FC2ブログ

富士山登った。そして隣のハデハデ女子は?

 「時間になったら起こすので、時計のアラームはしないでください」と、山小屋の人の指示。しかし、その起こし方があまりにも奥ゆかしくて、くうみんには気づけなかった。

 「元祖室」の起こし方は、わかりやすかった。
「皆さん、4時半です!起きてください!」
 人を起こすときはこうでなきゃ。

 みんながもぞもぞしているので、もう起きようと支度を始めた。もうすでに出た人もいれば、支度をしている人もいる。朝ごはんのお稲荷さんを食べて外に出た。
 2時15分、登山開始。

 途中の山小屋
 途中の山小屋

夜中の3時ごろ
 この賑わいが、夜中の3時ごろと、誰が思うだろうか?上に続く光は登山者のヘッドライト

 風もなく、天気もよさそう。歩いているうちに次第に渋滞がひどくなった。なかなか進まない。いつもなら、じれったく思う所だが、空気が薄くて、息が苦しい。登りの角度も急なので、休み休み行けるのはかえって助かる。

 どこが頂上なのか?暗くてよくわからない。ヘッドライトの光がずらっと並んで、時折くうみんの顔に、もろに当たる。まぶしい。

「あの、赤い光が点滅している所が頂上だよ」
 誰かが、話している。そうか、あそこが頂上か。まだ先に見える。

「頂上まであと30分を切りました。頑張ってください」
 誘導の人が教えてくれる。
「そこ、足を止めないで~」
 疲れて立ち止まる人がいたらしい。でも、その気持ち、よく分かる。

 何でこんなバカなことをしているんだろう。もうやめよう、二度とこんなことはするまい。 
 そう思いつつ上って行く。

「あと、5分で山頂です。もうすぐです」

 あともうちょっと…ああ、赤い光がすぐそばだ!

 やった~!山頂だ~!!

 こんなに苦しい山行は初めてだ。ちいさく、「ばんざ~い」と三唱した。
 時計を見ると、四時五〇分。8合目から、2時間35分で登頂したんだから、まあまあか。

 添乗員が言っていたことを思い出した。
「お鉢巡りをするときは、ご来光を待たずに行かないとバスに間に合いません。先にお鉢巡りに出発して、その途中でご来光を見てください。下山するまで、4時間かかります。6時には下山開始するように。そうすれば、10時には5合目に着きますから。そうでないと11時発のバスに間に合いません」

ご来光だ!
 もうすぐご来光

日本一高い所で
 うわぁ~い!

ありがたや!
 思わず拝んでしまう
 
浅間神社苗
 頂上の証拠写真

浅間神社の鳥居

高く上がった太陽

お釜です
 富士山のお釜

雲よ

雲を見つつ下山開始
 
素晴らしいでしょ!

頂上からの河口湖

 お鉢巡りは1時間半から2時間かかる。行きたいけど、ちょっと時間が足りない。
 くうみんは行けるところまで行くと、引き返して、6時に下山を開始した。

 ちょっと残念。ここまで来たらお鉢巡りしたかったな

 岩が崩れて小石になったような、ザラザラな道をくうみんは降りて行った。ストックを長くして持って、体のバランスを取りながら下って行く。
 みんなそろそろと歩いているのはなぜかと思ったが、滑って怖いからのようだ。

 くうみんはその滑りを利用して、ズザザザ~~~と進んでいく。運動神経のいい若い男性の中には、ストックなしでこの技を使う人もいるが、くうみんは、運動神経はあまり良くないオバさんなのでストックが必要。

 オ~ッホッホッホ!!

ざらざらの道
 歩くと靴の下の砂が動くざらざら道

下山する人々

車が来たぞ~
 こういう特殊車両なら、頂上まで行くらしい
 
どうもすみません

靴が緑に見えたけど
 平地ではグレーだけど、7合目付近では緑色に見えた。ここは7合目。写真ではどう見えるかな?

性懲りもなく雲海

まだまだ先
 
 くうみんはリズムよく降りて行った。昨日の疲れが残って、若干スピードは落ちたものの、調子良く5合目に到着した。

 時計を見ると、8時半。2時間30分で着いてしまった。何だよ。バスの出発まで、2時間30分もある。それにこれだけ時間があるんだったら、お鉢巡りをすればよかった。

 やれやれと思いながら、休憩所にある、到着客リストの自分の名前の所に丸を付けた。隣の子の名前を見ると、日本人ではなかった。モンゴルっぽい名前だ。到着のしるしの、丸がついていない。

 休憩室に入ると、登山の装備を外して、片づけられるものは片づけた。ふと見ると、あのハデハデ女子がいるではないか。くうみんが支度をしているうちに、その女子は、レンタルの袋を手にして、外に出て行った。

 数分後、くうみんも外に出た。するとハデハデ女子がいた。
「到着しているしるしに、あなたの名前に丸を付けるのよ」
 くうみんが教えた。
「モンゴルの人?」
「そうです」

 ひらがなとカタカナは読めるけど、漢字が読めないらしい。「雲上閣」という所を指さして、問うてきた。
「レンタルセットは、どこに返せばいいんですか?」
「この休憩所に返せばいいのよ」

 近くにいたお店の人に聞いてみた。
「お兄さん、レンタル品はどこに返せばいいの?」
「奥にお願いします」
「奥だって」
「ありがとうございます」

 なんだかほっとしたような顔をしていた。

 この後、スーパー銭湯でお風呂に入り、昼食を食べてから富士山神社に行って、帰路に就く。

 昼ご飯はB級グルメ
 B級グルメの昼食。静岡おでん、富士宮焼きそば、サラダ、ミートボールなど

鳥居の横に富士山。見えるかな?
 鳥居と石の塔の間に富士山が見えるのが分かるかな?

判る?
 わかるかな?

今日の池は明るい
 水は相変わらず清らか。今回は抜け目なく、ペットボトルを用意して、水場で水を汲んだ

 道中、このハデハデ女子と少し話をした。何をしているのかな~と思ったが、無難に「学生さん?」と聞いてみた。
 はい、そうです。
 
 若い女の子なら、髪も染めてみたいだろうし、ジェルネイルもやってみたいだろう…う~ん、学生と言ってもいろいろ…まあ、一人で富士山のツアーになんか来るんだから、芯が一本通っている子なんだろう。

「初めてだからと思って、ガイド付きにしたけど、今度はガイドなしでも行けそうです」
「そうよね。今度はお友達も誘うといいわ」 
 
 彼女は、元の短パン、ヒールの高いサンダル姿になっていた。なぜか足元にスーパーのレジ袋が一つ。
 他の荷物は?きっと預けてあるのよね~。

 若干の渋滞はあったが、バスは無事、新宿に到着した。隣の女子は足元のレジ袋を手にすると、バスの前の方に歩み出た。その後にくっついてくうみんもバスの外に向かった。
 預けたリュックを受け取ろうと、くうみんはバスの横腹付近に立った。なかなか荷物が出て来ない。

 あの、ハデハデモンゴル女子は?荷物を預けているはず。

 しかし、くうみんは驚きの光景を目にした。あのハデハデモンゴル女子は、レジ袋一つ持ってそのままバスを後にしていた。

 ひょっとして、ポーチ一つだけの手ぶらで来たの?!

 山道具で借りられるものは全部レンタル、借りられないものは買えばいい…

 忘れ物はないかと、余計なものまで持って行きがちな農耕民族日本人と、パオの家で、旅から旅が当たり前の遊牧民族モンゴル人では、考え方がこんなに違うものなのか?

 くうみんは、ハデハデモンゴル女子の後ろ姿を、見えなくなるまで、点にはなった目で追った。



 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

登頂成功おめでとうございます!

上からの風景は格別ですね~
車で行けるなら行ってみたい(笑)

私、出かけるときはいつも重たいバックとか持って出かけてるので、モンゴル女子のように軽装になれると楽なのになと思います。

あ、決行なさいました?

お偉いです。
気温が心配でしたが。まだ九月上旬で、
お天気もよくて良かったですね。

ご来光は感動ものですね☆


ご来光見ると人生観が変わりますね☆
くうみん様は冒険家なので海外やこーいった山登りなど私が出来ないところを旅してて、ブログいつも参考になっておりましたよ!

これからも楽しい冒険をしてくださいませv-291

No title

すご〜い、やった〜。
私もいつか。。。なんて、もう年取っていくばかりですよね。
今できないんだから、できるわけが。。。

うわ~い、登頂おめでとう!

さすがはくうみんさん、無事に登頂できて何よりだよ!
富士山頂上からのご来光の写真を見て、雲海や周りの景色の写真を見て、私もちょっぴり一緒に登った気になっていました。
どうもありがとう!

あの稲荷ずしは朝ごはんだったのね?
私が苗場に行った時の朝食は、豚汁とは名ばかりの味噌汁とご飯に漬物だけだったよ・・・。
お稲荷さんの方が食べやすいね。

私なら下りは膝が笑って、「誰か止めて~!」と叫びながら駆けて行きそうだよ。

荷物を全部レンタルしたモンゴル人のギャル子ちゃん、大したものだ!
これができるから、富士山は外国人にも人気があるんだね~。

いや~、お疲れ様でした。 良かった、良かった!(^o^)

No title

富士山登頂おめでとうございます。細かい描写で良く解りました。

くうみんさんのブログを拝見していて、娘が下山の時段ボールだか
何だかをお尻に敷いて滑り降りたと、話していたのを思い出しました。

令和元年の夏、良い思い出が出来ましたね。

こんにちは
いや、いや、まさかのリベンジが
すぐにって、油断してました
あはは
すぐにリベンジに行ったんですね
山登り、無理〜
くうみんさん、スゲ〜
お天気も、まぁまぁでよかったです
しかし
そうです、あの旅の外人さん
あっぱれですな

こんにちは~♪

素晴らしいご来光を拝めましたね。
よかったね♪
私はもう無理なので写真で
楽しませてもらいました。
民族の違いなんでしょうね。
なんかたくましいですね。

今日もお元気で~♪ ☆彡

No title

とうとう登られたんですね。
その勢いなら、来年だって行けそうですね(^^)/

鳥居の向こうに富士山、眼力で見えました。

ご来光も見せてもらいましたし、感謝です。

No title

登頂成功おめでとうございまーす。

登山用品はすべてレンタルできるのね。
モンゴル女子、たくましい!
もしかしたら、元々モンゴル人は遊牧民族なので、荷物を持たない
生活に慣れているのかも。
にしても、レジ袋一つって・・・すごすぎ!

No title

もうリベンジでしたか!?
ご来光も見れてよかったです。\(^o^)/
おつかれさまでした!

富士山、荷物なしで行くこともできるんですね。
いいアイデアです。(^_−)−☆
といっても行かないですが〜笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

クーチ様

> 登頂成功おめでとうございます!
>
> 上からの風景は格別ですね~
> 車で行けるなら行ってみたい(笑)
>
 あの特殊車両なら行けるそうですが、20万円とか言っていました。それに、緊急時にしか行けないかも。

> 私、出かけるときはいつも重たいバックとか持って出かけてるので、モンゴル女子のように軽装になれると楽なのになと思います。

 私も大荷物です。モンゴル女子からすれば、「ご苦労様です」てな感じでしょうか?

Re: あ、決行なさいました?

大夫の監様

> お偉いです。
> 気温が心配でしたが。まだ九月上旬で、
> お天気もよくて良かったですね。

 先に行ったときより、秋の気配が感じられましたが、まだ大丈夫でした。寝袋も広いし、9月初めは狙い目かも。

Re: ご来光は感動ものですね☆

がちょー様

> ご来光見ると人生観が変わりますね☆
> くうみん様は冒険家なので海外やこーいった山登りなど私が出来ないところを旅してて、ブログいつも参考になっておりましたよ!
>
 写真を見ると行った気になるというのは、私も同じです。他の人の旅行記など。

> これからも楽しい冒険をしてくださいませv-291

 また行きます。

Re: No title

ねね様

> すご〜い、やった〜。
> 私もいつか。。。なんて、もう年取っていくばかりですよね。
> 今できないんだから、できるわけが。。。

 いつかは若い時しか来ないのです。おばさんは、今でしょ?!

Re: うわ~い、登頂おめでとう!

おばば様

> さすがはくうみんさん、無事に登頂できて何よりだよ!
> 富士山頂上からのご来光の写真を見て、雲海や周りの景色の写真を見て、私もちょっぴり一緒に登った気になっていました。
> どうもありがとう!
>
 富士山の頂上は雲が下に見えて非日常でした。

> あの稲荷ずしは朝ごはんだったのね?
> 私が苗場に行った時の朝食は、豚汁とは名ばかりの味噌汁とご飯に漬物だけだったよ・・・。
> お稲荷さんの方が食べやすいね。
>
 山小屋の朝ご飯は、おにぎりが多いです。前の日に渡されて、早朝出発に備える。山小屋で食べる場合は、ご飯とみそ汁、そんなもんです。

> 私なら下りは膝が笑って、「誰か止めて~!」と叫びながら駆けて行きそうだよ。
>
 膝は笑いますね。

> 荷物を全部レンタルしたモンゴル人のギャル子ちゃん、大したものだ!
> これができるから、富士山は外国人にも人気があるんだね~。
>
 レンタルは日本人も利用するけど、レンタルできないものは買えばいいというこの考え方、さすが旅慣れたモンゴル人です。

> いや~、お疲れ様でした。 良かった、良かった!(^o^)

 無事が一番ですね。

Re: No title

タンポポ様

> 富士山登頂おめでとうございます。細かい描写で良く解りました。
>
> くうみんさんのブログを拝見していて、娘が下山の時段ボールだか
> 何だかをお尻に敷いて滑り降りたと、話していたのを思い出しました。
>
 へえ、グッドアイディア、ですな。

> 令和元年の夏、良い思い出が出来ましたね。

 お鉢巡りが…心残り。

Re: タイトルなし

ひろたん様

> こんにちは
> いや、いや、まさかのリベンジが
> すぐにって、油断してました
> あはは
> すぐにリベンジに行ったんですね

 来年はどうなるかわかりませんもの。

> 山登り、無理〜
> くうみんさん、スゲ〜
> お天気も、まぁまぁでよかったです
> しかし
> そうです、あの旅の外人さん
> あっぱれですな

 ポーチ一つの身軽さ、しかも過不足は無し。いい度胸していると思います。

Re: こんにちは~♪

Mmerose様

> 素晴らしいご来光を拝めましたね。
> よかったね♪

 ありがとうございます。

> 私はもう無理なので写真で
> 楽しませてもらいました。
> 民族の違いなんでしょうね。
> なんかたくましいですね。
>
 派手な外見なのに、しっかりものでした。

> 今日もお元気で~♪ ☆彡

 ありがと~。

Re: No title

オイル様

> とうとう登られたんですね。
> その勢いなら、来年だって行けそうですね(^^)/
>
 う~む。

> 鳥居の向こうに富士山、眼力で見えました。
>
 見えましたか?!

> ご来光も見せてもらいましたし、感謝です。

 願い事をしましょう。きっと叶いますよ。

Re: No title

キララ様

> 登頂成功おめでとうございまーす。
>
 ありがとう。

> 登山用品はすべてレンタルできるのね。
> モンゴル女子、たくましい!

 ただの派手なオネエチャンではありませんでした。

> もしかしたら、元々モンゴル人は遊牧民族なので、荷物を持たない
> 生活に慣れているのかも。

 そう思います。

> にしても、レジ袋一つって・・・すごすぎ!

 行きは小さなポーチ一つですよ!帰りはちょっとだけ荷物が増えて、レジ袋一つ。どひゃ~!!

Re: No title

ミコリー様

> もうリベンジでしたか!?
> ご来光も見れてよかったです。\(^o^)/
> おつかれさまでした!
>
 ありがとう。ミコリー様も帰りましたか?

> 富士山、荷物なしで行くこともできるんですね。
> いいアイデアです。(^_−)−☆
> といっても行かないですが〜笑

 行きませんかね?ゴルさんなんか、行きたいって言わないかな?

Re: No title

c鍵コメ様

 そうでしたね、失礼しました。
 早速直しました。いつも読んでくださってありがとうございます。コメントもありがとうございます。

No title

富士山への登頂、おめでとうございます🎊

道中の話も面白く、モンゴル女子への親切 すてきです。
くみんさん、優しい。

そして、写真もすばらしい。
写真でも感動するんだから実際に見たくうみんさんの実感はひとしおでしょうi-228
お疲れさまでしたv-20

No title

富士登山、山頂登頂おめでとうございます!

9月に再挑戦と聞いていたけど、凄い行動力ですね。素晴らしい!
目標達成できて、すっきりしましたね。

昔から旅行上手は荷物が少ないと聞いています。
モンゴル人は凄く旅上手なのですね(*^_^*)

Re: No title

ウーロンパンダ様

> 富士山への登頂、おめでとうございます🎊
>
 ありがとうございます。

> 道中の話も面白く、モンゴル女子への親切 すてきです。
> くみんさん、優しい。
>
 いや~、それほどでも~。

> そして、写真もすばらしい。
> 写真でも感動するんだから実際に見たくうみんさんの実感はひとしおでしょうi-228
> お疲れさまでしたv-20

 写真はね、私の腕では、美しさの一部を切り取るだけなのよ。写真の上手な人はいいなあ。

Re: No title

トットちゃん様

> 富士登山、山頂登頂おめでとうございます!
>
 ありがとうございます。

> 9月に再挑戦と聞いていたけど、凄い行動力ですね。素晴らしい!
> 目標達成できて、すっきりしましたね。
>
 9月は10日までしかツアーがない。4日時点で、閉鎖している山小屋や売店も。

> 昔から旅行上手は荷物が少ないと聞いています。
> モンゴル人は凄く旅上手なのですね(*^_^*)

 彼らは旅が日常だったからでしょう。今は定住しているとしても、DNAでしょうね。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR