勘違いでも恋は恋

 かつて主婦だったくうみんは、時々パートの職を得て働くことがあった。そこもそんな一時の小遣い稼ぎの職場だった。
 そこは原則、月曜日から金曜日までの営業だったが、お客様の要望で日曜日も営業することになった。
 しかし、その職場は非常にケチで、日曜日は5時を過ぎるとお客さんのいない事務所の電気が一斉に消えた。くうみんは接客の方だったので、5時を過ぎても明るい店内にいた。お客さんが帰った所でしまうべきものを事務所に持って行く。

 夏はまだ明るい5時過ぎの事務所は、秋を過ぎるとだんだん暗くなり、冬は真っ暗になる。その真っ暗い事務所で課長と課長代理が談笑している。課長は女子、代理は男子、どちらも50代独身。 

 この光景を見るたびに、オバくうみんは、思っていた。
「ヤバい」

 人間の心理として、暗い所にいると、ヤらしい気持ち、セクシャルな気持ちになると聞いたことがある。好きであると勘違いするのだ。
 しかし、二人とも50過ぎたいい年の、色気もへったくれもないオジオバである。まさかね、と思うこともあるが、いや人間、歳行ってもそう大して変わるものではないかも…など思っているうち、二人は結婚した。

 みんな驚いていたが、くうみんは一人、思った。
「やっぱり…」

 暗い所にいてセクシャルな感情が湧き、結婚に至った訳であるが、そんな事情の結婚だったからか、二人とも個性的で相手に歩み寄ることができなかったためか、何年も経たないうちに別れたと、その職場を離れた後に風の便りで知った。

 暗い所で二人でいるとその気になってしまう…これは本当にあるらしい。

 婚活している皆さん!これはチャンス!まさにタイムリー!

 花火大会なんてムード満点でいいではないの?はて、花火大会はもう終わってしまっただろうか?それなら盆踊りや、肝試しなんかどうか?もっとも、肝試しで男の方が怖がるのはカッコ悪いので、怖がり男子はやめておくように。

 好きな人がいたら、試してみる価値はあると思う。ダメでもともと。

 好きな人といると胸がドキドキするが、好きじゃなくてもドキドキする場合も、好きだと勘違いして、本当に好きになってしまうらしい。
 運動や、怖いところ、もちろん肝試しもそうだが、例えばつり橋を渡るときなんか、ドキドキすると思う。ぜひ、試してみるように。 

 くうみんも一応独身だが、いつもおじさんが見ているような気がするので、やめておく。試しにやってみても、おじさんが阻止するであろう。
 いい雰囲気になったら、おプーが出てしまったりして。

 
 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 婚活を応援するブログ
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

非公開コメント

デートは墓場でー。

ほー「吊り橋効果」ってやつですね。
いい歳して、中学生じゃあるまいし…
と、言っていたあの人が!なんてね。

仕事柄、男性の出入りが多い私のお店
面倒な勘違いされないよう
最近は、恋愛対象女子にしている。
その為、昔からの女友達からドン引きされてしまいました。トホホ…

No title

花火大会、盆踊り。
うん、うん、確かに盛り上がるかも。

まあ、50代同士なら、雰囲気で結婚して、で、別れてしまっても、迷惑かける人もあまりいなそうだし、いいんじゃないかと思いますけど。その何年かは、幸せだったんでしょうから。なんてね。

こんにちは~♪

50代ね~
元気あるね!!

今朝テレビでやっていたけど
暗闇効果で結婚したカップルを紹介していた。
そんなことあるんだね。

今日もお元気で~♪ ☆~

No title

うん。恋って、95%勘違いな気がするしなあ。
あまりに遠いことで、すっかり忘れている・・・( `ー´)ノ

50代なら、まだまだ・・・。

確かに「吊り橋効果」ってあるらしいね。

突然の災害で、かろうじて一命を取り留めた男女2人が、助け合って一緒に逃げている内に・・・・、なんて設定も有りうるかも?

恋に年齢は関係ないんじゃないかな?
むしろ恋する気持ちを持ち続けている、或いは、恋に否定的にならない方が、若くいられるのかもよ。

かく言う私は、おじじと息子と弟で、「男なんて、もう懲り懲り~!」だけどね。(汗)

「キューピッドさん」の弓矢の腕前が確かなら・・・、いつ誰が恋に落ちるかも解かりませんよ(^o^)

こんばんわ。くうみんさま

おお~、ラブラブの二人は結婚したのですか !
お幸せに。でありましたよ^^

そうそう、昔勤めていた会社にも私の上司と事務員が不倫してました
もう熱は冷めた事でしょうが よく二人で休憩室に人気のないときにラブラブでしたよ(笑)

その会社辞めたので、今はどーなっていることやら...

男と女の話

こんばんは
最近はこれといった目新しいこともないようでニュースは政治家や芸能人の不倫の話だらけな気がします。タイトルだけだったらスルーすればいいんですが、やーっ!他にすることないんやろか、と思うおじさんおばさんのことばかりで、こいつらが組んずほぐれつからみあってる世界はまったくお恥ずかしい世界だな、と思ってしまいます。秘めたことだから情緒もあるわけです。やれやれの今日も猛暑日(笑) 

おはようございます

50代同士なら
時代背景や流行ってた歌・アイドル・テレビドラマ
給食のおかず話し
盛り上がるんじゃないかな
今の子達はマニアックな趣味も多く
必ずしも盛り上がるとは 言い難い
俺も40後半ですが
『給食に揚げパンとかαー化米って食べた?』なんて
『あるある』とか 『知らないどんなの?』なんて
話が尽きない
明菜と聖子どっちが好きだった ミーとケイどっち踊ったとか
職場恋愛は多いですよね
最初は何とも思ってなくても
出社すれば 嫌でも同じ空気を共有するんだから
ちょっとした仕草が可愛いとか
思えてくるのかも知れませんね
暗いとは言え事務所で燃えるかな
メラメラするとしたら課長職を降りるしか
部下に示しがつかない
帰りがけに 飲みにでも行って
仲が深まり 大人の関係へと進んだのでしょう
家政婦は見たを読んでる様でした
その時 くうみんさんは
ドキドキ メラメラしなかったのですか?

No title

なるほどね。
二人一緒に恐怖体験した場合も、親密になりやすいとも、
聞いたことあります。
となると、お化け屋敷が最適かな?

Re: デートは墓場でー。

 つかさん様

> ほー「吊り橋効果」ってやつですね。

 知ってましたか。

> いい歳して、中学生じゃあるまいし…
> と、言っていたあの人が!なんてね。
>
 うん。今考えるとこの二人が私が直接知っている中で一番歳行って結婚したケースだ。

> 仕事柄、男性の出入りが多い私のお店
> 面倒な勘違いされないよう
> 最近は、恋愛対象女子にしている。

 えっ!恋愛対象は女子ですかい?!

> その為、昔からの女友達からドン引きされてしまいました。トホホ…

 そりゃ、引くわ。

Re: No title

 ねね様

> 花火大会、盆踊り。
> うん、うん、確かに盛り上がるかも。
>
 たとえ炭坑節であっても。

> まあ、50代同士なら、雰囲気で結婚して、で、別れてしまっても、迷惑かける人もあまりいなそうだし、いいんじゃないかと思いますけど。その何年かは、幸せだったんでしょうから。なんてね。

 幸せだったと思います。迷惑かけてもまあいいじゃないか。

Re: こんにちは~♪

 Mmerose様

> 50代ね~
> 元気あるね!!
>
 羨ましいです。

> 今朝テレビでやっていたけど
> 暗闇効果で結婚したカップルを紹介していた。
> そんなことあるんだね。
>
 へ~、暗闇効果って言うんだ。良くある話なのかも。
 
> 今日もお元気で~♪ ☆~

 ありがと~。

Re: No title

 きたあかり様

> うん。恋って、95%勘違いな気がするしなあ。

 そうですね、良く言えばイリュージョン、普通に言えば勘違い。

> あまりに遠いことで、すっかり忘れている・・・( `ー´)ノ

 遠い日の花火ですか。

Re: 50代なら、まだまだ・・・。

 おばば様

> 確かに「吊り橋効果」ってあるらしいね。
>
 うん。

> 突然の災害で、かろうじて一命を取り留めた男女2人が、助け合って一緒に逃げている内に・・・・、なんて設定も有りうるかも?
>
 だから東日本大震災の後、結婚するのが一時はやったらしい。

> 恋に年齢は関係ないんじゃないかな?
> むしろ恋する気持ちを持ち続けている、或いは、恋に否定的にならない方が、若くいられるのかもよ。
>
 そりゃそうだがなあ。自信ないなあ。 

> かく言う私は、おじじと息子と弟で、「男なんて、もう懲り懲り~!」だけどね。(汗)
>
 おじじさんはおばば様のご主人ではありませんか!!
 まあ、男っていうのは近くにいると、うざいもの。

> 「キューピッドさん」の弓矢の腕前が確かなら・・・、いつ誰が恋に落ちるかも解かりませんよ(^o^)

 いや~、おばば様、恋は落ちるものですから、そうねえ。でも、自信ないなあ。

Re: こんばんわ。くうみんさま

 がちょー様

> おお~、ラブラブの二人は結婚したのですか !
> お幸せに。でありましたよ^^
>
 すぐ別れてしまったのですよ。でも、ひと時は幸せだったのでしょうね。

> そうそう、昔勤めていた会社にも私の上司と事務員が不倫してました

 ゲッ!

> もう熱は冷めた事でしょうが よく二人で休憩室に人気のないときにラブラブでしたよ(笑)
>
 気づいていないと思っているのは当事者だけで、みんな知っている…

> その会社辞めたので、今はどーなっていることやら...

 どうなっているでしょうねえ。みんなが知っていても、奥さんにバレなきゃ、続いているだろうけど、女の方が結婚を迫ったり、難しいこともあるだろうからねえ。

Re: 男と女の話

 delica様

> こんばんは
> 最近はこれといった目新しいこともないようでニュースは政治家や芸能人の不倫の話だらけな気がします。タイトルだけだったらスルーすればいいんですが、やーっ!他にすることないんやろか、と思うおじさんおばさんのことばかりで、こいつらが組んずほぐれつからみあってる世界はまったくお恥ずかしい世界だな、と思ってしまいます。秘めたことだから情緒もあるわけです。やれやれの今日も猛暑日(笑) 

 想像しちゃいけませんて!!そういえば私、会社勤めしていたとき浦ビデオフレンドリーアソシエイションに所属していました。会費千円払って会員で回し見するのです。ないかリクエストは、と言われたので、
「50代のおじさんとオバさんのを」
 とリクエストしたら、
「汚いからダメ」
 と言われました。

Re: おはようございます

 お~い中村君様

> 50代同士なら
> 時代背景や流行ってた歌・アイドル・テレビドラマ
> 給食のおかず話し
> 盛り上がるんじゃないかな

 同じような歳だと話題が合うものね。

> 今の子達はマニアックな趣味も多く
> 必ずしも盛り上がるとは 言い難い
> 俺も40後半ですが
> 『給食に揚げパンとかαー化米って食べた?』なんて
> 『あるある』とか 『知らないどんなの?』なんて
> 話が尽きない

 給食にα化米は知らないな。揚げパンは知ってるけど、食べにくいからあまり好きじゃなかった。おいしいて人気あったけどね。

> 明菜と聖子どっちが好きだった ミーとケイどっち踊ったとか

 おお~!!

> 職場恋愛は多いですよね
> 最初は何とも思ってなくても
> 出社すれば 嫌でも同じ空気を共有するんだから
> ちょっとした仕草が可愛いとか
> 思えてくるのかも知れませんね
> 暗いとは言え事務所で燃えるかな
> メラメラするとしたら課長職を降りるしか
> 部下に示しがつかない
> 帰りがけに 飲みにでも行って
> 仲が深まり 大人の関係へと進んだのでしょう

 たぶんそうだったんでしょうね。でも、まさかあの二人が、とみんな驚いていました。

> 家政婦は見たを読んでる様でした

 おお!そういえばそうですね。

> その時 くうみんさんは
> ドキドキ メラメラしなかったのですか?

 私は蚊帳の外ですからね、なんもありませんでした。

Re: No title

 キララ様

> なるほどね。
> 二人一緒に恐怖体験した場合も、親密になりやすいとも、
> 聞いたことあります。
> となると、お化け屋敷が最適かな?

 そうかも知れない。だけど、女の子を連れてお化け屋敷に行くと、お化け役は意地悪して怖がることをしないようです。若い頃、お化け屋敷に誘われたのですが、ちっとも怖くなかったです。
 あの時の男はそういうことを期待していたのか。昔は私も少しはあったんだな~。

日本食を食うな

確かに日本食は物資が自然に頼るものが多いのでうなぎにしろ松茸にしろ、それが海外に広がると値段が高騰する嫌いはありますね。数の子も子供のころは何でもなかったのに、バブル前から水揚げが減った。日露サケマス協定もあるけど、いいことじゃないですね。日本食は日本国内で食えとね。

Re: 日本食を食うな

delica様

> 確かに日本食は物資が自然に頼るものが多いのでうなぎにしろ松茸にしろ、それが海外に広がると値段が高騰する嫌いはありますね。数の子も子供のころは何でもなかったのに、バブル前から水揚げが減った。日露サケマス協定もあるけど、いいことじゃないですね。日本食は日本国内で食えとね。

 そうそう、外国の「なんちゃって和食」で、大切な魚が消費されると思うともっと腹が立つ。せめて日本に来て食べるように。このままじゃサンマに続いてイワシも高級魚になっちゃうよ~。

おはようございます

明日は迎え日
ご主人様がお帰りになりますね
さ~て 肴は何を作って晩酌ですか?
俺のとこへは
親父 お袋 前妻 歴代のシマリス達 鈴姉さん
それぞれには無理なので
俺の好物を用意して
お迎えします
送り日よりも 明日は泣いてしまう俺なんですけど
こんなに狭い家に
どうして こんなに
この日に帰って来るのって
辛い日でもあるんですけど
待ち遠しくもあるんですよね

Re: おはようございます

お~い中村君様

> 明日は迎え日
> ご主人様がお帰りになりますね
> さ~て 肴は何を作って晩酌ですか?

 今日はどうすべえ。

> 俺のとこへは
> 親父 お袋 前妻 歴代のシマリス達 鈴姉さん
> それぞれには無理なので
> 俺の好物を用意して
> お迎えします

 形ばかりの祭壇だけど、好物、ねえ。

> 送り日よりも 明日は泣いてしまう俺なんですけど
> こんなに狭い家に
> どうして こんなに
> この日に帰って来るのって
> 辛い日でもあるんですけど
> 待ち遠しくもあるんですよね

 お盆なんかしなくていいや、そう思っていたら、押し入れから何か出てきた。何だと思ったら、「お盆セット」だったという思い出があります。父の新盆のことでした。やって欲しかったのね。で、お盆しました。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR