いってくる

 その日おじさんは、ご機嫌だった。 前から計画していた、仲間内の一泊温泉旅行がやっと実現したからだ。
 おじさんは無類の風呂好きだ。その日も10時になるとフィットネスクラブの風呂に行き、まだ早いと言うのに待ち合わせ場所に向かった。
「おじさん、こんなに早く行ってもあっちで1時間近く待つんじゃないの?」
「いいんだよ、弁当選んでいる間に、時間なんてすぐ経つから」

 長雨が続いていた。その日はかろうじて雨が上がっていたけれど、おじさんが泊まる予定の旅館は、裏に山がすぐ迫っているので、がけ崩れが心配だった。
「崖側じゃない方の部屋にしてもらって」
「あはは、大丈夫だよ」

 玄関先で靴を履いて、ドアを開けた。
「行ってくる」
 と言うように外に出たが、細く開けたドアから顔を覗かせた。
「明日の昼は海鮮丼を食べるから、夜はご飯じゃないものね」
「うん、わかった」
 
 おじさんのいない夕食は、おじさんのあまり好まないエスニックなものや、ちょっと変わったものを食べることにしている。
 その日は、キンカン卵のすき焼きだった。牛肉の代わりにキンカン卵を使うと言う、突拍子もない代物だ。キンカン卵は、くうみんの子供時代の憧れの食材だ。そんなに高いものではない所を見ると、親があまり好きではなかったんだと思う。

 豆腐、シラタキ、玉ねぎ、春菊…昔はすき焼きには長ネギだったけど、今は玉ねぎの方が好きだ。
 テレビを見ながらビールを飲んで、一人で夕食を食べた。

 深夜、電話の鳴る音がした。誰だろう、こんな時間に…しつこく鳴る呼び出し音に、ついに電話に出ると、おじさんが大変なことになっていると…
 担当の医師からも連絡が入った。
「大変厳しい状況です」

 急いで支度をして、タクシー乗り場に向かった。医師からの大変厳しい状況という説明…これは後から考えると、もう駄目ですと言う意味だったらしい。

 くうみんが病院に着くとおじさんは、心臓マッサージを受けていた。でも、ただ単に心臓を動かしているだけの状態だった。心臓マッサージを止めると心臓は止まってしまう。すでに亡くなっていると言うことだ。
 おじさんはうっすらとほほ笑んでいた。きっと倒れた時に、また来たいな、なんて思っていたんだろう。鼻から血を出している。くうみんはティッシュで拭いた。

 おじさんは、くうみんの呼んだ葬儀屋さんの車に乗せられた。くうみんはおじさんの足元に行くと、足をマッサージした。いつも朝にするように。

 おじさんもくうみんも、今までの日々が、ずっと続くものだとばかり思っていたけれど、こんな風に終わってしまうことがあるんだねえ。
 人はともかく、自分の身にこんなことが降りかかるなんて、夢にも思わなかった。

 一日だけで終わると思った、たった一人の夕食は、その後もずっと続くことになった。

「行ってくる」
 と、言ったのは、
「逝ってくる」
 の方だった。

 おじさんが先に逝ってしまった。

 7月某日、おじさんの命日。雨降る中、墓参りに行った。おじさんの名前の次は一人分だけスペースがある。ここにくうみんの名前が入って、この家は終わり。

 次はミカエルが継いでくれるって。





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村




  

 






 
 
 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

三年目の夏ですね。

梅雨明けしたと思えばこの暑さ。
体調を崩していませんか?

7月6日でしたね。
突然の出来事から、余りにも大きく変わってしまった人生…
何処へ流れて行くのでしょうかね。

でもご主人様は、とても幸せなひと時の中逝かれたのですよ。
そう信じてお迎えを待ちましょう。

少し遅くなりましたが、改めてご主人様のご冥福をお祈りします。
合掌。

こんにちは。
私にも忘れられない日があります。2013年4月26日、入院中の夫が外泊中に吐血し、救急車で病院へ。そして医師からの言葉、「大変重篤な状況です、明日の朝まで吐血が続けば・・・」
そして苦しいながらも運よく生きています。

人の命は判りませんね、幸せなご夫婦だったと思います。

ご冥福を・・・。

くうみんさん、もう三年になるのですね・・・。
改めて、心よりご冥福を祈ります。

くうみんさんは今でもおじさんに愛されて、見守られていますよ。
おじさんとの見えない絆を大切に、今ある場所での幸せや楽しみを沢山見つけて下さいね。

こんばんは~♪

早い旅立ちでしたね。
お亡くなりになって3年かしら・・・
おじさんの分までお元気で
長生きしてくださいね。

今日もお元気で~♪ ☆彡

No title

早いものであれから3年経つのですね。
くうみんさん、立ち直りが早いし、強いです。

もう、そんな季節がめぐってきたんですね

くうみんさんは、聡明だから、いつも、明るく、辛いことも、面白おかしく、ご自分で茶化してしまえる知性があって、
そんなくうみんさんの、文章に、いつも、なごませてもらったり、驚いたり、感心したり、楽しませていただいてきました。

ご主人が逝かれてから、時は止まったままだと思います。
仲の良いご夫婦だったから、なおさら、突然すぎる別れを受け入れるのは苦しかったことと思います。
長い看病や、介護をしていたら、悲しみよりも、ほっとしていたかもしれません。

くうみんさんに、そんな苦労をかけずに済んで、
楽しい思い出の中で逝かれたご主人は幸せなご生涯だったと思います。

あらためて、ご冥福をお祈りさせていただきます。  合掌

No title

くうみんさんのブログを拝見するたびに
突然
相方の居なくなってしまう悲しさを想い
妻に感謝し
今の生活を大切に過ごさなければいけないと思います。
ありがとうございます。

改めまして
心よりご冥福を祈ります。

Re: 三年目の夏ですね。

 つかさん様

> 梅雨明けしたと思えばこの暑さ。
> 体調を崩していませんか?
>
 体調は大丈夫だが、いろいろ思い悩むこともあり。

> 7月6日でしたね。
> 突然の出来事から、余りにも大きく変わってしまった人生…
> 何処へ流れて行くのでしょうかね。
>
 お互いこんなはずでは…ですね。

> でもご主人様は、とても幸せなひと時の中逝かれたのですよ。
> そう信じてお迎えを待ちましょう。
>
 お迎え、待っています。

> 少し遅くなりましたが、改めてご主人様のご冥福をお祈りします。
> 合掌。
 
 つかさんも、ご主人の命日は来月だね。

Re: 命

 タンポポ様

> こんにちは。
> 私にも忘れられない日があります。2013年4月26日、入院中の夫が外泊中に吐血し、救急車で病院へ。そして医師からの言葉、「大変重篤な状況です、明日の朝まで吐血が続けば・・・」
> そして苦しいながらも運よく生きています。
>
 まさしく命拾いですね。大変だと思いますが、助かって良かった。
 
> 人の命は判りませんね、幸せなご夫婦だったと思います。

 幸せだったけど、宿命の前にはもろいものです。

Re: ご冥福を・・・。

 おばば様

> くうみんさん、もう三年になるのですね・・・。
> 改めて、心よりご冥福を祈ります。
>
 ありがとうございます。

> くうみんさんは今でもおじさんに愛されて、見守られていますよ。
> おじさんとの見えない絆を大切に、今ある場所での幸せや楽しみを沢山見つけて下さいね。

 もう100%の幸せは望むべくもない。50%で、30%で、楽しみを見つけていきます。

Re: こんばんは~♪

 Mmerose様

> 早い旅立ちでしたね。
> お亡くなりになって3年かしら・・・
> おじさんの分までお元気で
> 長生きしてくださいね。
>
 もう3年、早いものです。あまり長生きはしたくないな。

> 今日もお元気で~♪ ☆彡

 ありがと~。

Re: No title

 キララ様

> 早いものであれから3年経つのですね。
> くうみんさん、立ち直りが早いし、強いです。

 もう3年です。強いかどうか?

Re: もう、そんな季節がめぐってきたんですね

 月兎のつぶやき様

> くうみんさんは、聡明だから、いつも、明るく、辛いことも、面白おかしく、ご自分で茶化してしまえる知性があって、
> そんなくうみんさんの、文章に、いつも、なごませてもらったり、驚いたり、感心したり、楽しませていただいてきました。
>
 ありがとうございます。

> ご主人が逝かれてから、時は止まったままだと思います。
> 仲の良いご夫婦だったから、なおさら、突然すぎる別れを受け入れるのは苦しかったことと思います。
> 長い看病や、介護をしていたら、悲しみよりも、ほっとしていたかもしれません。
>
 あまりにも突然で、死を受け入れることはできませんでした。今でもテーブルの上には、おじさんの日程表があります。何年も看病していれば、ほっとするところがあると思いますが、どちらがましでしょうね。

> くうみんさんに、そんな苦労をかけずに済んで、
> 楽しい思い出の中で逝かれたご主人は幸せなご生涯だったと思います。
>
 そういう意味では幸せだったんだと思います。でも、短過ぎ。

> あらためて、ご冥福をお祈りさせていただきます。  合掌

 ありがとうございます。

Re: No title

 かんくろう様

> くうみんさんのブログを拝見するたびに
> 突然
> 相方の居なくなってしまう悲しさを想い
> 妻に感謝し
> 今の生活を大切に過ごさなければいけないと思います。
> ありがとうございます。
>
 連れ合いに死なれると、特に男性は弱いと言いますね。女性もそんなに強くはありません。敢えて人に言わないだけ。ブログでは別ですが。

> 改めまして
> 心よりご冥福を祈ります。

 ありがとうございます。

No title

突然だったのですね。
苦しまなかったことが救いでしょうか・・・
おじさまのご冥福をお祈りします。


息が1度吸えないと人間終わります。
23年前に死にかけましたというかちょっと死んでいた!?
それからは今日生きていることに感謝、明日命があればまた感謝。
感謝感謝の毎日を過ごしています。

くうみんさまは、おじさまの分まで生を謳歌してくださいね。

くうみんさま、こんばんわ~

こんばんわ。

おじさん、いってくるって、本当に逝ってしまったのでしたね!!

死は、いつ何時 分からないものでありましたよ
なので、いつ逝ってもいいように、悔いを残さない人生をいつも思っておりましたよ^^

楽しく生きたいですよねv-290

そうだよね。。
行って来るなら、お帰りなさいだけど、
逝って来るじゃぁお帰りなさいも言えないよね。
うちもまだ帰ってこないわ(T.T)

No title

はなです!

気の利いたコメントをと思っていましたが・・・


はなも調子よく生活している時もあるのですが、ちょっとしたことで
淋しくなり、目は彼を探してしまいます。いつ帰ってくるのかと、何時になったら会えるのかと・・・

緩和ケアを勧められてから二週間で旅立った彼は、なんでこんなに早く逝っちゃったのよ~問いかけに、苦しむ姿を見せたくなかったんだと答えました。最期まで彼の優しさに悲しくなりました。

いってくるよの言葉はおじさんの優しさですよね。
微笑んだ顔は、先に逝った人の優しい気持ちだと思います。
彼もきっと苦しかったんだろうに、とても優しく微笑んでいました。

この間見つけた本、「かみさまは小学5年生」とてもいいメッセージです。明日死んでもいいように生きなさい。いい人生だったと言えるような生き方をしなさいと書いてありました。
残された私たちはそう言えるように生きないといけないんでしょうね。


Re: No title

 ミコリー様

> 突然だったのですね。
> 苦しまなかったことが救いでしょうか・・・
> おじさまのご冥福をお祈りします。
>
 突然でしたねえ。苦しまなかったと思います。
>
> 息が1度吸えないと人間終わります。
> 23年前に死にかけましたというかちょっと死んでいた!?
  
 そうなんですか?花がいっぱい咲いている所に行ってしまったとか。

> それからは今日生きていることに感謝、明日命があればまた感謝。
> 感謝感謝の毎日を過ごしています。
>
 特別な経験をなさったんですから、そうだと思います。

> くうみんさまは、おじさまの分まで生を謳歌してくださいね。
 
 私はあんまり長生きしたくないです。

Re: くうみんさま、こんばんわ~

 がちょー様

> こんばんわ。
>
> おじさん、いってくるって、本当に逝ってしまったのでしたね!!
>
 そうなんですよ。

> 死は、いつ何時 分からないものでありましたよ
> なので、いつ逝ってもいいように、悔いを残さない人生をいつも思っておりましたよ^^
>
> 楽しく生きたいですよねv-290

 そうですね、今を楽しく生きていたいです。

Re: タイトルなし

 めろん様

> そうだよね。。
> 行って来るなら、お帰りなさいだけど、
> 逝って来るじゃぁお帰りなさいも言えないよね。
> うちもまだ帰ってこないわ(T.T)

 どこに行ってしまったのかしらね。そのうちこっちから行くことになるんだけど。

Re: No title

 はな様

> はなです!
>
> 気の利いたコメントをと思っていましたが・・・
>
>
> はなも調子よく生活している時もあるのですが、ちょっとしたことで
> 淋しくなり、目は彼を探してしまいます。いつ帰ってくるのかと、何時になったら会えるのかと・・・
>
> 緩和ケアを勧められてから二週間で旅立った彼は、なんでこんなに早く逝っちゃったのよ~問いかけに、苦しむ姿を見せたくなかったんだと答えました。最期まで彼の優しさに悲しくなりました。
>
 悲しい思いをさせたくないからこうした、と言うのはおじさんも同じでした。

> いってくるよの言葉はおじさんの優しさですよね。
> 微笑んだ顔は、先に逝った人の優しい気持ちだと思います。
> 彼もきっと苦しかったんだろうに、とても優しく微笑んでいました。
>
> この間見つけた本、「かみさまは小学5年生」とてもいいメッセージです。明日死んでもいいように生きなさい。いい人生だったと言えるような生き方をしなさいと書いてありました。
> 残された私たちはそう言えるように生きないといけないんでしょうね。

 その本はよく新聞に広告が載っていますね。読んでみます。
 

No title

まだたった三年なんですね。わたしがこちらに伺うようになった時には、もうご主人は旅立たれたあとだったので、
遡って拝読したことがありました。

この先、5年、7年と過ごされるうちに、少しでもお心の内が平穏になられて、楽しいことの割合が少しずつ増えていかれるといいなあと思います。

こからも、御主人はずっとくうみんさんを見守っておられると思いますので…。

こんにちは

7月は 旦那様の…
逝ってくると言えば
嫁の時も お袋や親父も
『ちょっと病院行ってくる』は
即入院で数日で無くなりました
末期でしたので
こんな時って
故人は『ただいま~って言えなかった』等と
後悔するのかな
くうみんさん 待ってた側も
何で帰って来ないのと
当てどころのない空虚な哀しみに
旦那様は泣くなと言うだろうけど
『誰が 泣かせてるのよ』って言いたかった数々
やっと 同じ空間に居て
守ってくれてると思える様になったこの頃
おじさんの名前の次は一人分だけスペースがある。ここにくうみんの名前が入って、この家は終わり。
そんなこと考えずに
ご自愛ください そして 新居でゆっくり
まだまだ まだまだですよ



Re: No title

さとこ様

> まだたった三年なんですね。わたしがこちらに伺うようになった時には、もうご主人は旅立たれたあとだったので、
> 遡って拝読したことがありました。
>
 わざわざありがとうございます。さとこ様も愛するご主人を亡くされたんですよね。

> この先、5年、7年と過ごされるうちに、少しでもお心の内が平穏になられて、楽しいことの割合が少しずつ増えていかれるといいなあと思います。
>
 すごく悲しいと言う時期は過ぎましたが、時々悲しくなるのはずっと同じような気がします。

> こからも、御主人はずっとくうみんさんを見守っておられると思いますので…。

 見守ってくれているとは思うのですが、見えないのが残念。

Re: こんにちは

 お~い中村君様

> 7月は 旦那様の…
> 逝ってくると言えば
> 嫁の時も お袋や親父も
> 『ちょっと病院行ってくる』は
> 即入院で数日で無くなりました
  
 そうでしたか。

> 末期でしたので
> こんな時って
> 故人は『ただいま~って言えなかった』等と
> 後悔するのかな
  
 たぶん後悔するのでしょうが、生まれ持った命の長さだから仕方ないと思うことでしょう。

> くうみんさん 待ってた側も
> 何で帰って来ないのと
> 当てどころのない空虚な哀しみに
> 旦那様は泣くなと言うだろうけど
> 『誰が 泣かせてるのよ』って言いたかった数々
> やっと 同じ空間に居て
> 守ってくれてると思える様になったこの頃
> おじさんの名前の次は一人分だけスペースがある。ここにくうみんの名前が入って、この家は終わり。
  
 いや~、偶然だけどこうなってしまいました。

> そんなこと考えずに
> ご自愛ください そして 新居でゆっくり
> まだまだ まだまだですよ

 まだまだ続く、ぬかるみぞ、なのですよ、現実は!

No title

こんにちは。

いろいろやってて、ブログの訪問を出来ずにいて 久しぶりにくうみんさんのブログ見てみました。

三年前の突然のお別れだったのですね。
私はいつかそんな風に自分も置いて行かれるのではないかと思うときがあります。

父が亡くなってから、特に そうです。
ダンナに置いて行かれるのが嫌だという考えにとりつかれた時期がありました。
ある日その考えを捨てたのですが・・・考えてもしょうがないしって。

なるほど、ミディアムさんという手がありますね。
ふむふむ。
土地柄的にイタコさんという手もありますし、あまり恐れず、油断しすぎず、毎日を過ごそうと思いました。

新居の住み心地はどうですか?
こころ健やかに、楽しく過ごせますよーにv-22


Re: No title

ウーロンパンダ様

> こんにちは。
>
> いろいろやってて、ブログの訪問を出来ずにいて 久しぶりにくうみんさんのブログ見てみました。
>
> 三年前の突然のお別れだったのですね。
> 私はいつかそんな風に自分も置いて行かれるのではないかと思うときがあります。
>
 市は誰にでも訪れるもの。死は誰にでも訪れるもの。おいていかれることもあれば、その逆もあるでしょう。

> 父が亡くなってから、特に そうです。
> ダンナに置いて行かれるのが嫌だという考えにとりつかれた時期がありました。
> ある日その考えを捨てたのですが・・・考えてもしょうがないしって。
>
 考えても仕方ないこともありますね。

> なるほど、ミディアムさんという手がありますね。
> ふむふむ。
> 土地柄的にイタコさんという手もありますし、あまり恐れず、油断しすぎず、毎日を過ごそうと思いました。
>
 恐山ですか!青森ですね。能力の違いはあっても、それを見極めるのは私達。かのミディアムさんは、能力はあると思います。

> 新居の住み心地はどうですか?
> こころ健やかに、楽しく過ごせますよーにv-22

 あんまりよくない。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR