九州に潜入中 高千穂峡

 お茶目な別府に別れを告げると、次はソニック、にちりんを乗り継いで延岡へ。ここからバスに乗って高千穂峡に向かった。

 高千穂峡は交通が具弁なので今まで行けなかったが、神話の里として有名で、くうみん憧れの地だった。今宵の宿はバスセンター近くのビジホ「かなや」だ。

 日光かなやホテルと言えば超高級ホテルとして有名だが、同じかなやでもこちらはビジホだ。しかもとてつもなくボロい。宿泊しているのも仕事関係の人で、まさしくビジホであった。しかし、安いし(シングル一泊4千500円)、バスセンターもコープも近いので便利だ。泊まるだけと割り切れば悪くないと思う。

外観
 ボロボロホテルかなや

ホテルの部屋
 とにかく狭い部屋
 
 しかし日本のホテルはどんなにボロでもお湯が豊富に出るのは偉い。

 ここには2泊して、中日は一日観光した。見どころを回る観光用バスは繁忙期と土日しか動いていないので、「オルセ」に行くことにした。オルセは韓国語で、日本語に訳せばピクニックみたいな感じかな。

高千穂神社
 オルセの第一のポイント高千穂神社

再選
 賽銭箱には一万円札も…見せ金か?

アザミ
 アザミの花ことばは「私にさわらないで」

きれいな水源
 ここは高千穂町の水源だって。こんなきれいな水が飲めるなんて羨ましい

高千穂峡
 有名な高千穂峡のビューポイント

月形が残った
 スサノヲが造ったと言われる月形。アマテラスオオミカミは日型を作ったが、今はなくなってしまった。江戸時代くらいにはあったという記録が残っているそうだ。

 月形の下にある池ではコイとともにチョウザメが飼育されている。

角ばったチョウザメ
 角ばったチョウザメ

丸っこいチョウザメ
 丸っこいチョウザメ


さわやかな道
 こんな道をてくてく歩きました。

目印
 これを目印に歩く

矢印
 道が分かれているときにこの矢印が役に立つ

キャンプ場
 このキャンプ場には、「キャンプする人以外は入ってはいけません」と書いてあったけど、オルセのコースになっている。

 他にも、人の庭に入ってしまうコースもあった。庭で一人のオバが水を撒いていたので、
「すみません、ここ、入っていいんでしょうか?人んちの庭ですよね?」
 と聞いたら、
「いいから通ってください」
 と。それによると皆さん戸惑うらしい。韓国人がよく来るそうだが、一度お茶を出したら、それが噂になって、ここではお茶を出してくれるものと思って催促するようになったという。なんて図々しいんだ。

人の家には行ってしまう
 人の家を目指すようにと言う矢印

キウイの花
 キウイの花が咲いていました。

椎茸
 椎茸、こんなところにいたのか!

何の花だろう?
 何の花?

 オルセは12キロ程度、5時間ほどで終了した。終点は「がまだせ市場」。ここのレストラン和(なごみ)のステーキがおいしいと評判らしいのでランチを食べることにした。ディナーより安い。
 ステーキにしようとしたのだが、5食限定のビーフどんが一人前残っているという。限定メニューに弱いくうみんはそれを注文した。
 
お昼の限定メニュー ビーフどん
 これが5食限定のビーフ丼

 うまい、おいしい柔らかくて、肉の味が最高だ。しかし、肉の量が非常に少ない。30グラムくらいしかないのではないか?焼き肉用の薄切り肉がたったの一枚だ。しかし1500円と安いので、ちょっと味を見たいと思った時はこれがいいのではないかと思う。
 ステーキは100g1700円より。

 腹ごしらえしたくうみんはまたもやそこら辺をうろつくことにした。すると「高千穂駅」という表示が目に留まった。高千穂鉄道は廃止になったはずだ。きっと駅の廃墟でもあるんだろう…そう思っていたが、人がわらわらと集まってくる。なんだと思ったら、往復15分程度の観光列車を運行しているようだ。もうすぐ出発だ。
 偶然乗ることになった。

高千穂鉄道?

 車掌役の人がサービスに努め、トンネルの中ではイルミネーションをする。

イルミネーション

下はガラス
 下はガラス張り。

 車掌役の人が鉄道の復活を熱く語る。
「できれば高千穂鉄道を復活させたい。その第一歩として、この観光列車を続けていきたい」

 列車もいろいろ試行錯誤しているようで、第一号は軽トラを改造して作ったものだそうだ。

木のトンネル

絶景

天の岩戸

車庫

こうなっていたのか
 ヘルメットをかぶって下に潜り込む。ふむふむ、こうなっていたのか

たかちほ
 高千穂鉄道は大人1300円

 今日は思いがけず、高千穂鉄道に乗った。明日は熊本に行く。

 この町は朝7時七ルと、お寺の鐘が鳴って「おじいさんの古時計」の音楽が流れる。夕方5時には「夕焼け小焼け」だ。のどかな街だ。
 子供は知らないオバさんのくうみんにも挨拶してくれる。ここじゃ悪いことはできないよね。




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 九州の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

天孫降臨の地・神秘の高千穂峡にいらしたのですね。いつも霧がかかっているといいますが、如何でしたか?
紫色の花はギボシ(ギボウシ)かな~。

こんばんは~♪

高千穂峡は行きたいと思っている場所です。
いい景色だったでしょうね。

お元気なこと!!
お疲れにはなりませんでしたか。

今日もお元気で~♪ ☆~

No title

へ〜!
聞いたことはあるけど、どこにあるのか知らない(¬ω¬;A)
ココも何とものどかなとこだね。
都会に住んでいると、こういうとこがいいのかな?
こちら地方ものどかだよ(笑)

こんばんわ~

くうみん様こんばんわ。
九州楽しんでますね^^
ビジネスホテル、いい味が出てますよv-218


賽銭箱には一万円札。もちろん見せ金でありますよ^^
コンビニの募金と一緒であります(笑)
あれは、店長のこずかい説もありますからね。

なんだかビーフ丼食べたくなりましたよ(*^▽^*)/
良い旅にグッド☆


Re: No title

 はるすみ様

> 天孫降臨の地・神秘の高千穂峡にいらしたのですね。いつも霧がかかっているといいますが、如何でしたか?

 霧はかかっていませんでしたよ。

> 紫色の花はギボシ(ギボウシ)かな~。

 ギボシとも違うようなのです。蘭の花のような形です。

Re: こんばんは~♪

Mmerose様

> 高千穂峡は行きたいと思っている場所です。
> いい景色だったでしょうね。
>
 私もずっと行きたいと思っていたのですよ。良かったけど、割と普通の町でした。

> お元気なこと!!
> お疲れにはなりませんでしたか。

 そりゃ~疲れました。
>
> 今日もお元気で~♪ ☆~

 ありがと~。

Re: No title

 めろん様

> へ〜!
> 聞いたことはあるけど、どこにあるのか知らない(¬ω¬;A)

 九州の宮崎県ですよ。

> ココも何とものどかなとこだね。
> 都会に住んでいると、こういうとこがいいのかな?

 都会と言うほど都会じゃないけど、のんびりしたところとも言い難い。

> こちら地方ものどかだよ(笑)

 めろんさんの所は田舎だったのか!

Re: こんばんわ~

 がちょー様

くうみん様こんばんわ。
> 九州楽しんでますね^^
> ビジネスホテル、いい味が出てますよv-218
>
 そうかな~。がちょ様も出張の時はこんな感じのホテルに?
>
> 賽銭箱には一万円札。もちろん見せ金でありますよ^^

 やっぱりそうか。まだ朝の9時にもなっていないのにおかしいと思った。

> コンビニの募金と一緒であります(笑)
> あれは、店長のこずかい説もありますからね。
>
 なんとそんなからくりが!寄付なんかしないぞ。

> なんだかビーフ丼食べたくなりましたよ(*^▽^*)/
> 良い旅にグッド☆

 おいしいものを少しだけ、ご飯で腹を満たす。大人なんだか男子高校生なんだか。

良い季節ね。

新緑が目に眩しい良い季節にウロついてますね。
九州も何度も地を這って出掛けました。

高千穂峡は、本当に綺麗なところです。
出来れば舟に乗って見上げてみたかったなぁ。

今の季節は四国も最高ですよ、初鰹とかね。
私は、くうみんさんのように1人では旅立てません。トホホです。

Re: 良い季節ね。

 つかさん様

> 新緑が目に眩しい良い季節にウロついてますね。
> 九州も何度も地を這って出掛けました。
>
 ご主人と一緒に、ですね。

> 高千穂峡は、本当に綺麗なところです。
> 出来れば舟に乗って見上げてみたかったなぁ。
>
 乗りたかったけど、漕ぐ自信なかったのであきらめました。オバさんが一所懸命へたくそにボートを漕ぐって、なんだか痛々しいでしょ?うまく漕げればかっこいいけど。

> 今の季節は四国も最高ですよ、初鰹とかね。

 四国もいいね。

> 私は、くうみんさんのように1人では旅立てません。トホホです。

 そんなこと言わずに行ってみては?ご主人が付いていますよ。私もそのつもりで来ました。

いい旅してますね

旅行する人はペットを買ったり、草木を栽培したりは出来ないもんですね。
くうみんさんは旅行にかけているのですからそれでいいんじゃないですか。

天気が良かったですね。雨降ったら地獄だもんね。 

自然がいっぱいでいいねえ

高千穂峡、豊かな自然と人情のある土地の人達、いいですねえ!

チョウザメが泳いでいる!? 私は思わず、「大きく育てて腹を裂いて、キャビアを・・・」何て想像してしまいました。 いけないですね。(苦笑)

オンボロのビジネスホテルも、いい味を出しているではありませんか!
レトロと言うか、超庶民的と言うか、田舎的というか・・・。(笑)

私はビーフ丼よりステーキの方がいいなあ。
宮崎牛ってかなり有名だよね。

次は熊本に潜入ですか?
クマモンに会ったら、ツーショットで記念撮影を・・・・(笑)

うんと楽しんで来て下さいね。

No title

うら若き乙女の時分に、高千穂峡に行ったけど、なんとなんと、
阿蘇から高千穂へ向かうくねくね道路で、ひどい車酔いをおこして
しまい、あまりよく見られませんでした。
↑の写真にある細い滝は見たけど・・・残念!

いいね、九州か

高千穂・真名井の滝は、いつ見ても神秘的ですねえ。
高千穂と言えば、もう一つの天孫降臨伝説がある、高千穂峰がありますが、最近は高千穂峡の方が有名になりましたねえ。
次の旅は熊本ですか…私の故郷です。どんなドジ破天荒な記事が飛び出すか? 楽しみです。

Re: いい旅してますね

delica様


> 旅行する人はペットを買ったり、草木を栽培したりは出来ないもんですね。
> くうみんさんは旅行にかけているのですからそれでいいんじゃないですか。
>
 そうですね、ペットを飼う谷しみを取るk,旅行を取るか。難しいところです。

> 天気が良かったですね。雨降ったら地獄だもんね。 
 
 一日目は雨でした。その後はいい天気。もちろん、雨はすこしだけ。良かった。

Re: 自然がいっぱいでいいねえ

 おばば様

> 高千穂峡、豊かな自然と人情のある土地の人達、いいですねえ!
>
> チョウザメが泳いでいる!? 私は思わず、「大きく育てて腹を裂いて、キャビアを・・・」何て想像してしまいました。 いけないですね。(苦笑)
>
 私も当然思いましたよ。丸っこい方のチョウザメは♀なのではないかと。だとしたら、キャビアが採れます!

> オンボロのビジネスホテルも、いい味を出しているではありませんか!
> レトロと言うか、超庶民的と言うか、田舎的というか・・・。(笑)
>
 おんぼろはやっぱ、いい味出していると言えるか?

> 私はビーフ丼よりステーキの方がいいなあ。
> 宮崎牛ってかなり有名だよね。
>
 高千穂牛って言っていました。うまかったです。

> 次は熊本に潜入ですか?
> クマモンに会ったら、ツーショットで記念撮影を・・・・(笑)
>
 くまモンは偉くなったのか、あまり見かけませんでした。代わりにひごまるというお城のゆるキャラが。

> うんと楽しんで来て下さいね。

 楽しんできたんだけど、最後に… トホホ。

Re: No title

 キララ様

> うら若き乙女の時分に、高千穂峡に行ったけど、なんとなんと、
> 阿蘇から高千穂へ向かうくねくね道路で、ひどい車酔いをおこして
> しまい、あまりよく見られませんでした。

 なんとそのような時代に行きましたか?!車酔いは苦しいですよね。私は台湾のここという観光地で、脱水症状で意識がもうろうとしたことが。

> ↑の写真にある細い滝は見たけど・・・残念!

 あの滝はよく写真集でも見かけますね。体調のいい時でなくては、感動もできませんね。

Re: いいね、九州か

 simanoto様

> 高千穂・真名井の滝は、いつ見ても神秘的ですねえ。

 わかりますか?!

> 高千穂と言えば、もう一つの天孫降臨伝説がある、高千穂峰がありますが、最近は高千穂峡の方が有名になりましたねえ。

 えっ、高千穂峰?知らないな~。

> 次の旅は熊本ですか…私の故郷です。どんなドジ破天荒な記事が飛び出すか? 楽しみです。

 あら、ふるさとは熊本ですか?熊本ではお城の修理についてガイドさんの話を聞きました。結構興味深い話です。

おはようございます

宿に缶詰めではないし
寝るだけと割り切れば
安いのが一番
豪華な宿も良いけど
その分 美味を食する方が足しになる
俺は 何処へ旅行しても
シンプルで駅から近い
東横インへ泊ります
ボロくもなく安い
フロントの女性はつっけんどんが多いけど
余分なアメニティーもなく
私物があちこち置けて便利
大きな鏡もついてて
くうみんさんなら自分にうっとりするでしょう
合算でビールは何ℓいただきましたか?

No title

今度は九州かぁ、いいねぇ。

>高千穂峡は交通が具弁なので今まで行けなかったが、神話の里として有名で、くうみん憧れの地だった。

憧れの地に行けて良かったね。アタシもいつか行きたいと思っている土地がいっぱいだよ~。

アザミの花言葉、知らなかったです。近づいてくる嫌なオトコに投げつけてやればいいのねって、そんなヤツは一人もいない。ははは。

>子供は知らないオバさんのくうみんにも挨拶してくれる。ここじゃ悪いことはできないよね。

なるほどね~なんだかホノボノしましたよ。(^^♪

Re: おはようございます

お~い中村君様

> 宿に缶詰めではないし
> 寝るだけと割り切れば
> 安いのが一番

 安くて便利ならもっといい。この宿は便利だった。

> 豪華な宿も良いけど
> その分 美味を食する方が足しになる
> 俺は 何処へ旅行しても
> シンプルで駅から近い
> 東横インへ泊ります
> ボロくもなく安い
> フロントの女性はつっけんどんが多いけど
> 余分なアメニティーもなく
> 私物があちこち置けて便利
> 大きな鏡もついてて
> くうみんさんなら自分にうっとりするでしょう

 東横インは泊まったことないけど、シンプルでいいらしいね。大きな鏡?その前でボディビルのポーズでも取るか。

> 合算でビールは何ℓいただきましたか?

 10リットルくらい飲んだんじゃないか?

Re: No title

 きたあかり様

> 今度は九州かぁ、いいねぇ。
>
 あっちこっち行ってますが、日数の長い旅行はまたしばらくお休み。

> >高千穂峡は交通が具弁なので今まで行けなかったが、神話の里として有名で、くうみん憧れの地だった。
>
> 憧れの地に行けて良かったね。アタシもいつか行きたいと思っている土地がいっぱいだよ~。
>
 私もいっぱいある。ひとつずつ行ってみる。

> アザミの花言葉、知らなかったです。近づいてくる嫌なオトコに投げつけてやればいいのねって、そんなヤツは一人もいない。ははは。
>
 私もです、トホホ。

> >子供は知らないオバさんのくうみんにも挨拶してくれる。ここじゃ悪いことはできないよね。
>
> なるほどね~なんだかホノボノしましたよ。(^^♪

 田舎の方は九州に限らず、そう言う土地が多いです。大都会でそんなことしたら、ずっとあいさつし続けねばならぬ。

高千穂

私たち一家はGermany帰国した年の夏休み、九州旅行をしました。
千葉県lifeが始まったばかりの頃です。
低学年を海外で過ごしたせいもあり、原爆のことなんて全然知らなかった。
「高千穂」は昔から知っていたけど、上記の画像で「こんなにきれいなところなんだ。」と
改めて知ることができました。

改めてこちらのBlogに、commentありがとうございました。
「もうあれから6年が過ぎてしまったんだ。」
自分でも時間が過ぎる早さを感心しつつも
内容が乏しくなったせいで、comment数が激減してしまったことは
ちっとも偉くないことだと、充分自覚しております。
「帰宅後はすぐにPCに向き合うようにしよう。」
それがいまだこちらのBlogをお気に入りご登録してくださっている
全員の方々に向き合っているのと、同じだということなのです。
「八重山諸島にいる間は絶対に終わらせないんだ。」
これがまた日本最南端・有限会社女社長のハタ叫びなのかもしれません。



何がどうなってんの?

よくわかりません。すっかり旅の人になりきってらっしゃいますね。
ポチ入れておきます。

Re: 高千穂

背番号のないエース様

> 私たち一家はGermany帰国した年の夏休み、九州旅行をしました。
> 千葉県lifeが始まったばかりの頃です。
> 低学年を海外で過ごしたせいもあり、原爆のことなんて全然知らなかった。
> 「高千穂」は昔から知っていたけど、上記の画像で「こんなにきれいなところなんだ。」と
> 改めて知ることができました。
>
 タカチホはきれいなところですよね。背番号のないエース様も行ったんですか?

> 改めてこちらのBlogに、commentありがとうございました。

 どういたしまして。

> 「もうあれから6年が過ぎてしまったんだ。」
> 自分でも時間が過ぎる早さを感心しつつも
> 内容が乏しくなったせいで、comment数が激減してしまったことは
> ちっとも偉くないことだと、充分自覚しております。
> 「帰宅後はすぐにPCに向き合うようにしよう。」
> それがいまだこちらのBlogをお気に入りご登録してくださっている
> 全員の方々に向き合っているのと、同じだということなのです。
> 「八重山諸島にいる間は絶対に終わらせないんだ。」
> これがまた日本最南端・有限会社女社長のハタ叫びなのかもしれません。

 え~っと、まだ八重山にいるということですか?那覇ではなく?

Re: 何がどうなってんの?

 delica様

> よくわかりません。すっかり旅の人になりきってらっしゃいますね。
> ポチ入れておきます。

 え~っと、わかりませんか?バカばっかりやっています。ポチありがとうございます。
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR