FC2ブログ

おのぼりさん観光ウラジオストク

 ウラジオストクに到着する前にひと悶着あった。私の場合は、確かミニバーのビールの補充がないのでそれを言いにフロントデスクに行ったのだと思う。
 しかし、ウラジオストク上陸を前に、爺さん婆さんが訳の分からないことを聞きに来て、フロントデスクは非常に混みあっていた。

 「TODAY」という船内新聞が毎日配られるのだが、今日のツアーについて、こんな記述があった。

 ①日本人でツアーに参加する方はパスポートとコスタカードを持って整理番号順に〇○にお集まりください。

 ②日本人でご自身でビザをお取りになり、自由行動をする方は○時からの下船となります。

 爺さん
 ツアーに参加することになっているが、自分でもビザを取った。こういう場合はどうすればいいのか?
(ツアーに参加するなら、①に決まっているだろうが)
 婆さん
 案内される土産物屋だけでなく、小さなお店にも行きたい。円は使えるか?
(小さな店では使えね~よ)
 
 そんなこと、わかるだろうと思うのだが、爺さん婆さんは必死で係の人に食らいついている。
「まったく、不親切な書き方だ!!」

 そうかなぁ、これでわかると思うけど。
 
 まあいいか、と、バーでビールを飲んでから、ビュッフェレストランでデザートのアイスクリームを取って部屋に向かった。持ち帰り自由だからいいねえ、くうみんの母はこっそり持ち帰っていたが、ここでは堂々と持ち帰っていいんだよ!な~んて思っていたら…

 開かない!鍵が開かない!

 ああ、アイスが溶ける~。

 近くにいたお掃除スタッフに声をかけた。彼がやっても鍵は開かない。
「これはフロントに行くしかないですね」
 という訳でフロントへまた行く羽目に。
 すると、バーのウエイターと日本人女性が心配そうな顔で立っていた。なんと、ビールを頼んだとき、バーのウエイターが部屋のカードキーでもあるコスタカードを渡し間違えていたのだ。
 まあ、結果オーライで、無事部屋に入ってアイスを食べることができた。

 アイス
 かなり溶けてしまった

ウラジオストク近く
 もうすぐ到着

ウラジオストク港
 ウラジオストク港

歓迎の司会
 皆様ようこそおいで下さいました

歓迎の踊り 私達、まだかしら?
 私たちの出番はまだかしら?

出番だわ!
 それ、待ってました!

きゃっほ~!!
 キャッホ~~~!

シベリア鉄道の始まり
 シベリア鉄道の入り口

なんだっけ?
 すまん、なんだっけ?

芙蓉に似た花
 芙蓉に似ているけど芙蓉ではない。なんだろう?

潜水艦
  潜水艦C-56博物館。今日は休みだって

整理番号
 偶然にもくうみん達の整理番号もC-56。ちなみにcはロシア語で「エス」と読むそうだ。

う~ん、忘れた

ウラジオストクの帰宅ラッシュ
 ウラジオストクの帰宅ラッシュ

観覧車
 カラフルな観覧車
 
金角湾の橋
 鷹巣展望台から黄金橋を望む
 
恋人が逃げませんように
 毎度おなじみ、どこにでもあるなあ、こう言うの。恋人たちが永遠の愛を誓う…てか、逃げないようにしているようで怖い
 
由緒ある聖堂
 由緒ある聖堂らしいが、名前は忘れた。すみません、役に立たなくて

 この中に入るときは男性は帽子を脱ぎ、女性はスカーフをかぶる。
 葬儀が行われるのか、お棺の中にご遺体が安置されている。見学の後は、皆さんご遺体に向かって頭を下げた。

 ロシア人て言うのは美男美女が多い。
 白人、特にアメリカ人は、若いのにものすご~く太っていて、かっこいい男性、きれいな女子は一握りしかいない。しかし、ロシアではそんなに太った人を見かけない。
 顔が小さくてすらりと背が高く、筋肉質だ。さすが各国諸脳の中で一番セクシーと言われるプーチン大統領の国。
 
 以前、日本を通してアメリカに亡命したベレンコ中尉を思い出す。彼も顔が小さくて背の高い、かっこいい人だった。亡命で飛行機に乗るときは、暗殺される危険があるので、彼そっくりの姿をした男性と一緒に歩いた。
 全く違いが判らないほどよく似ていて、二人ともトレンチコートがよく似合った。
 
 ガイドさんと記念写真を撮ってもらった。女性の方がメインのガイドさんで、大学の先生をしているそうだ。男性の方はまだ研究生。説明をするときはガチガチに上がっていた。
 
ガイドさんと
 顔にお絵かきするのがもったいないほどの美男美女!

 連れて行ってくれるのは安全だけど、どこに行ったのか全く覚えていない。やっぱり、自分の足で行かなきゃ。

さらばウラジオストク
 さらばウラジオストク。さらばロシアの美男美女

 ウラジオストクは日本人街などもあったそうだ。この地の名物料理もあるそうで、今度行く時は、もっとゆっくり街を回りたい。

 次の日は一日クルーズ、またジムにでも行って体を動かすか。
 
 
 
 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ウラジオストク楽しんでおりましたね!

くうみんさまはこんにちわ!
旅行も楽しんでましたね
ブログの記事や写真で私も旅行した心地になっておりましたよ。くうみんさまは行動力ありますから羨ましいでありました 私もいつか海外に行ってみたいものでありますよ☆

No title

ちゃんと説明書があるのにろくに読まない、あるいは理解できなくて
噛みつく人っていますね。字が読めないのかなぁ・・・

そうそう、アメリカ人って少年少女の頃は美形なのに、その期間は
短くて、若いうちからすごく太りますよね。
アメリカを「ダイエット先進国」なんて言う人いるけど、それだけデブが多いと言うことでもあるにゃ。

ベレンコ中尉・・・
なんとまぁ、懐かしい名前が出てきましたね。
今は生死不明とかで、どうしていることやら。
考えてみたらロシアってすぐ近くなのに、旅行に行こうという発想が
浮かんだことなかった。どうしてだろ・・?

無事食べたアイス、おいしかった?

ほほう、美女さん達だ!

ウラジオストク、なるほどロシア正教会の風情があるねえ。

私も旦那も、ロシアには行った事がないので、とても興味深いよ。
と言っても、小さい頃に新潟に住んでいたので、当時の私にとっての外国は、アメリカとソ連邦だけだったけどね・・・。

舞踊団の女性たち、民族衣装の美女さん揃いだね。
ガイドのお姉さんとお兄さんも、きっと美男美女だったんだろうなあ・・・。

よく、ロシア系は若い内はスリムで美人でも、30歳になる頃には、見た目が全然変わってしまう、と言われていたけど、それも今は昔の言い伝えなのかしらん?

今度行くことがあったら、じっくり町並みやお店を見学したいよね!

No title

ウラジオストクすぐそこって感じだけど、やはりそこは外国ロシアですね。
美男美女のロシア人・・・くうみんさんも、こんなにお絵かきしちゃったら
もう・・・!イメージが全然つかめないじゃないですか!((´∀`))ケラケラ

船内フロントでのいざこざというか、日本語なんだから、読めばわかるやろって思いますよね〜

ロシアは魅力的ですね〜行ってみたい!
いつか行けるかな?

ところで、アメリカ人ですが、普通は太っているというか信じられないぐらい太っている人が多いのですが、ニューヨークのセントラルパークでジョギングしている人たちは美男美女ものすごく多いです。

セレブなんだろなぁとスタバのコーヒーを飲みながら(ニューヨークでは一番コスパの良い飲み物とおもいます。)見物してました。
また、いつか行きたいけど、一人ではちょっと怖いかも。

No title

確かにロシア人は美男美女が多いですね。若いうちは・・・汗
ロシア正教会はパルナス(ケーキ屋)そのものの雰囲気ですね。
ビザの件も良かったですね。

字を読めよ〜な人たち。
これだから旅行関係者はストレスでダウンするんですよね〜苦笑

Re: ウラジオストク楽しんでおりましたね!

 がちょー様

> くうみんさまはこんにちわ!
> 旅行も楽しんでましたね
> ブログの記事や写真で私も旅行した心地になっておりましたよ。くうみんさまは行動力ありますから羨ましいでありました 私もいつか海外に行ってみたいものでありますよ☆

 がちょ様も、今は忙しいでしょうね。それは私がうらやましいことでもあります。

Re: No title

キララ様

> ちゃんと説明書があるのにろくに読まない、あるいは理解できなくて
> 噛みつく人っていますね。字が読めないのかなぁ・・・
>
 ツアーには参加するけどビザは持っている…それで混乱するのでしょうか?何がわからないのか、わかりません。

> そうそう、アメリカ人って少年少女の頃は美形なのに、その期間は
> 短くて、若いうちからすごく太りますよね。
> アメリカを「ダイエット先進国」なんて言う人いるけど、それだけデブが多いと言うことでもあるにゃ。
>
 アメリカ人は、大食いが習慣化しているので、そんなに食べていないと思っているような。日本人も危ない。

> ベレンコ中尉・・・
> なんとまぁ、懐かしい名前が出てきましたね。
> 今は生死不明とかで、どうしていることやら。
 
 そうですか、生死不明。それは怖いです。

> 考えてみたらロシアってすぐ近くなのに、旅行に行こうという発想が
> 浮かんだことなかった。どうしてだろ・・?
 
 そう言われてみれば不思議です。
>
> 無事食べたアイス、おいしかった?

 まあまあ。

Re: ほほう、美女さん達だ!

 おばば様

> ウラジオストク、なるほどロシア正教会の風情があるねえ。
>
 イスラムの影響を感じます。他のヨーロッパ地域よりも遠いのに、なぜだろうね?

> 私も旦那も、ロシアには行った事がないので、とても興味深いよ。
> と言っても、小さい頃に新潟に住んでいたので、当時の私にとっての外国は、アメリカとソ連邦だけだったけどね・・・。
>
 私にとって外国と言えばアメリカ。中華街で、食堂のおばさんが中国語を話していたのを聞くと、あの人は家語が話せるんだねえ、と感心したのを覚えています。

> 舞踊団の女性たち、民族衣装の美女さん揃いだね。
> ガイドのお姉さんとお兄さんも、きっと美男美女だったんだろうなあ・・・。
>
 美男美女です。

> よく、ロシア系は若い内はスリムで美人でも、30歳になる頃には、見た目が全然変わってしまう、と言われていたけど、それも今は昔の言い伝えなのかしらん?
>
 今は栄養状況が違って来たんだと思います。体質的にはそうだとしても、マクドナルドの戦略には引っかかっていない。

> 今度行くことがあったら、じっくり町並みやお店を見学したいよね!

 うん、やっぱり船の観光は中途半端だ。

Re: No title

 トットちゃん様

> ウラジオストクすぐそこって感じだけど、やはりそこは外国ロシアですね。

 すぐそこだと、言われて初めて気づきました。

> 美男美女のロシア人・・・くうみんさんも、こんなにお絵かきしちゃったら
> もう・・・!イメージが全然つかめないじゃないですか!((´∀`))ケラケラ

 プライバシーの問題がありまして。でも、本当にきれいな人たちでした。

Re: タイトルなし

 カズ様

> 船内フロントでのいざこざというか、日本語なんだから、読めばわかるやろって思いますよね〜
>
 そうそう。

> ロシアは魅力的ですね〜行ってみたい!
> いつか行けるかな?
>
 行こうと思えば行けるでしょう。

> ところで、アメリカ人ですが、普通は太っているというか信じられないぐらい太っている人が多いのですが、ニューヨークのセントラルパークでジョギングしている人たちは美男美女ものすごく多いです。
>
> セレブなんだろなぁとスタバのコーヒーを飲みながら(ニューヨークでは一番コスパの良い飲み物とおもいます。)見物してました。
> また、いつか行きたいけど、一人ではちょっと怖いかも。

 意識の高い人はどこの国にもいます。アメリカ人はもともとのスタイルはいいので、節制している人は美男女でしょう。

Re: No title

 ミコリー様

> 確かにロシア人は美男美女が多いですね。若いうちは・・・汗
  
 若いうちだけですか?プーチン大統領のカレンダーは日本で人気だそうですよ。

> ロシア正教会はパルナス(ケーキ屋)そのものの雰囲気ですね。
> ビザの件も良かったですね。
>
 いいのかな~。

> 字を読めよ〜な人たち。

 うんうん。

> これだから旅行関係者はストレスでダウンするんですよね〜苦笑

 大変だろうと思います。裏でため息ついているだろうな。

おはようございます

この度は 五二衛門へのお気遣い
有難う御座います
本日 10時30分にペット火葬の業者さんが参ります
返骨は翌日以降との事
本来なら納骨しなければ成仏出来ないと言いますが
骨になっても存在を感じでいたい
なので我が家でと考えてます
物音がしなくなった我が家
当たり前の日々が止まる時
飼い始めた時から分かっているはずなのに
信じたくない 夢であって欲しい
そんな心境です
命あるものは別け隔てなく
死に向かって日々を送っているのに
辛いです
おまけに 関東は雨で寂しさを後押しする様です

Re: おはようございます

 お~い中村君様

> この度は 五二衛門へのお気遣い
> 有難う御座います
> 本日 10時30分にペット火葬の業者さんが参ります
> 返骨は翌日以降との事
> 本来なら納骨しなければ成仏出来ないと言いますが
> 骨になっても存在を感じでいたい
> なので我が家でと考えてます

 あら!五二君、お亡くなり!!それは残念です。今は人間でも、お骨を家に置いている方も多いそうです。手元供養と言うそうです。

> 物音がしなくなった我が家
> 当たり前の日々が止まる時
> 飼い始めた時から分かっているはずなのに
> 信じたくない 夢であって欲しい
> そんな心境です
> 命あるものは別け隔てなく
> 死に向かって日々を送っているのに
> 辛いです
> おまけに 関東は雨で寂しさを後押しする様です

 生きとし生けるものが死ぬのは定めです。ペットを飼いたいとは思うのですが、ためらってしまいます。私の場合は死なれるのが嫌だからというよりも、すでに自分が死んだら、ペットはどうなるのか?それを考えるようになりましたので。
 お体にお気をつけますよう。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR