FC2ブログ

実は私…○○なんです

 このブログは病気カテにも、籍を置いている。深刻な病状に、何とか明るく暮らして行こう、なんとか困っている人にも自分で工夫していることを、共有できれば、病気カテの人たちの、そう言った思いに満ち溢れている。

 ブログにこういった、普通であればめげてしまうようなことをアップできるのは、この人達が積極的で、前向きなんだと思う。くうみんの場合、一応乳がんという病魔に侵されたことがある。しかし、手術したのは11年も前のことになり、のど元過ぎればなんとやらの心境になっている。

 しかし、くうみんが今回カミングアウトするのは、ガンのことではない。ガンよりもっと以前から患っていた病…

 それは水虫。

 いつから患っていたのか、かなり若い時からだと思う。はじめの頃は暖かくなったな~、と思うと、足がむずむずして、
「ああ、今年も夏が近づいた」
 と、風物詩のように思っていたが、数年後には、なんとか完治させようと、お医者さんで薬をもらい、水虫の休眠期である冬になっても薬を塗り続けた。教えられたとおり、足の裏全体と、ホームカバーという靴下で隠れる程度の範囲に、ひたすら塗った。
 2月くらいになって、「も、いっかな~」などと、薬を塗るのをやめると、また夏が近づくと、水虫が現れる。

 この繰り返しだったが、ガンになって、抗がん剤を点滴すると、あら不思議。水虫が治ったのだった。
 癌友の一人は、ガン治療前にピロリ菌がいるのが発覚した。ガン治療がひと段落したら、ピロリ菌の除去をするつもりでいた。しかし、検査の結果、ピロリ菌が検出されなかったそうだ。
 抗がん剤により、ピロリ菌も撲滅したらしい。だから、くうみんにもピロリ菌はないと思っている。

 抗がん剤を使ったのは、人生最大の過ちだと思っている。人にはわからないかも知れないが、体中にいくつもの不自由が残っている。
 ともあれ水虫が治ったのはうれしかった。

 その喜びもつかの間、くうみんはまた水虫に罹患した。フィットネスクラブが原因だと思う。一番怪しいのは体重計だ。風呂上りに体重計。つい乗りたくなるもの。しかし、体重計は水虫の濃厚感染源だ。何しろ足を乗せるところが、ほぼ決まっている。水虫を持っている人が乗ったら、どんなことになるか?ひとたまりもない。

 その後、くうみんは数年来、水虫の薬を通年塗るようになった。見た目は普通に見えても、水虫は角質の奥深くに潜んでいるので、なかなか退治できないという。もちろん体重計には靴下を履いてから乗るようにした。

 親指や人差し指の間の水虫は治ったが、中指と薬指、薬指と小指の水虫が治らない。指の間がくっついているからだろう。そこで、5本指のアンダーソックスを履くようにした。これは、ガン養生にも効果ありと聞いた。何でも指の間から、毒素が抜けるんですと。

 2、3年経って、もういいかな~、と思って、一時薬をやめてみると、また皮がむけている…この繰り返しだった。そのうち、怖くて薬をやめられなくなった。やめたらまたあの症状が出るかも…

 去年引っ越しをして、皮膚科も変わると、そこの先生が、
「薬をやめて様子を見ましょう」
 と言ってくれた。

 貰った薬は全部使って、それから様子を見ることにした。大丈夫かなあ?確信できるまで皆には言わんでおこう。

 しかし!ついに確信できるようになった!今、薬をやめて3が月余り。症状は出ていない。
 
 やった~~~~!!
 水虫がついに治った!!
 もうフィットネスクラブで貰わないように気を付けよう。

 体重計には風呂上がりの素足で乗らない。なるべく早く靴下を履く。5本指のアンダーソックスはこれからも履き続ける。

 これだけのことで水虫にならずに済む。なったら数年の治療が必要なんだから。

 みんなも気を付けてください。

 

 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フットケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうなんですよね。夫も抗生剤を飲んで長年の水虫が、きれいに治りましたよ。
それともう一つ不思議なんですが、真っ白だった頭髪が少し黒くなりました。
山ほどの薬を飲んでいますので、何が髪の毛に影響したのか解りません。

長いお付き合いですね。

何はともあれ良かったねー。

私は罹った事が無いのでよく分かりませんが、
水虫って飲み薬も併用しないとダメって聞いた気がする。

兎に角しつこい病気だよね、まずは感染されないように気をつけて。
大衆浴場も微妙だけど。

No title

くうみんさん、こんにちは。
水虫イヤですよね。
実は私介護職でして、お年寄りの入浴介助もしております。
高齢者はほぼ全員が水虫持ちです。
で、介護職がどうやって感染を防ぐのかというと、とても簡単なんです。

水虫の原因である白癬菌が皮膚表面から内部に侵入するまで12時間〜24時間かかると言われています。なので入浴介助が済んだら石鹸で入念に足(指も一本一本)を洗い、付着したかもしれない菌を洗い流すんです。
これだけで感染を防げます。

ジムのお風呂や体重計が怪しいのであれば帰宅されてから足だけでももう一度念入りに洗うといいかもしれませんね。

No title

私も昔、水虫になったことあったけど、いつの間にかなくなりました。
よく考えたら、足を指の一本一本までよく洗うようにしたからかも。
治って良かったね。

No title

五本指のソックスっていいらしいですね~ そういえば相方が履いてます。私も履いてみようかな~ なんとなく足先に力が入りそうな気がしていいかもって想像したりしています

No title

もう20年ほど前のことですが、私も水虫に困っていました。
ほかのかたもおっしゃっていますが、お風呂で足の指を入念に洗い、風呂上りにもきちんと指の一本ずつを拭いていったら、自然と治っていました。
もちろん、薬は一切使っていません。
 
行きつけのスーパー銭湯には体重計があって、必ずそこで体重を量っています。
今後は、風呂上りには体重計を使わないようにします。

No title

家に帰って来てから、足を洗うようにすれば良いのでは?
水虫菌は24時間ついていることで、発症するそうです。

と書いたらゆきさんがすでに書いていましたね。

プロがやっていることですから、間違いはないと思います。(^_-)-☆

こんにちわ

私も昔水虫でして、やっと完治しましたよ
つらいですよね。皮膚科にかかってました

あと、いぼもしかこかったですよ
液体窒素で取ってまらってましたが
やっと完治しましたね

No title

今の時代、二人に一人は癌にかかったことがあるとのことです。
なんせ人間皆が癌細胞を持っているのですから
だから、全然珍しことでもなんでもなく極当たり前のようなこと・・・
ただ、治療しないと死に至ると言ったところでしょうか。

抗がん剤で水虫やピロリ菌も死んでしまうのですね。
抗がん剤って癌細胞もやっつける代わりに体中の大事な良い細胞も
良い菌も殺してしまうのですから抗がん剤は恐ろしい薬ですね。
それで癌が治ればいいのですが治らなければ何のための薬なのか・・・

因みに私は水虫になったことがありませんが五本指の靴下は必須で履いています。女性用の五本指が出始めた時からの愛用者です。
夏は蒸れ防止に冬は五本指の方が暖かいからです。
何時の季節も指の間はジメジメしていますから余分な水分を吸い取ってくれ、指一本一本が下敷きになることなく単独で踏ん張る力を出しやすくしてくれる五本指は無くてはならない靴下です。(*^^)v

アスリーツ・フット

どんなに清潔にしていても、貰ってしまうのが水虫だよね~。
でも、今は女性にも珍しくないようで、何年か前に、トーシューズを履いたバレリーナが水虫薬のCMに出てたよ。

水虫は英語では、athlete's foot、アスリートに多いからかな?

昔、「さくらももこ」さんのエッセイに、「お茶の出がらしの葉をストッキングに詰めて、それを履いて寝ていたら水虫が治った」、と、彼女のお姉さんの体験談が載ってたよ。

うちの旦那は、「スコルバ」で治してるよ。 同じ体重計に乗っても、私は水虫菌には嫌われているようだよ。(苦笑)

靴下を履いて乗る体重計って、昔の背の高いアレかな?
帰宅してから、自宅の体重計に乗った方が安全かも??

Re: No title

タンポポ様

> そうなんですよね。夫も抗生剤を飲んで長年の水虫が、きれいに治りましたよ。

 へえ、そうなの?!

> それともう一つ不思議なんですが、真っ白だった頭髪が少し黒くなりました。
> 山ほどの薬を飲んでいますので、何が髪の毛に影響したのか解りません。

 試してみたいけど、抗生剤って気軽に使う薬じゃないもんねえ。何が効いたんだろう?

Re: 長いお付き合いですね。

つかさん様

> 何はともあれ良かったねー。
>
> 私は罹った事が無いのでよく分かりませんが、
> 水虫って飲み薬も併用しないとダメって聞いた気がする。
>
 医者で出してもらった。飲みましたよ。

> 兎に角しつこい病気だよね、まずは感染されないように気をつけて。
> 大衆浴場も微妙だけど。

 運が悪ければ感染するけど、やはり濃厚感染源は体重計。

Re: No title

ゆき様

> くうみんさん、こんにちは。
> 水虫イヤですよね。
> 実は私介護職でして、お年寄りの入浴介助もしております。
> 高齢者はほぼ全員が水虫持ちです。

 そうでしょうね。昔は有効な薬がないから、今はいい薬があると言っても、お年寄りも諦めてしまっている。

> で、介護職がどうやって感染を防ぐのかというと、とても簡単なんです。
>
> 水虫の原因である白癬菌が皮膚表面から内部に侵入するまで12時間〜24時間かかると言われています。なので入浴介助が済んだら石鹸で入念に足(指も一本一本)を洗い、付着したかもしれない菌を洗い流すんです。
> これだけで感染を防げます。
>
> ジムのお風呂や体重計が怪しいのであれば帰宅されてから足だけでももう一度念入りに洗うといいかもしれませんね。

 聞いたことがあります。25時間くらいと聞きましたが?だから毎日決まった時間にお風呂にはいればいいと。でも、帰ってから洗った方が確実ですね。

Re: No title

キララ様

> 私も昔、水虫になったことあったけど、いつの間にかなくなりました。
> よく考えたら、足を指の一本一本までよく洗うようにしたからかも。
> 治って良かったね。

 洗っただけでは無理だと思う。でも、治ったのは良かった。

Re: No title

自遊自足様

> 五本指のソックスっていいらしいですね~ そういえば相方が履いてます。私も履いてみようかな~ なんとなく足先に力が入りそうな気がしていいかもって想像したりしています

 是非お試しを。足の清潔が保てます。ニホヒの心配がなくなります。

Re: No title

声なき声様

> もう20年ほど前のことですが、私も水虫に困っていました。

 うんまあ、あなた様も!

> ほかのかたもおっしゃっていますが、お風呂で足の指を入念に洗い、風呂上りにもきちんと指の一本ずつを拭いていったら、自然と治っていました。
> もちろん、薬は一切使っていません。
>  
 ふ~ん、それで治るのか~。ちょっと???

> 行きつけのスーパー銭湯には体重計があって、必ずそこで体重を量っています。
> 今後は、風呂上りには体重計を使わないようにします。

 それがいいです。もし、風呂上りに体重計に乗るなら、靴下を履いてから。

Re: No title

ミコリー様

> 家に帰って来てから、足を洗うようにすれば良いのでは?
> 水虫菌は24時間ついていることで、発症するそうです。
>
 そのようです。

> と書いたらゆきさんがすでに書いていましたね。
>
> プロがやっていることですから、間違いはないと思います。(^_-)-☆

 そうですね。プロというのは技だけではなく、自分を守る術も知っているもののようです。

Re: こんにちわ

がちょー様

> 私も昔水虫でして、やっと完治しましたよ
> つらいですよね。皮膚科にかかってました
>
 やっぱ皮膚科ですよね。

> あと、いぼもしかこかったですよ
> 液体窒素で取ってまらってましたが
> やっと完治しましたね

 私も足の裏のイボ、しつこかったです。お互い同じ病にかかっていましたね。

Re: No title

トットちゃん様

> 今の時代、二人に一人は癌にかかったことがあるとのことです。
> なんせ人間皆が癌細胞を持っているのですから
> だから、全然珍しことでもなんでもなく極当たり前のようなこと・・・
> ただ、治療しないと死に至ると言ったところでしょうか。
>
 水虫は何人に一人でしょう?3人に二人とか、もっと多いかも?

> 抗がん剤で水虫やピロリ菌も死んでしまうのですね。
> 抗がん剤って癌細胞もやっつける代わりに体中の大事な良い細胞も
> 良い菌も殺してしまうのですから抗がん剤は恐ろしい薬ですね。
> それで癌が治ればいいのですが治らなければ何のための薬なのか・・・
>
 抗がん剤でとりあえず4週間消えていれば、奏功したと言うそうです。でも、多くの場合、再発すると医学書にも書いてあります。

> 因みに私は水虫になったことがありませんが五本指の靴下は必須で履いています。女性用の五本指が出始めた時からの愛用者です。
> 夏は蒸れ防止に冬は五本指の方が暖かいからです。

 さすが先見の明!

> 何時の季節も指の間はジメジメしていますから余分な水分を吸い取ってくれ、指一本一本が下敷きになることなく単独で踏ん張る力を出しやすくしてくれる五本指は無くてはならない靴下です。(*^^)v

 そうなんですよ。かっこ悪いけど5本指ソックスは優れもの。今は可愛いのもありますね。

Re: アスリーツ・フット

おばば様

> どんなに清潔にしていても、貰ってしまうのが水虫だよね~。
> でも、今は女性にも珍しくないようで、何年か前に、トーシューズを履いたバレリーナが水虫薬のCMに出てたよ。
>
 そうなんですよ!決して不潔にしていたからではない!

> 水虫は英語では、athlete's foot、アスリートに多いからかな?
>
 ほお、私もアスリートだ。

> 昔、「さくらももこ」さんのエッセイに、「お茶の出がらしの葉をストッキングに詰めて、それを履いて寝ていたら水虫が治った」、と、彼女のお姉さんの体験談が載ってたよ。
>
> うちの旦那は、「スコルバ」で治してるよ。 同じ体重計に乗っても、私は水虫菌には嫌われているようだよ。(苦笑)
>
 いいな~、水虫菌に嫌われるなんて。でもそのうち、水虫菌の気が変わるかも?

> 靴下を履いて乗る体重計って、昔の背の高いアレかな?
> 帰宅してから、自宅の体重計に乗った方が安全かも??

 昔のとはちょっと違う。今どきの公共の場にある体重計は表示部が腰よりちょっと低いくらいの所にあります。自宅の体重計ならまったく安全。

No title

読者です。
水虫と聞いて・・・。
個人差があると思いますが良かったものをお伝えしたくなりました。

まずは皮膚科で「ケトコナゾール ニゾラール」という塗り薬がかなり効果的でした。

それから、お風呂でしっかり足を洗って、最期に「コラージュフルフル」という液体せっけんでもう一度足を洗って出てくるといいです。

靴下は綿100%に近い物がいいです。
汗をかいたら履き替える。
足裏の角質も定期的に落とすと悪臭もしません。

お試しください。

では、くうみん様また更新を楽しみにしております。

Re: No title

与謝野様

> 読者です。

 ありがとうござんます。

> 水虫と聞いて・・・。
> 個人差があると思いますが良かったものをお伝えしたくなりました。
>
 いや~、もう治ったんですけど~。

> まずは皮膚科で「ケトコナゾール ニゾラール」という塗り薬がかなり効果的でした。
>
 ほう。

> それから、お風呂でしっかり足を洗って、最期に「コラージュフルフル」という液体せっけんでもう一度足を洗って出てくるといいです。
>
> 靴下は綿100%に近い物がいいです。
> 汗をかいたら履き替える。
> 足裏の角質も定期的に落とすと悪臭もしません。
>
 綿ですか!絹がいいときっておりました。ガン友からのアドバイス。

> お試しください。
>
 こうなったら試してみるわい。

> では、くうみん様また更新を楽しみにしております。

 お~ぅ!コメントもまたよろしく!

夫が以前水虫になりました。ジムの足ふきマットのせいと、せっせと足洗ってましたら、自然と治りました。
それ以来ジムのお風呂上がりには、変なフットワークで足ふき。マット踏まないようにしていましたが、

家に帰ってから洗えば良いのですね。
勉強になりました。

No title

スポーツクラブとか温泉とか共同の足ふきマットがあるところ行ったあとは、家に帰ってから足の裏なるべく洗うようにしています。

しつこい水虫治すの大変でしたね。
私は昔、足の皮がむけるから水虫だと思い薬つけたけど治らなかったので病院へ行ったら水虫ではなく、ただ皮がむけやすくなってただけでした。薬代無駄にしました(笑)

Re: タイトルなし

カズ様

> 夫が以前水虫になりました。ジムの足ふきマットのせいと、せっせと足洗ってましたら、自然と治りました。
> それ以来ジムのお風呂上がりには、変なフットワークで足ふき。マット踏まないようにしていましたが、
>
> 家に帰ってから洗えば良いのですね。
> 勉強になりました。

 事務のマットは踏んではならないと、みんな言っていました。帰ってから足を洗うのは面倒だけど、そうも言っていられない。

Re: No title

クーチ様

> スポーツクラブとか温泉とか共同の足ふきマットがあるところ行ったあとは、家に帰ってから足の裏なるべく洗うようにしています。
>
 みんな気を付けているのね。

> しつこい水虫治すの大変でしたね。
> 私は昔、足の皮がむけるから水虫だと思い薬つけたけど治らなかったので病院へ行ったら水虫ではなく、ただ皮がむけやすくなってただけでした。薬代無駄にしました(笑)

 皮がむけるから水虫とは限らないと、皮膚科の先生も言っていました。検査で特定しないと。

No title

水虫治って良かったね~。フィットネスクラブは要注意なんですね。靴下履いて体重計かあ。なるほどね。
アタシは、掌蹠膿疱症という皮膚の病気があって、それは水虫と似てて、皮がむけてきたりすることもあるんだけれど、一回治ったと思ってたのに、今年の入院手術のせいか復活してます。原因不明の病気なのよ~ちくしょ~。

Re: No title

きたあかり様

> 水虫治って良かったね~。フィットネスクラブは要注意なんですね。靴下履いて体重計かあ。なるほどね。
> アタシは、掌蹠膿疱症という皮膚の病気があって、それは水虫と似てて、皮がむけてきたりすることもあるんだけれど、一回治ったと思ってたのに、今年の入院手術のせいか復活してます。原因不明の病気なのよ~ちくしょ~。

 きたあかり様は、病気がちなんですね。原因不明の難病は困ります。大変ですね。水虫とかいぼ痔とか、人に言えない病気にかかっている人間は、ひたすら丈夫に見せるのみ。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR