FC2ブログ

箱根に行って来ましたの 気になる箱根ホテル富士屋ホテルレイクビューアネックスの評価は?

 昨日はいい天気でしたのに、今日は朝からあいにくの雨。朝の露天風呂も雨の中ですわ。天気がよければ、箱根旧街道でも歩こうと思っていましたけど、これでは無理ですわ。

 朝食もあまり期待しないで、行きましたの。

朝食 目玉焼きとそば粉のガレット フルーツ
 目玉焼きとそば粉のガレット 左上にあるのは単なるトッピングに見えるが、フルーツとして一品にかぞえるらしい

 あとは小さなクロワッサンと食パン4分のひと切れ、一片の大きさが2センチの小さなパンだけですわ!
 こんなもん、すぐに食べてしまいますわ。でも、抜け目なく、ジャムやバター、紅茶のティーバッグなどは持ち帰りましたの。

 チェックアウトは11時ですので、ゆっくりできますわ。最後の風呂に入って、11時ギリギリにチェックアウトいたしましたの。フロントのお姉さんが、
「失礼がありましたこと、お詫び申し上げます」
というので、申し上げましたの。
「家で家事をしている者は、こういう所で掃除や食事の支度をしてもらえるのは、楽しみのひとつなんですよ」

 外に出て、傘を広げようとすると、何と骨が折れてしまいましたわ。バッカヤロ、こんな時に…

 困っていると、そこにいた男性係員が、ああでもない、こうでもないとやってくれましたが、ビニ傘を持ってきてくれましたの。
「これをお持ちください」
「うんまあ、プラマイゼロかしらね」
「ぜひまたお越しください」

 雨も降っていたので、ここから一気に小田原まで行って、帰りましたの。
 家に着いたのは、まだ早い時刻でしたので、夕食の支度をして、フィットネスクラブの風呂に行きましたの。何を食べたか、今は憶えていませんけど、すきっ腹を抱えていたので、多分ドカ食いしたと思いますわ。そして、叫びましたわ。

 メシや!!メシ~~~!





 箱根ホテル総評

 従業員は大変感じがよかった。予約は、ホームページからだが、リクエストがあったので、電話すると、質問には丁寧に答えてくれた。掃除はうっかり者がし忘れたのだろうが、その後のフォローは、かなりいいと思う。
「こういうミスがあった」
ということを、すべてのスタッフに申し送りされているようだ。これが、どうしょもないバカホテルなら、ミスをした人間、あるいはそれを聞いた一人が口を拭って、他の従業員に共有されることはない。
 部屋も広くてきれいだし、芦ノ湖の向こうに富士山が見える最高のロケーション。チェックイン15時、チェックアウト11時という、ゆったりした時間設定。

 しかしなあ…

 ホテルの飲み物は高いし、自販機のビールも350ml缶が、310円もする。安い第3のビールやハイボールもない。他にあるのはアルコール分3%のチューハイのみ。これじゃ呑兵衛は、やってられないよ。
 すぐ隣にある関所前のバス停には、210円だったか、250円だったか忘れたが、缶ビールを売っていた。こっちの方が安い。くうみんは、根性で1.5キロ離れたセブンに行ったけどね。

 それに、繰り返し言うけど、料理の量の少なさと言ったら。マジ、デパートやスーパーの試食品程度の量と思って間違いない。
 少なくない、と言うなら、カロリー計算してみたらどうか?一般成人は、男性なら2500キロカロリー、女性なら1800キロカロリー(くうみんは例外)程度必要と言うが、男性を基準にして、800~900キロカロリーが、あの料理にあるだろうか?

 それに、ジビエの代わりにビーフをお出しします、と言ったが、あれは絶対シカ肉。料理部門は客をかなり舐めている。
 
 くうみんは旅行に行って初めて、体重が減った。

 今までであれば、たとえ登山のような、1日2千キロカロリー消費するような旅行でも、2キロ程度太って帰ったものだ。山小屋のおかずは、質素なことが多いが、ご飯の量だけは確保してくれる。そうじゃないと、客がシャリバテになって、遭難したら困る。

 従業員は皆さん、大変感じが良かった(料理人を除く)。掃除を忘れたのは痛恨の極みであるが、従業員のフォローによって、致命的なものではない。
 致命的なのは、あの、量の少ない食事。

 そういうのがいいという人もいるのでは?と言う、るどるふくん様からの指摘も。例えばダイエットしたい人や、お年寄り。ということは、くうみんはあのホテルに、行くべきではなかったのだ。

 いつもは気に染まないホテルは伏字にしていた。しかし、どうも巷の口コミはあてにならないと感じた。
 ここの料理も、「素晴らしい!」との評価。もちろん、おいしかったけど、量が…

 これからは、いい点、悪い点をくうみんなりに評価していきたい。決して誹謗中傷ではない、ホテル側の人にも、参考になるような評価をしたいと思う。
 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR