 キララ様

> あららら・・・
> Hさん、やっちゃいましたね。
> 当の本人は恥ずかしくて仕方ないだろうけど、聞かされた方は
> 思わず笑わずにはいられないですね。
> 本人にとっても笑い話になるのは、相当時間がたってからかな。
> (今はどうなんだろ)
> それまでこの話題には触れない方がいいかも。

 誰にでも触れられたくない過去はある…てか。

Re: No title

 ウーロンパンダ様

> スポーツクラブ歴、そこそこありますが、そんな出来事はまだないですね~
> すごく怖い(;^ω^)
>
 めったにある話じゃありません。

> 以前いたスポーツクラブである年配のご婦人が 下着でジムのほうに忘れ物を取りに行ってしまって大騒ぎになったらしいとかそんなことはあったけれど・・・
>
 どひゃ~!
 
> H姐さんは、きっと一人にしか会っていないなら、ゆめか幻だと思われたでしょうね💦

 そうそう、夢か幻よ!

Re: こんにちは

 お~い中村君様

> 逆でなくて良かったですね
> 男湯に女性だから笑えるけど
> 女湯に男性だったら
> ただじゃ済まないし
> 果たして女性側が簡単に流せるだろうか
> 警察沙汰にもなりかねない

 いや~、それがね、男でもいたんですよ、私が風呂上りで下着姿のとき、オヤジが女子風呂に入ってきたの。そのまま洗い場を覗いていた。間違えたってバックレて、後から来たオバさん達は、みんな「うふふ」って信じていたけど、あれはわざとだね。

> 良く考えると
> 男女平等になんて程遠い
> 男性は弱い立場に追いやられている(~~)

 ということで、そうでもない。

Re: それはそれは!

 おばば様

> そのH姐さん、当時は若かったんだよね?

 まだ若くて、鑑賞に堪える裸だったと。

> 恥ずかしいというか、目のやり場に困ったのは、男性達の方だよね。
> 「み、見てはいけないものを見てしまった・・・!」
>
> バアサンだったら、「ああ、見たくないものを見てしまった!」になるね。(汗)
>
 う~ん、なるほどねえ。

> 私も、風呂ではなく駅の公衆トイレだったけど、つい先日、おじじにつられて男性用に入りかけて、他の男性の「????!!」の視線に気がついて、慌てて飛び出した事がありますです。(汗)

 トイレはよく間違えるね。私もたまに。

Re: コミカルな内容でしたね☆

 がちょー様

> こんにちわ♪
> くうみんさまのブログコミカルな感じで少し笑いましたww ギャグとは言いませんが面白いお話でありましたよ。
>
> 記事も良い感じに内容が伝わりました☆

 がちょ様は、このようなラッキーな場面に遭遇したことはありませんか?ないですよね~。

Re: あははは。

 つかさん様

> 私も昔、間違えて男性トイレに入った事あります。
>
> 誰も居なかったから気づかず、出て来た所で男性と鉢合わせになりました。
> 私も驚いたけど相手の方がもっと驚いたと思う。
> まぁ裸では無かったから良しとするか。
>
 なに、トイレを使った後でしたか。無事に使わせていただいてよかった。

> しかしH姐様と鉢合わせた男性はラッキーだったね〜。

 思いがけない僥倖とはこのことかも。

お風呂ありがたいです

現在の私は週に1回は浴場のある宿に宿泊できます。
以前に比べたら客数も減ってしまい、私だけが独占しているようなものです。

改めてこちらのBlogに、commentありがとうございました。
何せ「八重山でしか使用されていないphrase」と言うことで
昨日もいろいろと検索してみました。
「へぇ与那国では『卵』のことをこんな呼び方をするのだ。」とか
「『ごちそうさま』『お腹一杯』などのあいさつ言葉をtitleにするのもいいんじゃないか。」
そんなことを思ったりしているうちに、どんなrequestがくるかかが
楽しみになってきました。
またそちらは屋号については存じ上げていないかと思いますが
家系のnicknameのようなもので、同姓でも屋号が似ていたら
親戚同士だと言うことがすぐにわかるという沖縄だけにしかない
紋章のようなものです。
栄養士のほとんどが女性であることから、実家のほうの屋号を
titleにするのもいいんじゃないかと………・。
というわけでそちらのBlog title誕生秘話についても、今度教えてくださいね。

Re: お風呂ありがたいです

 坂東太郎様

> 現在の私は週に1回は浴場のある宿に宿泊できます。
> 以前に比べたら客数も減ってしまい、私だけが独占しているようなものです。
>
 それは贅沢ですね。

> 改めてこちらのBlogに、commentありがとうございました。

 どういたしまして。

> 何せ「八重山でしか使用されていないphrase」と言うことで
> 昨日もいろいろと検索してみました。
> 「へぇ与那国では『卵』のことをこんな呼び方をするのだ。」とか
> 「『ごちそうさま』『お腹一杯』などのあいさつ言葉をtitleにするのもいいんじゃないか。」
> そんなことを思ったりしているうちに、どんなrequestがくるかかが
> 楽しみになってきました。
> またそちらは屋号については存じ上げていないかと思いますが
> 家系のnicknameのようなもので、同姓でも屋号が似ていたら
> 親戚同士だと言うことがすぐにわかるという沖縄だけにしかない
> 紋章のようなものです。

 屋号はこっちにもありますよ。ただ、そういったものは廃れつつあって、わからない人が大半でしょうね。私も知りません。

> 栄養士のほとんどが女性であることから、実家のほうの屋号を
> titleにするのもいいんじゃないかと………・。

 いいですね。
> というわけでそちらのBlog title誕生秘話についても、今度教えてくださいね。

 秘話というものでも…blog titleはそのものズバリ、そっくりそのままです。しかし、初めのタイトルは「乳癌 マラソン そしてバカ話」だったなあ。だいぶ変わったな。

No title

くうみんさんの慰め方が素晴らしい!

超楽観的!と言われようとも起きてしまったことを
くよくよしていても仕方がない。

幻想だたっと思ってる方に掛けましょう・・・って

遥か昔のことだね~(* ´艸`)クスクス

Re: No title

 トットちゃん様

> くうみんさんの慰め方が素晴らしい!
>
 いいでしょ?

> 超楽観的!と言われようとも起きてしまったことを
> くよくよしていても仕方がない。
>
 そうそう、やっちまったもんはしようがないぞっと。

> 幻想だたっと思ってる方に掛けましょう・・・って
>
> 遥か昔のことだね~(* ´艸`)クスクス

 はい、遠い日の花火のような。

No title

が~はははは。そりゃあ男湯に間違って入ったとわかったときは慌てただろうねぇ。アタシも、某温泉で、知らないうちに混浴エリアに入っちゃったことあるよ。おじさんが一人いた。わはははは。当時、30歳くらいだったかなあ。わはははは。

No title

30代だったのならば、その男性はウホウホでしょう!笑
Hさん、
ちゃんとタオルで隠していたのでしょうか。それが気になりました。笑

Re: No title

 きたあかり様

> が~はははは。そりゃあ男湯に間違って入ったとわかったときは慌てただろうねぇ。アタシも、某温泉で、知らないうちに混浴エリアに入っちゃったことあるよ。おじさんが一人いた。わはははは。当時、30歳くらいだったかなあ。わはははは。

 混浴エリアなら間違えた訳ではないですねえ。私も、女湯でいいやと思っていたら、混浴エリアのお風呂があまりにもいいので、思わずタオルで前だけ隠して入ったことがありました。湯の中の私を見ると、男性はぎょっとした顔をして、向こうに行ってしまいました。遠慮するなって。でもこの時はすでに公害の身。

Re: No title

 ミコリー様

> 30代だったのならば、その男性はウホウホでしょう!笑

 たぶん。

> Hさん、
> ちゃんとタオルで隠していたのでしょうか。それが気になりました。笑
 
 隠していないと思いますよ。一番無防備な時。

シャワーを浴びてしまっていたということはかなりのショックでしょうね。

私も先週、とあるボランティアで疲れ果てて、三日目ぐらいにぼーっとして何も考えずに入ったトイレが男性用!!

慌てました(笑)

入り口までですけどね

Re: タイトルなし

 カズ様

> シャワーを浴びてしまっていたということはかなりのショックでしょうね。
>
 あのころは若かったしねえ。

> 私も先週、とあるボランティアで疲れ果てて、三日目ぐらいにぼーっとして何も考えずに入ったトイレが男性用!!
>
> 慌てました(笑)
>
> 入り口までですけどね

 トイレはよくありそう。ボ~っとしていると気付かないこともありますね。それより、たまに男女兼用のトイレってあるじゃないですか。あれはやめて欲しいです。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR